FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
[現場手帳]ピのワールドツアー異常な進行,名分はなくて告訴状だけ多数

去年10月ピのワールドツアーの遠大な夢と計画を発表した所はあいにく主管社スタエムが18日ワールドツアーアメリカ公演取り消しと関連した立場発表を1ヶ所と同じホテルだった。
9ヶ月ぶりに記者会見のために主管社と取材陣がまた集まった席.
250坪のインペリアル パレス ホテル トゥベホルはピの米国進出失敗と公演取り消しという全く違う状況のためなのか,同じ場所と感じられない程少し寒くて複雑で息苦しい雰囲気であった。
異人狂代表は前日MBC TV 'PD手帳'を通じて,ワールドツアー失敗が指摘されて,認知沈痛な表情だった。
彼は"主管社として現地プロモーターを間違って設定した道徳的な責任がある"と話したが,本来話したかったのはやはり現地プロモーターの問題点に対することだった。
異人狂代表は"現地プロモーターはスタエムが提供する公演指針書に基づいて,チケット価格とマーケティング進行事項,プロダクション準備をしなければならない業務分担を契約書に明示しておいたが,契約を誠実に,履行しなかったし結局問題が発生した"と話した。
LA公演取り消しの理由に対しても▲現地公演企画会社が舞台設置時間を約束と違い24時間だけ確保して,設置時間が絶対的に不足したし▲米国工業規格認証マークのULマークをあらかじめ受けなければならないという事項を当日までスタエムに通知しなくて対処できなかったし▲現地プロモーターの資金不足により非正常的な小切手が回るなど公演準備が不備だったと三種類で分けて説明した。
細部的に理由があったが結局一貫して主張するのは"プロモーターが問題であった"とのことだった。
写真と動画を通じて,公演が取り消しになるまでの現場状況を説明する時も主に現地公演企画会社の安易さと準備不備が強調された。
前日'PD手帳'で現地企画会社と照明業者のインタビューを通じてスタエム責任と追加過失が提示された部分に対しては"私たちの側はくやしい。
誤りがあるならば現地プロモーターを誤って選択したのが最も大きい。
現地企画会社らがアーティスト(ピ)を食い下がっている。
ピを詐欺師のように追い込む"として訴えた。
ワールドツアーカナダ公演の現地プロモーターと紹介したチーム キムシはスタエムの現地企画会社責任論が続くやこらえることができなくて"何の話か。
スタエムがカナダ公演会場を問題視しているけれど契約当時スタエムが指定した公演会場なのに話にもならない,異人狂代表は契約書も見なくて確認書を書いたか"として問い詰めた。
両側が古城(大声)をやりとりする珍しい風景が広がったのだ。
一番後列に座って,これを見守ったJYP関係者たちは空しい表情でこれらの真実攻防を見守っていた。
この会社はスタエムに100億ウォンを受けて海外公演版権を売った。
損害賠償と名誉き損など各種法廷訴訟が始まって,自身に有利な立場をさらに表わしたい心は理解が出来る。
だが二時間中ずっと"私たちの誤りでない" "くやしい"と主張する姿は眉をひそめるようにした。
複雑な下請け構造でからまっているピのワールドツアー利害当事者らが責任をお互いに押し付ける姿は私たちのエンターテイメント水準がこれしかならないんだなと思う考えに苦々しかった。
行事場所片隅で"名分は消えて告訴状だけ積もっている。
私たちの初めて夢はこれではなかったのに…"としてため息をつく人々が多かった。
LA公演が取り消しになった後,こんこんと泣いたという雨がファンたちに"皆さんに約束を守ることができなくて申し訳ない"と話した真心に充ちた謝罪の話が今日に限って特別に感じられるのはなぜであろうか。

-naver-

スポンサーサイト



"ピに打撃行くかと思って心労焦燥して悪循環開始"




