FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨カムバック,‘パフォーマンス’の帰還

ワールドスター雨が国内活動に復帰する。
ウォショスキ監督の映画‘スピードレーサー’に出演するなど俳優でワールド スター位置づけを固めた雨が久しぶりに歌手活動を通じて,国内ファンたちと会うことになる。
ピのカムバックはしばらく海外活動専念で見るのが難しかった,韓国出身グローバル スターの姿を近くでしばしば見ることができるようになったという点で期待をかもし出している。
歌謡界従事者ら中にはピの復帰を韓国歌謡界に‘パフォーマンス’が戻ることで定義するこれらも相当する。
雨は歌謡界の一人のダンス歌手でなく反対に韓国歌謡界を代表するパフォーマンスをお目見えしてきたしピの空白の間彼を凌駕する程強烈でポスが強いパフォーマンスをお目見えした歌手があまりなかったという意味だ。
ピのパフォーマンスには二種類特徴がある。
見る人の目を引くパワフルで躍動的な舞台をお目見えするということとお目見えする踊りごとに流行になるということだ。
専門ダンサーら説明を聞いてみれば力と躍動性,そして観客や視聴者を圧倒する強烈なポスを皆そろえたパフォーマンスはピ他には探し難いという。
パフォーマンスが毎度流行になるのも容易ではないことだ。
雨は1集の時から発表する歌ごとに踊り動作中一部が関心と流行の対象になった。
‘呼吸踊り’があった‘It’s raining’でもランニングシャツを持ち上げて硬い腹筋を見せた‘I’m coming’等テンポある歌だけでなく‘さよならの代わりに’のように軽快なソフト バラードでも手動作を流行させた。
ピの踊りは発表だけなれば放送で数多くの他の芸能人らがパロディをしてきた。
雨は自身のすべてのパフォーマンスを直接振りつけしてきた。
振りつけを準備する時,見る人々が忘れるのが難しい純愛中毒性ある動作をよく構成するということは雨が感覚ある振付け人であることを立証するのだ。
雨は今回のカムバック活動でも真のパフォーマンスが何かを見せる覚悟を丹念にしたようだ。
旧盆連休の間にも米国に渡っていって,振りつけ構想に没頭したし今回は直接作曲に参加したタイトル曲もパフォーマンスを考慮して作ったと知らされた。
タイトル曲のミュージックビデオも‘It’s raining’ ‘I’m coming’等を通して,ピの躍動的なパフォーマンスを画面でよく表わしたチャン・ジェヒョク監督が引き受けた。
以前作品らも毎度年末行きます授賞式の今年のミュージックビデオ上候補に上がる程秀作であったのに今回のMVはより一層きらびやかなパフォーマンスを入れたと知られている。
雨の今回のカムバックは韓国ファンたちとの出会いとパフォーマンスに対するのどの渇きのためというものが所属会社の説明だ。
現在の空けと言うならあえて国内活動をする必要がないので所属会社の説明がピを引き立って見えるようにするための広報性コメントと見るには骨を折ったようだ。
すなわち,金を儲けるためならずっと提案が入ってくる米国ハリウッド映画をさらにとることが劣悪な国内音楽市場でレコードを出すことよりはより良いだろう。
時間が残ってもないようだ.
数年の間少しも休まないで活動してきたピの状況を考慮すればお金もならない国内活動するよりは休息を取るのがより良いこともある。
だから韓国ファンたちと舞台に対するのどの渇きが復帰理由という話は真正性あるように感じられる。
雨は今俳優活動を通じて,言葉どおりワールドスターになるのに成功したが事実は舞台に対する,パフォーマンスに対する限りないのどの渇きを持っている歌手だ。
いくら疲れて大変でも舞台に上がればうれしがって頑張る雨のの姿はすでに有名だ。
歌謡界は現在第2次アイドル時代になりながらシャバンシャバンハン舞台が主流をなしている。
こういう状況がますます深刻化されている場所と雨がお目見えする力と躍動性のパフォーマンスに期待が大きくなければならない。

-naver-

スポンサーサイト



釜山(プサン)映画祭側"ピ,招請したことない"

釜山(プサン)国際映画祭側が歌手兼俳優ピを公式招請したという報道を全面否認した。
釜山(プサン)国際映画祭事務局側は23日アジア経済新聞との電話通話で"ピを公式招請したこともなくて招請目録にも含まれなかった"として"功労賞授賞有無も初耳"と明らかにした。
事務局側は引き続き"功労賞の場合長い間の活動期間映画的に明確な功労を残した人に授けることが一般的だからピのように活動期間が短い俳優に功労賞を与えることは国内外的に多くないこと"と説明した。
また公式招請に対しては"釜山(プサン)映画祭一定期間開かれる舞台行事に招請されたのが誤って伝わった可能性がある"として"詳しい事項は確認中"と話した。
某日刊紙は23日ピの側近が残した話を引用して"雨が13回釜山(プサン)映画祭に公式招請を受けた。
雨がハリウッド映画に出演しながら,韓国映画の地位を高めた点を高く評価して,主催側が特別招請をすることになった"と報道した。
また"主催側は世界的に韓国映画の地位を高めた雨の功労を祝賀するために別途の賞を授けようという議論も進行中だと伝えられた"と付け加えた。
これに対してピの所属会社チェイテュン関係者は"具体的な事実を確認中であるから公式的な発表がある時まで待ってくれ"と話した。
一方雨は降る初めウォショスキヒョンジェ監督の'スピードレーサー'で助演で出演して注目をあびたのに続きこれら監督が製作した'忍者アサシン'で主役を演じて,撮影を終えた。
-gwangnam.co.kr-