FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
LAファンミでのジフニの言葉



公演が中止になってしまって申し訳ありません。
問題があって、僕が会場に行ったら舞台が有りませんでした。
ファンの皆さんとの約束の公演、その努力をしていたのですが、
皆さんとの約束を守る事が出来なくて申し訳なく思います。
とても心が痛いです。・・・
アジアツアーを滞りなく終わらせてくれたアジアのファンの皆さんに感謝いたします。
心から申し訳なく思います。
これからも頑張りますから・・・
今からベルリンに行って映画の撮影に入ります。数ヶ月の間・・
映画、しっかりやって来ます。

ぶんぶんさんが聞き取れる範囲で訳を入れてくれました

-special thanks ぶんぶん-
きて下さったこと心より感謝申し上げますね,

そして今日公演が,最高の公演がトェルコと明らかに念を押したのに
不本意ながら安定上の問題とそして私が公演会場に到着した時は最初から舞台がなかったです。

私が皆さんとの約束で明確に最善の努力をつくしたが,
ひとまず皆さんに約束した,公演の100%をお見せしようと明確に約束したのに
それを,ひとまず守ることができないことに対してできなくて,非常に申し訳なくと考えますね

そのワールドツアーに最後を本当に飾ることになって,とても胸が痛いですね,
アジア ツアーの米国までくるのに,私には到底話せない練習時間と
そして私の努力と信頼と皆さんに対する,皆さんの喜ぶ考えでぎっしり埋まったのに,

とにかくアジアツアーをとても成功裏によく終わらせるようにして下さったすべてのアジアファンたちに,
もう一度感謝申し上げてまたミグンネエインヌンすべてのファンのみなさんらに本当に,申し訳なくと考えて
近日中により良い公演で必ず,とてもナイスガイらと公演を持つようにします。


今回のことは本当に心より申し訳ないという申し上げたくて,
あまりにもくやしいのは,話何も決定できなかったということで,
あらゆることはこれから私がさらに熱心に必ず良い姿見せて差し上げられるようにします。

感謝しますね,私はもう明日まさにベルリンで行ってもう映画撮影を開始をすべきだと思います。
数ケ月間諸ソシクがないのかも分からないのに,映画もよくとってきます。
ありがとうございます。

-Rain-USA-



スポンサーサイト



07.07.01 MBCニュースデスク-雨,LA公演取り消し


ピ“公演しなければならないですね”ついに涙

○…歌手ピが大きく落ち込みながら涙を拭いた。
ある関係者は“公演会場控室でしばらく泣いた非訳詩公演を必ずしなければならないとし頑強に持ちこたえた”としながら“以後公演をとうていできないという決定されるや今は直接ファンたちに会って,いちいち謝罪をしなければならないとし,1時間余りの間持ちこたえて困りきった”と伝えた。
-ファンたちと直接会って‘解明’ -
○…宿舎のLAワォッシャーホテルに戻った歌手ピはついにファンたちを直接会って,解明する時間を持ったことが確認された。
LAのワォッシャーホテルにファン(パン)3000人余りが駆せ参じて,ピの公演取り消しを共に惜しんだ渦中だった。
直接ホテル入口に出てきた雨は“申し訳ない”としながら“どうにか上がることができた舞台だったが物理的な時間も不足したし結局そうするのかをできなかった”と泣きかけた。
“公演準備に不十分な点が多かったし,こうしたことがないように今後にはより一層気を遣う”としながらしばらくの間頭を下げた。
ファンたち中には一部休暇を出してアメリカを訪問した日本ファン(パン)をはじめとして,多国籍ファン(パン)が含まれていた。
-相次いだ公演取り消し‘憂慮感’ -
○…相次いだ非義公演取り消しに対して国内ネチズンらは大きい憂慮感を表わしている。
一ネチズンは“過程も良くなければならないが結果も良くなければならない”として手厳しく忠告した