“12ヶ地域のプロモーターを選定する過程でレボリューション(ローカル プロモーター)を間違って選定した”
歌手ピのワールドツアーを総括したスタエムプルレニンの異人狂代表が“ローカル プロモーターの準備不足と契約不履行が公演取り消しの原因”と主張した。
異人狂代表は18日ソウル インペリアル パレス ホテルで記者会見を行って“版権契約をしてアーティスト(ピ),スタエム,JYPが一緒に一致協力して,良いプロジェクト進行しようと思ったのに12ヶ地域のプロモーターを選定する過程でレボリューションを間違って選定した”と話した。
▲異人狂代表,雨ワールドツアー取り消し“ローカル プロモーター間違って選定した誤り”
李代表は“初めから契約関係で互いに協議して署名しなければ再販売をできない規約があったが業者で先に動いて執行をした”として“一般的な契約関係ならば,皆解約して整理をしなければならない問題なのにアーティストのイメージ考えないわけにはいかなかった”と主張した。
引き続き異人狂代表は“アーティスト イメージに打撃が作られるかと思って心労焦燥しながら,色々な悪循環が作られ始めたのが今回のワールドツアーの最も大きい問題点”と付け加えた。

-naver-

雨ワールドツアーカナダ プロモータースタエムに疑問“確認書書く時,契約内容確認したか”

歌手ピ(実名チョン・ジフン)ワールドツアーカナダ公演現地プロモーターがスタエムに公演契約と関連して,疑問を提起して出た。
雨ワールド ツアー北米公演が相次いで取り消しになりながら問題になるや公演企画会社のスタエムの異人狂代表が18日午後2時ソウル江南区(カンナムグ)インペリアル パレス ホペルで記者会見を行って立場を表明した。
この日席にはカナダ プロモーター側のチームつけることが参加してスタエムが送った確認書と関連して,問題点を提起した。
雨ワールド ツアー北米5ヶ公演の版権はスタエムがレボリューション側に販売した。
レボリューションでは各公演版権をまた現地プロモーターらに販売した。
カナダ現地プロモーターはレボリューションと双方契約を結ぶ前契約内容を添付してスタエムに確認書を要請した。
この日李代表が現地公演舞台に問題があることを確認して現地プロモーターらにこのような事実を公示したと説明するやチームつけることは“確認書を要請した時,契約内容には公演会場に関する部分も含まれていた。
スタエムツクは“初めから公演会場に問題があるのか分かりながらも,確認書を書いたものか?でなければ契約書を確認しないものか?”として疑問点を投げた。
これに李代表は“レボリューションとカナダ プロモーター側双方の契約書をチェックできなかった。
私はカナダ プロモーターがレボリューションの信憑性が落ちるから不渡りなどの理由で公演が持続することができない時,私たちが責任をとり公演を進行できるかを尋ねることで報告を受けた”と解明した。
李代表は最後に“責任を負うべき部分があれば責任を負って仕損じて反省した誤りがあれば正確に確かめて行く”と伝えた後“アーティストにだけは責任を問わなかったら良いだろう。
アーティスト熱情を私たちが後押しすることができなかった”と終えた。

-daum-

"雨米公演取り消し現地企画会社選定から間違って"

