FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
여러분이 있어 따뜻한 겨울이에요…

여러분이 있어 따뜻한 겨울이에요…
Rain.
2006.12.07 10:30
여러분이 있어 따뜻한 겨울이에요…
잘 지내셨지요? 지훈이에요….
요즘은 월드투어 준비와 영화 홍보로 바쁘게 지내고 있습니다.
여러분은 어떻게 지내셨어요?
공식적인 4집 활동이 끝나면서 여러분과 만나기 어려워졌어요
그래서 콘서트가 더 기다려집니다.
(여러분과 가까이서 만날 수 있잖아요…*^^*)
오늘은 제 첫 영화 “사이보그지만 괜찮아”가
개봉하는 날이네요
직접 찾아가 여러분을 가까이에서 뵐 수 있도록 노력 할께요~
여러분 날씨가 많이 춥지요? 자~~~ 감기조심~~!!!
잘 할 수 있을 거라 생각하면서도 조금 걱정이 되네요~
자~ 여러분 저에게 힘을~~~~!!!
이번에도 여러분이 있어 힘을 얻네요
여러분과 언제나 함께하기 위해 노력 할 거구요
이런~ 매니저 왔어요ㅎ
저 이제 가야 할 거 같아요~
그럼 시간되면 또 여러분 뵈러 들어 올께요~


皆さんがいて暖かい冬です…
Rain.
2006.12.07 10:30
皆さんがいて暖かい冬です…
無事に過ごされましたね?ジフンです….
この頃はワールドツアー準備と映画広報で忙しく過ごしています。
皆さんはどのように過ごされましたか?
公式的な4集活動が終わりながら,皆さんと会いにくくなりました
それでコンサートがさらに待たれます。
(皆さんと近くで会えるでしょう…*^^*)
今日は私の初めての映画“サイボーグだが,大丈夫”が
封切る日ですね
直接訪ねて行って,皆さんを近くで尋ねられるように努力します~
皆さん天気がたくさん寒いですか?さあ~~~風邪用心~~!!!
上手に出来ることと考えながらも,少し心配になりますね~
さあ~皆さん私に力を~~~~!!!
今回も皆さんがいて力を得ますね
皆さんといつも共にするために努力する巨体です
こういう~マネジャー来ましたヒウッ
あの今行かなければならないことのようです~
それでは時間を過ごせばまた皆さん尋ねに入って(聞いて)きます~

スポンサーサイト



"雨は男性美がぷんと" "修正姉は私のタイプ"

