FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨,'AIDSない世の中'先に立つ!


歌手ピがワールドビジョンAIDS広報大使で委嘱された。
国際スローガン開発機構ワールドビジョン(会長朴ジョンサム)は12月12日(火)"歌手ピをワールドビジョンAIDS広報大使で電撃委嘱した"と伝えた。
引き続き"ワールドビジョンはピの公演企画会社スタエム,JYPエンターテイメントとの協議の下12月15日から2007年6月まで12ヶ国から総35回の間を広げる雨とともにAIDSない世の中を作るために努力するだろう"という抱負を伝えた。
雨はワールドビジョンAIDS広報大使としてワールドツアー中4集アルバム収録曲のを歌いながら,大型スクリーンに子供たちのイメージとともに自選(慈善)メッセージを伝える計画だ。
また韓国,日本,中国,タイ,台湾,香港,シンガポール,ベトナム,フィリピン,マレーシア,インドネシア,米国,ラスベガスの各公演会場にはワールドビジョンAIDS事業を知らせる広報ブースを用意して,公演中自選(慈善)商品(自選(慈善)腕輪など)販売収益金全額をワールドビジョンに寄付する予定だ。
雨は“HIV and AIDSによって一日約8千人,毎年千 4百万人の子供たちがAIDSによって両親を失っているという話を聞きました。
今回のワールドツアーに訪問する大部分のアジア国家の場合,早急な措置が取られなければ90年代アフリカのような悲劇的状況が反復される恐れがあるとのことを知ることになって,まさに決めることになりました”と広報大使受諾の意向を明らかにした。
ワールドビジョン朴ジョンサム会長は“ワールドスター歌手ピ種が地球村の当面課題のAIDS問題を彼のワールドツアー公演時全世界に知らせて,AIDSで苦痛受ける子供たちを助けようと促すことこそAIDS事業を広げる私たちに非常に大きい力になる。
公演を通じて集められた収益金はカンボジアとバングラデシュ エイズ退治事業に使われる予定”と伝えた。
雨はワールドツアーを控えて去る10月13日蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場で広げた<ワールドツアープレミア>でもワールドビジョンが助けている児童イメージを映像で見せながら,欄曲を歌った。

-daum-

スポンサーサイト



可愛いなあ!サイコ カップルフォト特集| チョン・ジフン&イム・スジョン



演技者チョン・ジフンがスクリーンに出場意向を示した。
イム・スジョンは<角砂糖>に続きもう一度変身を試みた。
<サイボグジマン,大丈夫>で会った二人を写真に収めた。


パク・チャンウク監督の‘復讐3部作’が両親の映画だったら<サイボグジマン,大丈夫>は子供の映画だ。
イム・スジョンとチョン・ジフンは今までパク・チャンウク映画の主人公ら中最も幼い世代らだ。

いったい何が大丈夫?<サイボグジマン,大丈夫>を理解しやすく映画に対し遠回しに言って解いてみようとするなら‘サイボグジマン食べても大丈夫’だ。
映画の中で自らを戦闘用サイボグと考える英軍(イム・スジョン)はご飯を食べる代わりに弁当通義(トンウィ)乾電池を取り出して,じっと目をとじたまま充電を始める。

新世界精神病院に新しく入って(聞いて)きた英軍を注意深く見た一巡(チョン・ジフン)は時々刻々英軍を鋭意注視する。
他の人の技術や性格まで盗むことができる一巡はただ英軍のためにていねいなA/Sを提供する。
だがずっとご飯を食べない英軍は深刻な肉体的危機に陥る。
これに一巡は英軍を生かすために,彼の苦痛を減らしてあげるためにサイボグジマン食べても大丈夫だと言う。

変わった感受性のためにイム・スジョンは映画で特別な変身を試みた。
膨らんだ頭は肩広さぐらい広くて,眉毛は黄色く脱色したし,事物らと対話をするときはおばあさん枠組みとかを着用する。
おばあさん語り口でおしゃべりに飲み物自販機,蛍光灯などと対話をするイム・スジョンの姿はこの映画があたえるユーモアの重要な領域だ。

<サイボグジマン,大丈夫>はファンタジー映画と呼んでも良い程人物らの容貌から超現実的だ。
イム・スジョンはご飯を食べなくて枯れていくからだのためにずっとより大きい服を着たし,肋骨までやせこけているように後ろ姿があらわれる神(靴)のために元のでないダイエットをすることもした。

今までパク・チャンウク監督映画で生まれつき明るい人間らを探してみるのが難しかったという点を思い出させてみれば一巡を延期(演技)したチョン・ジフンの登場は意味深長な変化だ。
一巡は言葉どおり計画することがない人だ。
またこの映画がパク・チャンウク監督の以前映画らのように‘救援(旧怨)’の問題を扱っているならば一巡はその救援(旧怨)を一生懸命実践する人物だ。

“映画に接しながら理解するのが難しい部分らもあったがそのような点などは特別な問題にならなかった。
そのまま映画の中人物になる瞬間それは全く違う世界のことであったから。
何より全体的にさわやかだという感じを受けた。

また以前映画らで時々見せたユーモアがより幅広く随所に散在しているという感じも受けた。” -チョン・ジフン
英軍に聞かせるヨーデルソングはチョン・ジフンがひっそりと夜中練習した結果だ。
そういう誠実さがまさに今の'雨'と'チョン・ジフン'を作った原動力だ。
そのように<サイボグジマン,大丈夫>ロ‘映画俳優チョン・ジフン’が‘歌手ピ’に追いつきに出た。