ワールドツアー主管社スタエム記者会見開いて公演延期および取り消し過程明らかにして
歌手ピのワールドツアー北米公演取り消しに対して主管社スタエムが"現地企画会社の契約違反と不誠実に取り消したり延期するほかはなかった"と明らかにした。
スタエムは18日午後2時ソウル,論硯洞(ノンヒョンドン)インペリアルパレス ホテルで記者会見を行ってハワイ,LA,カナダ公演を取り消して残りアトランタ,ニューヨーク,サンフランシスコ公演を約束なしに延期した理由を説明した。
スタエム異人狂代表は"主管社として最後まで行事をすっきりしているようにすることが出来ない責任を痛感する"としながら"北米公演を担当した現地企画会社レボリューション エンターテイメント(以下レボリューション)を間違って選定した"と主張した。
昨年12月ソウルから始まった非義ワールドツアーは今まで米国(ラスベガス),香港,シンガポール,マレーシア(クアラルンプール),ベトナム(ホーチミン),台湾(台北),オーストラリア(シドニー),日本(東京),タイ(バンコク)で総17回の間開かれた。
ハワイ,LA公演取り消しでワールドツアー暗雲
だが6月から突入する予定だった北米6都市ツアーが取り消しおよび延期になりながら,難関に直面した。
特にLA公演がわずか1時間30分前突然取り消しになりながら,国内外的に衝撃を投げた。
今回のツアーはピの前所属会社JYPエンターテイメントがスタエムに総括を任せてスタエムはこれをまた現地企画会社に版権で渡す3者契約関係でなされた。
全権を持ったスタエムが現地企画会社に下請けをあたえるシステムであること.
問題はスタエムと現地企画会社が有機的な関係を結ぶことができないながら,発生した。
さる2月,22億 5,000万ウォンに北米ツアー版権を購入したレボリューションは契約金入金満了日の5月11日まで残金18億 2,000万ウォンを支払わなかった。
その間レボリューションはハワイ公演版権をまた他の企画会社のクリック エンターテイメントにまた売った。
スタエムの主張によればこの契約は主管社と相談ない独自の決定で衝突を触発した。
貸金(代金)入金の地縁と現地企画会社とのまた他の版権契約問題が重なったがスタエムがレボリューションと契約を維持した理由は何か。
李代表は"ツアー準備には多い時間が必要だが問題を正しく熟知して新しい現地企画会社を選定する時期をのがした"というだけ具体的な理由は説明できなかった。
LA公演取り消し"舞台設置と装備規格などあらかじめ通報を受けることができなかった"
またハワイに続きLA公演まで取り消したことには"舞台製作の十分な時間を現地企画会社から確認受けたが実際には全く履行されなかったしURマークがないツアー装備をLA時で使用できないのにこれを伝達されることができなかった"と主張した。
すなわち現地企画会社が公演舞台設置と装備規格などをあらかじめ通知しなかったしスタエムと雨はこれによって被害を受けたという立場だ。
色々な状況が複合的に発生したが公演異常な進行に対する主管社スタエムの責任は避けられないものと見られる。
何回も現地企画会社と摩擦を醸し出したが公演直前まで契約を維持したうえに進行上危険が何回も露出したのにこれを解決しなくて北米ツアー皆を計画のとおり進行できない状況を作ったためだ。
李代表は"7月中旬公演再開に対する立場を明らかにする"としながら"公演都市はソウルになりうて中国や米国などツアーを進行できない私でも(国も)含む可能性がある"といった。
引き続き"このまま終わらないだろうしこれからツアーは継続するだろう"と釘を刺した。
一緒に現地企画会社を相手に損害賠償請求訴訟を提起する意向も明らかにした。

-naver-

スタエム,"来週に雨ワールドツアー再開発表する"

“来週初め公演再開と関連した発表をする。”ピのワールドツアー主管社のスタエムは18日午後2時ソウル インペリアル パレス ホテルで記者会見を行って公演取り消しと関連した公式立場を明らかにした。
この席にはスタエムの異人狂代表と朴毎ヒ製作理事をはじめとして,舞台監督などが出てきてLAとハワイ,トロント公演の背景に対して説明した。
17日放映されたMBC ‘PD手帳’で根本的な問題と指摘した‘複雑な下請け構造’に対してスタエム側は正反対の立場を出したのが目を引いた。
スタエム側は“ピのワールドツアーが選んだアーティスト(ピ)-マネジメント(JYP)-エージェント(スタエム)-プロモーター(レボリューション)の分業形態は米国など先進公演業界の慣行を受け入れたことでアジア ミュージシャンの公演では類例がない体系であった”と反論した。
またスタエム側は公演の細部的な進行を正しく監督することが出来ないレボリューション エンターテイメント(ワールドツアーアメリカ版権保有者)の問題点を最も大きい失敗要因に選んだ。
特に異人狂代表は“来週初めにワールドツアー再開と関連した発表を別にする”として“国内公演になろうが海外公演になろうがまた出発する気持ちで推進する”と明らかにして目を引いた。
一方この席にはカナダ現地プロモーターも直接参加して,異人狂代表と熱を帯びた論争を行った。

-naver-

スタエム,“雨はその時涙でまぜこぜになった”

