FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
5集‘レイニズム’でカムバックしたピ“来年米国で驚くほどの大作アルバム発表”

"第2の雨は今でもあふれ出ています。
踊りと歌が私より優れた友へらも多いよ。
私は絶えず努力するつもりなので余裕のある心で後輩らの挑戦を受け入れます。"
ピ(を説明する時'努力'という単語が抜けない。
ピを発掘した歌手兼プロデューサーのパク・チニョンも彼の努力と成長速度に首を横に振ったほどだ。
去る2年間米国ハリウッドで得た収穫も彼の努力に比例した。
15日発売した5集アルバム'レイニズム(rainism)'やはりその決定版だ。
去る14日ソウル,汝矣島(ヨイド)国民日報社屋で会った雨は多少疲れるとみられた。
"もう健康を取りまとめる時"としてぎこちなく笑った雨はアルバムの話を取り出すと目つきが変わった。
今回のアルバムは自身を育てたパク・チニョンから独立した後初めてのアルバムだ。
少しでも不足すれば非難が倍加されることが明らかだったので負担感がいつの時より大きかった。
何か見せなければならない時と感じた雨は企画からプロデューシングまでアルバム全般(前半)に自身の息遣いを吹き込んだ。
作詞または作曲者にも参加した。
アルバム名の'レイニズム'は英語でピを意味するレーン(rain)と死傷(史上,思想)や信条を意味するイズム(~ism)を合成した新造語だ。
雨が直接作った話で自分だけのスタイルを入れたという自信の表現だ。
"ピの音楽と哲学を見せるアルバムです。
歌を聞けば'私に従いなさい'というスローガンが感じられる程強烈な感じを受けられるはずです。"
主題曲は'レイニズム'と'ラブストーリー'に決めた。
'レイニズム'は雨が作詞,作曲した。
力がある踊りが特徴の雨は'レイニズム'で節制された踊りをお目見えする。
悲しい愛の物語を入れたバラード曲'ラブストーリー'は自身の経験を土台に歌詞を使った。
雨は2006年4集活動以後ずっとハリウッドを縫った。
'マトリックス'のウォーショースキー兄弟がメガホンを捉えた映画'スピードレーサー'を通じて,デビューした。
ウォショスキ兄弟は助演級に過ぎなかったピの可能性を高く評価して'忍者アサシン'で主人公で破格起用した。
"ハリウッドではすさまじい戦闘と血さく烈する競争の連続でした。
すべての支援を切って底辺からやり直しましたよ。
孤独さとホームシックのためにじっとしていても涙が出たほどでした。
無謀な選択ではないか後悔もなりましたよ。
心が弱くなるほど耐えて努力しながら勝ち抜きました。"
5集発売で活動信号弾を撃った雨は来年頃米国でデビューアルバムを出す予定だ。
海外有名アーティストを交渉して,アルバム準備中にある。
"まだ明らかにできない段階"として言葉を慎みながらも"びっくりするほどの大作になるだろう"と耳打ちした。
頂上に立っている雨は底辺の初発心を考えていた。
"歌手ピは未来がある青年だと考えます。
底辺から始めたし世界舞台も経験したので流行を先んじる歌手と言いたいですね。"自信に満ちた語調であった。
頂上に立っている雨は底辺の初発心を考えていた。

-naver-

スポンサーサイト



ピ,カムバック同時に音源チャート1位

歌手ピがカムバックと同時に音源チャート1位に上がる底力を見せた。
16日発表されたオンライン音楽サイト バグスチャートによれば雨は自身の実際愛物語を入れた5集収録曲'ラブ ストーリー(Love Story)'で主幹順位1位を占めた。
また最近MBC '私たちの結婚しました'に出演して,マルコと仮想夫婦呼吸を合わせることになった手塀費やはり人気突風を繋いで,6位から5位に一段上昇した。
一方グループ ビッグバンは日本発売アルバムまで大きい関心を集めながら,英語曲'ナンバー ワン(Number 1)'が8位に上がって人気を誇示した。
ポップ歌手中にはプリトゥニ スピオスが最近発売したシングル'ウーマナイザー(Womanizer)'で103位から48位に55階段上昇する気炎を吐いた。