-daum-

‘ワールドスター’行く道にあちこち障害が…

‘ワールドスター’で行く道はこのように険しいのか。
昨年ニューヨークで公演を成功的に終えながら‘タイム’紙に最も影響力ある100人まで選ばれた歌手ピ(25・実名チョン・ジフン)の宣伝(善戦)にほほえましかったファンたちは引き続いた彼の受難に残念さを禁じえずにいる。
秋ヨンジュン文化チーム記者
ワールドツアーに出てくる上半期東京,タイ,ベトナム,オーストラリアなどを回って米国大陸に向かって行った雨は商標権紛争にまきこまれながら,ハワイ,アトランタ,ニューヨーク,サンフランシスコ公演をひとまず取り消した。
取り消しになったハワイ公演のプロモーターは詐欺疑惑で国内公演主管社を提訴までした。
幸い商標権訴訟で勝訴しながら,ロサンゼルス(LA)公演だけは押し切った。
韓国人らがたくさん居住する所の上に‘ピ’の健在を誇示することが至急だったためだ。
だが先月30日午後8時(米国時間) LAステイプルスセントで持つ予定だった‘レインス カミング’公演まで開幕1時間前に取り消しになる事態に会った。
立場を待った数多くのファンたちは途方もない失望を抱いて引き返さなければならなかった。
国内公演主管社のスタエム側は公演会場に舞台さえ正しく立てられなかったし現地プロモーターが下請け業者に不渡り小切手まで発行して,やむを得ず公演を取り消すことになったと明らかにした。
スタエム側は“公演準備が何の問題なしでよく進行しているという現地プロモーターの話を無条件信じて不覚を取った”と主張している。
公演企画会社のこのような解明は全く説得力がない。
公演主管社が舞台を事前に点検するのは最も基本的なことだ。
リハーサルは時間上できなくても歌手が立たなければならない舞台と各種装備点検は必ずしなければならないのにこれを明らかに疎かにしたという感じを消せない。
全てのものを後ほど分かったとし,確認手続きを抜いて弁解だけ前面に出すのが話にもなるのか。
スターは本人の努力だけでは完成されない。
さらに名実共に‘ワールドスター’を作り出すためには数多くのスタッフと企画会社の緻密な努力が伴うことは言うまでもない。
粗雑なセッティングで‘韓流’を打ち出しながら,目の前の小さい利益にだけ汲々とする態度は新型高級自動車を砂利道非舗装道路に追い出すようなものだ。
入場者に向かって,何曲でも歌おうとして返済規定のために舞台に立ったこともなくてファンたちを送りかえさなければならなかった雨が痛ましいだけだ

-naver-



'ピ'日本,東京ドーム公演
スタエム"公演企画会社の資金・経験不足が原因"
V2B "公演経験ないが資金問題でない"主張
(ソウル=聯合ニュース)イ・ウンジョン記者=歌手ピ(実名チョン・ジフン・25)の米国LA公演取り消しに対してワールドツアー主管社のスタエムと現地公演企画会社のV2Bグローバルが相反した立場を見せながら,責任攻防を行っている。
雨が先月30日午後6時(現地時間) LAステイプルス センターで開くことにしたワールドツアー公演が開始1時間30分前取り消しされたことに対してスタエム側は"経験がない現地公演企画会社が舞台・照明・音響を設置する資金を確保しないうえにステイプルス センターがLA時電気および消防規定に合わないとし,空輸して行った装備を使えないと通知して,公演が失敗に終わった"と明らかにした。
スタエム側は引き続き"舞台設置のために契約した企業等がお金が支給の中するや作業を中断した"としながら"あたふたと現金を合わせて,12時間ぶりに舞台をセッティングしなければならなかったが公演当日企業等が契約金で受けた小切手が支給拒否される事態まで発生して,照明業者が撤収した"と説明した。
スタエム関係者は"現地公演企画会社の準備不足でピのイメージに大きい打撃を受けるか心配になる"と付け加えた。
反面V2Bグローバル側は"資金問題ではなかったしステイプルス センターが現地関連法規定に合わないとし,装備使用を禁じて,結局公演が取り消しになるに至った"と多少相反した主張を咲いた。
V2Bグローバル代表の在米同胞2才アンディ,キム氏は聯合ニュースとの国際電話通話で"プロダクション問題で100%クォリティーある公演を見せることができなくて取り消した"と話した。
引き続き彼はこの会社の副社長のエステル金氏を連結した。

