FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
Rain/bi self cam


久々に見たぁ~

スポンサーサイト



ピ7月初め所属と進路問題終える


歌手ピが7月所属会社問題に対して公式立場を明らかにする。
ピのある側近は19日“ワールド ツアー日程と関係なく7月初め帰国所属会社問題を終える”と明らかにした。
歌手ピは所属会社問題と関連その間ワールドツアー日程が終わった後決定を下すと明らかにしたが最近米国ツアー日程中一部が10月に延期になりながら,彼の歩み(動向)に人々の関心が集中していた。
ピの側近は“ワールドツアー日程が延期になったが所属会社問題をこれ以上延期(演技)してならないという判断にこのような決定を下した”と明らかにした。
雨は当初15日ハワイ公演を始め19日アトランタ,23日ニューヨーク,27日サンフランシスコ,30日L.Aを回る米国ツアー日程を消化する例チンだった。
だが米国,ネバタ州に位置したレコード企画会社レーン コーポレーション(Rain Corporation)が主裁判所に“米国で‘レーン’(Rain)という名前を書かないでくれ”という商標権訴訟と‘レーン’名称使用禁止仮処分申請を提出して支障をきたした。
これにピのワールドツアー公演を企画,製作したスタエムエンターテイメントは最近報道資料を通じて“30日L.A公演だけはファンたちのために予定通りに進行することに現地プロモーターと合意した”としながら“残り米国内公演らは映画‘スピードレーサー’の撮影が終わる10月頃で計画している”と明らかにした。
-daum-

雨ヘウェペン,'RAIN死守'署名運動


'ワールドスター'雨が英語の名前'RAIN'が障害物になって,アメリカツアーを延期した中でピのヘウェペンが'RAIN'を米国でずっと使えるように始まる署名運動を行っている。
雨海外ファンたちは最近インターネット英文嘆願サイト(http://www.ipetitions.com)に'雨は彼のステージ ネームを守らなければならない'(Rain/Bi deserve to keep his stage name)は題名で署名運動を行っている。
19日午前10時30分現在2550人余りが嘆願書名に参加した。
今回の署名運動に参加したネチズンらは雨が'RAIN'という(のは)名前をずっと維持しなければならない理由も付け加えるなど積極的に臨んでいる。
このサイトを開設したネチズンは案内文を通じて"韓国の歌手レーンに対する法廷訴訟を終わらせるために嘆願が必要だ"としながら"私が分かることではピに訴訟を提起したビートルズ憲政バンド'Rain'は当初'Reign'(Rainと発音が同じだが意[統治・支配]が違い)で名前を変えたことであり,彼らは自らを'Rain-the beatles experience'と呼ぶ"と説明した。
引き続き"しかし世界的な知名度を持った雨は何年間ただ一度も彼のステージ名前を変えたことなしで活動をしてきた。
そして米国の'レーン'バンドは彼ら固有の音楽はないが(ビートルズ コピーバンドであるため),雨は固有の音楽を持っている"と雨が'RAIN'という(のは)名前を書かなければならない正当性を表明しながら,署名を訴えた。
米国のビートルズ憲政バンド'レーン'所属会社レーン コーポレーションは先月ネバダ州裁判所に雨が'RAINイラン名前で米国で公演をできないように'RAIN使用禁止仮処分申請を提起した。
ピ側はこれにアメリカツアーを延期(演技)した。
一方雨は去る17日LA公演準備のため仁川(インチョン)空港を通って,米国に出国した。
雨は降る30日LAステイプルスセントでワールドツアー'Rain's Coming'を持つ。


-naver-

特別な思い


6月1日 バンコクへ向かう飛行機の中

これから起こる出来事なんてまだ全然予想もしてなかったし
タイ公演に行くのだと言う実感すらなかった

初めてのタイ

ただ・・それだけでワクワクしていたような気がする

Rain×3の仲間達と一緒に臨んだタイ公演

言いだしっぺは私だったのかなぁ?!

蓋を開けてみれば~

何~みんなも行くの?!

相乗効果って凄いよね、ジフニ

改めて感じだよ!

何でまた今頃ここにこんな風に書き出してしまったのか・・

別にレポを書くつもりはない

レポは仲間達が素晴らしいレポを書いてくれたから^^

ただ、どうしてもタイ公演はちゃんと覚えておきたくて

大切にしたい感動と思いを残しておきたかったのかな・・

1つ目は

国境を超え、同じ人を愛する仲間にたくさん出会えた事

misikaをはじめRain Thailandのみんな

年齢なんて関係なくてジフニを愛してる気持ちが溢れてて

本当に素敵な出会いだった

弾けるようなあの笑顔もエネルギーも

その全てがタイの暑い気候と繋がるような情熱を感じた

そして、初めて参加した海外のファンミ

ラッキーな事にジフニも参加してくれて

本当に夢のような時間だった

黄色いタイのWT用のTシャツにモスグリーンのニット帽

そしてブカブカのジーンズ

本当に普通の好青年

Little Rainのダンスをガン見して

「Fantastic!」

って言ったジフニを何故だか妙に鮮明に記憶している

こんな素晴らしい機会を与えてくれたRain Thailandのスタッフに感謝します

2つ目は

タイのジフニが最高だった事

タイ公演でのタイのファンの声援の仕方は半端じゃない

言葉にならない叫び声・・まさしくscream

ジフニがよくステージ上で「screa~~~m!」

まさしく!あれ!

