FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
“ロマンスはとても難しくて” - パク・チャンウク監督



パク・チャンウク監督の映画は秘密マーケティングの代名詞だ。
シナリオはもちろんでスチール写真一つまで徹底的にマーケティングチームによって,封鎖される。
関心の需要は多いが情報の供給は不足すると好奇心は自然に大きくなるほかはない。
‘パク・チャンウク’という名前一つだけでも十分に注目を引ける場合があるので情報を統制する方法だけよく使うならば大衆の好奇心を引き上げるのはそんなに難しいことでない。
パク・チャンウク監督がCJエンターテイメントの低予算HDプロジェクトに参加するという発表が出た時から,ロマンチック コメディーをとるという話が出てきてから自然に関心度は高まっていった。
そこに動くベンチャー企業‘雨(俳優名チョン・ジフン)’が出演するとは気がかりなことは天を突き刺すほどであった。
だが情報は不十分だった。
精神病院を舞台で自身がサイボーグと考える女のような病院に入院中である男の愛の物語という程度が全部であった。
シナリオを見たスタッフらがいったい何の内容かわからないという反応を見せたという噂が飛ぶこともした。
ベールに包まれられていた<サイボグジマン,大丈夫>が実体を表わした時,作品に接した記者らは交錯した反応を見せた。
‘散漫で退屈だ’という反応から‘独特でおもしろい’という反応まで。
<サイボグジマン,大丈夫>は<共同警備区域JSA>以後作品ら中恐らく最も素朴な映画でないかと思う。
パク・チャンウク監督は“私の映画ら中最も可愛くて愛情あふれる作品”と話したことがある。
精神分裂症患者らの話と紛らわしくて奇異な面があるが,若い青春の純粋な愛を描くという点でパク・チャンウク監督の説明は十分にうなずくに値する。
作家主義スタイルではないとしてもパク・チャンウク監督特有の情緒とスタイルは生きていると平凡なロマンチック コメディーを期待するのは困る。
<サイボグジマン,大丈夫>はパク・チャンウク監督の話のように分析しようと駆け寄ればつまらなくて考えなしで見れば面白味を探すことができる映画だ。
ticketlink | <サイボグジマン,大丈夫>は<三人組>きて,感じが若干似ていました。
内容よりはユーモラスなトンのようなのがですね。
ひょっとして<三人組>作る時気がされはしなかったんですか?
観客の立場はどうかわからないだろうが私は全く似ていると考えません。
その時考えは全く出ませんでした。
<三人組>が軽快な映画期はしたがとても否定的な感情が多い作品ですね。
それが怒りが沸き立つ映画だったらこれは反対だから。
撮影段階でシナリオを見た人らが何の話なのかまったく分からないという話がありました。
そのような映画らがあります。
映画を作ってみればたいしたものでないが文で読む時は紛らわしい映画らがたびたびあります。
そのような映画らの共通点は試製がむやみに行き来するとか現実と幻想が行き来する映画です。
読みながらはこれが何であってしながらも完成されたことを見れば見えるとおりであることでしょう。
初めてシナリオとたくさん変わったと聞いたのにどのように変わったんですか?
それが少し誤って伝わったのです。
シナリオ使う前にそのまま初期構想がそうしたことでしょう。
まだストーリーがなくて漠然とこういう種類の映画になることと考えた時に比べて変わったという話でした。
なぜならば(本当に)ジフンがキャスティングされた時期とシナリオ使う過程が重なって,草稿は完成された映画とたくさん似ています。
初めて考えた時はHDプロジェクトに20億ウォンの低予算でさっととらなければならない映画なので実験映画でしてみようかと思いましたね。
精神病院患者らの妄想世界を扱ったことだから幻覚的といおうかとも考えてみたし。
<イージー・ライダーEasy Rider>のように薬を飲んでとった映画のように夢幻的な映画を考えましたね。
そうするうちにすでに脚本を書く前に今の形態に変わったことでしょう。
惜しい点もありそうです。
してみたかった実験をできなくて。
何,次にしなければならないですね。
(笑い)
HDカメラで撮りながら体験した困難はどんなのがあったんですか?ミジャンセンを考えた時,フィルム カメラと明らかに違いますから。
撮影監督が困りきりましたよ。
監督や俳優としては非常に気楽です。
リハーサル過程必要なしでまさにとることができますね。
あれこれ延期(煙,演技)を多様にとっておいて気にくわなければ消せば良いから。
また最終結果ととても似た状態で現場で見られるから。
きれいなモニターでとても詳しく見られるから監督としては非常に気楽です。
フィルムでとればモニターが真っ黒で粒子が荒くて,色感とか色々な事項らを撮影監督だけ信じて行かなければなりませんね。
今はHDでとれば現場経験が全くなくても監督できます。
照明やレンズ特性同じ物を全く分からないがそのままモニター見ながら‘ここにちょっと明らかにして下さい’,‘暗くして下さい’と要求すれば良いから。
<サイボグジマン,大丈夫>は画面のコントラストも弱くて平面的な感じの画面が多いです。
HDを使う色々な監督らはフィルム ルックを(抜き取る)奪おうとたくさん努力するようだったのに,<サイボグジマン,大丈夫>はむしろHDの特性を強調するようでした。
強調まではないにせよデジタルの感じをそのまま置くんです。
そのまま認めながら。
フィルムらしい性格はフィルムが一番よく出すから熱心にフィルムではないことをフィルムのように真似てみてこそ惜しいだけするだろうし,デジタルを選択したとすればデジタルらしいルックを一つの特徴あるいは性格がよくさせなければならないですね。