-film2.0-

ご飯だけ食べれば大丈夫だ? 3人対談

パク・チャンウク監督の新作<サイボグジマン,大丈夫>は精神病院で広がる英軍と一巡の話を通じて,現実と初弦室,妄想と夢,慣習と破格の世界を行き来する。
関連して,パク・チャンウク監督と本紙編集委員キム・ヨンジン,医学専攻者でもある映画評論家黄塵米が対談を行った。
黄塵米の主な攻撃とパク・チャンウク,キム・ヨンジン二人の守備型攻撃対談.
(この記事にはスポイラーがあります)
黄塵米<サイボグジマン,大丈夫>(以下<サイボグ>)を見ながら,最も大きく上げた疑問がある。
イム・スジョンが延期(演技)した英軍は彼女の妄想が何でなぜ治らなければならないのかよく整えられて表現された反面チョン・ジフンの一巡はなぜ彼が英軍の仕事にそこまで介入するのかどのように治癒を受けることになるのか不充分に扱われているということだ。
パク・チャンウクそれにしてもシナリオを使う時,そのような話が出た。
英軍がそうであるように一巡に対しても詳しく説明をしなければならないだろうかと思って。
だが精神的に問題がある人々が登場する多い映画で,彼らがなぜそうなったかをあたかも秘密であるように抱いていて後ほど説明をならべたりもするのに,必ずそのような必要はないと考えた。
一巡には何かさらに?
黄塵米もちろんそのような必要はない。
映画の前部にすでに出てくるのではないか。
病院の人物らに対してひとりが各種もっともらしい理由を聞かせるのに,分かってみればその話を聞かせる人は記憶をなくした作画症(証)患者だ。
このエピソードはすべては作り出した話であるだけということを示す。
精神病を扱った多い映画らが患者らの理由を掘ってストーリーを構成してナレーティブを完成しようとするがそのような必要はない。
この映画を見ながら,キム・キドクの<空の家>を思い出させた。
そのまた二人の話なのに女と男皆欠乏がある。
二人が会ってその以後の過程で女は女のとおり問題点が解消されて,その女を助けるようにふるまった男も自分の問題を解消することになる。
私はこの映画を見ながらも,そのようなかける期待したようだ。
一巡が英軍を助けて治癒するのは涙ぐましい話だ。
ところでそれのみだ。
一巡は他人の特性を何でも盗むことができる人物,自分の中はなしで空になった状態で何でもできる人物という点であまりにも肯定的なキャラクターなのに,その肯定性が劇中で生きられなかった。
英軍の欠乏やどたばたが皮相的に描写されて惜しかった。
キム・ヨンジン黄塵米種見解は自らどんな目的論的叙事の方向を予断
してそこ合わないという理由で創作者を詰問する格好だ。
だがパク・チャンウクの映画は目的論的叙事の枠組みで接近できるのではない。
話は目的がなければならない,観客が願うエンディングがなければならないというのを予断して入って見たら映画が本来その期待に無関心な時,挫折してこれではないとし怒ったり拒否感を持つようになる。
私が見るので(に)パク・チャンウク監督の映画,特に2000年代以後に作った映画は目的論的叙事を計画するふりをしながら,実は観客の目的指向的話に対する期待を挫折させながら,全く違う結論を引き出すのを個性とする。
<サイボグ>は妄想の世界へ入るが妄想をする存在らが治ったり違う次元で高揚されるのを見せるのが目的ではない。
それよりは妄想に陥った登場人物を言い訳で思う存分その妄想の警戒(境界)を(散らす)破りながら,自由に戯れる映画だ。
私はその構造があたえる解放感が新鮮だった。
パク・チャンウクそうだな,私の映画に対する黄塵米種の批判混ざった質問に対しては何か答えるべきか当惑する。(笑い)皮相的だと感じた人に何と話さなければならないだろうか。
さらに幅広い表現か違うかの差であるだけ,あたかもつまらなく見たとのことと違うようか。
答えようとするなら,私はそのように考えなかったからそのように作ったこと違うか?
黄塵米私は一巡という(のは)キャラクターが興味深かった。
彼が盗み出すと話せばその対象になる人々も自身の特性が盗まれると考える。
精神科患者ら中にも近くあれば妄想が伝染する事例がたびたびある。
映画で一巡のキャラクターは興味深くて肯定的な,もしかしたら英軍よりさらに監督の主題意識を表わすことができるキャラクターという気がした。
欠乏を不正をもっともらしく装ってさらに多い自我を持つことができる人で,首脳(頂上,正常)と正常ではない,ソーシャルとアンチソーシャルの警戒(境界)までも越えることができる,それこそ分裂症の人物なのになぜそこまで行けなかったか,より良い存在がならなかったかと思ったことだ。
パク・チャンウク私が目標にしたことではないのでそうだろう。
なぜそのように目標を決めなかったのかとすれば話す言葉ないが,一巡がより良い存在になる必要はない。
一巡は英軍から同情心を盗んでくれという要請を受けてそれを遂行することによって,本意と違って同情心でぎっしり埋まった存在となる。
彼で英軍は目標にしたこと,すなわちサイボーグらしいサイボーグを成し遂げるのに近づいてその為にまたご飯を食べない。
しかし今は同情心を持つようになった一巡がご飯を食べない英軍の状態を今後を見ることができないということだ。
ご飯を食べれば故障が起きると考える英軍とそのような英軍に対する一巡の関係でどんな妥協がなされるのか,結局一巡が作った何か通じて,二人は妥協する。
黄塵米氏は治癒の概念をいったのにそれはこの映画の関心事ではない。
私の立場は治癒が不可能だということだ。
そうしたままにもただご飯を食べて生きていこうということだ。
黄塵米私がこの映画を極めて目的論的に把握する面があるだろう。
<オールドボーイ>はそれに極めてよく合った。