歌手ピのワールドツアー公演を総括したスタエムが先月米国LA公演取り消しとピに申し訳ない気持ちだけという立場を伝えた。
スタエムプランニング(以下スタエム)の異人狂代表は18日午後2時10分ソウル,論硯洞(ノンヒョンドン)インペリアル パレス ホテル トゥベホルで記者会見を行ってLA公演取り消し当時状況を説明した。
異人狂代表は“公演当日午後4時頃に雨が公演会場を訪ねてきて,公演を継続したいという話を継続した”として“どのように状況説明をすべきなのか分からなかった。
雨は涙でまぜこぜになった”と伝えた。
引き続き李代表は“アーティスト(ピ)は引き続き'舞台の上で何曲歌うことができます'と問い直してきながら,再度公演をすると話をした。
もう年齢26才のアーティストがむしろ100人余りのスタッフらに申し訳ないとし,慰労をした”としてしばらく目がしらを赤らめることもした。
スタエムは昨年10月13日ソウル,蚕室(チャムシル)主競技場を始め日本,中国,香港,シンガポール,ベトナム,オーストラリア,タイ,台湾などアジア地域と米国とカナダなどアメリカ地域を合わせる非義ワールドツアー公演を総括した主管社だ。
だが去る4月中国とカナダ公演に続き先月15日米国,ハワイ,30日LA公演まで事前調査不十分と‘レーン’(Rain)名称使用禁止仮処分申請など複合的な問題によって取り消しがなることできずを(受ける)着ることになった。
一方李代表は“ピに対する招聘はもうちょっと骨を折らないだろうか考える”としてピの招聘に否定的な考えを投げた。
李代表は去る5月日本,東京ドーム公演に先立ち‘ピを迎え入れる’と明らかにしたことがある。

-naver-

スタエム代表,取り消し当時回想しながら,会見途中'涙'

歌手ピのアメリカ ワールドツアー取り消しと関連して,公演主管社のスタエムの異人狂代表が立場を明らかにしながら,感情が込み上げたのか結局涙を見せた。
18日午後2時10分ソウル,論硯洞(ノンヒョンドン)インペリアル パレス ホテルで開かれた記者会見で異人狂代表は“LA公演当日問題が生じているという連絡を受けた雨はすでに涙まぜこぜであったしどうにか公演をするべきだと強力にアピールした”として“公演を責任を負っている立場でどのように慰労するべきかしらなかったし本人もたくさん当惑するといった”と伝えた。
李代表は“雨が総21曲中舞台の上で歌うことができる曲が何曲かとずっと問い直したし最終的に公演が取り消しになるやたくさん泣いた。
そして私を慰めながら申し訳ないという話を継続した”と明らかにしながら,ついにこらえた涙をさく烈させた。
李代表は“私たちはここで止めない。
より良いビジョンを持って進めるようにまた見せること”としながら“来週月,火曜日ぐらいワールドツアー計画に対する発表があるだろう。
このまま終わらない。
ツアーをずっと進行して,秋により良い姿で訪ねる”と覚悟を固めた。
また李代表は“この席は真実攻防を分けるための席ではない。
私たちの会社でしてきた問題点などを正常な方法で資料に基づいて話したかった”として“レボリューション エンターテイメントというローカル プロモーターを間違って選定したしそこで協議なしで版権が再生産,再販売になりながら,問題が発生した。
公演に必要なテキストブックを認知して正しく役割分担をしなければならないのにこの部分に対する理解されて,不足した”と言及した。
李代表は“ファンたちに百回頭を下げて,謝罪したい。
アーティストが被害を受けた部分は道義的,行政的,法律的な部分でも責任を痛感している”と話した。
-naver-

ピ'攻防は法廷で,彼にまた翼を'

18日スタエムの記者会見場でも明確な結論は出なかった。
記者らも右往左往した。
非ワールドツアーの下請け構造や非名称使用関係,舞台不備,版権,チケット価格など多い話らが出てきたがその誰も明快な答はなかった。
ただその間もたくさん反復されたスタエムの主張あるいは弁解があったし立場表明があった。
17日放送された'PD手帳'で各現地企画会社らがくやしさを吐露して自分たちの立場を表明したのと大きく異ならなかった。
その行った一連の過程を見守った記者の心は重い。
公演取り消しという事態でイメージに打撃を受けた私たちの誇らしいアーティスト雨は今でもベルリンで映画を撮りながら,マネジャーに電話をかけて,こちら側状況をチェックしている。
彼には公演がセッティングされれば舞台に上がって最高の舞台をプレゼントしなければならない責任がある。
だが,その以前に公演が上がることができなかった。
雨は涙を流したし,ファンたちに心より謝った。
彼が今回の事態で受けた傷はその誰も推し量るのが難しい。
もう真実攻防は法廷にまかせよう。
解決点を探せない主管社スタエムの努力ももう少し見守ろう。
米国LAハワイ,カナダなど現地企画会社の主張と反論もここらで大乗的次元で止まって,残りは法廷で渡そう。
スタエムは"海外ネットワークを作っていく過程だ。
ここで止めなくて,新しいビジョンでまたお見せする。
次に週ぐらい公演再開に対して具体案を明らかにする"と約束した。
もう互いに譲歩しよう。
空けとの国家的資産を保護しなければならない。
史上最高のエンターテイナー,ワールドスターの可能性を十分に持った彼を私たち皆が力を合わせて保護して培ってくれなければならない。
スタエムは"秋ぐらい公演再開を力強く知らせるだろう"と発表した。
だが,記者の考えは違う。
この傷がいえてより緻密な公演準備があるまではもう少し時間を置いてシステムを整えなければならなくて長期的見識を持たなければならない。
秋よりは今年の年末頃や来年初めに最高の公演を開く彼の力強い姿を見たい。
'PD手帳'に登場した非義海外ファンたちの姿がはるかに毅然に見える。
'アーティストを大切に対しなければならなくて,彼の周辺にもう少し有能な人材らがいることを望む','短い時間内またくるよりは成功と栄光を手にしてくることを望む。
急ぐな。
物静かにキダゲッタ'は立場だ。
もううっとうしい攻防に終止符を打とう。
今はアーティスト ピに対する激励が必要な時だ。
-naver-