そのような面でこの映画は軽くて明るい話とよく似合ったと考えます。
質感や細部描写においてデジタルだけの特徴でも長所があるはずなのにいかがだったんですか?
深度がとても深いです。
他のカメラは使わないでみて分からないし,このバイくんで(Viper)というカメラは深度がとても深くて解像度が高いです。
デジタル上映をしてみれば差が大きいです。
ある映画中にきわめて一部だが,フィルムを使った場面もあります。
最後の神(靴),なので雨が降るテント神(靴)から最後までそして銃撃新一部をフィルムでとりました。
ところでデジタル上映をしてみればデジタルでとったのとフィルムでとったのが克明に差があらわれます。
デジタルでとったのがはるかになめらかで鮮明でもう少し明るいです。
そうしたためかこの頃観客らはデジタル上映館をさらに好むといいましたよ。
パイポでとった他の映画をひょっとして参考にされましたか?
私たちがとる時はそのような映画が出てくる前なのでとってしまってから<マイアミ バイスMiami Vice>が出てきました。
デービッド ピンチョの新作はまもなく出てくるだろうし。
パイポでとったのはまだ見られませんでした。
次の作品もHDでとられるつもりがあったのですか?
苦悩中です。
性格が合うのか合わないのか。
<サイボグジマン,大丈夫>は実験性と大衆性を調和させた作品だ。
映画の初めての断想はパク・チャンウク監督の夢で始まった。
からだで弾丸が出てくるサイボーグ少女を夢でみたパク・チャンウク監督はパステルトーンの生気があふれる精神病院の患者らが生きる小宇宙を考えて二種類を結合させればどうだろうかと思う考えに到達した。
実験的で大胆な映画を作ろうとしていたパク・チャンウク監督の初期構想はチョン・ジフンがキャスティングされてイム・スジョンが加勢しながら,修正された。
俳優らまでシナリオを読んでよく分からないという反応を見せたことだし観客らまで困惑させたくはなかったのだ。
パク・チャンウク監督はシナリオ段階で念頭に置いたチョン・ジフンをキャスティングした以上ピのスター性を適当に活用したかった。
非義純粋な感じと青春のイメージを借用したかった。
<親切なクンジャ氏>でイ・ヨンエの既存イメージを捻ったようにパク・チャンウク監督はスターのイメージを借用して変容させる知恵がある。
初めから小物で始めた<サイボグジマン,大丈夫>はコンピュータ グラフィックと撮影分量が増えながら,製作費が大きくなる比較的‘大きい’映画に変わった。
<サイボグジマン,大丈夫>に関する一部評価を見るとエピソードが多くて散漫だという印象(引き上げ,人相)らが多かったんですよ。
残念だと考えます。
ハハ。
そうですね。
好みの問題でしょう。
<親切なクンジャ氏>道(ド)そうで今回の映画もナレーションが重く使われました。
ナレーションを使うことによってどんな効果を期待されましたか?
私は映画を構成する色々な要素ら中使えることらはいろいろ持って使う方です。
最近ではボイス オーバー解説を多く使いましたよ。
それはただ映画が長くなるのを防ぐために必要な情報を効率的に伝達しようと使ったのは違います。
情報ならば,あえてなくてもかまわないことが多いです。
単に情報をためラーメンです。
そうですね。
それは私も考えてみなければならない問題なのに。
ある時はシニカルなコメントの場合もあります。
劇中人物によったのなら,例えば<親切なクンジャ氏>の場合ならば,とてもよく知られた声優の声を使うことによって客観的な解説のように偽装して最後に若干の反転をあたえる場合もあってよ。
何,そのような用途でしょう。
映画にとても没入にならないように通り(距離)を維持するのに役に立つそのようなテクニックだと考えます。
ナレーターの大使と登場人物の最後の口もようを重複させた場面が眼に触れたんですよ。
英軍ママと英軍間にそうである場面があります。
母娘枝幹に声が変わるんです。
それはママから影響を語ってくれますよ。
それが英軍の病気を決定したことだからそんなこともあってよ。
ところでこの映画は事実口もようを覗いて見る映画と見られます。
そうするからです。
英軍と一巡が互いに口もようを見ながら尋ねる場面もあって,おばあさん口もようを深く考えて書いていく場面もあるでしょう。
<サイボグジマン,大丈夫>は誰か何かをいおうとするのにそれが正確に伝えられるか違うか,またそれを正確に伝達されようと努力する内容に関する映画です。
口もようとそれから出る声.
それが重要な映画なのでそのような効果を多く使いました。
一部場面らは他の映画らを連想させます。
乱射する場面は泉ペキンパの映画を,初めての場面の工場神は<チャーリーとチョコレート工場>が浮び上がります。
そんなことらはいつもあるのだから。
私が映画狂出身だと先入観があって仕方ない現象であることのようです。
そのような見解で見ればどんな映画でもみなレファレンスになるほどの映画を探してみることができます。
キム・キドク映画でも洪尚秀映画でも。
私が唯一映画狂出身で知られていて仕方ないのに,事実そんなことよりも私が心配したことは岩井シュウンジの<ピクニック>ためでした。
脚本をみな書いておいて誰が見ろといってみたのに<ピクニック>この病院で会ったカップルの上に女主人公が病院の外に出て行って,世の中の終末に対して話は内容だったんですよ。
その時は胸がとても溢れそうでした。
これどうしてこそすると思いましたよ。
この設定を捨てればこの映画を作ってはいけないのにこれをどうすると思って‘分からない,わざわざそうしたのでもないが’それと共に作ってしまいました。
また<ドニーみな鼻Donnie Darko>でもウサギ仮面をかぶるキャラクターが出てきてその映画やはり世の中の終末に関して話したのに,それは映画をみな作って編集まで終わらせた状態で知ることになったことと‘道理ない’と考えましたよ。
