FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨一人ピ,江南(カンナム)に新しい事務室オープン‘一人立ち?’

万能エンターテイナー雨が最近江南(カンナム)に新しい事務室をオープンをした事実が知られながら,一人立ちのための事前布石でないかという疑惑が増幅されている。
去る5月所属会社のJYPと契約が終結された以後まだ所属会社なしで独自に歩み(動向)を歩いている雨が最近ソウル 江南(カンナム)に事務室をオープンした事実でこれから雨がひょっとして独自の一人立ちをするためのものでないかという関心を受けていること。
ピの側近はこれに対して"ピの去就問題は来る8月初めキョン明らかにする予定だ"として"個人的に仕事をすることができる所を用意しようという意味で事務室をオープンした"ながらも一人立ちのための事前布石または今後歩み(動向)に対する去就によったことかという質問には言葉を慎んだ.この側近は"その間契約満了以後公演等で忙しい日程を送りながら,整理しなければならないことも多いが当然な場所がないと判断して,ピの連絡事務所および執務室程度で考えてくれ"と明らかにした。
その間一部男スターらは自身が直接独自の企業をたてて,俳優で企業家として総体的な活動を見せることもした.チョン・ジュノ,チャン・ドンゴン,イ・ビョンホン,パク・シニャンなど国内われこそはと思う俳優らがすでにこのようなシステムの中で活動している。
非訳詩自ら自身をブランド化するのに極大化できる企業を直接たてて活動をすることもあるということと見ることができる。
現在雨はドイツで来る8月末キョンまでハリウッドで製作する映画'スピードレーサー'撮影にまい進して過ごすと明らかにしてピのソウル事務室がピの今後去就問題を調整する事務室で運用になるものと見られる。
ピの今後去就にあらゆるデマが出回りながら,招聘説で嘱望された企業らが国内株式市場で高い最高値を記録する程ピの今後去就問題は単純にあるスターの問題でなく動きは巨大なエンターテイナー企業としての価値を見せたことでこれから雨がどんな歩み(動向)を見せるのか期待される。

-yahoo.com-

スポンサーサイト



[t-map]ピ

ピ:英国のグループ チョムバワムバの歌‘Tubthumping’を思い出すようにする歌‘夢を探して’で活動したグループ ファンクラブで歌手活動開始.
以後JYPエンターテイメントに所属,SBS <英才育成(肉声)プロジェクト>で踊りを教えるダンサーで活動の後2002年歌‘悪い男’で歌手ピでデビュー.
2003年KBS <サンドゥハッキョガジャ>ロ演技者チョン・ジフンでデビュー.
2004年KBS <フルハウス>きて,3集アルバムにしたリュスターRainでデビューしながら,アジア市場進出.
そして2006年米国コンサートとともに米国週刊誌タイムが選んだ‘世界で最も影響力ある100人’に選ばれながら,米国市場に進出した歌手/演技者/韓流スター.
最も最近活動はワールドツアー米国公演取り消しを扱ったMBC 出演.


パク・チニョン:JYPエンターテイメントの創立者でファンクラブ解体の後高3だったピを発掘,今まで雨が発売したすべてのアルバムをプロデュースした師匠.
雨が韓流スターになった後ではピのワールドツアーと海外CF,タイムズ紙選定行事などをマネジメントしながら共に世界進出をした同業者.
最近では雨が降って,決別後歌手復帰宣言およびJYPエンターテイメント米国レイブルランチングに出て,韓国にも米国にも会うようにならなければならないライバル.
もちろん,私席では‘1%の嫉妬もしない’だという良い兄弟(妹)間.

ユ・ジェソク:現在空中波放送会社娯楽プログラムだけ五ヶを進行するMC系統のナンバー ワン.
2004年KBS <説特集ピクスタ列伝(熱戦)>で雨が協賛した衣装を着て‘太陽を避ける方法’ミュージックビデオをパロディした。
以後イ・ゲイン,キム・ジンピョ,m&m,米国コメディアン ステペン コルベルなどピのミュージックビデオとCFは数多くの芸能人らのパロディ対象になった。
またアイビーと手塀費は‘女ピ’というニックネームでデビューしたし,安養(アニャン)予告同窓でピとの親密なよしみを強調するブームから雨が最も完ぺきな隣というキム・スンウ,雨が降って,何年か前の音楽プログラムで会った経験があると話したアナウンサーペク・スンジュ,<恐怖の外人球団>のカササギ駅は雨が最も似合うという漫画がイ・ヒョンセ,雨がドラマ台本だけ入って(聞いて)くれば自身に見せるというチャ・テヒョン,そして雨が新村(シンチョン)のある遊び場で踊りながら遊ぶのを見て将来を心配したというある歌手まで...
雨が降って,親密なよしみや共通点を探す有名人らの話は大部分記事化される。
だが雨が降って,関連して,最も‘温かい’記事が出た人は芸能人でない一般人中(案)牛ボンチェッ。
雨は自身のファン(パン)の中(案)所ポン氏が胃ガン末期で子供を産むやいなや時限付き人生を生きているという事実を知って時々訪問および連絡をしたのをはじめ,治療費一部を助けたと。

