FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨,ベルリン国際映画祭公式招請


トップスター雨(24)が映画俳優として世界4代映画祭中一つのベルリン国際映画祭のレッドカーペットを踏む。
パク・チャンウク監督がメガホンを捉えた映画‘サイボグジマン,大丈夫’が来年2月8日開幕する第57回ベルリン国際映画祭の競争部門に公式招請されたためだ。
製作会社の曖昧フィルムは22日“‘サイボグジマン,大丈夫’が第57回ベルリン映画祭競争部門に公式招請された”として“パク・チャンウク監督をはじめとして,主演俳優の雨が降って,イム・スジョンが並んでレッドカーペットを踏む予定”と明らかにした。
曖昧フィルム側は“ベルリン映画祭執行委員長ティト コスルリクが直接‘映画がとてもウィットあって面白味と感動まで感じることができる素敵な作品’という絶賛と共に招請の文を送ってきた”と付け加えた。
ピの所属会社側は映画俳優として雨がベルリン映画祭のレッドカーペットを踏めるようにスケジュールを調整すると明らかにした。
ある関係者は“ワールドツアーコンサートの準備で余念がないがスケジュールを調整して,必ず映画祭に参加できるようにするだろう”と話した。
雨は24~25日(韓国時間)米国,ラスベガスで公演をしながらワールドツアーの本格的な開始を知らせる。

-daum-

スポンサーサイト



雨レッドカーペット踏む,‘サイボグ~’ベルリン映画祭公式招請


パク・チャンウク監督の映画‘サイボグジマン,大丈夫’が第57回ベルリン映画祭競争部門に公式招請された。
2007年2月8日から18日まで進行されるベルリン映画祭に‘サイボグジマン,大丈夫’が公式招請されながら,パク・チャンウク監督をはじめとする主演俳優イム・スジョン,チョン・ジフンが並んでレッドカーペットを踏むことになった。
ベルリン映画祭執行委員長ティト コスルリク(Dieter Kosslick)は22日“‘サイボグジマン,大丈夫’というウィットがあふれておもしろくて感動まで感じることができる素敵な映画”と絶賛した。
‘サイボグジマン,大丈夫’の公式スクリーニング日程および部隊行事日程もまもなく議論される予定だ。
パク・チャンウク監督は‘共同警備区域JSA’でベルリン映画祭,‘オールドボーイ’でカンヌ映画祭そして‘親切なクンジャ氏’でベニス映画祭まで世界3代映画祭に招請されたことがある。
特に‘オールドボーイ’はカンヌ映画祭で審査委員大賞を受賞しながら,パク・チャンウク監督に国際的名声をもあたえた。

-daum-

,ベルリン映画祭競争部門招請


パク・チャンウク監督の初めてのロマンチック コメディー<サイボグジマン,大丈夫>が来る2007年2月に開く57回ベルリン映画祭競争部門に招請された。
ベルリン映画祭執行委員長のティト コスルリクは“<サイボグジマン,大丈夫>はあまりにもウィットがあふれておもしろくて感動まで感じることができる素敵な映画"と書いた招請の文を送ってきたと。
パク・チャンウク監督は前作<共同警備区域JSA>でベルリン映画祭,<オールドボーイ>でカンヌ映画祭,そして<親切なクンジャ氏>でベニス映画祭まで世界3代映画祭に招請されたことがありながら,<オールドボーイ>ではカンヌ映画祭審査委員大賞を受賞した。
<サイボグジマン,大丈夫>は唐突溌剌な空想がいっぱいである新世界精神病院を背景に自身がサイボグと信じて,ご飯を食べない英軍(イム・スジョン)と他人の才能を盗む能力を持った一巡(チョン・ジフン)のロマンスを扱った映画だ。

-naver-

雨,ベルリン レッドカーペット踏む!


映画'サイボグジマン,大丈夫'(提供CJエンターテイメント,製作曖昧フィルム)が来る2007年2月8日から18日まで進行される第57回ベルリン映画祭競争部門に公式招請,パク・チャンウク監督をはじめとして,主演俳優イム・スジョン,チョン・ジフンが並んでレッドカーペットを踏む。
ベルリン映画祭執行委員長ティト コスルリク(Dieter Kosslick)は"'サイボグジマン,大丈夫'というウィットあふれておもしろくて感動まで感じることができる素敵な映画だ"と伝えた。
'サイボグジマン,大丈夫'という競争部門招請発表とともに来年2月ベルリン映画祭公式スクリーニング日程および部隊行事日程が議論される。
パク・チャンウク監督は'共同警備区域JSA'でベルリン映画祭,'オールドボーイ'でカンヌ映画祭,'親切なクンジャ氏'でベニス映画祭まで世界3代映画祭に招請されたことがある。
特に'オールドボーイ'でカンヌ映画祭で審査委員大賞を受賞しながら,国際的名声を積んだ。
'サイボグジマン,大丈夫'という新世界精神病院を背景に自分がサイボグと勘違いする英軍(イム・スジョン)と彼女がサイボグヨも大丈夫だという一巡(チョン・ジフン)の愛を描いた。
-naver-

