FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨,"映画祭招請だけでもすごい光栄"


映画'サイボグジマン,大丈夫(監督パク・チャンウク)'でベルリン映画祭特別賞を受賞したトップスター雨(25,実名チョン・ジフン)が受賞所感を明らかにした。
雨は21日午後1時10分KBS 1ラジオ'ラディオジョンボセント,朴エステルです'との電話インタビューで"とても感動受けたしとても感謝する"と受賞の手にあまった所感を表わした。
彼は映画に対して"事実は韓国でもとても大衆的な映画と考えて初めから見られるそのままを受け入れられることを願った"として"おもしろいコミック メローなのに個人的な映画館や基準にしたがって反応が大いに違ったのにむしろそれがとても感謝する"と明らかにした。
また海外反応を念頭しておいてパク・チャンウク監督の映画をスクリーン デビュー作で選択したのではないかという質問に対しては"実験的な映画という事実と歌手というイメージ,以前のドラマ'がおかゆこと奴の愛'でとても力が入った演技より新しいキャラクターを見せてあげたかった"と出演背景を説明した。
引き続き"新しいキャラクターを見せることができることという信頼をパク・チャンウク監督がとてもよく指摘して,潜在されているキャラクターをよく選んで下さった"と有り難みを伝えた。
雨は"私の初めての作品がベルリン映画祭という大きいフェスティバルに招請されたことだけでもとても大きい光栄"であり"私がいつまたこのように良い授賞式に行ってみるか"として謙虚に言った。
一方雨は昨年12月15日ソウルを始め米国,日本,中国,カナダ,マレーシアなど世界12ヶ国でワールドツアー公演を進行しており最近ではドラマ'フルハウス'のプロモーションのためにソン・ヘギョとともに中国,湖南省に行ってきた。
-daum-

スポンサーサイト



雨"アジア文化統合ならなくて惜しい"


KBS 1ラジオ出演して,韓流に対する考え明らかにして
(ソウル=聯合ニュース)キム・ヨンヒョン記者=ワールドツアーを行っているトップスター雨(25・実名チョン・ジフン)が韓国文化の世界進出と関連,"アジアの文化統合にならなくなっていて惜しい"という意志(医師)を表わした。
雨は21日午後1時10分KBS 1ラジオ'ラジオ情報センター朴エステルです'で用意した電話通話インタビューで"アジアが文化統合されるならばヨーロッパや米国よりより大きいもう一つの巨大市場になることができる"としながらこのように明らかにした。
彼はまた"我が国音楽市場が発展するためにはもう少し大きい市場を用意しなければならない"としながら"伝統的な慣習や以前に体験した多い痛みのためにアジアが米国やヨーロッパのように一つの'団体'がなれないという点がとても惜しい"と説明した。
引き続き韓流が世界化されようとするなら民族主義を越えなければならないという一部指摘に対しては"他の国の文化を受け入れてまた我が国の文化を伝えて,その中間に何か合意点を見出すことが重要だ"としながら"以前にはその国に行ってそのまま何か持ってこようとしたようだ"と付け加えた。
それと共に最近中国公演の時彼が中国固有衣装を着たのを置いて一部国内ファン(パン)が非難したことに対しても言及した。
"以前にプリトゥニ スピオスが我が国にきた時,韓国民族衣装を着たのに本当に満たされた"としながら"ああしたのが大丈夫ならば交流という面で私も試みてみた方が良いと考えた"ということ.
ワールドツアー米国公演でアジア系女性が大多数だったという点,彼がマイケル・ジャクソンなど他の歌手を模倣したという批判などに対しても説明した。
彼は"米国で公式的な活動をしたのでもないが国は名前を知ってくる方々に感謝する"としながら"私が好んで憧れたマイケル・ジャクソンと比較されるということは私にあまりにも光栄なことだが,いつかはそれを抜け出さなければならないだろう"と話した。
引き続き最近映画'サイボグジマン,大丈夫'に出演したのが能力を認められたパク・チャンウク監督作品だとその効果を狙ったことではないかとの質問には"そんなことを考えたことでなく,実験的な映画であり皆さんが好みそうで出演した"としながら"ドラマ'この人でなしの愛'で力を入れて延期(演技)したキャラクターと違った新しいキャラクターを見せられるとの信頼があった"と反論した。
一方雨は昨年12月15日ソウル公演を始め米国,日本,中国,カナダ,マレーシアなど12ヶ国を回るワールドツアーを行っている。
最近ではドラマ'フルハウス'のプロモーションのためにソン・ヘギョとともに中国,湖南省に行ってきた。
-naver-

雨“実名チョン・ジフン使ったのはまた新人の姿勢に帰るため”


