FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨,オーストラリア初めての単独コンサート大成功"完成度高い舞台"賛辞


"ホジュペンも雨に(ほれる)反しました"
◇歌手ピがオーストラリア,シドニー単独コンサートで熱情的な踊りと歌をお目見えしている。
<写真提供=スタエム>
'アジアのスター'雨がオーストラリア初めての単独公演を成功裏に終えた。
雨は去る土曜日(14日)午後7時オーストラリア,シドニーのエイサーアリーナで開かれた'レインス カミング イン シドニー'コンサートを通じて,アジア歌手の底力を遺憾なく発揮した。
特にオーストラリア最大規模(1万1500席)のインド語公演会場のエイサーアリーナでアジア歌手では初めて舞台に立つ記録も残すことになった。
雨は既に見せたワールド ツアーのプログラムと大きい差なしに公演を進行したが衣装で若干の変化をあげて公演の完成度を高めるのに集中した。
現地の反応も肯定的.
現地スタッフらは"アジア歌手がこのように完成度高い公演を広げるのか予想できなかった"として"照明,音響,舞台皆立派だった"と親指を引き上げてたてた。
惜しい点は突然な公演場所および日程変更で公演会場をぎゅっと満たせなかったという事実.
当初7日パラマ・タパークで開く予定だった公演はクォリティーある公演のために場所がエイサーアリーナで交替させられた。
ここに公演をわずか一週間控えてチケット前売りが始まって,客席一部が空席に残った。
-naver-

スポンサーサイト



雨ワールドツアーシドニー"サプライズ!


歌手ピ(25・実名チョン・ジフン)のワールドツアーシドニー公演が盛況裡に幕を下ろした。
今回の公演はクォリティーのために当初7日から14日に一週間延期(演技)した。
公演会場まで突然に変更しながら,敢行した公演だったが,プロダクションの規模と技術力,公演の内容と水準,公演会場を探した観客の熱狂的な反応などで大きい好評を得た。
先着順で入場されるスタンディング ソク入口は公演前の早朝からピのティーシャツを着たファンたちで混みあった。
5年前初めて雨を知ることになった後からずっとファン(パン)というユルリ(19)さんは“公演が突然決定されたせいで,この事実を知っても日程が合わなくて来られないファンたちが多くて残念だ”として“次の機会にはもう少し余裕ある日程にきてくれることを願う”と惜しむこともした。
この日午後7時20分,潜水艦模型の風船を破って雨が登場するやシドニーエイサーアリーナは爆発するよう揺れたし,観客らは歓呼雀躍した。
悲悼熱い反応に“おもしろいですか?”と応酬した。
雨は‘安寧という話代わりに’と‘太陽を避ける方法’,‘イッツ レイニン’,‘私は’,‘アであるカミング’,‘私が横になったベッド’,‘ウイード ユー’,‘フレンズ’等を熱唱した。
派手な照明とビデオアートやはり‘光の饗宴’水準であったという分析だ。
活火山のように燃え上がる映像,ストーリーがあるパフォーマンスなどでミュージカルのようなコンサートをお目見えした。
公演会場マネジャーのジェード増えた“アジア歌手のエイサーアリーナ公演は今回が初めてだ。
戴冠を協議する当時にはアジア歌手がこういう大規模なプロダクションで公演をするという自体にびっくりしていた。
ところで公演を準備しながらは公演の先端装備とそれを運用する韓国スタッフらの技術力により一層驚かないわけにはいかなかった。
世界どの国家でも遜色ない公演になるだろう”と評した。
また他のマネジャーお金エルフォードは“レーンがきた…そしてやはり…本当にすごいショーであった!
”とコメントを付けることもした。
公演会場運営者の観点でも雨を評価した。
“今回の公演はエイサーアリーナに来た公演中最も大きいプロダクション規模中一つであった。
私たちは雨が見せた舞台規模とエンターテイメント的価値,プロフェッショナルある面目(容貌)に深い感銘を受けた。
私たちが仕事をしている業界はファンたち自らが一定の水準以上の公演を要求する所だ。
今回の公演はそのようなファンたちの期待を十分に,完全に越えるそのような舞台であった。”
雨に対してよくわからなかった現地人らは客席の熱狂的な反応に戸惑った姿を見せることもした。
“今回の公演のために雨を知ることになったのに,このように人気があったスターと分からなかった。
彼のパフォーマンスを初めて見たがここで理由のない他の米国のポップアーティストの音楽やパフォーマンスと大きい差を感じることができないほどだ。
熱狂する理由を分かるようだ。”雨は16日午前帰国する。

-naver-

"雨シドニー公演,ビヨン傾向(税)2倍規模"