映画‘サイボグジマン,大丈夫’で初めての呼吸雨・イム・スジョン
雨-他の代作(大作)らあきらめてパク・チャンウク監督映画出演
イム・スジョン-ダイエット・眉毛など脱色周辺の人々びっくりして
パク・チャンウク監督の映画‘サイボグジマン,大丈夫’(以下‘サイボグ’)で歌手ピ(実名チョン・ジフン・24)は幼い時期お母さんが逃げて,ぱんとあけられた胸を他人の物や才能を盗んで埋めようとする妄想症(証)患者に出てくる。
そうでなければ胸中穴がますます縮んで,ついに自身が消滅するという恐怖に苦しめられる。
実際の雨はどうだろうか。
彼は‘ワールドスター’という栄誉を得た代わりに"ミーティングもして旅行もする平凡な私自身"をなくしたのが最も残念だといった。
彼は心の穴にもなった両スケジュール票(表)に空欄を残せない。
今月に入り,一日中各種インタビューと放送出演に苦しめられても午後10時から明け方5時まではずっとソウル逆徒(重量挙げ)競技場で公演練習にかかりきりになる生活を継続した。
ピの相手役のイム・スジョン(26)にも劇中‘サイボグ少女’英軍あるいは世の中の人々誰でものように体験した成長期時期重要な情緒的経験がある。
1男1女中長女のイム・スジョンは"お父さんがあまりにも厳しくて,表現をしない方だと私には愛情欠乏症似ているのがあるようだ"として"そのためか私は暖かいのとスキンシップが好きで恋人もパパのような男を好む方"と話した。
パク・チャンウク監督の他の映画のようにおかしなロマンス映画‘サイボグ’は好む人と嫌いな観客が明確に分かれるほどの作品だ。
それでも全員一致と口をそろえるだけのことはあったことは雨が降って,イム・スジョンが吹きだす新鮮で元気で,愉快な若さ,そして遊び場に会った少年少女のような純粋さ,首脳(頂上,正常)と正常ではないの世界を行き来しながら飛び回るすてきな延期(煙,演技)だ。
いつもワールドスターのカリスマといたずらっ子少年の茶目っ気を顔とからだの上に同時に刻む雨,女性の香りと俳優の自意識をぷんとかもし出すイム・スジョン(以下イム).
二つの主演俳優に会った。
-お互いをどのように呼ぶか.▲費,である:修正姉,ジフン氏.
映画撮影中には英軍様,イルスン様.
-サイボーグと勘違いする精神障害少女と他人の才能を盗むことができると考える妄想症(証)患者間の恋愛談だ。
恋愛相手としてのお互いに対しては?▲費:修正姉は結婚相手に良いようだ。
ちょうど折れながらも,すべての人を包容できる程度量が大きい。
私は恋愛する時は夜に何かことが起こっても走っていって飢えれば飢えたところで絶対に女にお金を出すようにしない。
保守的で若干マッチョ的な指向?▲である:純粋で赤ん坊同じ部分もあってぴったり同じ年頃青年のようだ。
20代半ばとしてや舞台でも男らしい魅力度多い。
女性らがどうしていいか分からなくて好むタイプなのに私がバンと牛に考えた恋愛相手ではない。
私は期待できる男が良い。
-費はもう大物スターなのに,自らも変化を感じるか.▲費:デビュー前の心がけを失わないように努力する。
映画でも英軍にご飯を食べさせてくれることが重要だが,私にもご飯は本当に大切なのだ。
そんなに貧しい暮らしではなかったのにお母さんが調子が悪いながら家暮らしむきが苦しくなって,ご飯を5日間も飢えたことがある。
お父さんは定員育てられるのをお好きなのに今はそれをして差し上げたのが最もうれしい。
私が高校時代勉強をとてもできなかったのに高3時は所属会社で大学に進学できなければ出て行けといった。
それで修能100日を控えて模擬試験問題用紙をまるごと覚えた。
模擬試験成績は150~160点であったのに修能では300点が超えて出てきた。
-劇中英軍は眉毛も押してしまったように脱色をしたしトゥルリにおばあさん語り口を使う。
こういう設定と延期(煙,演技)が難しくしていないのではないか。
▲である:朴監督様が眉毛を押してしまうのがどうだろうか提案をしたが後ほどまた出ないかと思って脱色した。
頭は仮分数のように大きく見てからだも乾くとみられてこそ非現実的なサイボーグ感じが出ることのようでヘアースタイルも変えてダイエットをした。
監督様が見るやいなや‘はっと’と驚いて目を開くことができなかったよ。
おばあさん語り口がクセになって,この頃も"アア,あんた"のような言葉を使ったりする。
-の前にの計画は?▲費:パク・チャンウク監督映画に出演するために以前にほとんど確定した他の大作映画出演をあきらめた。
次の映画は恐らくブロックバスターになるだろう。
韓国映画だけでなく米国との合作映画や汎アジア プロジェクトに参加するのも考慮している。
▲イム・スジョン:数日前ホ・ジノ監督の‘幸福’撮影を終わらせた。
‘幸福’が封切る来年3月までは休む計画だ。

チョン・ジフン-イム・スジョン"私たちの二つの幸福感.