雨ワールドツアーLA公演取り消し
"公演企画は初めてしてみる"というエステル金氏は"資金問題の場合私たちは現金を(求める)救うのに非常に大変だったが公演に支障を与える程ではなかった"として"公演会場のステイプルス センターが空輸してきた装備をこちら関連法に抵触するという理由で使わないようにして結局公演を上げることができなかった"と説明した。
彼は"ステイプルス センターの装備使用規定を知らせるのは現地公演企画会社の責任違うか"という質問に"雨が米国,ラスベガス公演も行うなど1,2度公演したことでなくて,その程度は知っていることができた"として責任をピ側にまわした。
'舞台装備企業等が受けたお金が現金化することができない小切手であった'という指摘に対しては"米国では少ない金ではない場合普通小切手で貸金(代金)を行う"として"銀行にお金を預けておいておいたが金額が大きい場合銀行によりエンジェルスノー二日ホールド(Hold)をさせておく。
ところで照明業者がまさにこれを現金化しようとしたのにホールドされているや他の企業等まで現金を求めて要求した"と解明した。
エステル キム副社長は引き続き"韓国の誇らしいアーティストのピの公演を推進するのに使命感を持ったのにこのような事態がふくらんで,私たちも当惑して残念だ"として"経験がなくてできた問題だが資金力のためではない"と繰り返し強調した。
V2Bグローバルはすでに売れたチケットに対しては皆返済することだと付け加えた。

-naver-

ピの米国LA公演,当日の日再び取り消しになった…なぜ?

▲雨のLA公演も失敗に終わりながら,ピに対する国際舞台での公信力が落ちている。
(c)ニューシス
ピ(実名チョン・ジフン)の海外公演がなぜしきりに取り消しになることであろうか?
最近中国,上海と米国,ハワイ,そしてカナダ,トロントなどの公演が取り消しになって,タイ等の公演も無期限延期(煙,演技)になるなど海外ツアー公演日程にしきりに問題が生ずる非義30日LA公演も取り消しになってしまった。
ピのワールド ツアーを企画しているスタエムは“現地公演企画会社にだまされた”として公演取り消しいいわけをした。
スタエムは“現地消防法や舞台設置状況などに対する全般的であることを現地企画会社関係者たちに全く聞いたことがない状態でやっと公演装備をソルチヘッチマンシ安全検査観が装備撤収を指示したし公演をすることができなかった”と話した。
このような状況などに対してスタエムは現地公演企画会社のY2Bグローバルに責任を転嫁した。
スタエムは非義LA公演取り消しに対する解明資料を出したのに“公演製作業者に費用支給がなされなくて装備がこなかった”として“問題解決のためにV2Bグローバルと接触を試みたが嘘をついたし契約金で受けた小切手が支給拒否される事態まで発生して,照明業者が撤収することも広がった”と話したのだ。
それと共にスタエムは“どんな悪条件の中でも雨は公演を進行させたかった”としながら“雨はワールドツアー最後の公演の今回の公演のために2週間前にLAに入国して,最善の努力をつくした。
はなはだしきは一曲でも舞台で歌を歌うことができるならば公演を進行するという意思を明らかにしていた”と話した。
引き続きスタエムは“だが舞台基本構造物さえ正しく準備されなかった状態で公演を敢行することはできなかった”として“出演者とスタッフ,はなはだしきは観客らの安全を保障できない状況だった”として名字料で明らかにした。
だがこのように相次いで海外ツアーが取り消しになっていることに対して歌謡界ではスタエムの日進行に問題があることでないかという疑惑の眼差しを送ったりもする。
結局中国とアメリカなどを踏み台でヨーロッパまでも進出しようと努めているピの海外ツアー計画は大きい支障をきたしているのだ。
結局ピに対する公信力の失墜を呼び起こしながら,海外進出に暗雲が挟まらないだろうかと思う心配が深刻に提起されている。

