FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
興行不振'サイボグジマン,大丈夫',国際舞台では通じるよ


来年2月ベルリン映画祭競争部門招請
パク・チャンウク監督の新しい試みで歌手ピ(チョン・ジフン)のスクリーン デビュー作で注目されていた‘サイボグジマン,大丈夫(提供CJエンターテイメント,製作曖昧フィルム)’が来年2月8日から18日まで進行される‘第57回ベルリン映画祭’競争部門に公式招請されて,朴監督をはじめとする主演俳優イム・スジョン,雨が並んでレッドカーペットを踏むことになった。
曖昧フィルム関係者は“ベルリン映画祭側が執行委員長ティト コスルリク(Dieter Kosslick)名義の招請状を通じて‘サイボグジマン,大丈夫’というあまりにもウィットがあふれておもしろくて,感動まで感じることができる素敵な映画という絶賛と共に招請の文を送ってきた”と伝えながら“近い将来競争部門招請発表とともに映画祭公式スクリーニング日程および部隊行事日程が議論される予定”と付け加えた。
今回の競争部門進出は朴監督はもちろん二つの主演俳優にも絶好の機会になるものと見られる。
すでに‘共同警備区域JSA’でベルリン映画祭,‘オールドボーイ’でカンヌ映画祭,そして‘親切なクンジャ氏’でベニス映画祭など‘世界3代映画祭’に皆招請されたし,この中‘オールドボーイ’でカンヌ映画祭で審査委員大賞を受賞した朴監督は今回の招請で国際的名声を一層高めることになった。
また抜群の演技力を認められるイム・スジョンや2006年タイムズ紙選定‘世界で最も影響力ある100人’で選ばれたチョン・ジフンは権威ある舞台でスポットライトを受けることになったことだけで全世界的韓流スターで背伸びする契機になった。
特に監督と俳優らのスターパワーが面目を失うほど深刻な興行不振にさまよう‘サイボグジマン,大丈夫’がこの映画祭で真の姿を認められることになるならば興行成功はもちろん沈滞に陥った国内映画界に活躍素になるので(に)充分なはずであれということが映画界の大半の意見だ。
‘サイボグジマン,大丈夫’というとんでもない想像と空想がいっぱいである新世界精神病院を背景に‘私=‘サイボグ’と勘違いする英軍(イム・スジョン)と‘彼女=サイボグ’でも大丈夫だという一巡(雨)の愛を描いた一種のロマンチック コメディーだ。

-pbj-

スポンサーサイト



チョン・ジフン,演技者にもワールドスター?


チョン・ジフン(雨)は歌手ではすでにワールドスターだ。
2005年米国<タイム>地価選定した‘世界で最も影響力ある人物100人’に名前を上げたほどだ。
こういうチョン・ジフンが今回は演技者として‘ワールドスター’で跳躍する。
映画デビュー作‘サイボグジマン,大丈夫’が来年2月開かれるベルリン映画祭競争部門に招請されて,レッドカーペットを踏むことになったこと。
ベルリン映画祭はカンヌ映画祭とベニス映画祭とともに世界3代映画祭に選ばれる国際的な舞台だ。
映画俳優も一生に一度踏むのが難しいベルリン映画祭のレッドカーペットをチョン・ジフンは初めての映画を通じて踏むことになった。
チョン・ジフンはパク・チャンウク監督,イム・スジョンと共にベルリン映画祭に参加する予定だ。
チョン・ジフンのこういう歩み(動向)は事実すでに予測されたことだ。
チョン・ジフンが数多くのラブコールをさておきパク・チャンウク監督の映画に出演を決めたのがまさにそうだ。
パク・チャンウク監督はすでにカンヌ,ベニス,ベルリンを探したことがあって新作‘サイボグジマン,大丈夫’もこれら映画祭に招請される確率が高かった。
だから歌手ですでに世界で注目されているチョン・ジフンが演技者にも世界的なスターで跳躍する可能性が大きかったという話だ。
‘サイボグジマン,大丈夫’がたとえ国内では大きく興行できなかったがベルリン映画祭に招請されることによってチョン・ジフンは確かに演技者として世界的な注目をあびる機会を得ることになったわけだ。

-nate-