スクリーン電波"
[フォーカス新聞社|前孝順2006-12-07 04:15]


“互いに短所も同じで,このようによく合う女優いるのか…”
“撮影中ずっと信頼職…グラグラ飛んで通うことができました”
‘サイボグジマン,大丈夫’イム・スジョン・チョン・ジフン
“パク・チャンウク監督が二人とも若年寄りだよ”
シナリオとは違いキスシーン ロマンチック
パク・チャンウク監督の新しい映画‘サイボグジマン,大丈夫’(7日封切り)はイム・スジョンとチョン・ジフン(雨)のシナジー効果が光を放つ作品だ。
映画は自身をサイボーグと考える英軍(イム・スジョン)とそのような英軍を愛する一巡(チョン・ジフン)の話.
似た同じ年頃の2人の俳優は以前になかった英軍と一巡キャラクターを創造して私の色で彩色した。
“私たちの二人の幸せな気勢がむやみに感じられるでしょう。
主人公がよく似合えばスクリーンにそのまま伝えられるでしょう。
観客皆さんも同感されるでしょう。”(本当に) “撮影中ずっと信頼できました。
一巡が黙黙と支えて,英軍がグラグラ飛び回ることができました。”(イム)二人は会いさえすれば深刻に対話をした。
パク・チャンウク監督は“青春俳優らに若さを充電しようとしたのに分かってみると二つとも若年寄りであった”として舌を巻いた。
“共に集まる時間が本当に大切でした。
ジフン氏はレコード作業まで年忙しくて私はダイエット中だと食べ物を分けなければならなくて,いつも時間が殆どなかったです。
それで撮影会場では洪水が溢れ出るように映画に対して意見を吐き出しましたよ。”(イム)結局二人の‘過激’でシナリオとは違いキスシーンがロマンティックだった。
もう少し節制された雰囲気のキスシーンを念頭に置いた朴監督は“もう少し愛らしく,恋人の感じでキスシーンを作ってくれ”という俳優らの意見を何度も固辞(考査,告辞,枯死)して両手聞いた。
‘若年寄り’のような二人の貴重さに譲歩したわけだ。

“二つとも同じ年頃にふさわしくなく考えが多いです。
責任感や義務感が大きくてそうするようです。
私たちがまた長男に長女ですね。
どこへ行ってもそれをだませません。”(イム) “お互いの短所も同じです。
とても大人っぽいということです。
だが仕事をする時,姿勢が似ていて,このように呼吸よく合う女優がまたあるかもしりません。”(本当に)延期(煙,演技)が思い次第解けなくて,とても忙しくて手にあまる時もあった。
そうする時,また気勢を整える理由は家族だ。
そして二番目は自身との約束のためだ。
“座り込みたい時ごとに‘初めからそうしたではないか,良い俳優になろうとしたではないか’と一人で軽く叩きます。
それで痛くてもワイヤー(受ける)乗って空を飛び回って,食べたいものこらえながら,ダイエットもできますよ。”(イム) “私に対する自尊心,そしてファンたちを思い出させながら,また力を得ます。’(本当に)
二人が挙げた最高の大使は‘AS出張に行く,保証期間一生は”.
劇中ご飯を食べない英軍を生かすために一巡が英軍の腹の中に装着した機械を見てあげるという意で風変わりな愛告白でもある。
“相手をあなたと認定して受け入れる一巡の愛は偉大ですごいです。
普段愛に対する私の考えを二人が可愛く見せました。”(イム)“愛は犠牲であることのようです。
二人のロマンスを見ながら,現実の中の愛も反省することになります。
別れようかやめようか悩む恋人たちに‘お勧め'です。”(本当に)


歌手ピ,ラスベガス公演売り切れ事例‘ワールドスター威容誇示’