あの叫び声がジフニを乗せ、ファンも乗る

そんなタイ公演だったような気がする

あんなに腰をくねらせてるジフニを見たのは初めてかも^^:

ステージのジフニがノリノリで楽しそうで

それがとても伝わってくるそんなステージ

アンコールでは自ら水を持って来て

ファンやダンサーにかけまくってるジフニは

とても可愛いかった

1日目は真正面から

2日目はステージ右側のプレス席後ろから

どちらもかなりいい位置だった

特に2日目は前に障害物がないからほんとに良く見えた

とにかく、今日が最後なんだ・・・

そう思ってたから

ジフニのすべてを目に焼きつけたい

そんな気持ち

ただひたすらに両手を広げてジフニを感じていたような気がする

そんな私の隣にJYPのカメラマン(多分)がいて

コンサの間中、ずっとカメラをまわしてた

そのカメラマン、壊れた私の様子を見て、しきりに苦笑い--:

思わず!Rain棒で突いてしまったし

何気にコミュニケーションをとってしまった^^:

でもこのカメラマン! 私の顔を覚えてくれてて

コンサ終了後、出待ちをしている私に気が付いて笑ってくれた

なんかそんな小さな事も嬉しいタイ公演^^

出待ちなんて初めてしたけど

ファンにちゃんと頭を下げ、手を振り挨拶をし車に乗り込んだジフニ

そのまま通り過ぎてしまうのかと思った

走り去っていくんだな・・・って思って悲しかった

そしたら!そしたら!

ちょうど私の目の前で窓が開けられた

ジフニが窓を開けてくれた!

本当に静かに優しくほほ笑むジフニと目があった

本当に穏やかな表情・・・

これで最後にできる

私のWTをタイ公演で最後にすることができる

ってなんでかその時、そう思った

ジフニのためだけに使ったタイでの時間

ジフニを少しでも近くで見たくて

何時間も座って開場を待った事

ジフニを愛して、遙々タイまで・・・

そんな事、去年の私は想像すらしてなかった

6月2日そして3日

それは特別な日

今はタイ以上の感動のコンサを観れるだろうか・・・

その気持ちが強くて

ただただあの時間を大切にしまっておきたい

きっと時間が経っても

キラキラと輝いたタイでの時間は

色褪せる事はないような気がする

ジフニ、私をタイへと導いてくれて本当にありがとう

とても幸せな時間でした

年齢別ナイスバディ スター'韓国代表vs米国代表'