ところで<親切なクンジャ氏>からは話が最後まで行くようでもなく望む方向ではないからある瞬間座り込む感じが出る。
キム・ヨンジン映画の構造とリズムに上昇する感じがないという話なのか?
黄塵米そうだ。
キム・ヨンジン表面的にはところが詳しく調べればそこには上昇と下降の奇異な衝突がある。
<オールドボーイ>は復讐しようとしたが復讐される話だ。
その以前作<復讐は私のこと>道(ド)復讐しようとしたがして見たらこれをしなければならないのかやめなければならないのか葛藤する話だ。
復讐談ということは人物と状況が明確に因果を守りながら,どんな目的に向かっていく話だ。
観客はそれを期待する。
だがパク・チャンウクの‘復讐3部作’は観客の期待を充足させながらも,その裏面では復讐という行為を通じて,我ら自らを振り返ってみることになる反省の倫理を試みる。
ためらいながら,結局には自身を見て回ることになる過程がある。
英軍,このように(狂う)及ぼしてもかまわないか?
黄塵米予告篇で映画の初めての部分に登場した,英軍が工場で仕事をする場面を見ながら<君に私を送る>を思い出させた。
その映画の主人公‘ズボンを履いた女’も女工で生きて色々過程を経て,拒食症に達するキャラクターだ。
私は映画を見る前,英軍が実際サイボーグだと思った。
英軍が工場で仕事をする女工で拒食症がある女なのに,拒食症が仮装されたことでなく自身がサイボーグだから持つことだと見えてくれたらどうだっただろうかと思う物足りなさがある。
あたかも<地球を守れ!
>のように妄想と現実を識別できなくして妄想だと思ったのが本物と明らかになる瞬間の人々がひっくり返ったように,妄想のように見えたが本当はサイボーグだったらどうだったのだろうか。
パク・チャンウクそうだな,<地球を守れ!
>のような自己論理の完結性をそろえた映画とこの映画を必ず比較しなければならないかに対しては懐疑を持つ。
私の映画は他の方式があることだ。
キム・ヨンジン工場が出てくる映画の初めての場面を私は反対に(で)見た。
あたかも<メトロポリス>のようにとても合理的で機械的な現実の中で(狂う)及ぼすことになった女主人公を先に見せる。
その次に(狂う)及ぼした以後の彼女が生きる妄想の世界を見せる。
これは観客らをしてこの映画が<地球を守れ!
>のような映画と違った方式で展開することだとあらかじめ主張する。
ところで彼女の(狂う)及ぼした世界が正常な,理想的な,合理的な世界よりはるかにファンタスティックとおもしろい。
それを早目に観客らに知らせるために,観客と公正なゲームを
するために映画冒頭に工場場面が描写されたことだと考える。
黄塵米私は英軍が狂う理由に対して単におばあさんが狂ったためという次元程度でなくそれ以上のはるかに豊富な隠喩を入れることができたと見る。
英軍が狂う過程はとても個人化,家族化されているのではないのか。
パク・チャンウク私はその程度ならば充分だと考えた。
ママとイ某夫婦がおばあさんを引っ張っていって,ハヤンマンと呼ばれる人々が救急車に乗ってきて,おばあさんを連れて行くのを目撃すること。
それ以上は私の目標ではない。
私はこの映画を単純で色とりどりでデジタル化ならば特有のなめらかさがあらわれる世界,すなわちちょっと誘致した世界へ描いた。
人物らの考え方や行動も誘致した感情に基づいている。
例をあげれば自分の存在の目的が世の中の終末だと英軍が考えることからそうだ。
おばあさんをそのように作った人々に対する英軍の怒り,それは子供たちの怒りだ。
地球がめちゃめちゃになったら良いだろう,皆死んでしまって,そのような感情の世界だ。
キム・ヨンジン巨大論理の副産物で映画のすべての内容に大きい意味を付与することが必ず正解だと見ない。
黄塵米種の主張には繰り返し自身が考える理想的な内容物に対する執着がある。
ところが必ず人物の心理描写に政治,社会,歴史的含蓄が敷かれているべきだと見ない。
十分に個人化された登場人物の描写には逆にそのような巨大論理の枠組みを挟んでこそ安心する私たちの思考の硬直性を攻撃する他の底力があるのではないだろうか。
黄塵米ひょっとして岩井シュウンジの<ピクニック>見たか?
パク・チャンウク私がシナリオを終わらせておいたところ誰が見ろと薦めたよ。
私の映画と似た面があったよ。
黄塵米<ピクニック>でも地球がけりがついたら良いという暗示が出てくるのに,その映画は映画自体がそのような立場を押し通す。
ところで<サイボグ>は英軍のそのような考えを支持したり同調しない。
監督の立場は英軍の妄想からはたくさん抜け出しているのがないかと思った。
パク・チャンウクどんな人物の感情に私が一緒に介入する必要はないと考える。
この映画は特にそうだ。
理解できる程度で描写されればそれだけだ。
重要なことは世の中をけりをつけたいという彼女の怒り,それが私の任務という錯覚が今彼女を生きるようにする力ということだ。
いよいよ私の任務を分かった,サイボーグとして現在の目的は世の中の終末は,と自ら知るようになる瞬間彼女はどうにか良い暮らしをしなければならない。
そのようなパラドックスが私には重要だ。
黄塵米一つだけさらに尋ねよう。
この映画に登場する‘七去の悪’は社会でよく話す道徳,ぴったりひとりの徳性とは正反対にある。
優しい人になってはいけない,むしろそれは精神健康に有害だという….
パク・チャンウクいや,そのような意でない。
むしろ七去の悪が必要だという話だ。
七去の悪はサイボーグが持ってはいけない要素だが,逆にの人には必須の感情の目録だ。
感謝する心や同情心などがなければならないと話す映画だ。