歌手ピがワールドスターの威容を誇示した。
ワールドツアー'Rain's Coming'の一環で来る12月23日と24日両日間米国,ラスベガスで進行される非義単独コンサート入場券が皆売り切れるなど爆発的な人気を集めているためだ。
雨がさる2月ニューヨーク マジソン スクエア街でも劇場公演以後二番目に単独コンサートを持つようになる場所はまさに4,000席規模の空間を持った米国,ラスベガス シザーズ パレス ホテル コロシアム.
二日の間公演が進行されるだけ8,000人に達する米国内ファンたちがワールドスター雨を見るための支度を終えたわけだ。
ピの所属会社JYP側は7日“ラスベガス公演の方は前売りと同時にほとんど売り切れ事例を記録した”として“アメリカ国内熱い熱気を考慮,2007年5月米国,ラスベガスで1万5,000席規模の超大型アンコール公演を計画していたりもする”とピの公演を待っている現地の熱い熱気を伝えた。
雨はラスベガス公演を始め12月から6ヶ月間米国,シンガポール,日本,タイ,ベトナム,中国,マレーシア,インド四二香港,フィリピン,台湾など12ヶ国主要都市を回りながら,総35回以上の公演を広げる計画だ。
JYP側は“来年2月にはニューヨークとLA,トロントをつなぐ全米ツアーを推進中”としながら“オーストラリアとUAEドバイでも公演提案が入って(聞いて)くると知っている”と明らかにした。
一方雨は現在対外的な活動を中断したまま12月15日と16日両日間ソウルオリンピック公園体操競技場で開かれる‘レインス カミング-06/07非ワールド投書イン ソウル’準備に没頭している。

雨香港コンサート チケット価格論議“まだ決定されたことない”解明



ワールドスターピの香港公演を控えて一部現地言論らがコンサート チケット価格を問題にしたのと関連,公演企画会社側が“まだ決定バーない”と解明した。
ピのワールドツアー公演企画会社側は7日ニュースエンとの電話通話で“香港公演と関連して,まだ具体的に決定されたことがない。
コンサート日程や価格なども香港側パートナーが私たちと協議をしなければならない問題なのにまだ協議されたことがない”と明らかにした。
企画会社側はまた“最近香港コンサートに対する契約書に署名をした。
当初来年1月12,13日公演をする予定だったが期間が差し迫る関係で延ばされた。
まだ日も決まらなかった状況だ”と付け加えた。
香港の一部言論は6日付報道を通じて‘2007年1月12,13日開かれる‘RAIN’S COMING-Rain’s World Tour’公演チケットが高い’と報道した。
香港新聞らは2005年10月ピの香港コンサート チケットが580HKD(香港ドル,韓貨約7万ウォン)だったが今回の公演は780~1,280HKD(韓貨9万4千~15万4千ウォン)で価格が高いと伝えた。
だがこれに対して公演企画会社側が決定されたことがないと明らかにしたこと。
一方雨は12月15,16日二日間ソウル オリンピック公園体操競技場で今回のツアーコンサートの初めての公演を持つ。
引き続き23,24日米国,ラスベガス シザーズ パレス ホテル コロシアムでコンサートを開く。

-daum-

イム・スジョン-チョン・ジフン“‘サイボグ~’は私を試験するための映画”