-naver

(人物探求)チョン・ジフン②"ピをピらしくすることは挑戦"

- "腹がへった苦痛分かる..ファンたちの応援が私には成功でやりがい"
- "礼儀正しくて謙虚なのも実力..初心失いたくなくて"
- "また初めて帰っても手ぶらで開始できて"
[イーデイリーイ・ウイチョル論説委員] <歌手ピ インタビュー1編で続きます>
-本人がワールドスターと考えるか。
“言論が作り出した言葉だ。
もちろんワールドスターになろうと努力する。
明確に話せるのは韓国人もワールドスターになることができるという事実だ。
アジア圏で真のワールド スターだと言える人物は私が見るのにぴったり二人,ジャッキー・チェンとジェット・リーだ。
韓国人はなぜワールドスターになれないだろうか。
能力が不足してはないとみる。
またあえて私でなくても関係ない。
ここに成功という文があると仮定してみよう。
あのドアをあけたり壊して出て行けば成功だ。
今の私を自ら評価すれば成功という文に金は行くようにしたようだ。
次の選手がきて,文を壊して出て行けばそれも成功だ。
私の役割をすべてしたのだ。
まだワールドスターではなくてそれに向かって行くところだ”
-やはり聞いたとおり礼儀正しくて謙虚だ。
“新人のように,初心を失わなくなりたい。
それも事実実力だ。
米国出かけるからうまくいく人であるほど礼儀正しくて謙虚でジェントルした。
米国でそれ一つ確かに学びきた。
あう時,先に挨拶する人は成功して上手く行く人だ。
今日初めて尋ねたが次にまた会えば親しく挨拶することができる”
-韓国に久しぶりにくるからどうなのか.
“米国でとても激しく競争してきたのでここにくるからとても良い。
心が安楽になる。
放送局に行けばおわかりの通り1度控室ということがあるのに最も良くて広い控室だ。
以前には1度控室がスンフン兄のような先輩席であった。
ところで今回くるから私がいつのまに先輩になっていたよ。
1度控室も私に与えて...
今は事実韓国でさらに人気呼んで,お金さらに儲けるべきかを考えは全くない。
ファンたちが私のアルバムを楽しんでくれればそれで満足だ。
米国で傷ついた考えれば韓国は本当に天国だ”
-米国で傷ついた話ほどほどにしてくれ。
“米国は本当に無限競争だ。
血はねる。
全世界映画市場で一本ずつする人々が各々私が演技するのを見て評価する。
出てきて私の競争者を置いて判断するのに,若干でも押されればそのままアウトだ。
製作者と親しくて監督とは親しくてそんなこと必要ない。
直ちに契約破棄される。
韓国も競争激しいがその程度ではない。
私が初めにオーディションを見る時,裸足でオーディションを見たのに誰も関心を持っていなかったよ。
ただ背が高い東洋哀歌来たなあする程度だ。
ところでそのような無関心が人をすさまじくさせる。
とても孤独にさせる。
後日には負けん気が活気だよ。
そうだ無関心だなあ。
関心を持たなければならなくさせてくれる。
こういう考えた。
時にはこういう難しい挑戦を何故しようかと思って自ら叱責したりもする。
後ほど後悔しないためだ。
今でなければハリウッドという市場に足を踏み出すことができない。
私だけでなくハリウッドに行こうとするすべての芸能人ら同じだ。”
-そのような困難をみな克服したものか。
今は。
“どのようにみな克服できるか。
ところが今はたくさん緩やかになったしやわらかくなった。
以前には固かった。
‘私はうまくいかなければならなくて。
初めから最後まで成功しなければならなくて’という意志でみな固く団結した。
それで過去には風が吹けば絶対揺れないようにした。
それが紙ということだと思ったから。
ところでこの頃には風が吹けばそのまま過ぎ去れとよけてくれる。
ひざまずく時ひざまずくことができることになった”
-とても大人っぽく話す。
何か道を分からせた人のようだ。
“時々こういう考えてみる。
私が成し遂げられた成功や成就,こういうものらが一瞬にしてみななくなればどうなるだろうか。
以前にはそうするかと思って恐ろしかった。
今ではない。
初めからやり直せばそれだけだ。
本来から何もなく始めたためだ。