-naver-

'スンジョロワットンに出発,しかし...',雨ワールドツアー起きるか

6月30日(米国現地時間)歌手ピのLA公演が突然取り消しになった。
これとしてピのワールド ツアー米国日程はハワイに続きLAまで相次いで取り消しになる事態を示してしまった。
雨は去年10月12ヶ国にかけた野心に充ちたワールド ツアー日程を発表した。
ワールド ツアー'レインス カミング'はソウル オリンピック体操競技場でのツアー開幕公演,米国,ラスベガス公演など序盤順調に進行された。
だが今年に入って,所属会社との再契約放棄,映画'スピードレーサー'出演など色々変化を経る間コンサートに色々な迂余曲折が発生する事態が広がったし,ついにLA公演が当日取り消しになる事態までできた。
次はピのワールドツアー関連進行日誌だ。
▲ 2006年10月11日記者会見通じて,ワールドツアー‘レインス カミング(RAIN's Coming)’発表.
米国,日本,中国など12ヶ国総35回公演日程公開
▲2006年12月15日と16日,ソウル オリンピック公園体操競技場でワールドツアー‘レインス カミング-06/07レーン ワールドツアー’開始.
▲2006年12月23日と24日,米国,ラスベガス シザーズ パレス ホテル内コロシアムで公演.
▲ 2007年1月12日と13日,香港,アジア ワールドエキスポ アリーナで公演.
▲2007年1月21日,シンガポール インド語スタジアムで公演.
▲2007年1月27日マレーシア,クアラルンプール プキッ席をふうっと開きなさいスタジアムで公演.
▲2007年3月10日と11日,ベトナム ホーチミン第7軍四肢駅体育館で公演.
▲2007年3月31日,台湾タオウィ案スタジアムで公演.
▲2007年4月14日.
オーストラリア,シドニーエイサーアリーナで公演.
▲2007年5月25日.
日本,東京,東京ドームで公演.
▲2007年6月2,3日タイ,バンコク インパクト アリーナで公演.
▲ 2007年6月9日開く予定だったカナダ,トロント公演,現地公演会場問題で暫定延期(煙,演技).
返済騒動.
▲2007年6月15日ハワイ,アトランタ,ニューヨーク,LA公演が米国レコード企画会社レーン コーポレーション ネバダ州裁判所に‘レーン’使用禁止仮処分申請(2007年2月20日)で延期(煙,演技)または取り消し.
▲2007年6月21日ハワイ公演プロモータークリック エンターテイメント,雨が降ってスタエム,レボリューション エンターテイメント,JYPエンターテイメントなどに公演取り消し関連訴訟.
▲2007年7月1日.
LAステイプルツ センター開始1時間30分前取り消し.

ピ側公演取り消し疑惑解明"チケット77%出て行ったと見て受けた"

LA公演を1時間30分控えて取り消し決定を下さなければならなかった歌手ピ側が“チケット販売のために公演を取り消したのは絶対ではない”と強調した。
米国で公演取り消し事態の収拾に真っ最中のピのある側近は1日午前スポーツワールドとの国際電話で“ピを含んで,こちら関係者たちは公演をできなくなったのもとても気に障ったが,各種疑惑まで起こるのを見てくやしい心禁じ得ない状況”と現在心境を伝えた。
この側近は現地プロモーターの責任感ない行動に非常に怒った状態でLA公演と関連して,いちいち事情を説明したし,一部疑惑に対しても解明した。
この側近の説明を整理してみた。
この側近によれば雨は去る17日米国に到着,現地プロモーターのアンディつけることに会った。
彼はプロモーションに必要なインタビューを斡旋したし,雨は彼の要求によりすべての日程を消化した。
何月前から公演に対して細部事項まで詳しい議論を終えた状態だったので大きく心配することもなかった。
舞台セッティングは公演前日翌1時30分から公演当たりである3時まで進行される計画だった。
公演会場のステイプルス センターでバスケット競技が終わった後整理する時間が必要だったので翌1時30分に始めたのだ。
公演当日朝9時舞台の基本的枠が取りそろったし,この時までしても計画のとおり準備されていた。
問題は以後リフト,照明機構などが舞台に設置されないのに広がった。
ピ側がどうなったことか事情を調べてみて,アンディつけることが現地公演業者に不渡り小切手を発行した事実を知ることになった。
問題を解決してみようとしたが,ピのワールドツアー舞台の核心といえるスクリーンさえも設置されなかった。
電気場費と関連してLA側の事前許諾を受けておいていなければならなかったがアンディつけることはこれをしておかないのだ。
ピ側の抗議にアンディつけること側は“ラスベガス コンサートで何の問題がなかったというので(に)ここでもそのようにすれば良いことと思った”と弁解した。
結局舞台装置は全くセッティングされなかったし,雨が降って,公演関係者たちは涙ぐんで公演を取り消さなければならなかった。
アンディつけることは米国公演関連版権料も支払わなかった状態とピの側近は伝えた。
この関係者は訴訟でも他の法的問題は公演主催社のスタエムで分かって判断することだと話した。
ピを含んだ公演関係者たちは‘公演をできなかった’という気に障った心と一緒に今回の事件を置いて広がっている各種疑惑にあまりにもくやしいという立場だ。
この側近は“公演前日アンディつけることが私たちの側に‘票が77%以上出て行って,何の問題ない’と報告した”としながら“現地公演関係者が票が売れなかったと話したという報道を見て慌ててする中”と説明した。
引き続き“たとえ今回の票が一部報道のように5000席だけ売れたとしても1万2000席規模の今回の公演で有料観客5000席は絶対公演を取り消すほどの懸案ではない”と強調した。
ひとまず6月末で公式的なワールドツアースケジュールは終わった状態で,これからワールドツアーが継続されるのかは今後議論が必要なものと見られる。
雨は2日ドイツ,ベルリンへ向かって,撮影が真っ最中の‘スピードレーサー’現場に合流する。
ピ側は“公演をできなくて気に障って,各種疑惑のためにとてもくやしい”と繰り返し強調した。