英軍はそれがなくてこそ自分が存在できると信じるからはやく(鳴らす,轟く)振り切って除去しなければならないこぶのような存在と考えるという点がこの映画が持つ力説だ。
キム・ヨンジン映画の中人物に対して社会的,心理的脈絡の説明を要求する線(船)をどこまでひくのかが問題だ。
伝統的な映画,米国映画らを見れば親切の程度を越えて,最初から映画の動力を落とす場合もある。
現代映画はその親切さの常套性と戦ってきた側面でも理解されることができる。
表面をずっと描写しながらも,それが視覚的に精巧ならば私たちは因果ローン的説明向こう側の他の想像と認識を試みることになる。
そのような面でパク・チャンウクの映画は十分に現代的だ。
朴監督の映画がいつもジャンル慣習のコートをまきながらも,その中身は慣習の常套性を軽べつするのも同じ脈絡だ。
それ(彼)より私が黄塵米種に気になることは,医学を専攻した人の立場で見る時,この映画に描写された妄想のようなものらがどうだったかすることだ。
この映画で何が見えるか?
黄塵米そうだな,精神と病棟を見た人立場では病棟がとても美しく描かれたかと思った。
二人だけ別に外に出て行ったりすることにはならない。
食堂に集まって,ご飯を食べるのも不可能だ。
パク・チャンウク規律が緩いところで設定したのは事実だ。
ところが取材をしてみた結果病院ごとに差があるとのことも明らかだ。
本当に自由な所もあって厳格な所もある。
黄塵米写実的である面も結構ある。
病棟中で,また会議時間に患者らが“あの子が私の物を盗み出しました”と話すのはうんざりする程しばしば見る姿だ。
だが率直に,私は精神科患者らの妄想に対してそれほど関心がない。
さっきも話したがその中にすごい話題があっているように話すことに対してそれほど論じたくない。
最近映画中<愛する時話すものなど>に精神科患者が1人出てくるのに,外で見た時,精神科患者はぴったりその程度だ。
非常に不便(不快)な存在,その人の妄想を見たがったり妄想中に入るというのは不可能な存在話だ。
病院外側では病院の現実に対して童話のような話を作り出すがそれは患者でない人が作成するナレーティブだけのことだ。
そのように見ようとするならこの映画もそのような疑惑から自由でない。
この映画は妄想の中で自由に遊ぶ映画としてもその中(案)の隠喩と象徴的表現をどのように理解するかという質問を完全に避けることは難しい。
その上その中に形式美をもう少し試みることもできたはずなのに。
パク・チャンウク患者らのそういう点を色々な大使,行動,イメージを通じて,露骨に,直接的に表わしている映画だ。
患者らを臨床的に接近する映画はもちろん違う。
明らかな比喩を通じて,彼らを表わす。
これは希望を捨てて頑張ろうという話でもある。
誰かのネジが緩まなかったか故障が起きなかったか見守りながら,一生の間修理(受理)をするという人の話でもある。
そしてそんなことが愛だと話す映画でもある。
患者を治療の対象に眺めるならばちょっと違った脈絡だが,とにかく“大丈夫だ”と話しながら,その代わりご飯は食べようと話す映画だ。
ナレーティブの形式美は映画ごとに違う。
この映画は当初からちょっと緩い構成で計画されたし,ぎゅっと組まれた構造がこういう映画をする時は必要ないと考えた。
画面もわざわざコントラストを弱くして曖昧にしようとしたことも同じ脈絡だ。
緊張と密度が高い構成はこの映画の指向するところでない。
キム・ヨンジン<サイボグ>は人々が通念的に考えるストーリーの警戒(境界)を押し倒して観客らを試練に入るようにする面がある。
映画を作る前と今,周辺の反応を見た時,どの程度当初考えたことに達したと見るか?
パク・チャンウク私たち間でとても好む話であった。
初めて見た人には混乱を抱かせるようだがなぜかは私も考えてみるところだ。
まず幻想場面を見る時,観客らがそれをナレーティブの一部でみなされないようだ。
文章で打とうとするなら括弧張られた部分,または副詞句や形容詞区のように旧聞を整理すればなくてもかまわないこと話だ。
事実この映画は幻想場面を通じて,ナレーティブが展開,進行しているのに括弧を取り除くから度々出てくるほど不必要で退屈だと受け入れることもできる。
その次に,分析的にあれは何の意味かを考えてみるならば,この映画は特にとんでもないことらがたくさん出るから度々別の考えをするようになる。
それで流れにからだを任せることができない観客らもあるようだ。
私が期待するのは分析的に接近しない観客,私の映画をその間見ることができなくて,先入観がない観客だ。
青少年観客の反応が特に気になる。(笑い).
キム・ヨンジン今回の映画が本人の作品中過激だと考えるか?
パク・チャンウク過激なというよりは,構想したのが最も一貫して貫徹された,構想に最も近接した映画だとすることができる。
<サイボグ>は事実シナリオやストーリーボードに比べて,たくさん変わった映画だ。
しかし初めて映画を構想した時描いた大きい絵には最も近接する。
むしろ自由で緩い心掛けでとるからさらに似ていることになったというだろうか。
キム・ヨンジン,パク・チャンウク監督やボン・ジュンホ監督を以前には便宜上縛って取り上げ論じたりもしたが,今回の映画を見るから確かに弁別点(店)があると感じた。
この前ボン・ジュンホ監督に会ったのに<プルランダスの犬>当時切り干しダイコンにも反転が起きることができる映画を作るといって途方もない敗北を味わった後に,映画の8部稜線までは無条件ジャンル コードを合わせるや考えたと話した。
そのように作った映画が<殺人の思い出>と<怪物>だ。
とにかく無条件観客らをバスに乗せる。
清涼里(チョンリャンリ)行くといっておいて見てきた後には全く違うのに行っている映画を撮るということだ。
