FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
ピ,MCモン-リュ・トクァンと大半上新人賞競合


写真左側からピ(チョン・ジフン),MCモン,リュ・トクァン.
(c)マネートゥデイ スターニュース
白象芸術大賞で新人賞をこと何負けたチョン・ジフン(ピ)が第44回大半上映画上に新人賞候補に上がってMCモン,リュ・トクァンなどと競合を広げる。
大半上映画上執行委は21日本心に上がった29編(便)の映画を発表した。
これによればチョン・ジフンは'サイボグジマン,大丈夫'で'急に放電説'のMCモン,'天下壮士マドンナ'のリュ・トクァンなどと新人賞を置いて競合を繰り広げることになった。
最近ハリウッド映画'スピードレーサー'で米国市場進出を宣言した雨は第1回アジアン映画上でも主演男優賞候補に上がって物足りなさをくれといわなければならなかったから果たして大半上で有終の美をおさめるのか関心が集められる。
一方チョン・ジフンとMCモン,リュ・トクァンの他に新人賞候補には'妻の愛人に会う'の朴クァンジョンと'Mr.
ロビンそそのかすこと'のダニエル・ヘニーが各々候補に上がった。
第44回大半上映画上は6月1日汝矣島(ヨイド),漢江(ハンガン)市民公園で開幕しながら,6月8日世宗(セジョン)文化会館大講堂で授賞式を開催する。

-naver-

スポンサーサイト



イ・ギョンヒ作家"雨は謙そん,ソ・ジソプはプロ"


去る10日種(鐘)訪韓MBC水木ドラマ'ありがとうございます'で健在を誇示したイ・ギョンヒ作家が共同作業した俳優らに対する考えを明らかにした。
イ・ギョンヒ作家は隔週間ドラマ専門紙ドラマチック22号とのインタビューで"ウォンビン,チョン・ジフン,ソ・ジソプ,チャン・ヒョクは皆家族のような俳優らで常にありがとう"と有り難みを表わした。
ウォンビンはイ・ギョンヒ作家の'取っ手'を通じて,アイドル イメージを脱いだしチョン・ジフン(ピ)やはり'サンドゥ学校へ行こう'で演技者として第一歩を踏み出した。
ソ・ジソプは軍入隊前'ごめん愛してる'で強靭な印象を残したしチャン・ヒョクは軍除隊後'ありがとうございます'でファンたちのそばに戻った。
これら演技者らにイ・ギョンヒ作家の作品は皆転換点役割をしてくれた。
イ・ギョンヒ作家は"チョン・ジフンはとても謙虚です。
私が本当に尊敬する友へでしょう"として二つの作品を一緒にしたチョン・ジフンを評したし"ソ・ジソプは配役に対する没入が本当にすごくてプロ精神がとても驚くべき友へです。
チャン・ヒョクは人を配慮することができる人間的に立派な友へ"と賞賛を惜しまなかった。

-my daily-

今はペンドム(fandom)越えてペンコム(fancom)時代


去る16日各報道機関文化部にモチ箱が配達された。
送信欄には誕生日を迎えた‘チュ・ジフン ファンクラブ’との文字が記されていたし,同封された親筆書信には“ジフン氏が上手にする点があれば惜しみなく称賛して下さって,誤った点に愛しい忠告をして下さるならば遠からず世界的な俳優に新たに出ることができるでしょう”という背中の内容がぎっしりと入れられた。
これに先んじた5月初めには歌手ピのファンクラブからも似たモチ箱が各報道機関に配達された。
ファンたちが大言論広報に直接出てきているのだ。
今やペンドム(Fandom)を越えてペンコム(Fancom)時代が到来している。
ペンドムのおまけ(-dom)は‘王国(kingdom)’の例で見るように封建時代の英知概念が単語に入り込んだ場合.
ここは無条件な推仰と東京が含まれている。
しかし‘ファン(パン)カンパニー(Fan Company)’の弱者の‘ペンコム’体制でスターはファンたちが仰ぎ見る対象を越えて,積極的に導いて管理しなければならない対象に近づいている。
去る3月10日ベトナムのホーチミン市内にある限りカフェには各国で集まった100人余りのピのファンたちが2階全体を‘占領’した。
その場で会った30代日本人女性ジュンコ氏はファンクラブで自らの製作した広報用ポスターを差し出した。
ピの多国籍ファンクラブ会員たちは雨が演技者資格でベルリン映画祭に参加した時,ドイツ,ベルリン現地まで飛んで行って,自ら製作した広報用ポスターを現地人らに配布した。
このような体系的な広報にはウェプティジャイノ,雑誌社記者など多様な職業をそろえたファンたちの協業体制が力を与えた。
彼ら(これら)は雨が降って,自身の名前が共に彫られた‘ファン(パン)名刺’まで自らの製作して,他の国のファンたちと交換していた。
韓流の影響でスターファンクラブが世界のファンクラブと連帯する多国籍の姿に進化することやはり‘ペンコム’と結びつく。
このような‘ペンコム’の加速化には30代以上中年層まで積極的ペンドムが広がったところにも背景がある。
社会システムになじむこれらがファン層で加勢しながら,活動様相が‘プロフェッショナル’と組織的に変わって行くところに寄与しているためだ。
ペンコムの段階に達したファンクラブらは生活困難者助け合い行事を行って,その収益金をスターの名前で寄付したり,報道機関と放送局に直接スターらを広報する。
またスターの隠れた先行を発掘して,報道機関に情報提供するかと思えば,企画会社広報室に電話をかけて,インターネットに飛び交うスターに対する悪性デマや記事に対する早急な対応を要求するなど体系的な姿を見せる。


ペンコムが日半期(反旗)業と区分される特徴中一つは日の目標が利潤追求ではないという点。
しかしこのような熱情的なファン(パン)活動が実際働き口につながる場合も少なくない。
企画会社の広報担当職員に進出する場合もあって,該当芸能人のコーディネイターになった例も多い。
中央大新聞放送学科のイ・ミンギュ教授は“UCCなどプロシューマーの概念に慣れたことやはりファンたちが受動的なペンドムを越えることになった背景”としながら“しかしファンたちが集まって,ポータル検索順位を操作する‘クァン大きい’の例で見えるようにこのような様相には社会的な成熟が必ず伴わなければならない”と指摘した。

-naver-

ハワイ コンサートTV広告映像

Bi/Rain 2007 Hawaii Concert TV Spot (version 1)



Bi/Rain 2007 Hawaii Concert TV Spot (version 2)


スピードレーサー主人公インタビュー