<サイボグジマン,大丈夫>を紹介しながらベートーベンの8番交響曲,計算ペキンパの<ジュニア ポノJunior Bonner>のような映画と紹介したでしょう。
唯一泉ペキンパの映画がお好きなようです。
それで監督様映画で泉ペキンパの影響を探そうとする人々も多いです。
泉ペキンパロブトも影響をたくさん受けたが,彼は単に私が影響をたくさん受けた500人の監督中一つです。
(笑い)ペキンパが唯一圧倒的な影響力を行使したことは絶対に違います。
北京パー(ネギ)に劣らないように私に影響を与えた監督や作家はとても多いです。
<サイボグジマン,大丈夫>はだいぶ教訓的です。
以前映画らに比べて,メッセージが非常に明らかです。
‘モラルリスト’のような印象を与えたのです。
そうです。
私が好む多い映画らと文学作品らを考えてみれば,私がそれらを鑑賞する時,そういう教訓を常に探すようです。
どんな教訓を得ることを願うもののようです。
とても単純で誘致した接近方法のようだが仕方ありません。
それで私が作品を作る時にもそのような考え方が当然少しはあるでしょう。
とても説教組で表現しようとすることはないけれど,時にはそのような話を隠すことが美徳だけではないようです。
ある時はそれを直接的に話すことがもう少し新しく感じられることもあって,さらにユーモラスな時もあります。
<サイボグジマン,大丈夫>で‘存在の目的した晴れていたら’と話す時がそうです。
隠すことより直説話法で話せばさらにユーモラスでしょう。
ロマンス ジャンルは好むこともせず上手にする自身もないと以前に話されたのではないですか。
それでもクロス ソテーの映画や<プレンキと紫泥Frankie and Johnny>,<春の日は行く>のような映画は好むと話されましたし。
映画狂だからジャンルの性格に対してはよくご存知であるはずなのにそのためにロマンス映画を作るのがさらに骨を折らなかったでしょうか?
そうです。
愛の話.
愛をささやく映画は本当に難しいです。
私が何をよく分からなくて,そうだろうか?例えば戦う場面でも悪口を言って暴力を振り回して人を殺す場面らはとても多様にとることができて新しい表現を簡単に考え出すことができます。
しかしキスするとか抱擁をするとか何か親しい話をやりとりするとかという場面はいつ見ても類似したもののようです。
こういう種類の映画らが退屈になりやすいのがそのような理由のためであることのようです。
私がよく分からなくて言う声はかも知りません。
とにかく私はそうします。
ロマンスを扱う時,どのように新しい表現ができるかという問題.
これも連結した話だが新しくなくて慣習的な表現をすれば真心が含まれていないように見える結果が出ます。
そうするうちに真心なしで愛をささやく場面は偽善的にボーイでしょう。
偽善的に見られないながら,愛を表現するということがちょっと難しかったんですよ。
好むと言及されたメロー映画らも決して革新的ということにはならないでしょう。
それで偉大なことでしょう。
一方で私のタイプではないようです。
そのような映画を見る時は良いが作るのは他の問題です。
例えばクロス シャブロルはスリラー映画を水が流れるように自然にそれほど力上げなくて連続ドラマと大きく異なることない形式でとっても偉大な境地(耕地)に到達するが,それは私が追求する世界とは違います。
見る時は楽しいがまねたい気がするのは違います。
ロマンス映画も同じことでしょう。
何か新しい話で新しい話に似合った新しい形式を見せることができる映画,そのような映画であることを望みます。
今回の映画もタイトル シークエンスに多い精魂を込められました。
タイトル シークエンスに多い精魂を込める理由があるんですか?
<親切なクンジャ氏>は米国の方に任せたのに今度は韓国ですべてしました。
この映画のタイトル シークエンスは小物もみな作らなければならなくて,時間がちょっと聞きましたよ。
このように精魂を込めるのは美学的な理由よりは苦労したスタッフらと俳優らのためにです。
それが最初の理由です。
そして既にそのようにすることならば,映画自体と美学的に連結したイメージを見せることでなければならないでしょう。
この映画のエンディング場面のために論議が少しあったんですよ。
12才観覧可でするには不適切なのではないかと思う見解もあってよ。
よく見えない場面の上に性行為でなく抱いていることなのでそれほど問題にならないと思いますが。
その場面はジフンだけ直接延期(演技)したし英軍役は対訳(帯域,代役,大役)を使いました。
残忍な銃撃場面と行進曲風の音楽が衝突する部分が印象的でした。
二番目銃撃場面でしょう。
その場面の音楽が一番気に入ります。
行進曲風でとても祭りの雰囲気でしょう。
英軍が妄想の中で‘ハヤンマン’らをむやみに虐殺して通う非常に暴力的な場面なのにそのような音楽が負わせられることによってこれら全部騒動が英軍には非常に楽しい行動で認識されます。
そのような面がよく浮び上がったことのようで気に入ります。
視覚的な暴力行為の残忍性同じ物をたくさん相殺しながら,童話的な感じを作りますね。
それが私の意図に近いから。
だいぶ長い曲なのに開始と終わり,そして中間中間に何個ポイントがあって,音楽と絵がとても精巧によく合わされました。
銃を乱射してひとりにねらって,パンして撃てばパバン~しながら命中を祝うような声も出てきて….
今までしてみた音楽中編集と最もよく合うように精巧になっていて,最も気に入ります。
<サイボグジマン,大丈夫>は分析する態度で見る観客には難しい映画になることで気楽に楽しむ観客にはやさしい映画になることだと話されたことがあったことにどんな意味に立ったのですか?
