FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
マルチォングモリした非お父さん, やはりおしゃれ !



20日午後慶煕大水原キャンパス中央図書館 3階ルネサンスホールで進行された 'キョンヒ放送芸術人クラブ' 総会で受賞する '誇らしいキョンヒ印象'を歌手雨のお父さんゾングギツンシが代理受賞している. チョン氏はこの日素敵な斑白のマルチォングモリをハゴナと人目を引いた.

キョンヒ放送芸術人クラブ結成 2周年を記念して用意されたこの日総会にはタレントパク・ヨンシク会長,ハンウンゾング, 李ソン陣, キム・フンス, ボズ, さんよ, ゴ・ジョンミンアナウンサー, ウォン・ゾンべアナウンサーなどが参加した.

-naver-

スポンサーサイト



雨の士夫曲, 思母曲 “ファン胸じいんと~”

悲歌心の中に隠しておいたご両親に対する愛を現わした.

祈る SBS ‘野心満満万名に聞きました” 最近録画で胸が痛むすぎ去った事を聞かせた.

祈る “MCモング兄さんやナナお腹がすいている者だけが虎目になることができる”と “お母さんが糖尿で闘病中の時弟(妹)と二人が治療費さえなくてお母さんを病院に入院させることもできない状況だった”と言ってファンを胸が痛むようにした.

祈るその間舞台に立ち上がってもいつもお母さんを思いながらお亡くなりになったお母さんに対する切々たる愛を現わした事がある.

今の悲歌あるようにした雨の痛いすぎ去った事は 23日午後 11時 5分‘野心満満万人に聞きました’で放送される.

-nate-

雨 Rain's World - 聞かなければ聞こえる, 丸ごと中毒的なアルバム



"雨の新作が出た. 音楽にちょっと関心あるという人々はすっかり少しずつ政治的になってしまった. だから立場表明をしなければならないような義務感で音楽を聞くようになるのだ. いざ当事者である祈るアメリカ進出を延ばしたけれども, 彼の母国人である私たちがレバーやっきになって今後の見込みをゾムチョボリョする. 一種のエゾングインセム. しかしアルバムを鑑賞するにはあまり良い態度ではない. 男の話ではなく私の話だ. 幾多の話をあらかじめかかった. タイトル曲がどうであれ, パク・ジンヨンがどうであれ, 雨のボーカルがどうであれワールドツアー予想売上げがどうであれ...等々. 私も尻馬に乗って頭が複雑になった. そして昨日大変忙しい仕事があって雨の 4集を一日中イヤホンで聞いて忙しく歩き回った. バスで, 地下鉄で3〜4時間ほどを歩き回ったが始終この人の音楽を聞いた. 幸いにも 'ただ無情に' 聞くようになったのだ. ところでそんなに無情に聞いていようとするとすぐ雨新作アルバムの門が少しずつ徐徐にぱっと開かれた. やれやれ, みなさん. '雨'の声にアレルギーがある方ないならただそのまま聞いて見るのを. この人, 全心と全真心をつくしてアルバムを作ったしそのすべてのものがはじめから最後までアルバムをぎゅっと満たしてフルロノムチンダ. ところでこのアルバムはサウンドバランシングがちょっとはらはらして CDバージョンとミュージック脱税社の MP3バージョンがサウンドの質感のためが少し出る. 過ちバランシングされた MP3は '破れる音'の感じを些細に与えるでしょう. CDで聞けばバランシングがつかまっている. 私は CDをリブピングした MP3で入った. 元々 CDリブピング MP3街音質がよほど安定的だ. こんなに別に説明する理由は原作者の意図どおり聞こうと努力するに値するサウンドを盛ったアルバムだからだ. スピーカーよりはイヤホン側を強力推薦. それともベースがどんどんと鳴らすようにボリュームを大きくしなさい." -pulp max

