FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
It’s Raining in Hollywood
6-4

‘見解革命’と呼ばれるウォショスキ兄弟の新作<スピードレーサー>のエンディング クレジット.
クリスチーナ リーチ,ジョン グッドマン,スーザン,ソランドは背中そうそうたるハリウッド俳優ら後に続いて‘RAIN’という名前が浮かび上がる。
米国ボックスオフィス1位を狙うブロックバスターで彼は比重ある助演‘太祖’を演技したし,次期作<忍者暗殺者>では主演を横取りした。
各種媒体が多く奪った“ハリウッドに‘ピ’がおりる”というヘッドコピーは,もう希望事項でなく現実だ。6-4

チョン・ジフンは全てのものが変わった
去る4月末,<スピードレーサー>の韓国広報のため俳優チョン・ジフンが来韓した。
明らかに韓国習うがチョン・ジフンには‘来韓’という表現を使うことが妥当なようだ。
ドイツ,ベルリンで次期作<忍者暗殺者>を撮影中である彼は<スピードレーサー>広報のために1泊2日日程で韓国を訪れたし,ただ一日の間60ヶ余りの韓国媒体インタビューと海外媒体の<タイムズ>インタビューを消化しなければならなかった。
彼に会うために光化門(クァンファムン)のあるカフェに到着した時,チョン・ジフンは終わりもなしで続くインタビューの間に暇を作って,インターネットでメールをチェックしていた。
彼のメールボックスにはベルリンでジェームズ メクテイグ監督が送った撮影日程表とLAでウォショスキ兄弟が送った機嫌伺の挨拶とニューヨークでスーザン ソレンドゥンが送った夕食初代メールが到着しているかも知れないことだ。
記者には‘想像’だが,チョン・ジフンには‘現実’だ。
<スピードレーサー>の‘太祖’を延期(演技)した俳優ならばそうしそうだ。
“映画の中で‘太祖’が登場する時間が1時間近くなる。
私さえもそのようにたくさん出るとは思わなかった。(笑い)監督様が‘太祖’というキャラクターに愛情をたくさん見せた。
服とヘルメットに‘トゴカン’というハングル ロゴを入れたら良いという提案を受け入れてくれたのもそうで。
ハングルをさらに可愛くデザインしたかったが,緊急に描いて入れて,少しやぼったく見える。(笑い)それでも全世界で韓国観客がこの映画を見る時,気持ち良くないか。
事実まだハリウッドで東洋人の役割をキャスティングする時,日本や香港俳優を優先順位に置く。
多い韓国俳優らがハリウッドに進出して雰囲気を変えられると良いだろう。”
6-4

<スピードレーサー>を通じて,彼は監督のウォショスキをはじめとして,映画の中だけで見たハリウッド スターらと安否電話をやりとりする間になった。
“ウォショスキ,スーザン ソレンドゥニラミョン,最高の位置にある人々ではないのか。
ところで本当に気さくで親しい。
特にスーザン ソレンドゥンは現場に出てくればすべての俳優とスタッフに先に笑いながら挨拶をする。
‘レーン,今日良く見えるよ?’とする式で。
その姿を見ながら,俳優の態度をたくさん習った。
彼女はあたかもお母さんのようによく用意した。
ガールフレンドはあるのか尋ねてないとすると,若くしてそんなにつまらなく生きてはいけないとし,娘の友へらを紹介するといった。
私は英語も学び良いだろう。(笑い)近い将来夫のチーム ロビンスとともに夕方食事をしようと約束した。
ウォショスキ兄弟は私が次期作の主人公だと神経を多く使ってくれたようで。(笑い)”
6-4