スタエム雨ワールドツアー再開“このまま公演中断されない”

雨ワールド ツアー公演企画会社のスタエムツクが問題を改善して,公演を終えたいという立場を明らかにした。
雨ワールド ツアー北米公演が相次いで取り消しになりながら問題になるや公演企画会社のスタエムの異人狂代表が18日午後2時ソウル江南区(カンナムグ)イム血裡里(イリ)パレス ホペルで記者会見を行って立場を表明した。
異人狂代表は“私たちの最も大きい失敗はローカル プロモーターを正しくコントロールできなくて不適切な業者の選定だった”と話しながら,北米公演取り消しに対して残念を表明した。
異人狂代表は“現地プロモーターが問題があると認識したことはとても遅れた時期であった。
新しいプロモーターを(求める)救う段階ではなかった。
ハワイ現地プロモーターであったクリック エントテインモトゥと北米版権を持っていたレボリューションが双方契約のために無理にハワイ公演を要求した”と主張した。
また“ ‘レーン’の著作権問題は今回の問題の断片的な部分に過ぎない。
複合的な問題がからまって,このような結果を招いた”として公演名称に関する問題が公演取り消しと延期(煙,演技)の主要争点ではないと説明した。
李代表は現地状況を説明しながら“良くない姿で公演が中断されることを願わない。
改善して,良い姿と評価されたい”として公演をまた準備したいという確固たる立場を明らかにした。
“雨はどんな状況でも舞台に立つことを願ったがとうていそのような状況ではなくて,取り消しを決めなければならなかった”という李代表は“アーティスト(ピ)が被害を受けたことには責任を痛感する。
アーティストが失った姿を新しくさせる方法しかない”と話した。
李代表は今回の問題を通じて,良い経験になったし世界進出するのに勉強になったとし,今回のことを契機に公演を再開する計画であり関連した内容は来週中に公表することだと約束した。
-daum-

スタエム"私たちの誤り?ローカルプロモーター間違って選定した"


スタエムの異人狂代表(c)ホン・ポンジン インターン記者
トップ歌手ピの米国ワールドツアーが取り消しになって波紋が生じているのに対して公演主管社のスタエム異人狂代表は"12ヶ ローカル プロモーターを間違って選定したのがこのような事態を表わした原因"と話した。
スタエム異人狂代表は18日午後2時ソウル江南区(カンナムグ)インペリアル パレスホテル トゥベホルで記者会見を持ってこのように明らかにした。
異人狂代表は"断片的な知識だけでワールドツアーを非難する行為はお話にならない"として"ローカル プロモーターを間違って選定した部分だけ私たちの責任"と主張した。
引き続き"雨が降ってJYPそしてスタエムが皆一緒に一致協力して,良いプロモーターを選定するべきだったのに私たちの誤りならばレボリューションという(のは)プロモーターを間違って選定したことだけ"とローカル プロモーターのレボリューション エンターテイメントを強力非難した。
朴毎ヒ製作理事も"ローカル プロモーターらが事実をわい曲してスタエムとピを告訴する行為に対して強力対応する方針"と明らかにした。
当初雨は去る6月15日米国,ハワイを始めて,19日アトランタ,23日ニューヨーク,27日サンフランシスコ,30日ロサンゼルスを回る米国ツアーに出る計画だった。
しかしピの米国ツアーはLA公演が開始1時間30分前取り消しされるなどすべての公演が延期(煙,演技)または取り消しになった。
これにハワイ公演を担当した現地プロモータークリックエンターテイメントは雨が降ってスタエムそしてJYPエンターテイメントなどを詐欺疑惑で告訴した。
-naver-