-naver-

スタエム,雨米国公演10月再推進...成功有無は未知数

再整備して,米国公演また挑戦する。
ピの米国公演を担当したスタエムは米国ツアーを今年中にまたするという立場を明らかにした。
スタエムの異人狂代表は1人イーデイリーSPNとの国際通化で“今回の公演取り消しを見ながら,一部現地プロモーターらが持っている問題点をもう一度痛感した”として“だが今年中にすべての部分を再整備をして,また米国市場に挑戦する”と明らかにした。
李代表は引き続き“また米国市場をたたく時は現地プロモーターでない私たちが直接現地で公演を企画,進行する計画”としながら“アジア最高アーティストが現地プロモーターの問題によって能力を正しく発揮もできなくてこのように公演が挫折したという事実がとても残念だ”と話した。
だがスタエムのこういう意志のように雨が米国でまた公演を行えるかはまだ未知数だ。
先に,9月まで捕えられている映画‘スピードレーサー’の撮影が日程が非常に流動的だ。
また予定通りに撮影が終わっても直ちに公演に入れるかも疑問だ。
特に今回のことがピの誤りではないが,彼が米国市場に初めて進出する過程で何回のコンサート取り消しによってアーティストの信頼度に相当な打撃を受けたのも事実だ。
したがってピの米国進出自体が大きい危機を迎えている状況で再公演推進は今より何倍慎重な態度を見せることが明らかだ。
また現地プロモーターらが出て,公演を進行しても困難がある状況でスタエムが直接米国市場に飛び込む場合ある程度勝算があるかも疑問だ。
こういう理由のために米国現地では雨が目標のとおり今年中にワールド ツアーを成功的に終わらせるためには何より現地で名声が高い最高のプロモーターと手を握ることが急務と見ている。
非訳詩このような点には共感している。
ピのある側近は“米国でピの姿を正しく見せることができるならばお金を別に問題にならない”としながら“ピの価値を認められるようにすることが何より急務”と話した。
果たして雨が今回の取り消し波紋で広がった危機を克服して米国で再公演ができるのかファンたちの耳目が集中している。
-daum-