'露出'の季節で'ナイスバディ'の季節が戻った。
肌の露出量が多いだけもう少し素敵な体つきを見せようと思う人々の欲求が最高潮に達している。
世人らの関心対象者芸能人らの場合'ナイスバディ'があたかも義務で責任で見なされるほどだ。
これは国内はもちろんで国外も同じで,老若男女を問わない。
国内と海外,特に羨望の対象(大賞)であるハリウッド スターらがナイスバディ対決を広げるならばどうだろうか。
年齢帯別に最も似た同じ年頃の韓国と米国のモムチャンスタドゥルを取り出そう。
◆ 20代
イ・ヒョリ(79年生まれ) vsジェシカ・アルバ(81年生まれ)
イ・ヒョリは韓国を代表する'セクシーアイコン'だ。
167cm48kgにダンスで鍛練された弾力ある体つきは赤銅色皮膚と似合って幻想的だ。
腹筋の立派なことはかなりの男たちを凌駕するほどだ。
アルバは話(言葉)が必要ない世界的な'セクシースター'だ。
最近英国の男性雑誌FHMで選定した世界で最もセクシーな女スターに選ばれることもした。
メキシコ界お父さんとフランス・デンマーク界お母さんの間で生まれたアルバは異色な美しさの所有者という(のは)評価を受けている。
ピ(82年生まれ) vsジャスティン・ティンバーレイク(81年生まれ)
彼の胸周り106cm.
明るい笑いとは違って強烈なダンスと徹底した体つき管理で作られた結晶体だ。
適切な露出ファッションと似合って,ファンたちにたまにお目見えする上体筋肉はファンたちを熱狂のルツボに追い詰める。
ジャスティン・ティンバーレイクはウィンドサーフィンとスノーボード狂でよく知られている。
二つのスポーツ皆からだの均衡感覚が必須条件だ。
全身筋肉に緊張が入るのは当然の事.
室内ヘルス場で作られた筋肉質のナイスバディとはまた他の雰囲気を漂う理由だ。
◆ 30代
キム・ヘス(70年生まれ) vsナオミ・キャンベル(70年生まれ)
キム・ヘスを付いて回る代表的な修飾語'グラマースター'.
東洋よりは西洋の美的基準に符合する体つきの所有者だ。
30代後半の年齢とは似合わない(?)セクシーな衣装コンセプトは彼をより一層浮上させる。
ここにパムプパタルのイメージは体つきで漂う雰囲気とはまた他のセクシー美をプレゼントする。
モデル年齢37才は'おばあさん'に属する。
だがナオミ・キャンベルの歳月を無視する体つきは健在だ。
175cmの大きい身長に完ぺきに近い上下体調和は相変らず彼の名前の前に'最高'という(のは)修飾語をつくようにする。
これを証明するようにケムベルは最近ベールと共に数字上で最も理想的な体つきの所有者に選ばれた。
クォン・サンウ(76年生まれ) vsクリスチャン ベール(74年生まれ)
183cm70kgのバランスが取れたからだに水泳とヘルス,ボクシングなどで整った(鍛えられた)体つきは多くの女性らの心をときめくようにすること充分だ。
各種CFと映画であらわれた彼の体つきはどんなカメオより見る人々の目を引いた。
クリスチャン ベールは最近英国日刊インディペンデント インターネット版が数字上で体つきを判断した時,最も理想的な体つきの所有者に選ばれた。
映画バットマン ピギンスでは体つきラインが如実にあらわれる負担になる衣装を完ぺきに消化しながら,ファンたちの賛辞を受けた。
◆ 40代
ファン・シネ(63年生まれ) vsデミ・ムーア(62年生まれ)
はやり言葉で"利己的だ。"ファン・シネの体つきを見ていようとするなら一番最初に思い付く考えだ。
四十の年齢を遥かに越えたのに美しさはそのままだ。
むしろ体つき管理は若い時期を凌駕するという評価も出てくる。
今年初めあるアンケート調査では'歳月が流れても相変わらず美貌と魅力を発散するミッシー女優' 1位に選ばれた。
デミ・ムーアの場合自然でない人工の力を借りて,若さを維持している。
15才年下夫アッシュねじった大きくて打ってきて生きる何は電信(前身)改造という話を聞くほどからだに大工事をした。
ソンジュルム手術,お尻リフティング,膝手術などをしたということはよく知られた事実だ。
ナイスバディだが,真の意味のナイスバディではない彼女だ。
チェ・ミンス(62年生まれ) vsブラッド・ピット(63年生まれ)
きつすぎる革ズボンとジャケット.
ここにモットゥロジン バイク.
男たちならば一回ぐらい夢見てみるロマンだ。
チェ・ミンスのトレードマークでもある。
最近記者会見席にもイの姿そのまま現れたチェ・ミンスにファンたちはいつもそのようにしてきたように'タフガイ'という(のは)修飾語を付ける。
今は思わず降りてくる時もなったがブラッド・ピットは相変らず世界で最もセクシーな男中1人に通じる。
ぜい肉なしに適当な筋肉の体つきはこういう彼の名声に正確に一役を買う。
こういう彼に映画'トロイ'は確実なナイスバディで再誕生する契機になった。
神が下したセクシーさに体つきまでより増したフィートだ。
◆ 50代
アン・ソンギ(52年生まれ) vsアーノルド スワルチュジェネゴ(47年生まれ)
シルミドで見せてくれた彼の筋肉は観客らの感嘆の声を上げること不足がなかった。
'お隣りおじさん'のような安らかさとは違って隠されていた丈夫な体つきはあさって六十を眺める年齢だと考えられない。
これに対してアン・ソンギは"元気でこそ延期(煙,演技)もすることができる"として熱心に自身を低くする。
1970-1975年までミスターオリンピア1位を占めた。
筋肉に関する限り付いてくる自家なかった。
映画デビュー作の題名が'ニューヨークのヘラクルレス'という点もアイロニーだが新鮮ではない。
2003年から米国,カリフォルニア州支社を歴任しながら,演芸活動を中断しているけれどたまにTVを通して見せる彼のからだは相変らず強固だ。
◆ 60代
李サンヨン(44年生まれ) vsシルベスター・スタローン(46年生まれ)
李サンヨンは小学校6学年の時から運動を始めた。
高等学校1学年の時ミスターコリア,忠南(チュンナム)に選抜されながら,本格的な筋肉の世界に陥ったし高3時は全国大会で人気賞を受賞することもした。
1973年TVにデビューした彼はこの頃の'ナイスバディ'と同じ意味の'ポパイ'という(のは)ニックネームを得ながら,人気を謳歌した。
この頃もエンジェルスノー2時間ずつ運動をするという彼のからだは開く20代モムチャンスタ劣らない。
シルベスター・スタローンが17年ぶりに'ロッキー'という(のは)名前に戻った。
今年彼の年齢61才.
過去'まばゆいばかりに'光った筋肉質の体つきを期待するには歳月の重さがとても重く見えた。
だがこういう予想は気持ち良くはずれた。
相変らず彼はロッキーでありランボーであった。
時代別にナイスバディの顔は違うが共通点は明らかにある。
'徹底した自己管理'と'プロ精神'だ。
見せるためのパフォーマンス効果でない自身との戦いで誘惑に屈しないで勝ち抜いたのが'ナイスバディ'の光栄に戻るのだ。
単に'いがみ合って','ムチムチ'の体つきだけを見るのでなくその裏面に隠れている汗と努力を見る必要がある。