雨公演企画会社スタエム“ワールドツアー紛争と不発に道徳的責任感感じて”

“公演最後まで進行できない部分責任感じる。”
ピのワールドツアーを企画したスタエムの異人狂代表が18日午後2時ソウル江南区(カンナムグ)インペリアル パレス ホテル(旧アミがホテル) 7階トゥベホルでピ(実名チョン・ジフン)のワールドツアーと関連して,公式記者会見を持って現在ふくらんでいる色々な問題に対する立場を表明した。
李代表は今回の公演の問題点を探ってみて今後開く公演の進む方向を研究するためにこういう席を用意したといった。
彼は今回の席を通じて間違った点は反省して批判も謙虚に受け入れるとして,自分たちの主張を後押しする映像資料を準備した。
李代表は“頼みたいのはアーティストが色々な被害を受けているという点を記憶してくれと言うことだ。
アーティストが行かなければならない所,世界へ行かなければならない所を助力者として助けを与えるためにこの公演を企画した。
単純にビジネスのためにこのプロモーションを進行したのではない。
問題なしに解決してみようとしたこと多い困難に差し迫っている”と暗示した。
また李代表はピの公演を最後まで成功的に導くことができないことに対しても道徳的責任を感じるといった。
彼は“主管社としての道徳的責任を感じる。
行事をすっきりと問題なしに進行しなければならない責任を持っているのにそれを最後まで解決できないことに対する責任を痛感する”と複雑で息苦しさを表わした。
去る6月30日(現地時間)午後8時に予定された歌手ピのLAコンサートが公演1時間30分を控えて取り消しになる最悪の事態に会いながら,その原因を囲んで論議を起こしてきた。
-daum-

'スタエム'異人狂代表,"'ピ'に申し訳ない!


18日午後2時,インペリアル パレス ホテルで最近論議がふくらんだ非義ワールドツアーアメリカ地域公演取り消しに関する主催社'スタエム'の公式的な立場表明があった。
この日記者会見は最近主管社のスタエムツクとスタエムが公演版権を販売した現地プロモーター間の法的紛争がふくらんだ以後初めてスタエムが公式的な立場を明らかにする席で数多くの取材陣が位置した。
一日前(17日) MBC 'PD手帳'の報道を意識したようにこの日記者会見は全体的に前日報道された'北米地域公演取り消しに対する理由'を中心に進行された。
記者会見に先立ちスタエムの異人狂代表は"何より公演の主催社でなめらかな公演進行を正しくできなかったという責任を痛感する。
アーティスト雨がこうむる被害に対して非常に申し訳ない心だ"という立場を明らかにした。

-daum-

誰が雨をこのようにさせたか...視聴者同情論拡散


'PD手帳' 放送直後視聴者たちは雨海外進出が公演取り消しに座礁されたことに対して大きい切なさを隠すことができなかった.

'PD手帳'は 17日放送を通じて '雨' ワールドツアーが米洲地域でいきなり取り消すようになったわけを集中分析した. この過程で装備と公演版権に関する問題が大きく目立った.

しかし放送直後視聴者たちは "せっかく韓国の大衆文化が注目されている時点でこれを裏付けてくれることができるシステムと志願がないということが切ない"と "これをきっかけで公演文化産業全般に対する覚醒と勉強が必要だ"と主張した.

同時に海外進出に大きい挫折感を感じた雨を励ましながらじっくりと次の機会を準備するように頼んだ.

一視聴者は "ワールドスターを支援することができるシステムがなくてアーティストの名誉と熱情が踏み付けられたようで切ない"と "悲歌じっくりとまともに準備してこのような試行錯誤を繰り返さないように願う"と伝えた.

"雨やはり被害者"と明らかにしたまた他の視聴者は "非道今度仕事を経験して多くの勉強になったで思ってワールドスターに生まれかわるために愼重に一歩一歩進むことができたら良いだろう"と言った.