分析することを願う観客は二番目見ながら,映画を理解(利害)周期見送ります。
映画の中にとんでもないいたずらが多くて,それを度々考えることになれば次の話をのがしやすいからそのように言ったのです。
とんでもないのをそのままとんでもないように楽しみながら移ってこそついて行けるから,それでそのように言ったことでしょう。
パク・チャンウク監督は<サイボグジマン,大丈夫>を示して‘復讐3部作’と次期作<コウモリ>間に置かれた小さい島だと話したことがある。
軽くさせる小物という意味だったが,それは撮影以前の心だった。
愛の話に習熟でないパク・チャンウク監督は用心深い所在(素材)のためなのか以前作品よりさらに多い精魂を込めることになったと話す。
企画段階でパク・チャンウク監督は患者グループ全体が主人公の映画を想像した。
だがチョン・ジフンとイム・スジョンがキャスティングされながら,メロー映画の枠組みを持つようになったし,他の患者らの独特の話がコメディーの形態で添加されながら,ジャンル上ではロマンチック コメディーの外観を帯びることになった。
しかし一般的な意味のロマンチック コメディーとは全く違う映画であった。
<サイボグジマン,大丈夫>が‘一種の’ロマンチック コメディーであることはそのような理由からだ。
‘相手方とコミュニケーションをするためには相手方を変えようとするより先に相手方をありのまま認めなければならない’という教訓的なメッセージを含んでいるこの映画を終えた後パク・チャンウク監督は7年超えて準備してきたヴァンパイア メロドラマ<コウモリ>プロダクションに入る計画だ。
ソン・カンホが主役を演じることになる<コウモリ>は暴力は強くてユーモアは殆どない独特の一種の恐怖ロマンス映画になるようだ。
ストイックのヒューマニストで人類愛が燃える意志(医師)が吸血鬼になるという内容で知られたがまだ草稿段階だけのことだ。
<コウモリ>を終えた後にはフランス原作漫画を映画に移す<雪国列車>を製作した計画だ。
演出は<怪物>の,ボン・ジュンホ監督が引き受ける。
2010年頃とる予定だとどうなるかはまだ誰も分からない状況だ。
ハリウッド進出の話がたくさん聞こえたんですよ。
アクション映画だけないならハリウッド進出を避ける理由がないと話したでしょう。
監督様映画の指向を見た時,ヨーロッパと合作がさらに似合いそうです。
ハリウッドはスタジオの制約がひどすぎるでしょう。
それも方法でしょう。
だがヨーロッパから来る提案ははるかに少ないです。
ヨーロッパはお金が豊かでなかったためか….
大変で見慣れない環境で映画を作るべきだとすればそれを押し切る程とても良い何か行っていなければならないこと違いますか?私の考えにそれは巨大な資本であることのようです。
それで大きいお金が入る映画でなければあえて外国へ行ってとる理由がないと思います。
もし外国へ行ってとることになるならばどうしてもヨーロッパよりハリウッドがより良いでしょう。
海外映画祭審査委員をすれば多い映画を見ることになると思いますが。
最近映画ら中監督様を刺激したりインスピレーションを与えるとかという作品らがひょっとしてあったんですか?
ひとまず現代映画はよく見ないです。
今回審査委員するのにやむを得ず見たのに….
何,賞受けた映画らがみな良い映画でしょう。
チアジャンコナアラン・レネの新しい映画,イタリア映画なのに<迷惑誤報追い立てた道(ド)Nuovomondo>とそれも良かったです。
その他にこの頃みた映画中には<ナポレオン ダイナマイトNapoleon Dynamite>がおもしろかったです。
それでその監督の新しい映画<ナ初リブレNacho Libre>が見たいです。
この頃にはシナリオを直接使うよりは相手作家にたくさん任せるようです。
貢献度というものはたいてい似ていました。
作家に任せるのは今回の映画がちょっと大きかったんですよ。
情緒頃作家があまりにも考えるのが可愛いです。
とんでもない大使もよく作って。
それでこの映画に流れる少女的な感受性がよく発揮されました。
情緒頃のおかげが大きかったんですよ。
<雪国列車>他に製作を計画中である作品がまたあるんですか?
イ・ギョンミと美粧傾向(税)は映画祭で賞受けた新人監督があります。
ミジャンセニョンファジェと私が関連した部分があるのにそこで発見した監督です。
<親切なクンジャ氏>時スクリプターで現場トレーニングを終えたし,今は新しい映画の脚本を終える段階です。
<ニンジン>という映画なのに女たちがしゃべる話です。
‘いじめ’問題を扱っているけれど深刻に扱ったのではなくて….
映画演出も大変でしょうに製作に努める特別な理由でもあるんですか?
ミジャンセニョンファジェに多い愛着を持っていますので。
そこで著しい映画をお目見えした監督が忠武路(チュンムロ)に進出することができるように助けたいです。
イギョン米価作った短編映画がとてもおもしろいばかりか彼女が商業映画監督としての可能性もあるから助けるんです。
これから製作をよくするという考えを持っているのは違います。
ボン・ジュンホ監督の映画を製作するという考えはどのようにすることになったんですか?
ボン監督は監督としても優れるがプロデューサー役割までもほとんど処理する人だと代作(大作)でも私がそれほど難しいことはないという計算が立ちました。
そのままそうなりましたよ何.
(笑い)
<コウモリ>はひょっとしてまた他の3部作の開始でしょうか?
違います。
そのような計画は全くないです。
進行はどの程度なったんですか?
数年前に作っておいたトリートメントがあるのに10枚程度分量です。
それを基礎で情緒頃作家が草稿を書くところです。
CGが多く入っていく代作(大作)がよいと思いますが。
そうではないと思います。
製作費が多く入っていく映画は負担になってしないから。