イム・スジョン-チョン・ジフン“‘サイボグ~’は私を試験するための映画”
[ニュースエン文柳淑記者/写真朴ヨンテ記者]
“私を試験してみる映画。”
パク・チャンウク監督の新作‘サイボグジマン,大丈夫’の二人の主人公チョン・ジフンとイム・スジョンが今回の映画に対して口をそろえた。
6日午後ソウル,光化門(クァンファムン)のあるカフェで会った二人は‘サイボグジマン,大丈夫’を自分たちにあって‘挑戦’と‘実験’と話した。
普段パク・チャンウク監督の“曖昧で難しい”作品世界が好きだったというチョン・ジフンは“精神病院中にある患者らの愛物語というシナリオの独創性とキャラクターの独特さが良かった。
枠にはまった延期(煙,演技)をしたくなかったし私を試験してみる契機になりそうだった”として“一巡が私が消化するのが難しい役割ならば消化剤を食べて行きながらでもしてみたかった”と今回の映画に対する欲を表わした。
イム・スジョンやはり“俳優として私の延期(煙,演技)的なスペクトラムを広げてみたかった。
映画‘角砂糖’時から私を実験してみようと思う心を基準として作品を選択してきたし今後2~3年間はその基準が変わらないこと”としながら“今回の作品開始前にも自らに‘君移すことができるかい?それではしてみて’とする気持ちで私をその中に投げてみたこと”と明らかにした。
もちろん2人の俳優のパク・チャンウク監督に対する信頼も出演決定に大きい役割をした。
パク・チャンウク監督の‘復讐は私のこと’を“正しくなされた復讐劇”と称したチョン・ジフンは“あまりにも極端なキャラクターが好きで,朴監督様の映画が好きだった。
朴監督様の映画は何度も繰り返してみるように気になるようにさせる。
‘親切なクンジャ氏’と‘復讐は私のこと’は度々見たくてDVDまで買った”としてパク・チャンウク監督に対する絶対的な信頼を見せた。
これはイム・スジョンも同じこと.
“ひとまずパク・チャンウク監督様と同じように作業したくて悩みなしで選択した”というイム・スジョンは“監督様の家訓の‘でなければやめて’式で英軍キャラクターを持ってあれこれすべてしてみることができた。
英軍キャラクターは何も決まっていることがなかった。
私が描いて入れれば良いキャラクターだったために思う存分自由自在に表現したしそれであまりにも幸せだった”と。
だが‘サイボグジマン,大丈夫’を撮影する間イム・スジョンには幸せさ劣らない苦痛もあった。
それはまさに腹がへることだった。
自身がサイボーグと考えて,ご飯を食べなくてますます枯れていく英軍キャラクターのためにそうでなくても乾いたからだをより一層‘痩せ細るように’作らなければならないのに塩気が入った一般的な食事をすることができなかったこと.
“白い米の飯とキムチが最も食べたかった”と話すイム・スジョンの切ない(?)目つきで撮影当時彼女が感じた腹がへることがにじみ出たが笑いをこらえることができなくした。
一方映画の中で不意に登場するチョン・ジフンの上体露出シーンは女性ファン(パン)らのための特別サービスかという質問にチョン・ジフンは“監督様の考えだった。
本当にサービスのためのものなのかは分からないが監督様を信じる”と冗談を言ったしイム・スジョンは“当時残念なことに私は現場になかったが以後女スタッフらがとても‘ムフッ’年したという話を伝え聞いた”と話して,爆笑をかもし出した。
二人は最後に‘パク・チャンウク監督との作業機会が再びできるならば?’という質問に“どんな駅でも関係なしでしたい(イム・スジョン)”,“私がトゥジャプチョク(歌手活動と延期(煙,演技))と時期の問題があるだろうが時間が出るならば無条件だ(チョン・ジフン)”として“一巡と英軍が手を握って過ぎ行くコンセプトで他の映画にカメオ出演をすればおもしろい”としながらうれしがった。
青春俳優イム・スジョン,チョン・ジフンと‘復讐3部作’のパク・チャンウク監督が作り出した奇妙なロマンチック コメディー‘サイボグジマン,大丈夫’という7日開封される。
-daum-