途方もない変化だが,これが終わりでない。
撮影会場でチョン・ジフンを注意深く見たウォショスキは彼を自分たちが製作して<プイ フォー切ったが(受ける)乗って>(05)のジェームズ メクテイグ監督が演出する<忍者暗殺者>の主演でキャスティングした。
“4月28日からベルリンで撮影を始める。
内容をまだ公開することにはならないが,<300> <マトリックス>のチームが皆集まって,作る映画で最高のアクションを見せる計画だ。
それで熱心にからだを作っている。
<スピードレーサー>が封切れば香港に立ち寄って米国で<忍者暗殺者>スタッフらに会って,ロンドンに立ち寄ってベルリンに行く。
話して見ると本当に長い旅行日程だ。(笑い)”韓国に1泊2日‘来韓’するほかはない,ギリギリな日程だ。
国際的なスケジュールはまたある。
ドリームワークスで製作してジャッキ ブラック,アンゼリナ・ゾーリ,ダスティン・ホフマン,ジャッキー・チェンが声を引き受けたアニメーション<クンプペンド>の主題曲‘Kung-Fu Fighter’を呼んで,歌手としての才能も遺憾なく発揮したし,最近ランチングした衣類ブランド事業も拡張中であり,代表を受け持っているエンターテイメントの新人らを訓練することも彼の持分(役割)といった。
このように見れば,“チョン・ジフンの全てのものが変わった”としても課長ではない。
インタビュー開始頃<サイボグジマン,大丈夫>(06)時のインタビューを記憶しながらうれしい顔で握手を清閑彼だったが,ここまで聞いた時,チョン・ジフンは‘エイリアン’のように見えた。
だがこれはインタビュー前半戦に過ぎなかった。
6-4

チョン・ジフンはいつもそのようにしてきた
チョン・ジフンがどれくらい努力ファイン紙はすでによく知られた。
彼はいわゆる‘成功’の公式が若干の才能ともう少し多い泣いた,そして割合で問い詰めれば99パーセント程度の汗だと信じる人だ。
外信記者らがチョン・ジフンに最も多く投げる質問は“(あなたのような無名の俳優が)どのようにウォショスキの映画にキャスティングされたのか?”であった。
答は極めて平凡だ。
彼はオーディションに参加しただけだ。
“太祖駅の俳優を探すオーディションがあるという便りに,ひとまず私が今まで活動した資料を集めて,テープを送った。
ウォショスキから会いたいという連絡がきたのに,その当時ツアー公演中だった。
夜中飛行機乗って米国に飛んで行って,ぴったり2時間会ってまた戻らなければならない状況だと迷った。
瞬間頭でパッとしたよ。
‘君まともな精神状態なの?ウォショスキがお前を会いたいというのに。
行かないというのが話になると考えて?’(笑い)無条件行った。”監督の前で彼はいつもそうしたように率直に話した。
“私は上手にすることができる。
あなた方気に入ることだ。
もう太祖の役割のために私が何をすれば良いか?”チョン・ジフンはそのように‘太祖’役割を取り出した。
“メジャーリーグ4度打席に入ったことだ。
もう打ちさえすればよい。
ここで球を打てないのは私に話にならない。
口にモチをいれたのにかまないというのが話になるか?”チョン・ジフンはあくせく(執拗に)棒を振り回した。
ホームランがさく烈する時まで100度でもファールボールを打つ心情で。
“<スピードレーサー>に出てくる場面は大部分コンピュータグラフィックと演技の合成だ。
俳優らはほとんど本物のように作られたレーシングカーセットに座って,演技をするのに,振動がいたずらでない。
30分だけ座っていれば腰が切れるようだ。
私は踊ったので関節が良くなくて,苦痛が加える。
本当に腰がめちゃめちゃになりそうだった。
通風にならないレーシング服の中に汗がぽたぽた落ちる。
他の俳優らは30分程度すれば服もちょっと脱いで,外に出て行って,タバコも一台吸って休んだ。
私は大丈夫だといった。
監督がちょっとやさしいといっても大丈夫だとし,次の新撮影の時までその中に座っていた。”どんな監督がこういう俳優をかわいがれないことがあるだろうか。
ウォショスキ兄弟がチョン・ジフンにほれるのが十分理解できる。
そのような貪欲根性は結局彼に<忍者暗殺者>主演という機会に戻った。
いつもそのようにしてきたように。
6-4