-daum-

スポンサーサイト



雨4集,リパック(CD+DVD+ダイアリー)アルバム予約.



雨(Rain)のワールドツアー[Rain's Coming]の開始のソウル公演に合わせて,発売される
雨4集,リパッケージCD+DVD+ダイアリー(限定版)アルバム予約受けています。

雨(Rain) 4集/ Rain's World[repack] (CD+DVD+ダイアリー) [予約+ポスター]
予約商品が入庫された日,注文商品皆を共に発送します。
Release Date:2006/12/15
Record Label:JYP
Genre:ダンス(国内)
Distribution:ソウルレコード
2 CD
発売予定日:2006-12-15
Disk - No.1
01.
Rain's World
02.
I'm Coming Feat.
Tablo
03.
With U
04.
私が横になったベッド(In My Bed)
05.
一日も(Not A Single Day)
06.
カシオペア(Cassiopeia) Feat.
イム・ジョンヒ
07.
Him And Me Feat.
Dynamic Duo
08.
Don't Stop
09.
Touch Ya Feat.
テワン,Aka,C-luv
10.
Move On
11.
Oh Yeah Feat.
Ai
12.
Friends Feat.
Tiger Jk
13.
To My Friends
14.
私B-garage Remix
15.
悪い男Tango Ver.
16.
I'm Coming Feat.
Tablo (ザリガニ発Home-grown Ver.)
17.
私はAcoustic Live Ver.
18.
With U Hybrid Beat Ver.
Disk - No.2
01.
私が横になったベッド(In My Bed) Music Video
02.
I'm Coming Music Video
03.
メーキング フィルム4集アルバム録音とジャケット撮影,M/V撮影
12月15日ワールドツアー[RAIN'S COMING]の開始のソウル公演に合わせて,発売される非義4集アルバム[RAIN'S WORLD]の,リパッケージ アルバムB型
今回のリパッケージ アルバムはCD+DVD SETのA型とCD+DVD+ダイアリーSETのB型で2種類形態で発売される。
CDには既存4集収録曲にリミックス曲悪い男,I'M COMING,私は,WITH U総4曲が追加されたし,DVDは私が横になったベッド,I'M COMINGのミュージックビデオと4集アルバムの録音とジャケット撮影,MV撮影メーキング フィルムを入れた。
また,5,000枚限定で販売されるリパッケージB型は年末シーズン商品でピの未公開写真を入れた高級ダイアリーで消費者らの価格負担を減らすために出庫街を大幅に下げるなどファンサービス次元で企画された。
今回のスペシャル エディション アルバムはワールドツアーを控えて永らく自身を待ったファンたちに感謝の気持ちを入れた贈り物という。
音楽と映像,そしてダイアリーまでより増して,一年を送って,また一年を迎えながら,感謝した心を伝達するのに良い総合ギフトセットになるだろう。
http://www.recordforum.com/sub/view.asp?class=&mcode01=001206097&genre=31