“チョン・ジフンという名前を書いたことはまた新人の姿勢に帰るためだ。”
ワールドスター雨が‘雨’という名前と‘チョン・ジフン’という名前二種類を書く理由を明らかにした。
雨は最近KBS 1ラジオ‘ラディオジョンボセント,朴エステルです’の進行者朴エステルとのインタビュー中チョン・ジフンという名前を書いたことは新人の姿勢に帰るためだと話した。
雨は“‘雨’という名前をつけて歌手でデビューした。
1集が終わった後ドラマを始めることになった。
ところで何よりも作品でとても重要な主人公が舞台上の雨で見えてはいけないという気がした”と打ち明けた。
引き続き“それで実名のチョン・ジフンという名前を書いて,また新人の姿勢に帰って,新人俳優のようにがんばってみようという意でそのように開始をした。
その以後どうしてみるからここまでくることになった”と二種類名前を書くことになった理由を明らかにした。
雨はこのだけでなく韓流スターとしての抱負と米国進出計画などを表わした。
雨とのインタビューを聞くことができるKBS 1ラジオ‘ラディオジョンボセント,朴エステルです’という21日午後1時10分放送される。
-daum-

雨“中国固有衣装を着たことは交流の一環”


“中国固有の衣装を着たことは交流の一環だった。”
ワールドスター雨が最近朴エステルとのインタビュー中韓流の危機論に対する考えを明らかにした。
雨は韓流が突破口を探すための一方法で韓国のどんなイメージをとても強調したことは少し抜いて現地に適応しなければならないという一部の意見に対する考えを表わした。
雨は“このように韓流が大きくなったことは皆国民の愛のおかげでそのような愛がもう海外まで電波になりながら,韓流と称する文化単語になってしまった。
他の国の文化を受け入れてまた我が国の文化を伝えて,その中間に何か合意点を見出すことが重要だと考える。
以前にはその国に行ってそのまま事実何か持ってこようとしてだけ考えていたようだ”と話した。
-daum-

雨“パク・チャンウク監督が国際舞台注目されて,作品選択したのではない”


“パク・チャンウク監督が海外で注目されていて彼の作品を選択したのではない。”
ワールドスター雨が最近KBS 1ラジオ‘ラディオジョンボセント,朴エステルです’の朴エステルとインタビューを進行した。
雨は映画デビュー作‘サイボグジマン,大丈夫’でベルリン映画祭に進出して,特別賞を受賞した所感を明らかにした。
彼は“韓国映画が現地で反応がとても良かった。
感動的だった”と話した。
雨はパク・チャンウク監督がすでに能力において認められた監督で作る映画ごとに海外映画祭に進出をすることになりスクリーン デビュー作でパク・チャンウク監督の作品を選択したのではないかという問いにも率直に答えた。
雨は“私の初めての作品がベルリン映画祭という大きいフェスティバルに招請されたことだけでも私にはとても大きい光栄だ。
私はパク・チャンウク感動のそのような点を考えて,作品を選択したのではない。
単純に実験的な映画であり皆さんが好むようで選択した”と打ち明けた。
雨は引き続き“歌手というイメージと以前にとても力が入った延期(煙,演技)例をあげれば私が以前にした‘このおかゆこと奴の愛’でとても力を入れて延期(演技)したそのようなキャラクターよりは新しいキャラクターを見せられるとの信頼があって選んだ”と説明した。
彼は“そのような信頼は合致した。
パク・チャンウク監督がとてもよく指摘したしまた新しい姿を発見するように潜在されているキャラクターを選んでくれた”と満足感を表わした。
KBS 1ラジオ‘ラディオジョンボセント,朴エステルです’という21日午後1時10分放送される
-daum-

雨,ワンダー少女デビュー前日トゥクン“数千万人の心をつかめ”