ピ“ただ一曲でも呼ぶことができるならば舞台に立つ”涙

"雨は舞台でただ一曲でも歌を歌うことができるならば公演を進行するという意思を明らかにした。"
6月30日(以下現地時間)予定されたピのワールドツアーL.A公演が公演1時間半前突然取り消しになった。
このために国内外ファンたちに大きい衝撃を投げかけている。
今回の事態はまずLA公演を主管した現地プロモーターに問題点が大きいと伝えられている。
何より今回の公演が突然失敗に終わったことは現地電気安全法と消防法を現地プロモーターが正しく知らせなかった状況で広がったことも解説されている。
雨は悪条件の中でも今回のLA公演を押し切ろうとした。
だが安全上の問題によって今回の公演はLA市当局の許可を受けることができなかった。
ワールドツアー主管社のスタエム側は“費用をかけてもアーティストとファンたちのために公演を進行しようとしたが結局最後には物理的に時間が不足した状況がきてしまった。
ワールドツアー最後の公演のために遠くからきたファンたちにとても申し訳ない”と伝えた。
ピのワールドツアー主管社のスタエム側は1日報道資料を通じて“一言で公演開始1時間半前まで舞台構造物さえ正しくセットアップならない状況だった。
しかもL.A市議電気安全法および消防法に基づいたL.Aステイプルス センターの規定のために国内で空輸して行った電気関連ツアー装備(超大型LEDスクリーン,コンベヤーベルト,舞台セット用モーター,効果用ポンプなど)を一つも使うなという受けた"と公演取り消し決定に対して明らかにした。
引き続き"ULマークがある装備にだけ電気を供給するという重要な事実に対して現地プロダクション マネジャーとプロモーターは一度もスタエムとツアープロダクションチームに伝達しなかった。
短い戴冠日程でプロダクション セットアップのための時間が絶対的に不足して,すべてのツアースタッフらが夜通しセットアップ作業にぶらさがったにもかかわらず公演開始三時間全(前)LA市(詩)安全検査観からセッティングした装備を皆撤収しろとの指示を受けた"と付け加えた。
こういう悪条件の中でも雨は公演を進行させたかったという。
LAに留まっているスタエム関係者は"雨はワールドツアー最後の公演の今回の公演のために2週前にL.Aに入国して,最善の努力をつくした。
はなはだしきはもし一曲でも舞台で歌を歌うことができるならば公演を進行するという意思を明らかにしていた”と伝えた。
だがスタエムは“舞台基本構造物さえも正しく準備されなかった状態で公演を敢行することはできなかった。
その状況は出演者とスタッフ,はなはだしきは観客らの安全を保障できない状況だった”と伝えた。
スタエム側は“何より根本的な問題は現地公演企画会社のV2Bグローバルの資金問題であった。
現地公演製作業者に支給が正しく成り立たなくて現地で受給されなければならない装備が最初からこなかったり正しくこなかったし,現地で製作する突出舞台,2階舞台を公演当日までも規定に合うように製作しなかった"と説明した。
スタエムとツアープロダクション チームは状況を正しく把握するために持続的にローカル プロダクションと接触を試みたがローカル側(方)ではツアープロダクションとスタエム側に嘘をついたしはなはだしきは公演当日企業等が契約金で受けた小切手が支給拒否される事態まで発生して,照明業者が撤収することまで広がったという。
はなはだしきはアーティストとスタッフらに支給されなければならない食事費さえも正しく支給しなかったし,公演スタッフらの航空料とツアー装備貨物費用までスタエムが負担したと知らされた。
一方去る6月7日ピの英文名の'RAIN'名称使用問題でアメリカ ツアー全体延期(煙,演技)を決めた公演企画会社スタエムはL.AプロモーターV2Bグローバルの意志によりL.A公演敢行を決めていた。

-daum-

'LA公演取り消し'ピ"現地プロモーターにだまされた"