雨,未公開写真含まれたスペシャル エディション発売


歌手ピの未公開写真が含まれた4集スペシャル エディションが発売された。
雨所属会社JYPエンターテイメントは22日"4集収録曲'With U'の再編集本科'悪い男' '私は'等その間ヒット曲,録音現場とジャケット撮影現場およびミュージックビデオ現場を入れたDVDが今日発売される"と明らかにした。
今回のスペシャル エディション序盤発売分にはピの未公開写真が含まれているダイアリーが含まれて,限定販売される。
一方雨は降る23日と24日米国,ラスベガス公演を始め6ヶ月女間ワールド ツアーを持つ。

-naver-

2006歌謡界5代ニュース… 'ワールドスター'雨


2006年歌謡界は騒々しかった。
歌謡界が不況のドロ沼を抜け出してくることができなくてCDでモバイル収益中心に転換されながら,歌手らの権利要求が大きくなった。
国内より海外で視線を転じるこれらが多かった。
盗作論議,テロなど今年の一年を熱い雰囲気にした歌謡界5代ニュースを探ってみた。
#イ・ヒョリ‘Get Ya’盗作論議
イ・ヒョリがさる2月ソロ2集を発表しながら出したタイトル曲‘Get Ya’がプリトゥニ スピオスの‘Do Something’を盗作したというユニバーサル ポブルリシン コリアの問題提起でイ・ヒョリが活動を中断したことがあった。
盗作論議のために‘Get Ya’の音源がプリトゥニ スピオスの原著作者に送られたし,原著作者は“韓国ポブルリシンで処理しなさい”というあい昧な答を出してうやむやになった。
一角で国内に蔓延した‘コピー不感症’に警戒心を起こすためにスタイン イ・ヒョリが‘味見’で指定されたという意見も提起された。
#イ・スンチョル,ユ・ノユン号テロ露出
イ・スンチョルが10月麻薬を配達受けた後,脅迫を受けた初めて持つ事件を体験して12月記者会見を自ら要望した。
イ・スンチョルは注射器に満杯になった麻薬小包を受けた後,検察に自主的に出頭して,ドーピング テストまで受けたし,事件以後警護員を同行して家を出ていることもした。
イ・スンチョルが脅迫に屈しないので他の歌手に麻薬小包を配達した後,イ・スンチョルに対するテロを予告して衝撃を与えた。
これに先立ちユ・ノユン号は10月芸能番組録画会場でアンチ ファン(パン)からボンド・ストリート入ったジュースを受けて飲んで病院に入院して,アンチ文化に対する警戒心を持つ契機になった。
#費‘タイム100’選定
‘アジアのスター’というニックネームを得た雨が米国の世界的な時事週刊誌‘タイム’により‘2006最も影響力ある100人’に挙げられた。
雨は昨年日本,中国,香港,タイ,台湾などアジア ツアーを成功裏に終えながら,アジアで急浮上したスターに浮び上がった。
雨は昨年1月韓国で初めての単独コンサートを硯池1年余り万人今年2月ニューヨークで単独コンサートを持ったし,LAニューヨークなど米国各地とカナダ,アジア地域各地で‘ワールド ツアー’を持つ‘ワールド スター’で跳躍中だ。
#歌手らの声拡大
歌手らの声が大きくなった。
対韓歌手協会が復活した。
韓国演芸協会歌手分科で格下げされて45年ぶりのことだ。
ナムジン会長を始めインスンが愉悦など中堅はもちろんイ・ヒョリ クモなど新世代スターまで大挙参加して,歌手らの権利検索に先頭に立つことにした。
上半期にはsgワナビーなどトップ歌手らが移動通信会社を相手に料率を低くしなければ音源供給を中断するという宣言をしたし,KBS MBCは一部歌手らの不参加宣言で授賞式を廃止した。
#英雄在中前進両親告白
東方神技の英雄在中が両親が別々にありながら,幼い時期から養父母に育ったという事実が明らかになった。
英雄才中の両親が提起した嫡出子既存再確認訴訟事実が知られながら,英雄在中はあるケーブル音楽専門チャンネル受賞所感で“実母に感謝する”と明らかにすることもした。
神話の前進やはり放送で“継母が4年前実母を探した。
実母に会いたくて,芸能人になった”として涙で告白をした。

-nate-