私が上手にするのは踊りと歌だからそれで後輩らを教える事もでき,ミュージカル公演を作ってみる事もでき,足で走って,配達もすることができる。
そのように決心するとさらに楽しむことができるようになった。
歌も踊りもさらにうまくいく”
-誠実さと努力がトーレードマークなのに,いったいなぜそのように熱心なのか。
“腹がへった苦痛をひどすぎるように体験してみたためだ。
そのような苦痛を再び体験したくない。
今でもご飯上げなければことしない。
私がさせた食べ物を出ることと分けること嫌いだ。
親しい友へでも‘あるさじだけ食べてみよう’こうすれば嫌いだ。
食べ物に小心なのも腹がへった経験のためだ(笑い)”
-そのような努力の同人は何か.
自身を絶えずむち打ちする原動力話だ。
“亡くなったお母様だ。
またお父様と妹など家族らだ。
私がきついのはハングリー精神を持っているためだろう。
私の家族のためにならば,何でもすることができると考える人だ。
人生は必ず私がするだけ戻ってくる。
それでもう少しがんばろうと念を押す”
-人生での目標や夢は何か.
“人間としての目標は良いパパになること。
歌手としてピの目標は雨の人生自体が歌と踊りだからそのまま生きていけば良い。
また一つ目標があるならば演技だ。
演技は一生を置いて指向していく目標だ。
すればするほど挑戦的で難しい”
歌手ピは休息の方法で映画を見たり無駄口をたたくといった。
おしゃべりの主題はガールフレンド,社会的なイシュー,自身に関するデマなどだと。
無駄口をたたく相手方はチャ・テヒョン,ユン・ゲサン,パク・チニョンなどを挙げた。
ガールフレンドと付き合いたいがまだないといった。
理想は優しくて真実で話がよく通じる女性ならば良いと。(こういう女性会うのが容易でない,編集者注)自身がよく根をおろせるように見守る女性ならば良いという。
もしかしたら雨は理想でお母さんの姿を投影しているかもしれない。
-ハリウッドで追加的な映画出演提案があると聞いたのに。
“コミックアクションとメロー各々出演提案受けた。
コミックアクションはツートップでメローは助演だ。
ワーナーブラザーズ専属であるからコンサルティングも一緒に受けるのに,今は時でないといったよ。
忍者御暗殺者が来年に封切ってうまくいけばシリーズ2すべきなのに,コミックアクションをとればイメージがとても軽くなって,メローは主人公ではないからちょっと待ってみようといってそうしようといった。
今出演計画はない計算だ”
-一人で考えをよくするほうなのか。
時間が出れば何をするのか。
“率直に本をたくさん読めない。
時間が出れば踊り練習歌練習をするから...
生活から出た自らの原則で姿勢だ。
ストレス受けて孤独で憂鬱な時があるのに周辺を見て回りながら,私がこのように腹がいっぱいである文句を言う時ではないなという点を悟る。
新聞社会面に暗い記事多いが,それを見ながら,私が今以前の大変で腹がへったのを忘れはしなかったのか自らを振り返ってみる”
-いつの時一番幸せなのか。
“成功した時,成就した時だ。
出た成功の味を分かる。
成功の味というのはお金をいっぱい儲けてそんなことなく,成就で感じる幸福を分かるという話だ。
ファンたちに人気を得たり良い評価を受ければとても楽しくて幸せだ。
それがやりがいで成就感だ”
-コスダック企業セイテクを取得してチェイテュネントテインモントゥがなったのに。
“所属会社でもあり私も持分を持っているが経営には全く関与しない。
私は芸能人側ネットワークとクオリティーだけ取りまとめることでチェイテュンの経営や具体的であることは専門経営者らがすることであるから”
-歌手ピが聞いた本人に対するデマ中で最もあきれたデマは。
“雨が中国で自殺したというデマを聞いたことがある。
事実お父様が先に聞いてびっくりして,私に電話をしてこられた。
私ではあきれたことだが,家族立場ではどれくらい胸震えただろうか。
デマを広める人は何でもないと考えるが,当たる人は本当にそれのために死ぬこともできる。
芸能人ら公認だと私生活露出してそうするのに事実公人ではない。
税金で月給受ける公務員や政治家が公認だ。
芸能人ら弱い存在らだ”