初めて彼が<スピードレーサー>にキャスティングされたという便りが聞こえてきた時,色眼鏡をかけた視線も多かった。
明らかにアジアを号令する最高の歌手で‘ハリウッドの影響力あるエンターテイナー100人’に選ばれたスターだが,演技経歴は三編のドラマと映画一本しかない一種の‘新人’俳優にハリウッド ブロックバスターがそんなに簡単に‘ござ’を敷いてくれるわけがないということが蔑視の理由であった。
チョン・ジフンも十分知っていたといった。
だが彼は話が先んじるのはそれほど役に立たないということも知っていた。
その上彼は自身を引き降ろす雑音に気を遣う程時間余裕がなかった。
“常にそうした。
私がソロ歌手でデビューする時から。
‘チョン・ジフンが,雨が果たして浮かび上がることができるかい?’演技を始める時は‘その子が演技をどのようにして?’米国進出する時は‘米国を誰でも行って?’このように入る話した。
ひとまず私は見せた。
歌を歌って,演技をして,米国進出をした。
そのようにすべてして出たところ‘その子はみな良いが顔がとてもぶさいくだった’としたよ。
顔は努力しても仕方ない部分だと…。(笑い)いつもそのようにしてきたが,私が期待を受けただけ見せれば他の人らも(蔑視する記事を)気を遣わない。
期待を受けたのに,私がそれだけ結果を見せなければそれは背信だ。
だから私は休めない。”
6-4

チョン・ジフンは何も変わっていない
表から見ればチョン・ジフンはあたかも千道断崖が追いかけてくることでもするように戦力疾走するように見られるが,彼は<サイボグジマン,大丈夫>で会った時よりはるかに余裕があって見せた。
高速列車屋根上に立っているように紛らわしいかとの質問にチョン・ジフンは断固として話した。
“私は最善を尽くした。
ここで転んでも後悔はない。
人々は自分が今していることがどれくらい幸せなことか簡単に忘れる。
私は私がしているすべてのことが私の人生の活力だ。
もし私にこのことらが幸せでないならば,違ったことを探すかも知れない。
だがこのことが良いならば,私がいくら底に落ちてもいつでもまたバックダンサーことから始めることができる。
私が欲が少し多い。
ならなくてもしてみようというような負けん気のような力もあって。
ひとまずすることだ。
‘してならなければやめるだろう’という心情で。(笑い)”そしてあたかも昨日のことを思い出させるように話を繋いだ。
6-4

"私は底が何か分かる。
言葉どおり金がなくて,5日を飢えてみた。
その時そのことのためなのか今でも食貧が多い。(笑い)私が成功すれば後ほど家族らに好む食べ物を吐く時まで買うことと考えたこともある。
練習生時期に,(朴)陣営が兄が一週間にぴったりエンジェルスノー中華料理店で会食をさせてあげた。
のどまで満杯になったのに,目の前に食べ物がとてもたくさん残ったよ。
それでお手洗い行って吐いてきて,また食べた。
そのエンジェルスノーが過ぎれば食べられないから。
その時期に帰りたくない。
私の風は私の妹を満ち足りているようによく育てることと,うちのお父さんに良い車,良い服買って差し上げることだ。
人生本当に短いのではないか?私が生きながら最も大きい一が…うちの母さん病院に入院した時…本当に入院費がなくて亡くなったことだから。
鎮痛剤注射一度置いて差し上げる金がなかった。
被涙流しながら,絶対休まないといった。
その時は病院,医者たち本当に嫌いだった。
幼い心に‘意志ならば,お金も多いでしょうに,人がそんなに痛いとお願いするのに,鎮痛剤一台置けないでやろうか。
私が明確に返すといったのに’こういう考えた。
何今になって医者たち何かのせいにするのではなくて,とにかく本当に冷酷な世の中だった。
世の中が皆私を無視するようだった。
君はぶさいくでならなくて,君は(ユー)スンジュンが兄やカンタ兄のような目つきがなくてならなくて….
一歩の後が断崖であった。
10余年前のことだと?私はまだその時の夢を見る。
お金のために愛される人が苦痛当てられるのを見た人はその切迫することを忘れない。
高齢だが英語勉強難しくないのかと?陣営が兄が高3の時大学豊かでないアルバム渡さないからといって,修能150点を3ヶ月ぶりに310点に引き上げて,大学行った。6-4