雨がワンダー少女の後援軍を自ら要望した。
この前話題の中にデジタル シングルを発表したワンダー少女は21日午前ニュースエンとインタビューを持った席で“初めての公演前日雨が降ってトゥクンを持った”と話した。
リーダーの先例をはじめとして,ヒョンア善美ソヒ,イェウンで構成されたワンダー少女はデビュー前からパク・チニョン師団の初めての女性グループという点に話題を集めた。
また練習過程と生活像が放送に乗りながら,今年上半期歌謡界最高期待の主で指定された。
こういうワンダー少女は現在JYPで雨が降って,同じ釜の飯を食べている。
ワンダー少女は“雨は本当にすごい人だ。
自分の管理から努力までワールドスターダウンの姿を見せる”として“こういう雨を見ながら多くのことを学んでいる”と伝えた。
ワンダー少女は引き続き“デビュー前日緊張した私たちに助言はもちろん歌と踊りなどを細心に教えた”として“忙しい渦中にもメンバーそれぞれのボイスと振りつけなどをいちいちチェックした。
こういう非義助けが大きい力になった”と明らかにした。
ワンダー少女はまた“特に‘舞台ではお前らが世界最高という(のは)考えを持て。
そのような心ならばやり遂げることができないことがない’と忠告した”として“また‘公演会場内数百余観客はもちろん放送を見る数千万人の人やはりひきつけなければならないという確約を持って舞台に上がれ’という忠告はまだ私たち胸に残っている”と雨に有り難みを表わした。
ワンダー少女は“仕事に関連してはこのように厳格なおからだけ普段にはあまりにもキメ細かい兄さんだ”として“休み時間ならばいたずらを自主としておやつ通り(距離)もたくさん買ってくれる。
最近では有名レストランからステーキまで善事(プレゼント)しながら,活動を促してくれた”と笑い作った。
一方ワンダー少女はタイトル曲‘アイロニー’で人気集め中だ。
反応も良くて,来たオフライン チャート上位圏にランクされるほど。
最近では某有名衣類CFモデルにも抜擢されて,株価を上げている。

-daum-

ネチズン選定'最高ナイスバディ'は雨


歌手ピがこの時代最高のナイスバディに選ばれた。
女性情報サイトであってデー(www.ezday.co.kr)が去る8日から14日まで7日間'最も素敵な男芸能人ナイスバディを選ぶならば'という主題でアンケート調査を実施した結果雨が919人の参加者中29%の支持を受けて,1位に選ばれた。
ウォンビン,チュ・ジフン,ク・ジュンニョプ,ソン・ホヨン,クォン・サンウ,キム・ジョングク,李ソンジン雨など国内最高のナイスバディ男スターらを対象に実施した今回のアンケート調査で雨に続きクォン・サンウ(22%)とキム・ジョングク(20%)が2位と3位を占めた。
ネチズンは"キム・ジョングク,クォン・サンウ等もナイスバディに浮び上がるスターだが,筋肉質体つきとともに新鮮なマスクを持った雨が全体的なイメージで最高のナイスバディ"等の意見を残しながら,雨を最高のナイスバディ スターで選定した。
今回のアンケート調査は919人が参加したし,男性(29%/ 269人),女性(71%/ 650人)の比率を見せた。
年齢帯別に20代(38%/ 355人),30代(38%/ 354人),40代(13%/ 125人)で20-30代若い女性らの参加率が高かった。
-naver-

雨,JYPと契約満了‘100億説’等彼の歩み(動向)は?


ワールドスター雨が所属会社JYPエンターテイメントと専属契約がまもなく満了する。
これに伴いピの歩み(動向)に芸能界の関心が集まっている。
ピの再契約問題とピの進路はワールドツアーが終わる5月末に輪郭を表わすものと見られる。
ピの所属会社JYP関係者は“まだ雨が降って,契約に対して話を交わしたことがない。
現在ワールドツアーで忙しくてここに気を遣わなければならない部分が多くて,再契約に対する話はワールドツアー後回しにした”と伝えた。
芸能界一部ではピの再契約または移籍が国内マネジメント史上最高額を更新すると見ている。
はなはだしきは100億ウォン専属金提示説で一時出てきたことがある。
芸能界の便りに精通したある関係者は“雨がJYPと再契約をしない場合独自の会社を作るものと見られる。
ワールドスターに成長した雨はもうある会社でマネジメントをするには力不足だ。
ワールドツアーだけでも国内外数百人の人材が飛び込んで,進行している”と伝えた。
最近芸能界ではスターらが社長で立ち向かう‘1人企業’が次から次へ増加している。
ペ・ヨンジュンを筆頭にチャン・ドンゴン,李炳憲,エリック,朴シンヤン,イ・ヨンエなど韓流スターやトップスターらが自身万のための会社を作ることが芸能界のあるトレンドになっている。
非訳詩この道を行く可能性が高いということが周辺の観測だ。
だがピの進路と関連決定されたことはことは何もないということが周辺の伝言だ。
一時芸能界とコスダック市場周辺では雨が最高の株価を自慢したことがある。
‘雨が降って,専属契約をした’ ‘雨が投資した会社’等噂が株価に好材料として作用したことがある。
このためにピの今後歩み(動向)は芸能界焦眉の関心事だ。
ワールドツアーを進行中の雨や所属会社JYPなどは当面した課題を終えて安らかな気持ちで再契約交渉テーブルに座るという考えだ。
雨がどんな選択をすることになるのか,米国本格進出を控えている状況で色々な変化の要素らがどんな結果を持ってくるのか芸能界の関心事に浮び上がった。