-naver-

(人物探求)チョン・ジフン①"ピ,私を楽しむことができるようになった"

歌手ピ(実名チョン・ジフン)が戻った。
レイニズム(Rainism)という5集アルバムを入って。
5集アルバムはダブル タイトルだ。
レイニズムとラブストーリー,二曲皆雨自身のストーリーが土台になった。
レイニズムがピの歌,踊り,演技など彼の全てのものを表現したとすれば,ラブストーリーは彼自身の果たせなかったサランを歌った。
雨が直接歌詞を使った。
雨は今年27才(82年生まれ)の大韓民国青年だ。
美しい青年だ。
できたのと考えることが皆そうだ。
雨は以前よりはるかに成熟した。
精神的な側面を話すのだ。
ピ自ら過去には成功に対する強迫観念があったといった。
“死ぬように練習しよう” “不安ならば練習しなさい” “私には努力という刃物がある”等が有名な雨の語録だ。
実際彼はそのように生きた。
それで成功した。
米国ハリウッドでも同じだった。
競争で落伍しないために,無視されないために熾烈に生きた。
今の雨は余裕がある。
競争を避けることができないが,楽しむ方法も分かる。
“昔には風がくれば対抗しましたよ。
折れれば負けるものと思ったし,死ぬものと思いましたよ。
今は風が吹けばそのまま過ぎ去れとよけてくれます”もちろんあまり激しくないのも,少なく努力することでもない。
雨は歌手でない道を分からせた導師のように話す。
雨は肉体的にもより一層完ぺきだった。
惜しくも彼の腹筋は見ることができなかったが服を着てもやむを得ずあらわれる上体の筋肉と上下体幹の完ぺきな調和は変わらなかった。
雨はよく分かるように貧しい幼い時期を送った。
有名歌手のバック ダンサーで芸能界にデビューして寒くて腹がへった時期を送った。
しかし彼には不遇な時期の傷痕がそれほど見られない。
暗い隈がないというの話だ。
人が聞けばじいんとした話もあたかも他人話をするようにする。
“再び腹がへらないために踊って歌を歌う”として“今でもご飯上げなければことしません”として笑うチョン・ジフン.
金がなくて飢えてみたという意だ。
聞いている人がジーンとして,彼の話にさっさと相槌を打つのが難しい。
歌手ピ,いや人間チョン・ジフンに会った。
事実記者は音楽に対しては門外漢だ。
雨が追求する音楽的ジャンルがどんなものなのかも正確に分からない。
ところで記者がよく知る後輩女性記者が“雨は本当に100%完ぺきな人間です”と話すのを聞いたことがある。
この後輩女性記者は大韓民国最高学部を出て,記者になった,賢くて批判精神透徹した女性だ。
こういう女性が完ぺきな人間だと評価した雨はいったいどんな人であろうか。
強い好奇心が起こった。
ちょうど雨が5集アルバム販売を控えてメディアと会う時間と空間を許諾してくれた。
雨は2002年に‘悪い男’というタイトル曲でデビューした。
国内では早目にスターになった。
卓越した踊りの実力,スターにふさわしくない謙遜と誠実さ,演技に対する執念などもスター誕生を助けた。
すなわち中国,日本などで活動舞台を広げたがピの挑戦はアジアに留まらなかった。
昨年米国ハリウッドに渡っていった。
彼の米国映画界デビュー作はスピードレーサー.
主演でもなかったし興行に成功することもできなかったが演技者としての可能性を見せた。
最近ウォショスキ兄弟と忍者暗殺者をとった。
来年封切り予定のこの作品で雨は主役を演じた。
歌手ピの威力は会社内でもすごかった。
ピをインタビューしたといううわさが社内に回るや普段よく会えなかった後輩女性記者(本来記者らがちょっと艶がない)があえて私の席まで訪ねてきて挨拶をする。
しばらく別の話をしていきなり尋ねる。
“雨は一言でどんな人です”その後輩にこのように話してくれた。
“雨はなんだがね,雨の降る日向かい合って座って,一緒に酒杯を傾けてみたい青年は”
インタビューを終わらせて家に行って,ピの歌を一人で聞いてみた。