"タイトル曲である I'm comingのイントロでパク・ジンヨンがちょっと長く出る. そのところで人々は 'パク・ジンヨンが今度雨アルバムもすべて作ったな'と思う. 実際にパク・ジンヨンが 1曲抜いては皆作曲した. パク・ジンヨンがすべて作曲したから曲たちが締める '迫真令息雰囲気'で単調だったら問題だ. ところで今度アルバムでパク・ジンヨンはよほどすぐれた水準の均衡美を見せてくれる. 典型的な '迫真令息音楽'はあまりない. この前のパク・ジンヨン曲たちはたびたび古臭く挑発的や度が外れたロマンチシズムに絞り取る感じを与える時があった. 今度アルバムではそんな曲, ない. 彼は一歩後に退いた. そして雨のために他の方向で一歩出た. ダンス音楽は慇懃になったしバラードはドラマチックになった. 雨がパク・ジンヨンを通じて成長したように, パク・ジンヨンも雨を通じて成長したということを見せてくれる. ダンス音楽では実力派ラップポであるタプロー, ダイナミックデュオ,泰とは, タイガー JKが参加して音楽的重さを強化させる. ピチォリングの結果は本当に良い. 人々が漠然と見当をつけるようにこれらがワールドスター雨の音楽に服務するのではない. これらは完全に固有した自分のスタイルのラップをやりこなして悲歌むしろ横で調和して入って行く. 劇的なバラードで祈るドラマチックなボーカル力を精一杯誇示する. アイデアリストである雨の所望も家事にそっくりそのまま盛られる. 日本で発表された曲たち Move onと Oh yeahも贈り物のように収録されているのに, 斗穀皆ケイパブの定数を遺憾無く誇示するまねだ. 頂上の位置でも 2年の間修練に修練を繰り返えして来た二つのミュージシャンの素敵な合作品. 成功は偶然の産物ではないことを見せてくれる."-melisa

"雨新作の構成方式は Sラインを連想させる. 一曲一曲の終わる度に雨はまるでスケートをするようにやんわりとこっそりターンしながら次の曲を始める. ハードダンス, ソフトダンス, バラード, ミドテムポナンバーたちが適切な守衛で上昇と下降を繰り返しながら聞き手を雨の音楽と話の中に導いて行く. したがってこのアルバムをまともに鑑賞したければ必ず順にかからなければならない. 音を出す雨の位地図時々刻々に変わる. 前で, 横で, 後から歌う. ピチォリングとコーラスもこのような雨の位置と適切な対応を成す. おかげさまでソロ歌手のアルバムにもまったく退屈な隅とはない. 雨の舞台パフォーマンスが多方面に話題になって見ると, 思わずアルバムの力では大きい期待をしなかったがこんな完成度と緻密さは予想の外だ. いや, むしろビジュアルで受けた初印象がかえって邪魔になるほどだ. たとえばタイトル曲 I'm comingをミュージックビデオや舞台で先に接すれば瞬間的によほど強い印象を受ける. その後アルバムで歌を聞けば '歌自体はちょっと弱い'と思いやすい. ところで手順が違った. この歌自体が元々力をこっそり抜いたダンス曲だ. それで良いのだ. 空きなさいという人物の最大の魅力は彼がひたすら '剛性'だけではないという事実だ. 雨の強靭後にはこっそり悲しいニュアンスが漂うのにこの曲はそれを素敵に盛り出している. だから一度ほどは舞台パフォーマンスで受けた印象をきれいに消して歌を聞いて見るのを. Friendsも同じ. ショーケースで見せてくれた 'ナルゲダルリン天使'がざっと漂う共益的イメージより曲はもっと深くて広い. 曲自らの力も良いが雨のボーカルも大きい分け前をする. 4集でお目見えする雨のボーカルはそのまま '歌お上手だ'水準で終わらない. むしろ各ナンバーたちごとに悲歌どんなに自分の強化された声をスタイリングし出すかどうかがずっとおもしろい. 4集はパフォーマンスと別個で立派な自分の構成と深みを持った完結物だ. 空きなさいというミュージシャンがいくら酷い完壁主義者なのかを実感することができる. こんなアルバムを作っておいて, 知らんぶりぱったりとはなしてヘリコプターの話ばかりしているのだ. このように音楽自らの力と可能性が大きいという件, 公演のためにもすごく重要だ. 音楽の力無くは舞台の可能性も制限される. 反対に音楽の力がある限り, 舞台は果てしなく進化, 成長することができる. 私が 12月 15日を待ったらショーケースのためではなくまさにこのアルバムのためであるでしょう."- M2

[ピパニアダッコム piffania.com]

雨,中華圏天王と ‘真剣勝負’



寒流天王雨と中華圏の絶対天王で君臨しているズゴルリュンがいよいよ一舞台に立つようになる.

ドラマ 'フルハウス'の爆発的な愛と派手な舞台マナーで最近ズゴルリュン劣らず中華圏で最高の待遇を受けている雨.

去年雨がズゴルリュンが引き受けている広告を占めてズゴルリュンの席を脅威して二つのスーパー級スター間の張り切ている対決構図が始まった.その間何度の機会があったにもかかわらずhした舞台に立った事がなかった.

二人のスターはペプシコーラが主催する慈善コンサートで一舞台に立つ予定.中華圏はつとにこれらが一舞台に上がることを見守ることができるという喜びと果して誰がもっと観衆を捕らえるかドゴウン関心を集めている.

ズゴルリュンは台湾出身のシンガーソングライターで発売アルバムごとに最高ヒットを記録している.中華圏最高スターで最近張礼帽監督の映画にも出演したりした.

-daum-