チョン・ジフン-イム・スジョン,最高成績でスタート!



パク・チャンウク監督の新作<サイボグジマン,大丈夫>(提供:CJエンターテイメント,製作:曖昧フィルム)が全国9万 2千観客動員をしながら興行突風を予告している。
ソウル74ヶ,全国340ヶ スクリーンで封切った<サイボグジマン,大丈夫>の7日スコアはソウル3万 3千人,全国9万 2千人.
オム・ジョンファ,ダニエル・ヘニー主演の,興味深い所在(素材)のロマンチック コメディー<ジャスト フレンド>等12月7日封切り作の中最高成績でスタートを切った。
このような<サイボグジマン,大丈夫>の初日スコアは11月劇場街の深刻なオフシーズンを打破やり遂げた結果なのでより一層目を引く。
最近何週間平日(駐中)全体映画のスコアを合わせて,約16~17万の観客が入ったのを勘案すれば非常に驚くべき数値.
興行青信号になると予想されている。
韓国を代表する世界的な監督パク・チャンウクの新しいスタイル,忠武路(チュンムロ)のブルーチップ イム・スジョンの演技変身,人気スターチョン・ジフンのスクリーン デビューなど製作前から話題を集めてきたこの作品に対する期待感が言論示唆以後‘非常に新しい’ ‘俳優らの変身がすごい’といううわさが立ちながら,観客らの期待感もまた最高潮に上がったと分析される。
封切り前から‘12月最も期待される作品1位’(無ビースト11/21~28)を記録するなど最高の話題を呼びおこしたことがありながら,週末により一層観客追求に出ると予想されて週末ボックスオフィスをより一層期待するようにさせる。
映画<サイボグジマン,大丈夫>はとんでもない想像と空想がいっぱいである新世界精神病院.
自分がサイボグと勘違いする英軍(イム・スジョン)と彼女がサイボグヨも大丈夫だという一巡(チョン・ジフン)の愛を描いた一種のロマンチック コメディー.
各種オンライン前売りサイトで前売り率1位を席巻したこの作品は全国340ヶ スクリーンで封切って,今まで見られなかった愉快な面白味と希望をプレゼントする予定だ。

-daum-

雨-イム・スジョン,封切り初日ヘニー-オム・ジョンファ押した


パク・チャンウク監督の初めてのロマンチック コメディー映画'サイボグジマン,大丈夫'(製作曖昧フィルム)が封切り初日全国で9万人の観客を呼び集めながら凍りついた12月劇場街に興行予感を呼び起こした。
8日配給会社のCJエンターテイメントによれば去る7日全国340ヶ館(ソウル74ヶ館)で封切った'サイボグジマン,大丈夫'という全国9万1500人(ソウル3万3000人)の観客を動員した。
これは一週間前封切った李炳憲水際主演の映画'その年夏'の初日観客数を2倍以上上回る数値.
さらに平日の木曜日一日の間記録という点で鼓舞的な結果だ。
'サイボグジマン,大丈夫'という精神病院を背景に二人の男女の奇怪な愛を描いた映画でイム・スジョンとチョン・ジフンの破格的な精神病者延期(煙,演技)で目を引く。
この映画は同日封切ったロマンチック コミック映画'Mr.ロビンそそのかすこと'との12月興行対決に関心を集めながら,特に各々スクリーン主演申告式を行ったチョン・ジフンとダニエル・ヘニーの人気対決にも話題を集めた。
同日封切った'Mr.
ロビンそそのかすこと'という配給会社集計結果全国350ヶ館(ソウル65ヶ館)で封切って,6万48人(ソウル2万770人)の観客を集めた。
一方'サイボグジマン,大丈夫'が簡抜の差で先立って出発したが,今後二つの映画に対する評価と観客らのうわさにより対決様相はどのように変化するのか関心が傾く

-daum-

チョン・ジフン(雨).イム・スジョン,カップル期待感1位に上がって..



