FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
ピ5集アルバム予約注文10万枚突破

15日発表したワールドスターピ(実名チョン・ジフン)の5集アルバムが予約注文10万枚を越えるなど最近東方新起に続き不況のレコード市場に活力を吹き込んでいる。
2年余ぶりに公開された雨の5集アルバム‘レイニズム’はアジア全域でも発売される予定なので海外販売推移も注目される。
所属会社JTエンターテイメント側は“発売前異味予約注文10万枚が越えたし,追加注文が殺到している”として“アジア各国らとは現在レコード発売に関し協議中だ。
海外ファンたちの関心もまた高い状況”と明らかにした。
アルバム発売以前音源を先公開した‘ラブ ストーリー’の人気も爆発的だ。
エムネットなど音楽サイトなどによれば‘ラブ ストーリー’は初めての週ぶりにダウンロードおよびミュージックビデオ部門で1位に上がった。
ピの歌が音源チャートで一気に1位に上がることは今回が初めてだ。
バラードに近い‘ラブ ストーリー’とは違い15日公開されたタイトル曲‘レイニズム’は電子シンスとシンプルながらも,反復的なメロディが印象的な曲だ。
‘レイニズム’をはじめとして,雨は5集アルバムの総括プロデューシングを直接引き受けて作詞?作曲にも参加するなど雨ぶりの色を探すための努力を傾けた。
一方雨は去る12日SBS ‘夜心満満芸能選手村’の録画を終えたのに続き15日にはMBC ‘黄金漁場膝ぶすっと導師’に出演するなど音楽プログラムに他芸能番組にも積極的に出演,大衆により懇意なイメージを植え付けるという計画だ。

-naver-

スポンサーサイト



ピ,‘隠さない’ワールドスター

ワールドスター雨が2年ぶりに韓国活動に乗り出した。
雨は今回の5集活動を‘雨が降る’と来る17日‘カムバックスペシャル-や,ピ,踊り’等二つのスペシャル放送で始めて‘膝ぶすっと導師’ ‘夜心満満-芸能選手村’ ‘想像プラス’はもちろんほとんどすべての芸能番組に出演する計画を持っていると所属会社は明らかにしている。
事実こういう雨の動向は眼に触れる。
韓流スターまたはワールドスタイン韓国芸能人らは活動をしても‘隠すこと’を通したイメージ メーキングをすることが一般的だ。
放送などの言論露出を自制するのはもちろんファンたちと直接対面する場所では口もよく開かない。
神秘主義マーケティングだ。
反面雨は韓国ワールドスター中最上級の認知度を持っているのにも今回の活動で力が及ぶ限りすべての媒体を通じて,ファンたちと会う計画を持っている。
‘カムバックスペシャル’ 録画場ではファンに冗談を投げるなどおしゃべりだ(?)までしたようだ.
疎通マーケティングまたはスキンシップ マーケティングといえる。
もちろんある者はTV広報が重要な歌手活動だからそうだという。
間違った話ではない.
同じ韓流スターの東方新起を見ても俳優らよりはTV出演がはるかに多いからそのように見ることもできる。
だが広報のためにTVや媒体にたくさん出れば有利なのは俳優も同じだ。
映画中には主演俳優が熱心にTV芸能番組に熱心に出演したのが興行作になるのに大きく寄与した場合がだいぶ存在する。
その上にピのように国民的な認知度を持っている場合ならば,広報のためにTV出演をするといっても重要なプログラムいくつかだけでもなる。
ところで雨はそのようにしないでいる。
一般人らにはよく知られていない事実だが,雨は今回の活動でインタビューも20ヶ余りを越える報道機関をいちいち訪問して持っている。
最近‘映画は映画だ’封切り後インタビューを通ったソ・ジソプ程度を除けば韓流スターまたはワールドスターらにはないことだ。
たいていピクスタドゥルは色々な報道機関記者らが集まった場所で集団インタビューまたはショーケースでインタビューを処理する。
直接通うインタビューは新人らがする方式だ。
インタビューをこのようにすれば芸能人は瀕死になる。
特に今ピのように放送活動と報道機関インタビューを併行する場合超人的な意志とエネルギーが必要なことだ。
聞こえる話では報道機関ごとに大騷ぎが起こったもようだ。
いくら報道機関職員でも顔を見るのが難しいと思った雨が入るから職員らの間では大きい動揺(?)が起きるという。
なぜ雨は隠れないことであろうか。
ひとまず雨の’ものすごい誠実さ’が活動方式にも反映されたと見られる。
夜中ドラマを撮ってきて,公演のための踊り練習して睡眠寝なくてまたドラマ撮影会場に走って行ったように今回のレコード活動でも放送でもインタビューでも適当にしなくて極限までしていくことではないかと思う。
‘韓国ファンに本当に会いたかった’’舞台が本当に懐かしかった’というピの話でも理由を探すことができるようだ。
広報性コメントであることもあるだろうが途方もない活動量を見せるのを見れば韓国ファンと舞台に対する懐かしさは心より受け入れてもかまわない気がする。
どうなろうとファンたちには幸せな(の)限りないことであるからワールドスター,韓流スターが活動,露出をよくするのは肯定的に眺めることだ。
今回の活動初公開曲‘Love Story’もあっという間にチャート トップ10に進入するなどピの熱情的な活動に対してファンたちも熱い反応でうなずく返事をしている。
バラードの‘Love Story’後には本当にタイトル曲が待っている。
‘ミスターパフォーマンス’ピの真価がまたあらわれるダンス曲が公開される。
パフォーマンスが始まれば音楽プログラムも熱心に出演する計画とのことだ。
雨は今回の活動で一つも残さないでファンたちと会うもようだ。

-naver-