歌手ピがオーストラリア,シドニー公演を成功的に終えながら,関係者たちの好評を引き出した。
雨は14日午後7時20分(現地時間)からオーストラリア,シドニーのエイサーアリーナ(Acer Arena)で約2時間にかけて熱い舞台をお目見えした。
特に非義今回の公演はプロダクションの規模と技術力,公演の内容と水準,公演会場を探した観客の熱狂的な反応などで現地公演関係者たちから大きい好評を受けたと知らされた。
ピの所属会社はシドニー公演で現地公演マネジャーを引き受けたジェードが"アジア歌手のエイサーアリーナ公演は今回が初めてであったのに,戴冠を協議する当時アジア歌手がこういう大規模なプロダクションで公演をするという事実にびっくりした"と話したと伝えた。
彼はまた"公演を準備しながらは公演の先端装備とそれを運用する韓国スタッフらの技術力により一層驚いた。
世界どの国家でも遜色ない公演になるだろう"と絶賛したと知らされた。
ピの所属会社は一方今回の公演の現地雇用スタッフであったビジュアル プロダクション スタッフ アンドリュー,スミスが"今回の非公演のプロダクション スケールはオーストラリア内でも見るのが難しい規模だ。
今私が進行しているビヨン傾向(税)やピンクの公演より二倍以上大きいようだ。
それこそスペクタクルある公演"と評したと伝えた。
今回の公演が進行されたシドニーオリンピック パーク内エイサーアリーナはオーストラリア内で最も大きいエンターテイメント室内公演会場で,レッド ホット チリ ペポス,ビヨン傾向(税),そのどういうステファニーなど世界ポップ スターらの公演が予定されたオーストラリア最高の公演会場だ。
一方雨は15日一日シドニーで休息を取った後,16日帰国する。
-naver-

ジフニCM SAMSUNG &noodles

070000 BKK AD IN SAMSUNG



07-03-28 Thailand Mama noodles



オーストラリア,シドニー公演会場風景“雨に熱狂する理由分かるようだ”



ワールドスター雨がオーストラリア,シドニー公演を盛況裡に終えた。
雨は14日午後7時20分進行されたオーストラリア,シドニー公演に先立ち公演のクォリティーのために公演会場を変更するなど突然な日程延期(煙,演技)まで敢行したのに特有の熱情的な舞台をお目見えして,現地関係者たちから好評を受け取った。
今回の公演が進行されたところはシドニーオリンピック パーク内位置したエイサーアリーナ(acer arena,旧シドニースーパードーム).
オーストラリア内で最も大きいエンターテイメント室内公演会場でレッド ホット チリ ペポス,ビヨン傾向(税),そのどういうステファニーなど世界ポップ スターらの公演が予定されたオーストラリア最高の公演会場だ。
先着順で入場されるスタンディング釈義入口は早朝からピのティーシャツを着たファンたちで混みあった。
ユルリ(Yuli,19)さんは"5年前初めて雨を知ることになった以後からずっとファン(パン)だった"とし,"今回のシドニー公演が突然に決定されたせいで,ピの公演事実を知っても日程が合わなくて来られないファンたちが多くて残念だ"として次のバンにはもう少し余裕ある日程にきてもらうを頼むこともした。
この日雨が潜水艦を破って姿を表わすやエイサーアリーナは熱狂でぎっしり埋まった。
悲悼観客らの熱い反応に"Having fun?" (おもしろいですか?)としながら数回問い直した。
今回のオーストラリア公演は特にそのプロダクションの規模と技術力,公演の内容と水準などで現地公演関係者たちから大きい好評を得たと知らされた。
公演会場を探した観客の熱狂的な反応やはり公演の成功を反証している。
公演会場マネジャーのジェード(Jade)は"アジア歌手のエイサーアリーナ公演は今回が初めてであったのに,戴冠を協議する当時にはアジア歌手がこういう大規模なプロダクションで公演をするという自体にびっくりしていた。
ところで公演を準備する過程で公演の先端装備とそれを運用する韓国スタッフらの技術力により一層驚かないわけにはいかなかった"として"世界どの国家でも遜色ない公演になるだろう"と非ワールドツアーを評した。
また他のマネジャーお金エルフォード(Don Elford)は"レーンがきた…そしてやはり….本当にすごいショーであった!
" (RAIN DID COME … AND WOW…WHAT A SHOW IT WAS!
)と話し始めた後"公演会場運営者の観点で,今回の公演はエイサーアリーナに来た公演中最も大きいプロダクション規模中一つであった。
私たちは雨が見せた舞台規模とエンターテイメント的な価値,そのプロフェッショナルある面目(容貌)に深い感銘を受けた。
私たちが仕事をしている業界はファンたち自らが一定の水準以上の公演を要求する所これだ。
そしてピの公演はこのようなファンたちの期待を十分に,完全に越えるそのような舞台であった"と伝えた。
今回の公演の現地雇用スタッフだったビジュアル プロダクション スタッフのアンドリュー,スミス(Andrew Smith)によれば今回の非公演のプロダクション スケールはオーストラリア内でも見るのが難しい規模で彼は"今私が進行しているビヨン傾向(税)やピンクの公演より二倍以上大きいようだ"として"それこそスペクタキュルロ(Spectacular)ある公演"と評した。
この日雨に対してよくわからなかった現地人らは客席の熱狂的な反応に戸惑った姿を見せることもした。
エイサーアリーナの公演会場進行要員中1人の組ベン(Joven)は"今回の公演のために雨を知ることになったのに,このように人気があったスターと分からなかった"として"彼のパフォーマンスを初めて見たのに,ここで理由のない他の米国のポップアーティストの音楽やパフォーマンスと大きい差を感じることができないほどだ。
今や熱狂する理由を分かるようだ"と付け加えた。
一方,雨は15日一日シドニーで休息を取った後,16日午前韓国で入国する。