トップスター非義LA公演が公演をわずか1時間控えて電撃取り消しになった。
非義LA公演に参加したある公演関係者によれば30日午後8時(米国時刻)米国LAステイプルス センターで開く予定だった非義‘Rain's Coming’公演が取り消しになった。
ピの英語の名前‘Rain’と現地プロダクション問題で他の公演が取り消しになって唯一開く予定だったLA公演も開かれなくなることによって結局6月ある月間予定された非義すべての公演は成し遂げることができなくてしまった.
ピ側によれば公演取り消し理由は公演会場の舞台セットが公演が差し迫っても立てられないなどプロダクションの問題のためであり,雨が降ってスタエム側は現地プロモーターと舞台監督者の公演前日まで‘公演準備が何の問題なしにうまくいっている’という話を信じて公演当日であきれる経験をすることになった。
米国現地プロモーターのV社が照明,音響など下請け業者にあげた小切手は不渡り小切手なので舞台セットが用意されることができなかった。
特に公演会場のステイプルス センターは公演に必要なマイク一つまで皆事前に通知をして許諾を受けなければならなかったがピ側が確認した結果ステイプルスセントは公演当日まで何の話も聞くことができなかった。
ピのある関係者は1日スターニュースとの国際電話で“現地プロモーターにだまされた。
こちらプロモーターが照明,音響,火薬などに支給されたすべての下請け業者に支給した小切手が不渡り小切手だったということを今日(1日)では分かった。
下請け企業等が貸金(代金)を受けれないで,舞台をたてなかったし,私たちが要請した物量もみなこなかった”と悔しさを放った。
引き続き“ステプルスセントはすべての装備に対してあらかじめ許可を受けなければならない。
こちらプロモーターと舞台監督が‘皆みな通過したし許諾受けた’としたが私たちが今日午前公演会場にきて,舞台が立てられなくて一歩遅れてステイプルスセントに確認した結果どんな通知も受けたことがないとしたよ”と付け加えた。
当初公演会場の舞台セットは30日午前1時から午後3時までたてることで約束したが,結局舞台は立てられることができなかったのだ。
ピ側は2ヶ月前すでに公演に必要な図面をV社に渡したし,公演半月を控えて現地に到着して,現地プロモーターが要求するすべてのプロモーション活動に臨んだが皆無駄になってしまった。
ピ側は公演が取り消しになったが15万ウォンもなるお金を行って公演を見に来た観客たちのために照明もなくて音響が不十分でも何曲でも歌って,要人でもしようとしたがこれさえ‘返済規定’によりなされることができなかった。
観客が公演会場で入場する瞬間,返済が成立することができないという現地の規定があったし,ピ側は返済がさらに優先であることという判断によりこれをあきらめたこと。
しかし雨は万一の事態に備えて,午後8時(現地時間)現在までも公演会場で待機しており,9時までは待つ予定だ。
ピ側は“舞台が立てられないでも観客のために歌何曲でも歌おうとしたのに難しくなった”としながら“9時までは公演会場で待ちながら,ファンたちのためにしてあげられることをしてみる”と明らかにした。
雨は公演企画会社らによって再びイメージに大きい打撃を受けることになった。


-naver-

歌手ピ熱い涙...LA公演取り消し決定に落胆

- "舞台不十分でも,たった1人の観客だけあっても私は公演したい"
-取り消し決定後ファンたちに直接謝ると主張して,スタッフらが説得
[イーデイリーユン・ギョンチョル記者] “私には舞台よりファンたちが大切だ。”
歌手ピが多くの辛酸と苦難の末準備したLA公演が当日電撃取り消しになるや結局こらえた涙を流した。
歌手ピの米国LA公演を準備してきたスターエムによれば雨は公演取り消し決定を通報を受けて,ファンたちのために舞台が不十分でも公演会場に上がるという意志(医師)を強力に明らかにしたと知らされた。
スタエム異人狂代表は1日イーデイリーSPNとの国際電話で“雨が完成にならない公演会場を見てしばらく泣いた”としながら“彼は舞台が不十分でもファンたちのために舞台に上がると強力に主張して,説得するのに大変だった”と話した。
雨はもまたコンサート強行が不可能だという話を聞いては,自身の公演を見るために何のわけも分からなくてステイプルツ センターまで来たファンたちに会って,直接'申し訳ない'という謝罪でもすると繰り返し要請して,スタッフらの脂汗が出るようにした。
雨がこのように直接ファンたちに謝るといったことは今回の公演取り消しが自身と関係なしで手続き過程で問題があったがファンたちのために自身ができる全てのものを見せてあげたかったためだ。
雨は40分間余りファンたちに会うと強力に主張しながら,公演会場に残っていて,結局スタッフらの説得で心を変えてステイプルツ センターを離れた。
一方ピの米国公演を準備中のスタエムは1日(韓国時間)公演取り消しを公式発表した。
スタエムのある関係者は1日午前イーデイリーSPNとの国際電話で“複合的な問題のために取り消しになった”と伝えた。

-naver-