FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨,'興行'失敗しても'実利'取りまとめた


パク・チャンウク監督は自身が最も惜しむ映画で'サイボグジマン,大丈夫'を挙げる。
最近観客との対話行事で彼は"私が作った長編映画中で'サイボグジマン,大丈夫'が最も気に入る。
以前映画らは作っておいてまた見なかったけれどこの映画はしきりにまた見たい"と胸の内を明らかにした。
なぜそうか。
封切り初めての週国内ボックスオフィス1位を占めると思ったところ2週目翼なしに墜落したこの映画に彼はなぜ引かれるだろうか。
自分心が傾き次第すべての愛情を持ってとった初めての長編であるためだ。
朴監督は映画封切り前試写会で"実験映画だ。
私が考えて描いた通りとりたかった。
それで商業的負担を減らそうと書いた予算で短い期間に撮影する計画であったのに雨が降って,イム・スジョンがキャスティングされながら,そのような構想がかなりたくさん鈍った"と話した。

朴監督は興行作'共同警備区域JSA'を始め'オールドボーイ' '復讐は私のこと' '親切なクンジャ氏'等の復讐3部作を持ち出して,国内外舞台で名匠(名将)と認められた。
商業性よりは作家的気質が強い映画監督としての本性が彼に少しの間だけでも再充電を要求するほどの時期であった。
この大きい課題で彼は躊躇しないで低予算実験映画で自身の想像力と心的衝動を思う存分スクリーンに広げたのだ。
"十分にかんでみるほどおもしろい魔法のような映画"として雨が降って,イム・スジョン,二つの主演俳優の延期(煙,演技)が光る場面を一々観客らに紹介する愛情を惜しまなかった。
こういう脈絡で見る時,歌手とタレントとして頂点に上がった雨がスクリーン デビュー作で'サイボグジマン,大丈夫'を選んだことは真にちょっとした選択だった。
雨は米国の時事週刊誌タイムズ紙が選定した世界で最も影響力ある100人の中で1人だ。
そのような彼が実名のチョン・ジフンを使って初めてのスクリーン挑戦に出た時,誰も彼を新人俳優と考えない。
スター出身演技者の初めての作品が興行するのかどうなのかで成功の可否を判定しようと目を皿にしたところだ。
雨はパク・チャンウク監督の実験映画をデビュー作で選びながら,この峠をすっきりと避けた。
彼に入って(聞いて)きた数多くの出演依頼の中で慎重にした作品を選んだ結果だ。
彼は"興行に大きく成功した映画の中で私に先に出演提案が来た作品らがあった"とした。
商業性よりは自身の俳優として第一歩に役に立つ作品を優先視した考慮をよく表わす大きな課題だ。
チョン・ジフンにスクリーンは見慣れない空間だ。
雨で活動する時の公演舞台のように安らかで自信あふれる場所ではない。
映画俳優として彼は今しがたヨチヨチ歩きを踏み出す今生れた赤ん坊に違わない。
ところがすでに歌手,タレントで頂上に立った彼のスクリーン挑戦を見守る視線らは期待感にぎっしり埋まる。
成功しても元手で,失敗すれば彼の名前の値段に張り合うほどの非難があふれるところだ。
相当数トップ歌手らがスクリーン デビューでこのような挫折を味わったことがある。
パク・チャンウク監督の'サイボグジマン,大丈夫'という映画に対して正しく習うことができて,俳優として正しく感じをつかむことができる作品だ。
反面興行に対する負担は殆どない映画だ。
キジ食べて卵食べるトップスターのスクリーン デビューだ。
そこにカンヌが愛する朴監督は今回の映画でもう一度海外映画祭で脚光を浴びる可能性が高い。
イ・ヨンエが'親切なクンジャ氏'で世界舞台に顔を知らせたように,悲悼朴監督の力を借りて,カンヌに行く機会を得たわけだ。
'サイボグジマン,大丈夫'というとんでもない想像と空想がいっぱいである新世界精神病院を舞台で大人たちの同化(動画,童話)みたいな話が進行される。
自身をサイボグでと考える英軍(イム・スジョン)とそのような彼女を愛して助ける一巡(チョン・ジフン)が主人公だ。
朴監督の説明のとおり意志(医師)が人を治療する過程で愛を感じるストーリーではなくて患者どうしのロマンスを描いた。
したがって観客は精神病患者の英軍,一巡の視線と事故(思考)の中で一緒に動くことになる。
当然簡単に理解される性格の商業映画とは通り(距離)がしばらく遠い。
頭(以上)よりは心(感性)で読んで見なければならない映画だ。
朴監督もインタビューで'観客らが気楽に近付くことができる映画ではない"としたのにある通信会社の映画評判は'商業映画のように観客らに詐欺を働いた'という式の根拠がない悪評で目を引いた。
雨はチョン・ジフンは正常な人と精神病患者の境界線にあるような一巡役を担って,印象(引き上げ,人相)深い演技をした。
配役自体が老練な俳優らも簡単に消化しにくかっただけに映画が初めての彼の演技はより一層新鮮な衝撃で近づいた。
興行負担を減らして自身のスタイルのとおり映画を撮っていったパク・チャンウク監督を強固な助力者みなして,すでに成功的なスクリーン デビューを終えたのだ。
雨が自身のスクリーン デビュー作でパク・チャンウク監督の実験映画を選んだことは本当に卓越した選択だった。

-nate-

スポンサーサイト



雨‘広報航空機’浮かび上がる国際線に顔描いて入れて



歌手ピの大型写真が描かれた航空機が空を数を数える。
大韓航空は“ピの世界舞台に向かった跳躍に対して全面的な後援者役割をすることにした”としながら“ピのイメージが彫られた広報航空機を運営して,公演スタッフらには無賃航空券を提供する。
また講演装備無料輸送なども約束した”と18日明らかにした。
大韓航空は以外に各国現地営業網を通じて,現地広報など多角的な支援も惜しまない方針だ。
ピの写真が掲げる広報航空機は近い将来試案を確定して,塗布作業を経て,来年上半期内で(に)国際線に現れることになる。
大韓航空側は“躍動的な私たちの文化商品の輸出を支援するという点で大きい意味がある”としながら“文化輸出の新しい転機になる非義ワールドツアーが成功することができるように支援を継続する”と話した。
大韓航空は雨の他にトップスターペ・ヨンジュン,野球選手イ・スンヨプなどの海外進出にも積極的な支援策を広げてきた。
一方雨は降る23日米国,ラスベガス公演を始め来年5月まで香港,シンガポール,日本,中国,台湾など総11ヶ国ツアーを行う

-naver-