FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
ベルリンに行った‘サイボーグだが,大丈夫’


9日(現地時間)ドイツ ペルルルンで開かれた第57回ベルリン国際映画祭で競争部門招請作の映画"サイボーグだが,大丈夫"ポドコルで主演俳優雨,イム・スジョンとパク・チャンウク監督が共にポーズを取っている

-naver-

スポンサーサイト



ベルリン映画祭で'サイボーグだが,大丈夫'注目


57回ベルリン映画祭競争部門に出品された朴
チャヌク監督の'サイボーグだが,大丈夫'が注目されている。
ベルリン映画祭二日目の9日午後(現地時間)複合映画上映観シネマックスで熱
リン'サイボーグだが..'試写会には各国記者らが大挙集まって,盛況を成し遂げた。
公式試写会場所のシネマックス7カンは上映時間遥か前に席が満杯になって,主催側
銀急いで,シネマックス9カンを試写会場所に追加して,二ヶ所で試写会が開かれる珍しい風景
この広がった。
試写会が終わった直後開かれた公式記者会見には150人余りの記者らが集まって熱を帯びた
取材競争を行った。
各国記者らは朴監督映画の特異な所在(素材)とストーリー展開方式,そして暴力に
対する描写などに深い関心を表明した。
また記者らは男主人公のチョン・ジフン(ピ)氏が人気歌手として映画に初めて出演
したことに対し所感などを尋ねた。
このように'サイボーグだが..'の試写会と記者会見が関心を集めたことはパク・チャンウク柿(感)
ドクの名声のためと見える。
世界各国の映画担当記者らはパク・チャンウク監督の名声を知っていたし,彼の新作
エ対する期待感を表出した。
一部記者らはこの映画が以前の映画より理解し難いという反応を見せることも
したが今回の映画にも朴監督特有の人生と愛に対する独特の見解がよくあらわれた
増えた評価を受けた。
ドイツdpa通信のアンドリューメカティ記者は"この映画は愛の物語だ。
特異な状況
ためでさえぎられているがこれがまさに現実で見るのは難しい真の愛の姿"と
コ話した。
朴監督はこの映画で自身をサイボーグと考える極端な精神病患者に
対して他の精神病患者が"それでも大丈夫だ!
"と彼の全てのものを受け入れて愛ハ
増えた姿を見せようとしたと話した。
一方ドイツ言論も'サイボーグだが..'に対して高い関心を見せている。
日刊紙
ディ ベルトはベルリン映画祭特集版でこの映画の一場面を二ヶ面にかけて,大型社
ジンで掲載した。
この新聞は朴監督はすでに2001年'共同警備区域JSA'をベルリン
映画祭競争部門に出品させたことがありながら,2004年にはカンヌ映画祭で'オールドボーイ'で心
婿院大賞を受けたと紹介した。

-naver-

GERMANY BERLINALE


South Korean pop star and actor Rain (Jung Ji-hoon) and actress Lim Soo-jung pose on the red carpet as they arrive for the screening of the film 'I'm A Cyborg, But That's Ok' running in competition at the 57th Berlinale International Film Festival in Berlin on Friday, 09 February 2007. EPA/GERO BRELOER
<저작권자 ⓒ 2006 연 합 뉴

-naver-

ベルリン国際映画祭


レッドカーペット


















ベルリン映画祭で'サイボーグだが,大丈夫'注目試写会.記者会見盛況,パク・チャンウク監督人気

57回ベルリン映画祭競争部門に出品されたパク・チャンウク監督の'サイボーグだが,大丈夫'が注目されている。
ベルリン映画祭二日目の9日午後(現地時間)複合映画上映観シネマックスで開かれた'サイボーグだが..'試写会には各国記者らが大挙集まって,盛況を成し遂げた。
公式試写会場所のシネマックス7カンは上映時間遥か前に席が満杯になって,主催側は急いで,シネマックス9カンを試写会場所に追加して,二ヶ所で試写会が開かれる珍しい風景が広がった。
試写会が終わった直後開かれた公式記者会見には150人余りの記者らが集まって熱を帯びた取材競争を行った。
各国記者らは朴監督映画の特異な所在(素材)とストーリー展開方式,そして暴力に対する描写などに深い関心を表明した。
また記者らは男主人公のチョン・ジフン(ピ)氏が人気歌手として映画に初めて出演したことに対し所感などを尋ねた。
このように'サイボーグだが..'の試写会と記者会見が関心を集めたことはパク・チャンウク監督の名声のためと見える。
世界各国の映画担当記者らはパク・チャンウク監督の名声を知っていたし,彼の新作に対する期待感を表出した。
一部記者らはこの映画が以前の映画より理解し難いという反応を見せたりもしたが今回の映画にも朴監督特有の人生と愛に対する独特の見解がよくあらわれたという評価を受けた。
ドイツdpa通信のアンドリューメカティ記者は"この映画は愛の物語だ。
特異な状況のためでさえぎられているがこれがまさに現実で見るのは難しい真の愛の姿"と話した。
朴監督はこの映画で自身をサイボーグと考える極端な精神病患者に対して他の精神病患者が"それでも大丈夫だ!
"と彼の全てのものを受け入れて愛する姿を見せようとしたと話した。
一方ドイツ言論も'サイボーグだが..'に対して高い関心を見せている。
日刊紙ディ ベルトはベルリン映画祭特集版でこの映画の一場面を二ヶ面にかけて,大型写真で掲載した。
この新聞は朴監督はすでに2001年'共同警備区域JSA'をベルリン映画祭競争部門に出品させたことがありながら,2004年にはカンヌ映画祭で'オールドボーイ'で審査委員大賞を受けたと紹介した。


-daum-

雨,ワールドツアー米版権22億 5000万ウォンに売れて


歌手ピが米国進出の確実な橋頭堡を用意した。
ピのワールドツアーを主管しているスタエムは9日公示を通じて,米国エージェント社のレボリューションエンターテイメントに米国地域の'2006/2007非ワールドツアーコンサート'版権を22億5000万ウォンに販売したと明らかにした。
契約期間は去る8日から来る12月31日まで.
今回の契約成功は韓国歌謡界の世界化に一線を引いた朗報.
その間韓国歌手らの米国公演は大部分現地海外同胞を対象に成り立ったとすれば,今回の非義契約は米国大型エージェンシーが直接公演を主管する最初ケースという点で大きい意味がある。
スタエムのある関係者は"昨年12月ピのラスベガス公演を通じて,現地の多い公演プランナーらが関心を見せている。
まだ米国何都市でコンサートを開くがに対して決定されたことはないが今回の契約を通じて,米国での公演回数が増える可能性は高まった"と明らかにした。

-daum-