-daum-

雨オーストラリア,シドニー公演“レーンがきた.ビヨン傾向(税)凌駕”称賛の言葉で埋まって








ワールドスター雨がオーストラリア,シドニー公演を盛況裡に終えた。
雨は14日午後7時20分進行されたオーストラリア,シドニー公演に先立ち公演のクォリティーのために公演会場を変更するなど突然な日程延期まで敢行したのに特有の熱情的な舞台をお目見えして,現地関係者たちから好評を受け取った。
今回の公演が進行されたところはシドニーオリンピック パーク内位置したエイサーアリーナ(acer arena,旧シドニースーパードーム).
オーストラリア内で最も大きいエンターテイメント室内公演会場でレッド ホット チリ ペポス,ビヨン傾向(税),そのどういうステファニーなど世界ポップ スターらの公演が予定されたオーストラリア最高の公演会場だ。
先着順で入場されるスタンディング釈義入口は早朝からピのティーシャツを着たファンたちで混みあった。
ユルリ(Yuli,19)さんは"5年前初めて雨を知ることになった以後からずっとファンだった"とし,"今回のシドニー公演が突然に決定されたせいで,ピの公演事実を知っても日程が合わなくて来られないファンたちが多くて残念だ"として次のバンにはもう少し余裕ある日程にきてもらうを頼むこともした。
この日雨が潜水艦を破って姿を表わすやエイサーアリーナは熱狂でぎっしり埋まった。
悲悼観客らの熱い反応に"Having fun?" (おもしろいですか?)としながら数回問い直した。
今回のオーストラリア公演は特にそのプロダクションの規模と技術力,公演の内容と水準などで現地公演関係者たちから大きい好評を得たと知らされた。
公演会場を探した観客の熱狂的な反応やはり公演の成功を反証している。
公演会場マネジャーのジェード(Jade)は"アジア歌手のエイサーアリーナ公演は今回が初めてであったのに,戴冠を協議する当時にはアジア歌手がこういう大規模なプロダクションで公演をするという自体にびっくりしていた。
ところで公演を準備する過程で公演の先端装備とそれを運用する韓国スタッフらの技術力により一層驚かないわけにはいかなかった"として"世界どの国家でも遜色ない公演になるだろう"と非ワールドツアーを評した。
また他のマネジャーお金エルフォード(Don Elford)は"レーンがきた…そしてやはり….本当にすごいショーであった!
" (RAIN DID COME … AND WOW…WHAT A SHOW IT WAS!
)と話し始めた後"公演会場運営者の観点で,今回の公演はエイサーアリーナに来た公演中最も大きいプロダクション規模中一つであった。
私たちは雨が見せた舞台規模とエンターテイメント的な価値,そのプロフェッショナルある面目(容貌)に深い感銘を受けた。
私たちが仕事をしている業界はファンたち自らが一定の水準以上の公演を要求する所これだ。
そしてピの公演はこのようなファンたちの期待を十分に,完全に越えるそのような舞台であった"と伝えた。
今回の公演の現地雇用スタッフだったビジュアル プロダクション スタッフのアンドリュー,スミス(Andrew Smith)によれば今回の非公演のプロダクション スケールはオーストラリア内でも見るのが難しい規模で彼は"今私が進行しているビヨン傾向(税)やピンクの公演より二倍以上大きいようだ"として"それこそスペクタキュルロ(Spectacular)ある公演"と評した。
この日雨に対してよくわからなかった現地人らは客席の熱狂的な反応に戸惑った姿を見せることもした。
エイサーアリーナの公演会場進行要員中1人の組ベン(Joven)は"今回の公演のために雨を知ることになったのに,このように人気があったスターと分からなかった"として"彼のパフォーマンスを初めて見たのに,ここで理由のない他の米国のポップアーティストの音楽やパフォーマンスと大きい差を感じることができないほどだ。
今や熱狂する理由を分かるようだ"と付け加えた。

-daum-

Rain Live In Sydney