初めての映画8自評?パク・チャンウク票(表)可愛い映画^^



‘サイボグ…’チョン・ジフン
ワールドスターチョン・ジフン(24)が‘サイボグジマン,大丈夫’(監督パク・チャンウク・7日封切り)でスクリーン デビューした。
舞台で強烈なカリスマを発散してきた彼はこの映画でいつか自身が消滅するかも知れないという恐れのために他の人のことを盗む妄想症(証)患者一巡役を担った。
彼は初めての映画に対して“とても幸せなだけ”と手にあまった胸をなで下ろした。
□映画デビュー作だ。
周辺で何というか?
“当然気になって死にそうだという反応だ。
私の周辺男たちは監督様との出会いでは期待を,イム・スジョン氏との呼吸では嫉妬を表わしたよ。
彼らに私は可愛くて幸せな映画と話すのに監督様の前作を思い出させながら半信半疑である顔だった。
ハハ。”
□自身の映画を初めて見た所感は?
“私が主演で出演した映画だが,客観的な評価を下すために斧目を開いて見た。
延期(煙,演技)に対して不十分な部分でも惜しい部分は私の中に抱いてできるだけ安らかな気持ちで見たかった。
観客の立場で出る本当におもしろくて楽しく見た。”
□最も記憶に残る場面と大使は?
“私の大使中では‘保証期間一生,死ぬ時まで’.
一巡の純情が伝えられるためだ。
英軍(イム・スジョン)のなどにペンで文を描く場面はスジョン氏の大使やアングル,表情すべてのことが良い。
映画をあわせて最も記憶に残る大使はスジョン氏の“六室壊す奴”だ。
普通ママやおばあさんらがツシは単語ではないのか?細い英軍がその大使を詠じる時ごとに椅子が後へ渡るように笑った。”
□二人のキスシーンが印象的だ
“おいしいスパゲティ食べるように唇をうようよと動きながら,最大限ロマンティックにしようとした。
甘くて愛らしく見えたかった。
当初監督様はロマンティックにするのを嫌いでしたが私とスジョン氏がこの場面だけは愛を始める荒っぽい20代男女の姿を描こうと言い張ったようなものだ。
結局監督様が説得されられたことだ。”
□朴監督が俳優らに説得にあったと?
“スジョン氏と私は監督様に対抗する武器で‘幼い年齢’を捉えた。
いくつかの場面は私たちの意志(医師)を貫徹させるために監督様に締めて駄々をこねた。
それで監督様はそれを俳優の欲とプロ精神だと認めて下さりながら演技に集中できるように配慮して下さった。
見かけには難しく見えるが分かれば分かるほど純粋な方だ。
酒飲む時は笑わせようとひんやりとした冗談(濃淡)をたびたびしているのに反応はそれほど充分でなかった。
ハハ。”
□イム・スジョンとの作業はどうだったか?
“人々は少女のようだとしても私が見たスジョン氏はかなりセクシーな女優だ。
カメレオンのようだ。
姉と妹を行き来して,時には男なのか女なのか知らず気さくで品性も豊かだ。
共同作業したとのこと自体が私には幸福だ。
私たちの挟まるだろうは互いに引き受けた領域で熱心に活動して必ず他の作品で会おうと約束しておいた。
英軍と一巡のように痛い人々のほか正常な人物で会って,ジャンルと関係なしでもう一度情熱を燃やしたい。”

-daum-

雨が降って,イム・スジョン,"私たちはまだ成功できなかった"



映画‘サイボグジマン,大丈夫’(パク・チャンウク監督)で呼吸を合わせたチョン・ジフン(雨)とイム・スジョンは互いに似た点がある。
一つはイ・ギョンヒ作家のドラマに各々出演したという点で,また他の一つは比較的若くして確固たる自身の位置を捉えたという点だ。
共通分母最初-イ・ギョンヒ作家のドラマ出演
先にチョン・ジフンはイ・ギョンヒ作家が執筆したドラマ‘サンドゥ学校へ行こう’(2003年9月~11月放送)で延期(煙,演技)に挑戦して,好評を受けた。
引き続きソン・ヘギョと呼吸を合わせた‘フルハウス’に続き再びイ・ギョンヒ作家の‘この人でなしの愛’(2005年10月~12月放送)に出演した。
イム・スジョンは‘サンドゥ学校へ行こう’と‘この人でなしの愛’中間イ・ギョンヒ作家の‘ごめん,愛してる’(2004年11月~12月放送)に出演したことがある。
二人は‘サイボグジマン,大丈夫’で初めて呼吸を合わせたがすでにお互いに対してある程度知っていた状態であった。
ドラマに出演しながら,イ・ギョンヒ作家からお互いに対する話を伝え聞いたためだ。
イム・スジョンは“互いに往来があったことではないが,イ・ギョンヒ作家という共通分母があったからなのかはやく親しくなった”と明らかにした。
チョン・ジフンも“初めて会った時やりとりした対話は‘お言葉多く入りました’であった”としてイム・スジョンとの延期(煙,演技)が楽しい時間であったのを表わした。
共通分母二番目-成功に対する考え
20代のチョン・ジフンとイム・スジョンは各自の分野で確実な位置を捉えた。
それで‘若くして成功した’という評価を受けたりもする。
だが成功に対する二人の考えは周辺の評価と違うという共通点がある。
チョン・ジフンは“私が成功したのかはよく分からない。
似た年齢同じ年頃よりは確固たる職業を持っていることだけのことだ。
ただ私が好むことをそのまましただけだ”と明らかにした。
引き続き“そのままがんばってきたし,そんなことらが称賛を受けるのだ”と謙虚だといった。
イム・スジョンも“本人がしたいことが良くならなくても最後までひもを置かないならばいつか必ず光を見ることになる。
私も数万度放棄を考えたが忍耐心を持って耐えた”としながら“だが私の真の成功は今でなく30代や40代,いやはるかに後日になりうる”と引き続き最善を尽くすというウイ悪口的な姿だった。
共通分母を持っているイム・スジョンとチョン・ジフン.
そのような理由のためなのか二人は‘サイボグジマン,大丈夫’で完ぺきな呼吸を見せる。
自らをサイボーグと考える英軍(イム・スジョンの方)と他人の能力を盗むことができるとここは一巡(チョン・ジフンの方)のあれやこれやロマンスを描いた‘サイボグジマン,大丈夫’という12月7日封切る。

