FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
パク・チャンウク,受賞所感もロマンチック コメディー


パク・チャンウク(44)監督がアジアのポップスーパースター雨(25)を前面に出した‘サイボグジマン,大丈夫’が17日第57回ベルリン映画祭で‘アルフレッド・バウアさん’を受けた。
1994年チャン・ソンウ(55)監督も‘華厳経’でこの賞を受賞した。
ドイツ式表現主義映画を定着した撮影監督の名前を取った特別賞格であるアルフレッド・バウア フライスは‘特別な革新’,すなわち新しい方向で映画に芸術性を吹き込んだ作品に授ける映画芸術創案相異だ。
朴監督の今回の空想科学ロマンチック コメディー実験を国際映画界が認めたわけだ。
受賞所感で朴監督は映画の話はしなかった。
“イさんを妻と分けたい。
夫が映画監督だと不幸な人だ。
何週ずつ留守にして常に忙しくて,なぜ家にいる時も別の考えだけいっぱいするため”としながら暗示した。
引き続き“妻は今こちらでこの栄誉を出て共にしている。
もう容赦すれば良いだろう。
家へ帰れば妻が友人らに‘夫は監督だが,大丈夫’と話すように願う”と明らかにした。
‘サイボグジマン,大丈夫’のパロディであった。
一方,映画祭作品賞(金熊賞)は中国ワングォナン監督の‘トゥヤの結婚’が占めた。
モンゴル大草原で息子と病気にかかった夫を扶養する女の闘争期だ。
-naver-

スポンサーサイト



ベルイン国際映画祭・「サイボーグ」特別賞受賞


パク・チャンウク監督アルフレッド・バウア賞受賞


ベルリン映画祭で‘サイボグジマン,大丈夫’で快挙
57回ベルリン映画祭でパク・チャンウク監督の‘サイボグジマン,大丈夫’が特別賞のアルフレッド バウア賞を受賞したと聯合ニュースが報道した。
アルフレッド バウア賞はドイツ表現主義映画技法を定着させた撮影監督の名前を取った賞でベルリン映画祭8代本像中の一つに選ばれている。
聯合ニュースによればパク・チャンウク監督は17日夜(現地時間)ペルルリナルレ八ラストで開かれた授賞式でアルフレッド バウア賞を受賞した後“この光栄を妻とともに分けたい。
この賞受賞で家庭に粗雑にした借金を返すことになったようだ。
妻が周辺の人々にもう‘私の夫は映画監督だが,大丈夫’と話したら良いだろう”と受賞所感を明らかにした。
‘サイボグジマン..’はベルリン映画祭試写会と記者会見で各国記者らと評論家らの高い関心を呼びおこして,受賞可能性があると見てきた。
朴監督はこの映画で自身をサイボーグと考える極端な精神病患者に対して他の精神病患者が“それでも大丈夫だ!
”と彼の全てのものを受け入れて愛する姿を見せようとしたと話した。
ドイツ言論も‘サイボグジマン..’に対して高い関心を現わした。
日刊紙ディ ベルトはベルリン映画祭特集版でこの映画の一場面を二ヶ面にかけて,大型写真で掲載した。
この新聞は朴監督がすでに2001年‘共同警備区域JSA’をベルリン映画祭競争部門に出品したし,2004年にはカンヌ映画祭から‘オールドボーイ’に審査委員大賞を受けたと紹介した。
パク・チャンウク監督の今回の受賞で韓国映画のベルリン映画祭と縁がより一層深くなることになった。
韓国映画は1961年姜デジン監督の‘馬夫’がウン熊賞を受賞して以来ベルリン映画祭に9編(便)の本戦競争作を排出した。
1994年にはチャン・ソンウ監督の‘華厳経’が8代本像中一つの‘アルフレッド バウア賞’を受賞したことがある。
2004年にはキム・キドク監督が‘サマリア’で最優秀監督にあたえるウン熊賞を受賞した。
2005年には林権澤監督が世界的に映画人生を認められる映画関係者に与えられる名誉金熊賞を受けて特別回顧展が開催される栄光を手にした。
朴監督は去る2001年‘共同警備区域JSA’でベルリン映画祭に初めて初お目見えした以後2003年には‘復讐は私のこと’がフォーラム部門に招請された。
昨年にはベルリン映画祭のワークショップ プログラムの’ペルルリナルレタレント キャンパス(Berlinale Talent Campus)’の講師(mentor)で招請を受けたことがある。



パク・チャンウク監督,ベルリン映画祭アルフレッド・バウア賞受賞
-映画情報'サイボグジマン,大丈夫(2006)'〓予告篇
-映画情報'オールドボーイ(2003)'
-映画情報'親切なクンジャ氏(2005)'
-映画情報'復讐は私のこと(2002)'
-パク・チャンウク監督'復讐シリーズ'特集(2005)

-naver-

‘サイボグジマン,大丈夫’ベルリン映画祭アルフレッド・バウア賞受賞




パク・チャンウク監督の‘サイボグジマン,大丈夫’(製作曖昧フィルム)が第57回ベルリン映画祭でアルフレッド・バウア賞を受賞した。
17日午後(現地時間)開かれたベルリン映画祭授賞式で‘サイボグジマン,大丈夫’という映画祭創設者の名前を取った賞で映画芸術発展にあって新しい見解を提示した作品に授与されるアルフレッド バウア賞を受けた。
‘サイボグジマン,大丈夫’という現地上映後相反された評価を受けたが‘新しい試み’で高い点数を得て,受賞の栄光を手にすることになった。
また‘サイボグジマン,大丈夫’という世界的に名声が高いパク・チャンウク監督の作品というもの他にもアジアの人気歌手ピのスクリーン デビュー作という点と劇中破格的な姿で登場するイム・スジョンに大いなる関心が傾くこともした。
今回のベルリン映画祭には‘サイボグジマン,大丈夫’をはじめとして,私たちの映画8編(便)が招請されたが他の作品らは受賞できなかった。
一方最高栄誉の金熊上(最優秀作品賞)は中国映画‘トゥヤの結婚’が占めた。
57回ベルリン映画祭は18日フラン所と五種監督の‘アン制を’を最後に閉幕する。

-daum-