FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
エンター院,'雨' ベトナム公演版権獲得

企業分析深層報告で表示エンター院(615ウォン 5 -0.8%)(代表ファングソングピル)は 8日 ‘RAIN’S COMING 06/07 雨ワールドツアー’の ‘ベトナム公演’に対する版権を獲得したと明らかにした.契約金額は 8億ウォン.

エンター院は ‘06/07 雨ワールドツアー’のベトナム公演を直接進行するようになったし公演収益及びスポンサー(企業協賛及び広告) 収益を含んだギター公演関連収益一体に対する販売権利を持つようになった.

エンター院関係者は "ベトナム公演は 2万5000席規模の大型公演場で進行されて入場券が売り切れる場合入場券収益とその他付加収益を含んで 50億ウォン以上の収益が期待される"と言った.

この関係者は "最近ベトナムで寒流に対する関心が高まっている状況だから今度公演を通じて ‘雨’が韓流熱風に核になる役目をするの"と言いながら "現在進行しているベトナムハロングベイの ‘アウルラックリゾート’ 運営事業との連繋性・連繋性を考慮する時今後の期待以上のシナジー效果を得ることができること"と明らかにした.

‘雨’は来る 12月ソウル公演を始まりに来年 5月までアメリカ,シンガポール,日本,タイ,ベトナムなど
12ヶ国を巡回して総 35回の公演を持つ予定であり,ベトナム公演は来年 3月中ベトナム最大都市であるホーチミン市で進行される予定だ.

‘雨ワールドツアー’を企画,製作したスタエム側は "海外言論から ‘雨’のワールドツアー日程お問い合わせ街絶えていない"と明らかにして "‘雨’は今度ワールドツアーを通じて 12ヶ国から 80万名以上の観客を動員することができることで期待される"と伝えた.

エンター院は最近海外リゾート開発事業と個別公演に対する投資を通じて観光業,ヨンイェメニジモント事業を推進している.

ファングソングピルエンター院代表は "ベトナムは WTO加入で高速成長の加速ペダルを踏んでいる無限な可能性を持った市場"と言いながら "’雨’のベトナム公演投資決定は公演自らの収益性はもちろん去る 7日公示したベトナムリゾート事業の大大的な広報とシナジー效果を発生させることができるように企てること"と言った.


引き継いで "このために最高の専門家たちを迎入して TASK FORCEチームを構成の中であり今後のエンター院はベトナムでエンターテイメント事業課スター公演,観光商品を連携した旅行業など多様な新規事業を発掘,推進する予定"と付け加えた.

-stock.moneytoday.co.kr-

スポンサーサイト



"TV 終り,映画手始め?…‘サイボーグだが…’でスクリーンデビュー鄭致薫"



パク・チャンウック監督が “復讐終り,愛手始め”と叫んだら映画俳優鄭致薫はこんな駄目押しをしたはずだ.“TV 終り,スクリーン手始め.”

彼の映画デビューは話題だ.映画はまだ封切られなかったし彼の演技力評価も後で仕事だ.しかし歌手タレントなど 4年間 TV スターに活動した彼が主演級で映画にデビューしたということ,ここに朴監督の映画 ‘サイボーグだが大丈夫なの’に出演したということまで人々の好奇心をひいた.負担,期待,挑戦… しかし彼は ‘正しい生活男’ らしく朴監督褒め言葉からした.

“朴監督様です?あらら,映画界の巨匠じゃないでしょうか.多くの方々が負担になるに対して問って見るのに取るうちに感謝するだけだったんです.監督様があんまり ‘ジェントルマン’じゃありませんか.あまり酷い目に会うこともなかったし楽しかったんです.”

映画俳優鄭致薫に落ちた一番目指令は歌手雨を消す事.精神病者 ‘できることは’ 役のために彼は自分のトレードマークだった筋肉質体つきをだぶだぶな患者の服の中に隠した.ここに ‘ウエルカムツードングマックゴ−ル’の田舍少女ガングヒェゾングを見るようなヘアスタイルで ‘非凡’を表現した.ヨーデルソング呼ぶこと,ピンポン遊ぶなど他人の才能を盗むキャラクターを表現するために彼はヨーデルソング歌手敍用率に特別地図まで受けた.このくらいになれば映画出演が ‘コング’(無料)で成り立ったことではないようだ.その他に映画のためにどんな努力をしたか?やっぱり彼は ‘塗った’ 返事に一貫した.

“小説や他の映画でアイディアを得たことはないです.ただイルスンイに落ちこんで演技しただけです.撮影終始 ‘私は鄭致薫ではなく朴一瞬だ’と思ったから歌手雨を消すことができなかったんでしょうか?”

映画撮影始終何のエピソードもなかったそうだ.撮影場雰囲気がとても静かでここが本当の撮影場なのか判断がつかないほどだったと.それでも彼は相変らず “楽しい記憶しかない”と言った.瞬間鄭致薫ではない朴一瞬がつぶやくようだった.

“初出演だが (そうし次第に) 大丈夫なの.”

-daum-

‘雨のドラマ’インドネシアまた濡らす



歌手非(鄭致薫)が KBS2 ‘フルハウス’に引き続き再び演技者で変身してインドネシア攻略に出る.
グックゼムンファサンアップギョリュゼダンは 14日発刊されたニュースレター 447号を通じて “鄭致薫が出演した KBS2 月火ドラマ ‘この殺すやつの愛’がインドネシア民営放送であるインドルシアル(Indosiar)で去る 10月から放送を始めた”と伝えた.

去年 10月30日から 12月20日まで放送されたこのドラマは鄭致薫を含めてシン・ミンア,利己優,キムサランの演技が印象的な作品だ.ボディーガードと悲恋の女主人公の間の愛を扱ったこのドラマは三角関係を軸に一正統メルロドラごとに.

インドネシアジャカルタに居住するザングウンフィシは “歌手悲歌出演した ‘フルハウス’が 2005年インドネシアで放送された事があって視聴者たちによく知られている”と明らかにした.引き続き彼は “この作品は苦難と逆境に直面した状況でも主人公たちが寛容と忍耐で難しさを乗り越えるという内容が非常に引き立った作品”とほめたてた.

インドネシア視聴者たちやっぱり ‘この殺すやつの愛’を人間生の暗い内面をよく表現した作品だと評しながら大きい関心を傾けている.

-naver-