-naver-

特急(特級)歌手ピ,俳優チョン・ジフンでも'スター誕生'



歌手'雨'ですでにトップの席にのぼったチョン・ジフン.
だけでなく‘サンドゥ学校へ行こう’ ‘フルハウス’ ‘このろくでなしの愛’等3編(便)のドラマを通じて,演技力も認められた彼が映画‘サイボグジマン,大丈夫’(パク・チャンウク監督)でスクリーンまで活動領域を広げた。
チョン・ジフンが本紙との写真撮影で成熟した男としての魅力を発散した.

-naver-

前売り固持(告知,高地)占領

[シネ21 2006-12-06 20:45]
雨が降って,イム・スジョンの力であろうか。
パク・チャンウクの力であろうか。
<サイボグジマン,大丈夫>が3ヶ サイトで先頭を走りながら,前売り市場を先行獲得した。
メックスムービーを除いた3ヶ主要前売りサイトを占領した<サイボグジマン,大丈夫>はチケットリンクでは何と75.8%の前売り率で劇場街一人占めを予告した。
ダニエル・ヘニーとオム・ジョンファが主演したロマンチックコメディー道(ド)平均25%の比重を占めながら<サイボグジマン,大丈夫>を追いかけている。
女性観客の圧倒的な支持を確保しているスクリーンの新しい顔雨(チョン・ジフン)とダニエル・ヘニーの正面衝突も興味深い。
<サイボグジマン,大丈夫>は330ヶ,は337ヶで似た数字のスクリーンを確保して,週末スコアに対する気がかりなことが増している。
初めての週スコアによりスクリーン数は急激に傾く可能性が高い。
二つの映画の先頭争いはすでに予想された結果だ。
ただし,二つの映画の前売り比重が80%を上回る点は久しぶりに登場した興行作に対する劇場街の期待を垣間見られる。
残り映画らは5%以下の前売り率で事実上市場に影響を及ぼせずにいる。
11月からこちんこちん凍りついた週末ボックスオフィスの傾向を二つの映画が転換させることができるのか成り行きが注目される。
2006年12月6日午後8時現在
メックスムービー
1.
Mr.ロビンそそのかす40.16%
2.
サイボグジマン,大丈夫38.95%
3.
ひまわり5.16%
4.
ジャスト フレンド4.04%
5.
時の迷路-オフィーリアと三個の鍵3.66%
インターパーク
1.
サイボグジマン,大丈夫38.2%
2.
Mr.
ロビンそそのかす34.3%
3.
プルロシュィ5.2%
4.
ジャスト フレンド5.0%
5.
ひまわり3.2%
チケットリンク
1.
サイボグジマン,大丈夫75.8%
2.
Mr.ロビンそそのかす10.8%
3.
ジャスト フレンド3.7%
4.
ひまわり2.3%
5.
ソウ3 1.6%
Yes24
1.
サイボグジマン,大丈夫46.33%
2.
Mr.ロビンそそのかす19.55%
3.
時の迷路-オフィーリアと三個の鍵11.96%
4.
ひまわり5.98%
5.
愛する時話すものなど3.11%