歌手をインタビューしたのに,彼の歌に対する評価をした与えるほどは使うべきではないだろうかと思う記者の強迫観念(?)であった。
結果的に言ってみればあえてそのような強迫観念を持つ必要がなかった。
アルバムのツートップのレイニジムとラブストーリー,歌の色は全く違ったが二曲皆リスニングに障らなかった。
必ずピのファンではなくても聞く人を吸引する魅力がある。
このインタビューがピのアルバム販売用ではないからもうこれ以上の評価は自制する。
もう人間チョン・ジフンの人生と歌と踊りと演技とそして彼の傷までも一度会ってみよう。
それで背185cmのすらりとして実力あって人間性まで良く見えるこの青年の魅力に一度陥ってみるのも良いようだ。
(歌手ピの写真は直接撮ることができなかった。
ピ側で著作権問題のために許諾しなかった。
インタビューに使った写真はチェイテュネントテインモントゥで提供した。
読者らの了解を求める。)
-アルバムから話そう。
今回の5集アルバムにのせられた曲が13曲なのに,自伝的なストーリーだったためか非常に有機的に組まれた感じだ。
どんなコンセプトだったか。
“アルバムの題名がレイニズム(Rainism)だ。
新しく作った言葉だ。
ピのスタイルとピの音楽と踊り,ピの全てのものを楽しんで見ようというコンセプトでアルバムを計画してみた。
レイニジムとラブストーリー斗斛がダブル タイトルに入った。
5集アルバムは髪の毛の先端からつま先まで私が自らみな決めてみな作った初めての作品だ。(パク・チニョンと決別した以後に作った初めてのアルバムを意味する,編集者注)既存のピと違うが既存のピと違わなくさせなければならなかった。
13曲中8曲は私が直接作詞したり作曲した。
ジャンル別に専門家たちと共同作業したのにダンス曲はダンス上手にする方々に任せたし,バラードはバラード専門家とともに作業した”
-雨に対しては持って生まれたダンサーだこういう評価があるがピの歌は大衆の残像にそれほど残っていない。
“私としてもちょっと惜しい大きな課題だ。
以前のイメージで歌手ピすればやはりビジュアル歌手だ。
パフォーマンスがまず思い出して歌は埋められた。
それで今回出てくる時は歌を主としようと考えた。
それでもビジュアルをあきらめることにはならないから言葉どおり二匹ウサギを捕まえてみようとした。
今回の5集アルバム聞いてみれば過去とは考えがちょっと違われるはずだ”
-ボーカルに対する力量が増えたということなのか。
“4集を終えながら,声量を本当に育てるつもりだと考えた。
ビジュアル歌手でも正確な声量と発音をそろえてこそ歌手として成功することができる。
今回の5集アルバムに3人のトレーナーとともに作業した。
ボーカルを捉えて,発声と高低を各々訓練させたトレーナーらだ。
4集までのアルバムで私の歌が息と苛性で大衆の情緒を刺激したとすれば今度は苛性と育成を行き来する。
一言で歌を上げてくれる美味しい””
-アルバム構成はどうなるのか。
"ビジュアル曲が5曲,感性を刺激する曲が6曲ある。
親切な音楽もあって,作品性ある多少不親切な音楽も一緒にいる。
また舞台委で似合う音楽もあってバラードもあって一言でモルティショプを見るような総合的なアルバムだ"
-今回のアルバムが本来予定されていたか。
"そうではない。
予定になかったアルバムだった。
米国で歌手として完全に成功を収めた以後に再来年ぐらいアルバムを出すつもりもあった。
レイニズムを米国で成功した象徴でして出したい心もあった。
ところでファンたちののどの渇きもあってして,ちょっと操り上げた。
ちょうど忍者御璽信徒来年に開封されて,余裕もちょっとできた"
-アルバムが自伝的なストーリーといったのに,ラブ ストーリーの主人公は誰か.
"切実な愛,忘れられない愛,デビューする頃に会った人だ。(もう少し問い質すや雨はここまで答えることができるといった,編集者注)