彼とは違いパク・チャンウクの今回の映画<サイボグ>は初めからはるかに話の隙間が多い形態に展開する。
それを視覚的表面の詳細な描写で埋め合わせるという点で現代的な魅力がある。
黄塵米監督が考えるので(に)この映画は観客らとどの程度疎通することと見るか?
パク・チャンウク理解できない点はあまりない。
もちろん習熟しない形式であるから慌てることはできる。
映画をありのままに見るか,でなければ固定観念に合わせてみるかに掛かっていた問題だ。
見えるあなたでだけついて行くならば難しいことは一つもない。
セクシュアリティーとままごと遊び
キム・ヨンジン先週FILM2.0とのインタビューを見ると泉ペキンパの<ジュニア ポノ>を<サイボグ>に比喩したのに。
休んでいく映画,休息のようだという意味,または最も心安らかにしたという意か?
パク・チャンウク慎ましい,暴力が殆どない,ちょっと緩い映画という意味があるだろう。
黄塵米暴力がなくはないけど?(笑い)
パク・チャンウク観客が幻想と知ることだと恐ろしくない暴力であるから。
そうしたのは残忍でも受け入れることができる。
黄塵米暴力もそうであるが,成績暗示と表現も今回はない。
批評論理で女性サイボーグは活発に議論される主題中一つだ。
女性が自身のからだに強迫されないで自らをサイボーグで認識するという点で。
自身をサイボーグで認識する少女もまたその象徴性を生かすことができることと考えたのに実際に彼女の妄想は単純だ。
事実拒食症も肉体性不正と相対している問題でないのか。
拒食症とサイボーグの連結はおもしろいコードなのに,それがもう少し緊密に連結したら良かったらしいとの気がする。
拒食症はまた成績コードとも関係があるのではないか。
女性的体を持った自身を否定して去勢したがる行動であるから。
ところで英軍はあまりにも母性的に描かれたようで,一巡の前で上衣を脱ぐ時にも幼い少女のように痩せ細るだけだった。
もちろん拒食症患者はそのように自身の肉体性がなくなる状態のために飢えることだが,そこ(早い)達する脈絡はあらわれない。
キム・ヨンジンそれは一巡キャラクターも同じことではないのか?チョン・ジフンこそこの時代のアイドルでセクシュアリティーを全身で見せるスターなのに,映画では去勢されてしまった。
少年と少女のように。
パク・チャンウクそれは明確に意図的ことだ。
からだに対する言及ならば,英軍がママに台所で初めて“私サイボーグらしくて”と話す時を考えてみなさい。
英軍のママ逆俳優に延期(煙,演技)を注文しながら身ごもった未成年娘に(向かう)対するようにしてくれと要求した。
“どこからだ変なのになくて?”として上下を目を通して,“生活するのに不便なくて他の人々分からなくやれば出来る”と話す。
その他にも性的な場面はたびたび登場する。
キスする時,足で憤死されて出るロケットとか,空のワイン病に指を入れる場面とか,二人だけテント中にある時“くつしただけぬれたのではないじゃない”と話す時,ばん創膏をぴったり離しながら,意味深長な注目で眺める表情,また悦楽や喜びを意味する虹などがそうだ。
すべてそのような意味だが,私は相変らずこの男女が真裸になって抱きしめた姿を性行為と考えない。
ただ大人たちが見れば仰天するに値した,若干度を越したままごと遊び同じ程度だ。
あらゆる成績象徴の間でも本来二は“それが何ですか?私たちはよく分からないですよ”と話すことだ。
キム・ヨンジン映画のオープニングで機械歯車が帰るイメージがだいぶ精魂を込めて描写されてその次に<メトロポリス>どぶんとの空間描写が続きながら,私はすでに映画で肉においがするセクシュアリティーは完全に排除することで受け入れた。
一巡は軟弱な英軍の肉体に(向かう)対する時もあたかも機械を作動させるように行動する。
二元論的に見る時,機械的なこと,理性的なこと,合理的なものが一方にあるならば,この映画の人間らはぜんまいが一つ誤ったようにネジが緩んだその反対側の人間らだ。
機械的に描写された意志(医師)などに比べて,彼ら(これら)ははるかにおもしろくてこの有り様同じ,人間的な人間で描いている。
パク・チャンウクそうだ。
機械的なことに対する私の考えは二重的だ。
英軍は機械に対する渇望がとても大きすぎて自分が工産品ならばどうだろうか考えることになったのに,そのような東京は納得するだけのことはあったものと考えながら,シナリオを使った。
どれくらい自分の人生の用途や使い道,価値をほしかったらそうか。
それでぼんやりしている表情で機関銃を乱射して通う時,彼女が感じる幸福は二重的だ。
機械を羨望することがとても望ましく見えることができるという話だ。
私の人生にも使用説明書がいるならばどれくらい良いだろうか,映画の中大使を引用しようとするなら“私の人生にも‘レベル’がついていて内容証明本棚付いていれば良いだろう”という考えであって。
黄塵米次の作品は<コウモリ>と知られている。
無性的のサイボーグで強い成績暗示を内包した吸血鬼につながる対照もそうで,前作らと別に吸血鬼の話を通じて何をするのかも気になる。
パク・チャンウク経験によればたいてい超高価終わる頃にその理由が自らあらわれたよ。
今はただ吸血鬼という存在が持った宿命,自分は望まないけれど悪行と殺人があってこそ自ら存在できるということから始まった。
黄塵米今までの映画中では何を一番好むか?
パク・チャンウク長編だけおいてみようとするなら<サイボグ>,全体をあわせて見ようとするなら<スリー,モンスター>だ。
以前映画はまたよく見ないのに,この前ソウルアートシネマで行事があって,観客らと一緒に見ることになった。
私が作った映画中一番おもしろかったよ(笑い).

