FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
,前売り率1位に巡航!



<サイボグジマン,大丈夫>が前売り順位1位に巡航を始めた。

4日現在オンライン前売り専門サイト インターパーク(http://ticket.interpark.com)で<サイボグジマン,大丈夫>が前売り順位1位を占めたこと。45.1%の高い前売り率を見せながら,週末前売り順位1位を記録した。

これは封切り前から‘12月最も期待される作品1位’を記録した高い期待感と共にやはり最高の話題作であることを証明するとみられたのだ。韓国を代表する世界的な監督パク・チャンウクの新しいスタイル,忠武路(チュンムロ)のブルーチップ イム・スジョンの演技変身,人気スターチョン・ジフンのスクリーン デビューなど製作前から話題を集めてきたこの作品に対する期待感が言論示唆以後うわさが立ちながら,最高潮に上がったと分析される。

また12月,ロマンチック コメディーという同一ジャンルの映画が大挙封切りを控えているけれど<サイボグジマン,大丈夫>だけの驚くべき想像と俳優らの破格的な変身を基盤としたwell made映画という利点が期待感をそそのかしていることで解説できる。

言論示唆を通した最初公開後‘本当に新しくて大丈夫だ’という評価を受けている<サイボグジマン,大丈夫>はとんでもない想像と空想がいっぱいである新世界精神病院.自分がサイボグと勘違いする英軍(イム・スジョン)と彼女がサイボグヨも大丈夫だという一巡(チョン・ジフン)のサランを描いた一種のロマンチック コメディー.あえて誰も模倣できない卓越した演出力で驚くべき想像がいっぱいである新鮮な映画を完成して,観客と評壇の耳目を集中させている。

来る12月7日封切って,今まで見られなかった愉快な面白味と希望をプレゼントする予定だ。

-daum-

スポンサーサイト



‘サイコ恋人’見慣れないが大丈夫


≫ サイヴォーグだが,大丈夫

“廊下側蛍光灯はさらに愛想があるのか?”自分がサイボーグと信じる英軍(イム・スジョン)は蛍光灯,自販機と対話しながら,ご飯には口も当てない。英軍のおばあさんは自身が握れと信じて宥和は食べてハヤンマン(意志(医師))らに捕えられた。ハヤンマンらを皆死んでおばあさんを(求める)救いたい英軍は何でも盗むことができると信じる一巡(チョン・ジフン)に自分の同情心を持っていってくれとお願いする。これらが新世界精神病院の恋人になる。
<サイボグジマン,大丈夫>の試写会が開かれた去る1日パク・チャンウク監督は“実験的に作ろうとしたのにスターをキャスティングしながら,観客に親切なように変えた”と明らかにした。だがあらすじについて映画を理解する方式になじむ観客に<サイボグ…>は相変らず見慣れない映画だ。

警戒(境界)行き来する現実と想像の区分が曇る。観客は主人公らに広がる事件でなく彼らの頭の中に招待される。新世界精神病院という(のは)空間もあたかも同化(動画,童話)のように色とりどりに作られて,現実感がない。想像内と外が似ていたわけだ。英軍の指は機関銃に変身して,医者たちを攻撃して英軍のベッドは天道虫のように小さくなって空を飛ぶ。一巡はヨーデルソングをよく歌う病院患者の声を盗んで,英軍に歌を歌って180度帰った英軍のモリをとらえて口を合わせる。 重要なことはあらすじでなくイメージで,事件でなく情緒だ。 硬くて論理整然な話を追求する観客には気が気でない騒ぎ立てのように見えるだろうし新しい映画読法が気になる観客にはイメージらの聖餐になるようだ。

普通周辺人物らは主人公の話を硬くさせるための補助装置で使われるならば<サイボグ…>では彼らにも自ら彼らだけの世界が与えられる。とても謙虚で,これから歩くこともできない信徳処は(オ・ダルス)は世の中すべての人に申し訳ないだけだ。“いつも主欺瞞する卓球はないだろうか”などどうでもよい悩みにどうでもよい話だけする。重力に勝ちたい王きれいという(朴ジューン面)は頭髪をこすれば空に浮び上がるくつしたを開発したと信じて夜ごと飛行する。話は周辺人物らの遠心力を(受ける)乗って広まる。

医師と患者の関係もさかさまになっている。 英軍がご飯を食べないと気が焦った意志(医師)はホースを挟んで,食物を入れるが英軍はみな吐いて出す。 電気衝撃療法も行うが英軍はかえって充電されたと信じて指銃を撃ちまくる。 おばあさんを捕まえて行ったので医者たちは治療者よりは発病の原因提供者などだ。 英軍がご飯を飲み込むようにさせるのは意志(医師)でなく患者一巡だ。 一巡は英軍を変えようとしなくてその幻想の中でご一緒に入ってくれる。

自身がサイボーグと信じる女
何でも盗むことができると信じる男
想像-現実行き来するサラン
存在意味尋ねるパク・チャンウク票(表)コメディー



≫ サイヴォーグだが,大丈夫

‘パク・チャンウクらしさ’行き来すること<復讐者に憐れみを> <オールドボーイ> <親切な、クムジャさん>等いわゆる復讐3部作以後パク・チャンウク監督が選択した一種のロマンチック コメディーという理由で<サイボグ…>は関心の対象になった。その上彼の初めての12才観覧可映画だ。結果は前作らと別に明るい方だが,また延長線も描いた。

互いに反対になるように見られることらがぶつかって,独特の雰囲気を作る。 金字の奇怪な復讐劇に断定した声が解説で敷かれるように英軍に残忍な任務を消す独白も瞑想の時間に似合うとめどない声だ。 ユーモアもこういうぶつかることでも常識逆転で流れ出る。 英軍が一巡に同情心を盗んでくれとお願いするや一巡は“盗む心ができるように君が努力しなさい”といきなり怒る。 映画の中七去の悪は同情心,ときめき,罪悪感,空想,迷うこと,悲しみ,監査(感謝)だ。




人物らがどうせ答えを探せない根本的な質問を投げるという点も前作らと似ている。英軍(イム・スジョン)は時間ある時ごとに“存在の意味した晴れていたら”とくどくど言う。両親に捨てられた一巡(チョン・ジフン)は点になって消えることという恐怖のために盗みをする。“アンチ ソーシャル(反社会的な)”判定を受けた彼は“アンチ消滅”と主張する。存在意味を探せなくて苦しむ彼らの姿は抜け出せない冤罪(原罪)に閉じ込められたオ・ダルス(<復讐者に憐れみを>)や金字の苦闘を思い出すようにする。

だが何より<サイボグ…>は前作らと別にサランを話してそれだけ明るい。アイロニーを抱いたが肯定的な一巡の大使“希望を捨てて,気勢を出しましょう”を似た。サランは共感という単純な話だとか意志(医師)-患者,実際-想像,首脳(頂上,正常)-正常ではない間垂直的秩序を拒否する転覆的な同化(動画,童話)か,主題は観客思いのままに選び取れば良いようだ。

-hani-