-naver-

06.15.07 Rain Aspires To Take America By Storm (Great Interview)

Rain, South Korea's reigning megastar, respects Michael Jackson, loves acting and doesn't consider himself sexy. That's what he told us in an e-mail interview in advance of his now-canceled concert, once scheduled for today at Aloha Stadium.

At 24, Rain, whose real name is Jung Ji-hoon, is a major face and form of hallyu, that wave of Korean drama and music. Thanks to his youthful looks, lean frame and smooth moves on stage, he's become a hot commodity in concerts, in films, on TV and on recordings.

He said he is hungry for success in America.

Our questions, and his (translated) answers:

Q. You've been quoted as saying you want to break down barriers and build cultural bridges en route to becoming the first Asian pop star in America. So what's your vision?

A. I believe that whatever I do must begin with a solid foundation — always, just as your building would last long if it stands on a solid base. Whenever I start something, I want it to be small and yet strong at the outset because I have no doubt that then it will eventually lead to a big mountain sitting on a rock foundation. As for recording my music, I'm talking with a few good people. This calls for some serious thinking on my part because I'd like to work with a fine producer. I agonized a great deal when I first had talks going about the U.S. market. I was so lucky, though, as I got an offer from the Wachowski brothers to play in "Speed Racer" which they were to direct personally. I'll keep you posted of further details on this when I get them.

Q. You've become a potent export of South Korea. Your first reaction when you were included as one of Time magazine's most 100 influential people in the world?

A. Being on Time's list made me think that maybe that's what success means. For me, it was something like a miracle because I was used to seeing only political figures featured on TV making such a list. This is real for me now as it has begun to fetch me opportunities and a lot of propositions from America. I think I'm a lucky guy, and that's why I will work harder now ...

Q. You're also a sex symbol, one of People's magazine's most beautiful people. What's sexy to you?

A. I never, ever think I'm sexy. Whatever I do, I just work with a sense of competence. Perhaps that's what people find attractive about me.

Q. What memories do you have about your early years dancing hip-hop? Name a role model.

A. My idol has always been Michael Jackson. I've always respected him and I do still.

Q. You also were a member of a boy band, Fanclub. Who did you try to emulate?

A. Back then I wasn't so much competing with someone as I was trying to overcome hunger, which was most urgent for me.

Q. Which do you prefer, acting, singing or dancing — or a combination of all? And why?

A. I like them all. Can't say which one I like more than the other.

Q. How do you stay fit?

A. I just eat well and work hard. That's all. Being human, I put on some weight at times. Ha ha!

Q. What do you like best about acting?

A. I like acting because it enables me to live someone else's life, pretend to be a rich man even if I'm not in reality, be a businessman even though I don't have a business, be an athlete even if I am not one.

Q. With music, do you link up with melody or lyrics?

A. This question is a contradiction in terms. It's like you are asking me to tell you if I like my mother better than my father or the other way around.

Q. What do you assess as your best feature and why?

A. Well, maybe it's my big smile. Ha ha!

Q. They call you the Justin Timberlake of Asia. Why?

A. When Time put me on its 100 list, I think they likened me to "the Justin Timberlake of Asia" for want of a better comparison. That seems to be on everybody's mouth now.

Q. There's been a buzz that you might record with Christina Aguilera. Look forward to this union?

A. I once did a song with her for a Pepsi ad. At the moment nothing's in the works to involve me and her in any joint project.

Q. Who's your favorite American pop singer now?

A. ... Michael Jackson. I think he is the best artist there is today, although he has been plagued by all sorts of rumors.

Source: Honolulu Advertiser (posted June 15, 2007)