-film2.0-

'サイボグジマン,大丈夫’非チョン・ジフン-イム・スジョン語録話題満開




去る7日観客らの熱い関心と期待の中で封切った映画'サイボグジマン,大丈夫'(監督パク・チャンウク/製作曖昧フィルム)がおもしろい題名ぐらい異色な大使で話題を集めている。
映画の中の二人の主人公英軍(イム・スジョンの方)と一巡(非チョン・ジフンの方)の愛らしくてアイディアあふれる語録が注目をあびている。
“サイコがないです,サイボグインデヨ。”
個性強い人々が集まっている新世界精神病院でもとりわけ引き立って見える英軍は自分がサイボグと勘違いして,機械らと同質感を感じながら,中深い対話をする独特のキャラクター.
蛍光灯を叱って自販機を心配する彼女をつくづくと観察した一巡が彼女に“サイコ”と話して,“サイコがないです…サイボグインデヨ”と真剣に応酬する場面でネチズンらの間で話題を集めている。
英軍特有のどもりがちでかなりふけて見える語り口が交わって可愛くてとんでもない魅力を発散する。
サイボグ英軍の話色々!
(病院廊下蛍光灯を叱っては) “病室にある蛍光灯は愛想が少しあるのか?”
(公衆電話機に) “ところで話が,私は機械としては使用説明書もなくて,ラベル同じようなものもつかないでいて…まだ分からない,内容度が何か…なぜ作られたのだろうか,私は?”
(自販機に) “それでは鳩麦茶でお願いしてみようか?”
“とにかく何だけなくなってすれば私だけ探すだろう!

一巡は他人の物,性格と個性,はなはだしきは特技まで何でも盗むことができるキャラクター.
周囲の人々は彼を示して“一巡様は泥棒です!
”と話したり,直接“オイこの泥棒!
”と呼びながら,何がなくなれば一巡を探す。
そのような意味で“とにかく何だけなくなってすれば私だけ探すだろう!
”という一巡のキャラクターを端的に見せる鋭い警句の名セリフということができる。
“故障すれば電話して!
A/S出張に行く!
保証期間一生だ!

映画'サイボグジマン,大丈夫'の大使中最も話題を集めているのは“故障が起きれば電話して!
A/S出張に行く!
保証期間評~生は”という一巡の大使.
ネチズンらはこの大使をインターネット ポータルサイト次の映画セクション映画の中名セリフBESTで選定して熱を帯びた支持を送っている。
サイヴォーグだからご飯を食べれば故障すると考える英軍のために‘サイボグジョク’で思考し始めた一巡は機械をよく扱う自身の才能を発揮,サイボグ英軍がご飯を食べられるように助ける発明品を開発するに至る。
使用を躊躇する彼女のためにA/S一生保障を約束しながら,名刺を差し出すのは鳥肌らしい“愛している”という話よりはるかに含まれた意味をこめている。
何でも盗むばかりだったアンチ ソーシャル一巡が自分がサイボグと考える女を大丈夫だと考えながら,ありのままの姿を愛して,自身の能力を総動員する姿は女性らの恋愛に対するファンタジーを100%満足させながら,ロマンチックな名セリフで記憶されるものと見られる。
この他にも多彩なおもしろいキャラクターらの語録により一層関心を集めている映画'サイボグジマン,大丈夫'というとんでもない想像と空想がいっぱいである新世界精神病院,自分がサイボグと勘違いする英軍(イム・スジョンの方)と彼女がサイボグヨも大丈夫だという一巡(チョン・ジフンの方)の愛を描いた一種のロマンチック コメディーだ。
パク・チャンウク監督の作品らしく観客らが期待すること以上の新しさと独特さをプレゼントして,封切り後興行青信号を見せながら順調な出発をしている。

-daum-

雨,ワールドビジョン エイズ広報大使で活動



ワールドスター雨がAIDS広報大使で委嘱した。
雨は最近国際スローガン開発機構ワールドビジョン(会長朴ジョンサム)と手を握って12月15日から2007年6月まで12ヶ国から総35回繰り広げられる‘RAIN World Tour-RAIN's coming’コンサートで‘AIDSない世の中’を作るために努力する計画だ。
雨はワールドビジョンAIDS広報大使でワールドツアー中4集アルバム収録曲の‘friends’を呼びながら,大型スクリーンに子供たちのイメージとともに自選(慈善)メッセージを伝えることになる。
また韓国,日本,中国,タイ,台湾,香港,シンガポール,ベトナム,フィリピン,マレーシア,インドネシア,米国,ラスベガスの各公演会場にはワールドビジョンAIDS事業を知らせる広報ブースを用意して,公演中自選(慈善)商品(自選(慈善)腕輪など)販売収益金全額をワールドビジョンに寄付する予定だ。
雨は“HIVとAIDSによって一日約8千人,毎年1,400万人余りの子供たちがAIDSによって両親を失っているという話を聞いた。
今回のワールドツアーに訪問する大部分アジア国家の場合早急な措置が取られなければ90年代アフリカのような悲劇的状況が反復される恐れがあるとのことを知ることになって,このような決定をした”と明らかにした。
雨はワールドツアーを控えて去る10月13日ソウル,蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場で広げた‘ワールドツアープレミア’でもワールドビジョンが助けている児童イメージを映像で見せながら‘friends’という(のは)曲を熱唱した。
-daum-