一方, ワールドツアーを主観したスタエムは公式的な立場を 18日記者会見を通じて明らかにする計画だ.
-naver-

雨公演異常な進行であらわれた三つ教訓


6月30日雨義LA公演取り消しは慢性的な韓国エンターテイメント業界の病弊を曝け出した。
これからこういうとんでもない国際的な恥をかかないようにするなら韓国のエンターテイメント業界は次の三つを神経を使わなければならない。
最初に,すべてのことは専門家に任せなければならない。
ハリウッド スタイン ジャスティン・ティンバーレイクや'ノーダウト'の九円ステファニー・ラッパーエミネム・リンキンパクの韓国人メンバージョセフ漢方医場合歌手分野と映画分野のマネージメント社を別に置いている。
すなわち,映画分野を担当するマネジャーと歌手,レコード部門を取りまとめるマネジャーが分離して,各自専門分野の知識と経験を総動員して,アーティストのキャリアを見てあげているのだ。
これに反し韓国はある企画社であるアーティストの俳優・歌手・CFモデル分野を皆管理しているから専門性が欠如している。
今回ピのワールドツアーを主管したスタエムプランニングの場合俳優チャン・ドンゴンとヒョン・ビンなどの所属会社スタエムの子会社でピの前所属会社のJYPエンターテイメントに比べて,大型コンサートに対する専門知識や経験がそんなに多くない会社だ。
そのために米国現地公演プロモーターに下請けを与えたことでそれで公演1時間30分前に取り消しという元に戻せない結果を産んだ。
もちろん現地公演会社に下請けを与えることはできるがその場合その会社が正しく公演準備をしているのか全般的な過程を点検,管理,監督する義務があるのにこの点で粗雑にしたのだ。
万一スタエムツクが公演に対する専門的な知識を持ってあらゆる分野に徹底した対応をしたならばこういう結果を持ってこなかっただろう。
米国業者とはいくら言語疎通に問題があるとしても韓国の大型演芸企画会社ならば責任あって過去に多い公演を払ってみた経験がある米国業者に公演プロモーションを任せて管理監督を徹底的にするべきするのではないかという気がする。
最後に雨はこれからハリウッド進出を通じて,俳優としてのキャリアも積み上げるはずなのにハリウッドでピを引き受けて,管理するほどの信じるほどのマネジャーやエージェントのような専門家に任せることがピやピの将来所属会社のために重要だと助言したい。
ローマに行けばローマ法に従えとの話のようにカナダ公演会場で突出舞台にならないという事実を専門家の助言を入って,あらかじめ点検して現地状況に合うように公演を合わせなければならなかった。
またLAでは公演会場がステイプルスセントで決定されたのが何月前なのにかかわらず,現地専門家の助言を聞いて,現地安全法に合わない韓国の電気装置の代わりに他の装置を使わなければならなかったのに,それは必ず使わざるを得ないと公演何時間を控えて我を張るのは非専門家的な形態だ。
ある特定公演形式が成功的だとしてその形式を実行することもできない公演会場をあらかじめ点検してみることもせず公演を押し切ろうとするのは安全不感症であり,旧時代的な足相異と言う外は見られない。
二番目,会社の株価上昇や収益よりアーティストのキャリアに対してさらに気を遣わなければならない。
今回の公演取り消しは韓国の多いエンターテイメント会社らが迂回上場を通じて,株式市場に上場されている現実をそのまま反映した事態と見られる。
アーティストのキャリア管理や成功的な公演を正しく行うという考えよりは言論プレーを通じて,会社の株価を上げて,短期間の間収益をおさめたりアーティストの名声を利用して,お金だけ儲けようと十分な準備過程なしに無理にことを推進するとこのような結果をかもすことができる。
ピを1年だけさらに英語を習うようにした後に米国進出をしたら良かったことだとピの全(前)所属会社代表のパク・チニョン氏も自認していないのではないか。
全てのものはアーティストの将来に重点を置いてビジネスを運営しなければならないのに株価動向に神経をさらに使うのは正しくなされたアーティストのマネジャーやする道理でないと考える。
ハリウッドのマネジメント会社やエージェンシーらはそのためにほとんど100%上場されなかった個人所有会社らだ。
もちろん必要な時はウォールストリートの投資を受けるが韓国のように迂回上場を通じて,ペーパーマネーらだけいっぱい所有しながら,株価動向に一喜一憂することは殆どない。
ハリウッドの大型エージェンシー代表らは上場会社になれば株主らの顔色を見なければならないから所属アーティストらのキャリアを正しく管理できないとし,韓国演芸企画会社らはなぜ上場会社で維持するのかいぶかしがる。
アーティストらも誰が自身のキャリア管理に役に立つのかを深刻にと考えた後,所属会社をテカヤハンダ.
これもまた専門家に任せるべきで血縁や人脈に縛られて判断すれば共に共倒れになることになる。
三つ目,公演取り消し後謝罪や事後対策用意においてもう少し成熟して足早い態度を見せるべきだ。
ジャスティン・ティンバーレイクのような場合最近アイルランド公演で舞台装置などの技術的な理由で予定された公演を取り消して物議をかもすところだったがファンたちに誠意ある姿勢で事態を収拾しました。
ティンバーレイクは取り消しになった最初公演チケット購入者ら一部に2番目公演の特別席に座ることができる機会を提供したのだ。
反面ピのアメリカ ツアーの場合,スタエム,クリック エンターテイメント,V2Bなど関連者らがお互いを非難して訴訟を提起して公演取り消しに対する責任を回避するなど恥ずかしい姿を見せながら,本来最も大きい被害者のファンたちにはアーティストが直接立ち上がって謝罪をしなければならないプロフェッショナルできない行動を見せた。
韓流を全世界に伝播するという韓国のエントテオンモントゥ業界がグローバル化するためには専門的な広報会社や広報専門家を雇用して,積極的な広報戦を広げなければならない。
今回の事態のようにお互いに後ろ指を差すので(に)忙しくて,アーティストの潜在的なファンたちも包容できないならば韓流を過去の香港映画界のように漂流することになるためだ。
これらすべてのもののどれがアーティストの将来のために最も重要なのかを考えれば自然に解決されることと考えられる。
はおうとキム・ヘウォン弁護士はエンターテイメント法専門家でカリフォルニア州弁護士で仕事をしている。
米国スーパーボール英雄ハインス ワードの一番の韓国訪問を主管したし,ハリウッドの韓国系俳優ウィル ユン,リ・文プルロドゥグッ・諸人海苔・アレックサンドラの韓国担当マネジャーで仕事をした。