イ・ギョンヒ:雨はドラマとCF等を通して,コン・ヒョジン,ソン・ヘギョ,シン・ミナ,イ・ナヨン,イム・スジョン,キム・アジュンなど数多くの女性トップスターとともに出演した。
しかしピに対して最も愛情深い感情を表現した人はピに対して‘私の子供’,‘とても謙そん’,‘尊敬’等の表現で彼をほめちぎった<サンドゥ学校へ行こう>きてKBS <この人でなしの愛>の,イ・ギョンヒ作家.
イ・ギョンヒ作家は<この人でなしの愛>撮影当時には頑張るとし,精力剤をすることもした。
一方雨はSBS <オレンジ>でハン・ウンジョンの相手役で出演したのをはじめ,KBS <走れ母ちゃん>,MBC <ドキドキ チェンジ>,KBS <オールドミス・ダイヤリー>ウイ特別出演などシチュエーションコメディ出演経歴が結構ある。

チョン・キチュン:ピに酒を教えながら“酒を飲むのは良いが悪い仕事はするな”と教えたお父さん.
中学校時期戦って鼻骨をケガして,自ら‘腹がへってみた’と話して,腹がへった時期ご飯を買ったgodのキム・テウに一生有り難く思うというほど侮れない時期を送った雨が今まで来たものは両親の影響力が大きい。
中(案)所ポン氏を助けたことやはり糖尿合併症で亡くなったお母さんが思い出されてであったと。
<サンドゥ学校へ行こう>,<フルハウス>,<この人でなしの愛>等で難しく生きる青年やお母さんを懐かしがる男の姿はピのイメージ中一つだ。

イ・ヒョリ:MBC <大韓民国英花代上>で一緒に踊ったのをはじめとして,色々な授賞式で合同舞台を持ったし,‘夏といえば思い出す芸能人’,‘踊りで10秒ならば異性(理性)をひきつけそうな芸能人’,‘下着ラストプレゼントをしたい芸能人’等多くのアンケート調査で一緒に1位を占めたし,雨が出演した某飲み物CFにも出演した。
もちろん,これらの名前がいつも付いて回ることになったことは公式的な媒体ではとうてい扱うことができないがインターネットでは皆知っている問題のデマのため.
しかしこのインターネット時代にこのデマを後押しする音声ファイルはただ一つも発見されなかったことを譜面言葉どおりデマであるようだ。
雨が降って,ただある作品のドラマと映画にも共に出演しなかったけれど,セクシースターというイメージのせいなのかピとともに最も多く名前が議論される女性芸能人中一つ.

凍られて:ピをはじめとする韓国男性ダンス歌手らの話が出てくる時,いつも議論されたりする海外スター.
ピの舞台マナー,衣装などが凍られてきて似ているという主張が提起された。
だがアイロニーに凍られては来韓当時ピの米国進出の可能性を高く評価したことがある。
この外にパフダディー,リール ジョン,オ・マリオは,リールつけること,グループ リンキンパクのジョセフ一等が雨が降って,共同作業したりピの米国進出の可能性を占ったし,映画<サイボグジマン,大丈夫>をみたナタリー・ポートマンはピに会ってみたいという意思を明らかにしたことがありながら,この外に買いの流れQ,安室奈美恵,米卑劣,グループ スマプのメンバー草薙ツヨシなどが雨が降って,縁があったスターら.
日本の青春スターアオイ乳牛はMTV JAPAN AWARD当時ピに写真撮影を要請して,共に写真を撮ったが本来雨は当時アオイ・悠河誰なのか分からなかったと。
今は分かるだろう。

異人狂:ピのワールドツアーを主管したスタエム代表.
韓国歌手中アジア全域とアメリカ地域を含んだワールド ツアーは雨が初めてだったが,この程度大型公演をひきつづき取り消した場合やはり雨が初めて。
異人狂代表の記者会見でもの夫妻によればこれは主管社と下請け業者の問題だが,今までワールドスターのタイトルと共によどみなく上がった彼の歩み(動向)にブレーキがかかったことだけは事実だ。
雨は現在<マトリックス>シリーズの監督アンディ ウォショスキとレリーウォショスキの新作の<スピードレーサー>を撮影中だ。
今は海外スター誰との親密なよしみや可能性認定の代わりに彼自身の能力を見せる時がきた。

-naver-