韓国を輝かせた人物


ニューヨークで単独コンサート雨

歌手ピ(24・実名チョン・ジフン)の今年成績は今年Aが惜しくないほど眩しいです。
浅はかな国内大衆音楽界で世界舞台に進出できる可能性を見せる初めての信号弾だったためです。
雨は今年2月2日ニューヨーク マジソン スクエア街でもシアターで初めての単独コンサートを開きました。
この公演に先立ちニューヨークタイムズは雨に対する特集記事を2面に割愛しながら,ピの米国進出の可能性を高く評価しましたよ。
雨は米国初めての公演でマイケル・ジャクソン,凍られて,ジャスティン・ティンバーレイクなど現在世界で最も多い人気を得ているポップ歌手に肩を並べながら,米国に韓流を植える初めての走者で本格的な足を踏み出しました。
彼の米国進出は‘夢’で終わらないで‘現実’になりました。
去る5月時事週刊誌‘タイム’が選定した‘世界で最も影響力ある人物100人’に選ばれながら,雨はワールド スターの具体的な作業らを広げ始めました。
その中一つが世界ツアーです。
来る15日ソウルから始まって,米国,シンガポール,日本,タイ,ベトナム,中国,マレーシア,インドネシア,香港など12ヶ国から全35回に長々6ヶ月間進行されます。
雨は“今回のワールド ツアーが今まで見ることが出来ない公演に接することができる最初の機会になること”としながら“大規模物量と共に一段階進歩したテクニック的要素らが投入される夢の現場で遜色がない”と自信を表わしています。
このツアーにはマドンナ,プリトゥニ スピオスなどの舞台を総監督した世界的な演出者ジェイミーキングが合流,すでに期待を集めています。
ワールドツアーで得る経済的収益が1060億ウォンに達するという推算も出てきています。
雨は来年ぐらい世界的なスターとともにレコードを共同で発表するのも計画していますね。
彼の‘グローバル リーダー’としての感覚は歌手という領域に限定されません。
ドラマ,ドキュメンタリー,映画に出演して,演技者で名をはせたのをはじめとして,最近では香港で200万ドルに肉迫するモデル料を受けてペプシ広告モデルでデビューすることさえしました。
所属会社は来年を基点(起点)に‘雨’というブランドを本格‘世界化’するという方針です。
寝る2,3時間を除いて,一日12時間ずつ練習して,2002年デビュー以後ただ一日も休まなかったという‘きつい練習の虫’である雨.
それによって世界の壁が低くなっているようです。
-munhwa.com-

雨ワールドツアー総演出家ジェイミーキング“すべての舞台演出が既に見られなかった作品”








ワールドスター雨が‘ワールドツアー’という偉業を控えて練習に拍車を加えている。
雨は2年ぶりに発表した4集‘Rain’s World’発売に合わせて,5ヶ月間米国,タイ,ベトナム,シンガポール,マレーシア,インドネシア,香港,台湾,日本,中国,韓国を含んだ12ヶ国総35回余りの公演が予定されているワールドツアー‘Rain's Coming’の大長征に入る。
その信号弾で15,16日ソウルオリンピック公園内体操競技場でワールドツアーソウル コンサートを開く雨.
彼は現在対外的な活動を中断したまま15日と16日両日間ソウルオリンピック公園体操競技場で開かれる‘レインス カミング-06/07非ワールド投書イン ソウル’準備に没頭している。
末と一日12時間ずつ練習にまい進しているという雨は12日放送されたMBC ‘李ジェヨン,イム・イェジンの気持ち良い日’を通じて“15,16日ソウル コンサートに続き23日と24日には米国,ラスベガスで公演を開く”としてワールドツアー日程を伝えた後“ラスベガス公演を開くホテルではセリーン ティオンと同じ世界的な歌手らも公演を行ったところ”としながら世界最上級歌手らと肩を並べることになった負担感に対して告白した。
だが彼の心配は取越苦労に過ぎない。
マドンナ,リキーマーティンおよびプリトゥニ スピオス舞台の公演監督で今回の非義ワールド ツアーコンサートの総演出を引き受けた世界的公演演出家のジェイミーキング(Jamie King)は“照明セット小物ダンサーなどすべての舞台演出が既存舞台で見せてくれなかった作品になるだろう”と自信を表わした。
一方,雨は生涯初めてのスクリーン主演作‘サイボーグだが,大丈夫’を通じて,独特の延期(煙,演技)をお目見えして,俳優でもその可能性を認められた。
雨は初めての映画を撮影した所感に対して“負担になったが作品性がある映画をしてみたかった”として“スター性を主とした商業的な映画はしたくなかった”と打ち明けた。