映画も前売り1位
パク・チャンウク監督の新しい映画<サイボグジマン,大丈夫>の男女主人公チョン・ジフンとイム・スジョンが最もよく似合うカップルに選ばれました。
チョン・ジフンとイム・スジョン カップルは去る11月27日から12月4日までオンライン映画サイト メックスムービーで進行された‘12月,スクリーンで会う俳優らの中で最も似合うカップル’を選ぶアンケート調査で総6,629人の参加者中49.8%に該当する3,300人の支持を受けて,1位に登板したこと。
引き続きのオム・ジョンファ&ダニエル・ヘニーカップルが2位に上がったし,<美女は苦しくて>の,キム・アジュン&チュ・ジンモ カップル,<組織暴力妻3>西暦(書記)&イ・ポムス カップルが順に(次々に)3,4位を占めました。
また,イム・スジョンはオンライン映画サイト無ビーストで進行した“今年一年を終える韓国映画中最も期待される女優”(期間:11/28~12/6)を尋ねる質問でも総15,006人の参加者の中で31.1%(4,670)選択を受けながら,1位に選ばれる気炎を吐きました
映画<サイボグジマン,大丈夫>でイム・スジョンはサイボグはご飯を食べてはいけないと考えて,食べ物を拒否する英軍を延期(演技)しました。
またチョン・ジフンは英軍を治療の対象に考えるよりは,ありのまま受け入れて理解しなければならない対象に考えて,彼女だけのとんでもない想像世界に用心深く足をふみながら近付く'一巡'を延期(演技)して,もう一度女性ファンらの愛を受けると予想されています。
一方,<サイボグジマン,大丈夫>は8日現在各種来た欄の前売りサイトで1位を席巻しながら,興行展望を明るくさせています。

-nate-

雨,ワールドCFモデル浮上…今度はタイ!



最高待遇で牛乳製品モデルで落下点
‘ワールド スター’雨が最高待遇を受けながら,タイの牛乳製品モデルで落下点なった。
雨は最近タイのさらに緻密牛乳CFモデルに選ばれた。
雨は映画‘サイボーグだが,大丈夫’封切りを控えたうえに今月から始めるワールドツアー準備で忙しくて,先月末国内で極秘裏にCF撮影を終えた。
ピのモデル料は5億ウォン線で知られている。
タイで最高モデル ギャランティー水準だ。
雨がタイの牛乳モデルに出たところにはタイ内で高い人気が一役買った。
昨年雨が主演したドラマ‘フルハウス’がタイ内で70%に肉迫する視聴率を記録した。
雨が日本,香港,中国,台湾などで公演を開くやタイ ファンたちが所属会社jypエンターテイメントにタイ公演を推進してくれというソ・ミョンソを伝達して,今年2月バンコクのインパクト アリーナで単独公演を開いた程にタイでピの人気は熱い。
雨は現在ペプシ アジア圏モデルと化粧品ブランドDHCの香港モデルで活動している。
今回のCFまで追加して,名実共に世界的なスターに新たに出ている。

-empas.com-

チョン・ジフン・イム・スジョン,映画で恋人CFではライバル



イム・スジョンとチョン・ジフンはこの頃芸能界で最高の株価を走っている。
まず二人は現在広告界で最も好むCFモデルだ。
2人の俳優は現在競争会社ノートブックCFに並んで出演して,対決を行っている。
これらの出演でCFの中製品の売り上げが急成長したと伝えられる。
また彼ら(これら)はCF出演以外にも映画出演料,レコード収益金などで莫大な収益を上げている。
だが本来自分たちがどれくらい儲けるかはよく分からないと打ち明けた。
イム・スジョンは“デビューの時からすべてのお金はご両親が管理する”として“現在内通帳にいくらがあるのかよく分からない”と明らかにした。
“まだ高いことを死去や大きい金を使わなければならない時はご両親に許諾を受けなければならない”として恥ずかしい微笑を浮かべた。
これを聞いたチョン・ジフンも“私も同じこと”として“友人らやスタッフらにご飯を一食思慮としてもお父さんに先に電話をしなければならない”と打ち明けた。
引き続き“私がカードをかけばお父さん携帯電話に直ちに文字メッセージが浮かび上がるから仕方ない”として笑ってみせた
-sportskhan.net-

チョン・ジフン・イム・スジョン,‘パク・チャンウク映画課外’かなりよい面白味



イム・スジョンとチョン・ジフンは‘サイボグジマン,大丈夫’を撮影しながら楽しんだ唯一の暇つぶしはパク・チャンウク監督から入る映画授業だった。
パク・チャンウク監督は撮影時間時々映画に対する博学な知識で2人の俳優に各種映画の話を聞かせた。
また俳優生活において必ず見なければならない映画リストを作ることもした。
イム・スジョンは“釜山(プサン)セット場撮影の時撮影がない日ならば監督様と共に釜山(プサン)シネマテークに行って,映画を共に見るのが唯一の暇つぶしであった”と打ち明けた。
“ソウルにきてもハイポテク私みなに共に行って,ヨーロッパ映画を見た”として“メロー映画の巨匠の成瀬監督様と泉パキンパ監督様など普段接することができない古典映画等を見ながら多いことを習った”と付け加えた。
チョン・ジフンも“監督様が推薦された映画等を見ながら,一巡キャラクターを作った”と打ち明けた。
パク・チャンウク監督が一巡に推薦した映画はジャック・ニコルソン主演の‘カッコウ巣の上に飛んで行った鳥’,キアヌ・リーブス主演の‘リバーブリッジ’.
彼は“監督様と一緒にいれば映画に対する魅力がより一層強くなることを感じることができた”とその当時を回想した。
-sportskhan.net-