5集出したピ"ヤナギのように緩やかになった"

10-17

10-17

10-17


'レイニズム'で苛性の代わりに真性お目見えして
"孤独で,鬱気も..いつも出てきて戦わなければならなかった"
(ソウル=聯合ニュース)イ・ウンジョン記者=俳優兼歌手ピ(実名チョン・ジフン・26)にデビュー直前亡くなったお母さんは宗教だ。
彼は大きいことを控えていつも碧蹄(ピョクチェ)にいらっしゃったお母さんを探して祈る。
パク・チニョンから独立した後初めての作品の5集'レイニズム(Rainism)'を出す前にもお母さんを探した。
"いつもお母さんに'成功するようにしてくれ'と祈るりました。
だがこの頃は'怠けるようにならないで孤独でなくて動揺することがなく熱心に生きるようにしてくれ'と話します。
試練が近づいた時,私が揺れればすべてのことがみな揺れるからです。"
2002年デビューした雨は'成功する'というお母さんとの約束を守るために20代初中盤を全て仕事に捧げた。
パク・チニョンのバックダンサーで始めたが誠実さと意志で国内歌謡授賞式対象,MTV授賞式グランド スラム,米国'タイム100'選定,ハリウッド映画進出,北京オリンピック閉幕式公演などで名前の前に'ワールドスター'という修飾語を付けた。
雨はインタビューの時ごとに次の目標を提示したしそれを成し遂げてまた会った。
"他の人々が20代に楽しむものなどをあきらめたが後悔はないです。
来年初めにはハリウッド映画主演作'忍者暗殺者'が全世界封切って下半期米国でレコードも出す計画です。
来年が人生でもう一度のターニングポイントになるでしょう。"
◇ 5集はマルチプレックス映画館だ
15日発売した5集の題名は'レイニズム'.
'ピの音楽,踊り,スタイルが症候群を起こす'という意で自身のアイディアだ。
レコードは目で見る音楽,帰路鑑賞する音楽で区分して入れた。
強いダンスを武器にしたエレクトロニクス ポップ'レイニジム'とバラード曲'ラブ ストーリー(Love Story)'をダブル タイトル曲で打ち出したのもそのような理由だ。
自作曲'レイニジム'はシンセサイザーと単純反復されるリズムでジャスティン・ティンバーレイクの'セクシー百(Sexy Back)'のように純愛中毒性がある。
舞台で雨は'パーティーを楽しむ海賊'のように強い男性美を誇る。
"'レイニジム'で素晴らしくて楽しく遊ぶ雨らしいの姿を見せるでしょう。
また今までバラード代表曲がなかっただけに人々がよって呼んで寝つく前聞くことができる'ラブ ストーリー'を入れましたよ。
見どころとトゥルルゴリが同時にあるマルチ フレックス映画館のようなレコードです。"
ピの曲参加と市(詩)-ラブなど新進作曲家の起用も目立つ。
雨は'レイニジム'をはじめとして'私の女','ユー(You)','マイウェイ(My Way)'など5曲を作曲したし大部分の曲を作詞した。
ライブと強いパフォーマンスを同時に消化するが歌唱力が通貨切下げされるという言葉にも誠実な答弁を出した。
"シン・スンフンなどボーカルが強い先輩らの年輪に従うことはできません。
だが私もやはり公演の時踊りながら,20~30曲をライブで消化します。