雨公演取り消し波紋...'PD手帳'スタエム過失の部分新しく提起

MBC ‘PD手帳’が歌手ピのLA公演取り消しと関連して,ワールドツアー企画会社のスタエムの誤りを新しく指摘して,成り行きが注目されている。
‘PD手帳’は17日午後‘雨ワールドツアー何が問題なのか。
ワールドスターの条件’という副題で6月30日米国LAで開始1時間30分前に電撃取り消しになった雨義公演に対して集中点検した。
‘PD手帳’は今回の放送で“大型舞台を準備しようとするなら最小3日はかかるのに現地企画会社は公演3ヶ月前から12時間内に舞台設置が可能だといったのに,その話をとても信じた”としてLA現地企画会社の責任を強調したスタエムの主張を先に紹介した。
引き続き現地企画会社が発行した小切手が不渡りを出して,照明業者を公演3日前の6月27日新しく契約したというスタエム異人狂代表のインタビューも共に放送した。
しかし現地企画会社および関係詞らはスタエムの誤りを指摘した。
現地企画会社代表のアンディ海苔は"照明業者の交替が不渡り小切手のためでないスタエムの過度な干渉のため"であったという主張を咲いた。
また"LA公演舞台製作会社測度不渡り小切手はなかったし,金を受け取るのに少し時間はかかったが作業を中断したことがない"と明らかにした。
特に照明業者側はスタエムが韓国で空輸してきた大型LEDスクリーンなどの装備に対して公演安全担当検査官が安全検査を通過しなくて使用できなくなったと主張した。
これと共に‘PD手帳’はスターエムがピのアメリカ地域公演版権をレボリューションという業者に販売しながらも現地公演企画会社と直接取り引きした理由などに対して疑問を提起した。
この日'PD手帳'の放送内容に対してスタエム異人狂代表は“是是非非に対しては訴訟で明らかになることと考えられて,18日記者会見を通じて,私たちの公式立場を発表する”と明らかにした。
彼は引き続き“公演主管社としてこういう状況が起きたことに対してスタエムの責任があると考える。
だが大きい市場に行こうと思ったアーティストの熱情を見て力を与えれば良い”と要請をした。
-naver-