チョン・ジフン・イム・スジョン,‘間が抜けた延期(煙,演技)’気が気でなくてひどい目にあったよ




仲が良い兄と妹(姉と弟)の姿だった。 ロマンチック コメディー‘サイボグジマン,大丈夫’(監督パク・チャンウク,製作曖昧フィルム)の封切り(7日)を控えて会ったイム・スジョンとチョン・ジフンはインタビュー中ずっと親しい姿を失わなかった。 ‘修正が姉’という呼称に固執して呼ぶチョン・ジフンは可愛い末っ子弟(妹)イメージであり物静かさを失わないで後輩を取りまとめるイム・スジョンは頼りたい一番上の姉同じだった。

▲封切りを控えた心境?=(イム)心境?(笑い)心境というからとても大層だね。そのまま観客らがどんな反応を見せるのかとても気になって。(情)人々の反応がとても肯定的なので幸せで。記者試写会日も良くない声が出るかと思って心配したのに意外に好んでくれたよ。修正が姉に本来記者試写会でこのように良いことをいってくれるかと尋ねるほどだった。

▲引き受けたキャラクターは?=(イム)自身がサイボーグと考える痛みを持った少女英軍だ。(情)英軍が好きな盗癖が若干ある一巡役割を受け持った。

▲修正はジフンのスクリーン デビュー延期(煙,演技)に何点与えたくて?=(イム)とても上手にしたところで何.私があえてパートナーの延期(煙,演技)に対して点数を付ける立場ではないようで。(情)修正姉のおかげで気楽に延期(煙,演技)できた。

▲精神病者というキャラクターが延期(演技)するので(に)容易ではなかったと思い=(イム)シナリオを初めて受けた時,悩みをよくした。ナレーティブが不親切で理解するのが容易でなかったんだよ。それで心と頭を空けて6~7才程度の幼い子供の見解で英軍キャラクターを接近していった。(情)初めて読んだ時,キャラクターらが絶対触れなかったよ。シナリオが初めから理解できたとすればむしろ精神世界が問題があるのではないのか?(笑い)監督様を信じて従ったところで何. 監督様と数多くの対話を通じて,一巡をますます理解することになったようで。

▲朴監督様はどうだったの?=(情)本当に現場で行けばそのエネルギーを感じることができて。自分の中心が確かに立っていて,私たちが本当に信じて従うことができた。(イム)現場ではカリスマあふれるが実際に会えば本当に平凡なおじさん同じで。だが映画に対する話が出てくれば目つきが光って興奮されて。映画に対する熱情を感じることができた。

▲修正は本来そんなに物静かで?=(情)そう。とてもとても静かで。姉はいつも一人で遊ぶのを好んで。撮影時々休み時間ができれば座って,2~3時間ずつ本だけ見たよ。

▲ジフンはとてもハンサムで踊りジャル追考性格まで良くて。とても憎らしくて!=(一同爆笑)(情)私がハンサムだったと?良く見て有難いが芸能界デビューする前には顔がとてもぶさいくで,君は芸能人できないことという話も聞いた。容貌は良くないが性格一つは自信があって。(イム)そう。ジフン氏は本当に考えが塗って元気な人だ。

▲ジフンはとても休まないで働きさえすることじゃないの?=(情)若かった時死ね走って30代後半越えてちょっと余有がある生活を送りたくて。(イム)あまり荷が重く見えて残念な時もあるがあらゆる事をとてもよくしていくから私もちょうど応援することになり。“ジフン氏さらに走って”と~(笑い)

▲今後も互いにずっと連絡すること同じで?=(イム)当然だろう。もう作品でない他の話ができるようで。悩みも打ち明けることができるし男(他人)凶刃見られるし。(情)現在二人とも愛人がないのにナイスガイあれば紹介させてくれることもできるだろう。

▲二人がつきあえば良いじゃないの?=(イム)そうですね…。(情)エイ~それは違うだろう。

▲今後の計画?=(情)ワールド ツアー熱心に努力して,成功させなくちゃ。それから次の作品も考えてみて。次の映画はもう少し荒くてやぼったい映画をしてみたくて。(イム)今撮影中である‘幸福’終わればしばらく休むのだ。休みながら,自分自身を再整備する時間を持ってみようとして。
-sportskhan.net-