すっきりしていてパワフルな歌唱のためにボーカル先生細分に学びました。
今まで声に苛性が多かったが今回は真性でメロディに点をとるようにぱんぱんとあけられる唱法を駆使しました。"
◇新しい経験は成長の踏み石だ
雨は5月ハリウッド デビュー作'スピードレーサー'の興行低調,8月北京オリンピック閉幕公演時は'中国のオリンピック広報に利用された'という一部世論にも苦しめられた。
それでもこういう経験らは成長の踏み石だと信じる。
"初めての主演の'忍者暗殺者'の興行にも大きく気を遣いはしません。
'スピードレーサー'で地下室をよく作ったし'忍者暗殺者'で1階を作っています。
それでこそ2階になる映画を撮ることができます。
'忍者暗殺者'は痛快なアクション映画の中に悲しい愛の物語が含んでいます。"
北京オリンピック閉幕公演以後の非難に対しては"オリンピックは人種,理念,思想を越えて,世界が一つになる祝祭"として"日本人が作詞・作曲した歌を中華圏最高のスターらと共に歌った。
オリンピック組織委員会で明らかに韓国代表で招請したのだ。
そちらで'これが世界だね'と感じた"と強調した。
◇包装を脱いで肌を表わす
雨はもう'素敵な歌手'という派手な包装を脱いで大衆に肌を見せるつもりだ。
最近芸能番組録画で同僚歌手さえ'別の世の中の人のように考えられる'という話に驚いた。
"以前には道で人々が私を見れば'ワ~空く'と話しました。
時々スクーターに乗って通りを走ったりカフェに行くのにこの頃は'鄙野?エイ~費似たよ。
雨は米国にあるじゃない'したのです。
私の顔がちょっと変わったんですか?"
自ら完ぺきでなければならないという強迫観念でも抜け出した。
韓致義誤差がない舞台,素敵なパフォーマンス,ぜい肉すっからかん結ばなければならないという考えから自由だった。
"過去の私がかたいコンクリート柱だったら今は風に揺れるヤナギのように緩やかになりました。
公演の時ならば完ぺきな舞台にすっきりしている仕上げ表情になってこそ安心しましたよ。
ケガしても,痛くても,大変でも表に出さなかったです。
今はファンたちにも'痛い,大変だ'と話しますよ。"
彼は"若いから痛くても大丈夫だと考えて,物理治療も受けなかった。
今は総合検診も受けなければならない"と笑った。
彼はいつも孤独さを耐えてきた。
いつも自身との戦いだった。
"今芸能界が良くないことらが連続して,恐慌状態のようです。
より一層憂うつになって孤独だと感じるがよく耐え抜くつもりですよ。
昨年クリスマスイブの時一人で米国にあったのに泣いてみたのは初めてです。
ハハ。"
自身の本分は絶対忘れないでいる。
チェイテュネントテインモントゥを設立して演技者と新人歌手養成,ファッション事業にも飛び込んだが自身の才能は舞台で踊って歌うことで演技という事実をよく分かる。
"パク・チニョン,イ・スマン,ヤン・ヒョンソク先輩らは韓国音楽市場で永らく重心を取らなければならない方らです。
私がその後に続くというより今は夢見てきたものなどを一つずつしてみるつもりですよ。
ビジネスをするのはスタッフであって私がありません。
私はいつも'芸能人'ですから。"