雨・イム・スジョン“映画チケットを細長司書見て下さい”

雨が降って,イム・スジョンはインタビューが進行された一時間の間‘実験’と‘幸福’という(のは)単語を開く回以上使った。
パク・チャンウク監督の<サイボグジマン,大丈夫>(曖昧フィルム)の二つの主演俳優の彼ら(これら)は“私たちも映画がこのように出てくるとは思わなかった。
マスコミ試写会で初めて見ながら,どれくらい驚いたのか分からない”として笑った。
ひとまず不便(不快)な質問から。
“作品性と別個で商売がうまくいくかも知れない”と尋ねるやイム・スジョンが出た。
“興行だけ考えたとすれば危険な発想でないか。
だが独創的な試みと実験的な内容は拍手を受けたら良いだろう。
真正性を分かってくれないば気に障るようだ。”
そばにあった悲悼“内容が曖昧だという方らが多いが分析せずに頭を悲運状態で映画を見ればむしろおもしろい”としながら手伝った。
二人は互いに相手方の名前の前二つの字の‘イムス’‘停止(整地)’で呼びながら親しくなったという。
雨は“今日この話だけ十回目”として“本当に理解できないならば映画チケットを三枚司書朝お昼夕方食後に一回ずつ見るのも方法”としながらにっこりと笑った。

<サイボグジマン,大丈夫>は新世界精神病院を背景に自身がサイボグと考えて,ご飯の代わりに乾電池を付けて生きる英軍(イム・スジョン)とどうにかご飯を食べさせようとありったけの力をふりしぼる一巡(雨)の愛の話だ。
イム・スジョンは“ナレーティブをついて行くのになじむ観客には多少不便になるだろうが何人ごとにさく烈する笑いと色とりどりな画面だけでも幸せな二時間になるだろう”と自信を持った。
“要約すれば精神疾患者らの愛の物語だ。
私とスジョン氏がウォンなしに壊れた映画でもある。
ハハ。”
白いガウンを(受ける)着た‘ハヤンマン’医者たちを敵と考える英軍が指で機関銃を撃つ場面が印象的であったのに….
イム・スジョンは情容赦ないからだを震えなければならなかったその場面が最も大変だったと打ち明けた。
“外部助けなしに私の力でからだを震えることと非常に難しかった。
一歩遅れて‘インターネット トルリョ’話を聞いたのにあらかじめ見たならば役に立ったのだろうか?どうしてもその方名声をついて行くことはできなかったことだ。”
しばらく笑ったイム・スジョンは真顔になった後“監督様が話そうと思った愛は結局相手方の存在自体を認めることだった”として“精神疾患でもからだの具合が悪くてもその状態を全て受け入れること。
一歩進んで彼の世界観中に一緒に入って,喜びと悲しい。
苦痛のような感情を分け合うのが愛であるようだ”と説明した。


雨は“特に争ったり冷戦中のカップルにお勧め”として“英軍と一巡のように愚か者カップルらもあのように愛するのに映画みれば多分互いにご飯食べさせてあげたい気がするだろう”と話した。
最近ホ・ジノ監督のメロー映画<幸福>撮影を終わらせたイム・スジョンは“映画では乾電池で充電するが現実ではぶらぶらするのが唯一の充電法”としながら“当分家でソン・ユリ氏出てくるドラマ<目(雪)の女王>を見ながら,充電するつもり”と話した。
国内コンサートとワールドツアーを控えている雨は“欲なしに謙虚な気持ちで映画に挑戦したのに思ったより結果が良くて,満足だ”として“監督様とスジョン氏がとても寡黙で,雰囲気メーカー黄色がかっているのに忙しかったのにもう舞台でエネルギーを発散する”として明るく笑った。

-daum-