彼が時には話を繋がないながら,時には涙を浮かべながら,時には空腹感を覚えるように笑いながら,話をつなぐ間,彼の顔をじっと眺めた。
チョン・ジフンは何も変わっていない。
彼はいつも夢見て,夢のためにあらゆる事をかけて,それを現実に成し遂げればまた夢を見る人だ。
チョン・ジフンにはまた他の夢ができた。
“私が主演した映画が米国ボックスオフィス1位をするのが夢だ。
それで米国空港におりた時,職員らが私の顔を見て何の話もなくVIP通路で案内すること。(笑い)来年頃には成し遂げたら良いですが,なるだろうか?それを成し遂げればさらに前へ行こうとすることだ。
いつもそうしたように。”
インタビューを終える時,頃,彼の手の平が目に映った。
赤くて丸いウォンのように見える跡が何か尋ねるやチョン・ジフンの顔が明るく明るくなった。
“血が(身ごもる)しみこんで上がってきたかたい肉だ。
<忍者暗殺者>トレーナーが<300>の俳優らを訓練させたチームだ。
<300>で見たようなからだを作るためには一般ウェートトレーニングではならない。
実際に丸太を至高,綱を(受ける)乗って,岩壁を上がってこそ作られる。
三清(サムチョン)教育隊が別にない。
毎日吐く。”彼は急にノートブックを持ってきて,からだの変化を見せた。
ますます刃物で削っておいたような筋肉質に変わっていくチョン・ジフンのからだ.
チョン・ジフンは常に変わる。
同時に彼は全く変わらない。
それでチョン・ジフンの‘明日’は常に期待される。
今まで話したように,彼は決して期待を裏切る人でない。

-naver-

スポンサーサイト



ピ熱烈なファンら'カンフパンダ'稲妻観覧


歌手兼俳優ピのファンたちが'稲妻観覧'でピを応援する。
ピのファンたちは4日午後ソウル,狎鴎亭洞(アプクジョンドン)CGVで映画<カンフーパンダ>(監督マーク・オスボーン・配給CJエンターテイメント)の試写会に共に参加することにした。
ピのファンたちは雨が主題歌を歌った<カンフーパンダ>を観覧しながら,雨が声で参加した映画の出来ばえを計ってみることにした。
このような便りは試写会一日前の3日ピの各種ファンサイトを中心に広まった。
雨は現在ドイツ,ベルリンでハリウッド次期作<忍者アサシン>撮影で目鼻浮かび上がる間なしで忙しいがこのような便りにうれしがっている。
雨は通りの孤児だが,忍者を殺す暗殺者で育つことになる役割を受け持って,撮影に熱中している。
雨は今月30日日本で開かれるファンミーティングのために日本を訪問する。

-naver-

ピ,分かってみれば5年間ストッキング当てられて'びっくり'

歌手ピと人気俳優Aが数年間ストッキングに苦しめられてきたのが一歩遅れて知られた。
SBS時事プログラム<緊急出動SOS 24>(以下緊急出動)は3日午後11時5分'心にわだかまりが出来た怨恨の実体-芸能人のストーカー'を通じて,ストッキングで被害にあう芸能人の人生を公開した。
<緊急出動>の,ホ輪舞製作チーム長は"ストッキングにあう芸能人の現実は思ったより深刻だった。
トップスター雨は5年余りの間ストッキングにあいながらも,どの言葉できなくて黙黙と耐えてきた。
ピだけでなく人気俳優A氏やはり10年以上ストッキングにあってきた"と明らかにした。
ホ輪舞製作チーム長によれば30代半ばのある女性はピの公演会場および撮影会場を追いかけながら,ピを攻撃する準備をしてきた。
'復讐'などの句を数えることは板を準備して,ピの一挙手一投足を追いながら困らせてきた。
雨が降って,ファンたちはこの女性の存在を皆知っていたが他の解決方案を探せないまま耐えなければならなかった。
人気俳優A氏やはりある男性から10年の間ストッキングにあった。
Aのストーカーは家の前まで訪ねて行って,はいかいしながらA氏を追った。
A氏は製作スタッフとの電話通話を通じて,その肝の苦労と悔恨を打ち明けた。
ホ チーム長は"彼ら(これら)は精神病に一種の操縦妄想症を体験していた。
操縦妄想症はスターが自身を困らせていると考えるから防御本能で攻撃的指向を持つ。
常に露出した芸能人には一般ストーカーより危険な存在らだった。
今回の放送を通じて公開されたストッキング問題に一部分に過ぎない。
雨が降ってA氏の他にさらに多いスターらがこういう被害を受けている"と説明した。
ピのストーカーは現在薬品治療を受けていてAのストーカーは3ヶ月入院治療を受けることで一段落された。
<緊急出動>製作スタッフはストッキングにあっている多い芸能人らがこれを隠すよりは積極的に解決方案を模索することが重要だと口をそろえた。

-hankooki.com-