-daum-

雨,ワールドツアー控えてMBC ‘ニュースデスク’一日12時間ずつ汗現場公開



ワールドスター雨がMBC ‘ニュースデスク’に報道された。
歌手ピは去る11日午後9時放送されたMBC ‘ニュースデスク’を通じて,ワールドツアーコンサート練習現場コンゲウル公開して現在心境を明らかにした。
取材陣が現場に行った時,雨は詰めの練習に真っ最中だった。
雨は一ヶ月の間一日12時間ずつ進行される練習に疲れるだけのことはあったが世界的な歌手にそびえ立つための覚悟がすごかった。
雨は“10年後に今日一日も熱心に生きれば何になっているだろうかという考えをいつもするのにそれで一日練習量を増やすようだ。
でなければ練習をもれなくする”と情熱を表わした。
非義今回のワールドツアーにはマドンナとさあネット ジャクソン,クリスティーナ・アギレラの公演を演出したジェイミーつけることなど有名製作スタッフが一緒にする。
公演総演出を引き受けたジェイミーキングは雨を“マドンナ,シャキラ,クリスティーナ・アギレラ,プリトゥニ スピオス,マイケル・ジャクソンなどスターのようなAクラス アーティストだ”と絶賛した。
ピのワールドツアーは15,16日二日間ソウル公演で始まって,米国,シンガポール,香港など12ヶ国から6ヶ月の間続きながら,エイズ救援基金にも参加して,ワールドスターイメージを植える計画だ。
一方雨は最近主演した新しい映画‘サイボグジマン,大丈夫’が封切り初めの週末ボックスオフィス1位を占めて,成功的なスクリーン申告式を行った。

-daum-

歌手ピ,ワールドツアー秒読み

●アンカー:歌手ピが来る15日から12ヶ国ワールドツアーに出ます。
ここには世界有名スターの公演を企画した製作スタッフが参加するのに詰めの練習が真っ最中の歌手ピをキム・ジェヨン記者が会ってみました。
●記者:翌1時を越えた練習室.
節度(窃盗)ありながらも柔軟な非義踊り動作は舞台の上を飛び回るという表現が似合います。
1ヶ月の間一日12時間ずつ進行される練習にからだはへとへとになって行かない世界的な歌手にそびえ立つための覚悟と情熱がいっぱいです。
●歌手"雨":10年後に今日一日も熱心に生きれば何になっているかという考えをいつもするのにそれで一日練習量を増やすようででなければ練習をもれなくしたり...
●記者:非義今回のワールドツアーにはマドンナとさあネット ジャクソン,クリスティーナ・アギレラの公演を演出したジェイミーつけることなど有名製作スタッフが結集しました。
●ジェイミーキング(公演総演出):マドンナ,シャキラ,クリスティーナ・アギレラ,プリトゥニ スピオス,マイケル・ジャクソンなどスターらのようにとても幸運児だ。
Aクラス アーティストのように最高だ。
●記者:想像を超越した先端舞台装置と照明,幻想的な演出技法でファンたちをびっくりさせる計画です。
15日と16日ソウル公演で始まる非義ワールドツアーは米国とシンガポール,香港など12ヶ国で6ヶ月の間続くのにエイズ救援基金にも参加して,ワールドスターイメージを植える計画です。

-daum-

雨"米公演は第2の別れ目..日進歩するようにした"

"10年後考えながら,一日の半分練習..
ワールドツアー3年準備"


歌手ピが11日午後9時放送されたMBC 'ニュースデスク'を通じて,世界12ヶ国ツアーを控えて最後の準備過程を公開して,さる2月アジア歌手最初にニューヨーク メディソン スクゥェオガドゥンで公演を持ちながら,歌手として人生の'第2の別れ目'を合ったと告白した。
雨は"東洋人として初めて12ヶ国を回りながら,とても大きい規模公演をする。
既存韓国でとても高くて,使用できなかった資材と技術が投入されたし韓国公演の発展のために投資をよくした"として"東洋人最初という責任感と負担,自信もある"とワールド ツアーを控えた所感を明らかにした。
引き続き"暗暗裏準備期間は3年だ。
段階別でアイディアを出して設計したのが1年,練習機間もおよそ1年ほどなる"として"今までは舞台演出というものが一般的だったが,新しい舞台演出をするべきだとの考えに世界的に指を折って数える演出者が必要だった"としてマイケル・ジャクソン,クラスティナ アギレラなど世界的ポップス他意舞台演出を引き受けたジェイミーキング(Jamie King)をワールドツアー総監督で迎え入れた背景を説明した。
雨は"世界最高水準の人々のアイディアと私のアイディアを合わせて,舞台演出をすることになったし'カーテンLED'という重要装備を購入して,舞台で活用する予定だ。
とてもときめいて良い舞台を見せることができそうで気分が良い"と話した。
一日2時間余睡眠をとりながら,練習に熱中すると分かった雨は"毎日毎日レンガを休まないで一枚のレンガを積んであげてみるならばものすごい万里の長城でも大きいビルディングにならないだろうか考える"として"デビューの時から今まで'私が10年後熱心に生きれば何になっているだろうか'考えをいつもしながら練習量を伸ばした。
もれなく練習をしながら練習量が積もって積もって,もう少し良い舞台ともう少し良い延期(煙,演技)ができる"と話した。
来る15,16日二日間ソウル,芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園内体操競技場で世界12ヶ国ツアーのソウル方公演を持つ雨は"末と一日12時間,一日の半分を練習をしながら送る"として"莫大なスケールとお金,物量を動員した特異な公演になるようだ"と話した。
一方雨は去る2006年を見て回りながら"ニューヨークでのコンサートは'第2の別れ目'であったし(私を)進歩するようにした。


タイムズ紙という国際的な雑誌でパワー100人で選んでくれるなど多いことがあったしもう少し多い姿をこれから見せなければならないこと"としながら韓国で画報集を発売する計画も明らかにした。
引き続き最近封切った映画'サイボグジマン,大丈夫'に対して"初めての映画なので負担になったが作品性ある映画をしてみたかったしおもしろかった。
スター性を主とした商業的な映画をしたくなかった"として出演理由を明らかにして"パク・チャンウク監督に感謝申し上げる。
とても良い映画をしたようだ"と所感をいった。

-starnews-