Rainism 画像
10-17

10-17

10-17

10-17

10-17

10-17

10-17

10-17

↑クリックしたら拡大します

10-17

10-17

10-17

10-17

10-17

10-17

10-17

10-17

10-17

10-17

10-17

10-17






歌手ピ,2年ぶりに5集‘レイニズム’持ってカムバック

10-16
“中国で3ヶ月間全国ツアーをすれば150億を与えるという提案もあった。
だが映画'忍者暗殺者'を選んだ。
私の目標はお金ではないためだ。”
歌手ピ(26・チョン・ジフン・写真)が2年ぶりに5集アルバム'レイニズム(Rainism)'に戻った。
このアルバム名は'ピの音楽,踊り,スタイルが症候群を起こす'という意だ。
彼は“大水で習った,多いことを国内ファンたちに楽しくお見せしたい”として“苛酷な市場で競争しながら,余裕を習った”と話した。
次は一問一答.
-久しぶりの国内カムバックなのに。
“ときめく心を押さえ込めない。
外国で本当に韓国語がしたかったし,一人で食べるご飯がうんざりしたのに,もう故郷にきたようだ。”
-2年ぶりに戻ると何が変わったか。
“何日か前行きますプログラムに出演したのに本当に驚いた。
オム・ジョンファ姉抜いては私が最古参だったよ。
後輩らが私の部屋に挨拶しにくるのにぎこちなくて'なぜこうして下さい'といった。”
-パク・チニョンにアルバムは聞かせたか。
“時間が合わなくて会えなかった。
夕食を食べながら,歌を聞かせて差し上げたい(雨は今回のアルバムで'レイニズム' '私の女' 'ユー' 'マイウェイ'など5曲を作曲した).
ジニョン兄は私にすべてのノウハウを伝授して,与えた人だ。
兄が'ジフンができない'とすれば受け入れる。”
-5集アルバムを紹介してくれ。
“アルバムを作ってこのように何度もほほえましく聞いてみたことがない。
二十六歌手ピの全てのものを入れた。
バラード曲'ラブ ストーリー'で悲悼歌が上手だと認められたい。”
-演技をしながら踊りと歌は錆がついていないのではないか。
“演技と音楽は風変わりな魅力の二人のガールフレンドのようだ。
演技に真っ青になれば歌を歌って,歌に真っ青になれば延期(煙,演技)をする。”
-なぜあえて大変な世界市場をたたくか。
“一日に二回ずつ'なぜこのように大変な道を選択したのだろうか'と後悔する。
アジアで公演してドラマを撮ればお金もはるかにたくさん儲けて,気楽だっただろう。
そのような誘惑も多かったが全世界の人が分かる最初の韓国人スターになる可能性もあるとみる。”
-私の人生のベスト&ワーストを選ぶならば。
“私の人生でターニングポイントはぴったり3度あった。
初めてはジニョン兄会った時だ。
連絡が始めてきた時,合コン約束が捕えられていた。
当時金がなくて,女に逢う能力もなかったので当然ジニョン兄に会いに行ったし'ピ'に生まれることになった。
二番目はウォショスキ監督に会って,ハリウッドに行ったのだ。
監督目に入ろうとならない英語でいろいろな話をつくした。
そして三回目は映画'忍者暗殺者'を会った今だ。
無限の可能性が開いている現在だ。
ワースト ならば,お母さんの病院費を工面できなくて胸が痛く送った時だ。
努力で解決されなかった唯一なことだった。”
-長い間の海外生活とコメントなどによるうつ病はないか。
“外国でとても孤独で'こういうことではうつ病にかかる'という考えた。
悪性コメントを見ればむしろ負けん気が起こるスタイルだと幸いだ。
孤独で大変な時はチャ・テヒョン・ユン・ゲサン兄と会って話して解く。”
-自身の墓碑に何か書かれるように願うか。
“努力する人間にはいつも道が用意されていると信じる。
'努力型人間チョン・ジフン,素敵な人生を生きる'と書かれれば満たされる。”

-naver-

ピ,8人護衛(?)の中'膝ぶすっと導師'悩みの相談

胸痛い家族史まで率直に打ち明けて
歌手兼俳優雨が8人の護衛(?)を受けながら'膝ぶすっと導師'の撮影を終えた。
雨は15日午前日産MBCドリームセンターで進行されたMBC芸能番組<黄金漁場>(演出ヨ・ウニョク)の'膝ぶすっと導師'録画に参加した。
雨はこの日マネジャー5人とスタイリスト3人など何と8人と共に録画会場を探した。
雨はこの日'20代をよく送っているのか分からない'という主題で'膝ぶすっと導師'と悩みを相談した。
雨は練習生時期からトップスターの座に上がることになるまで経験談から胸が痛い家族史まで率直に対話を続けた。
20代にすでに頂点に上がったトップスターが抱いている格別な哀歓を加減なしで打ち明けた。
この関係者は"舞台の上の派手な非義の姿でなく他の人々と違う必要がない悩みを知っている20代青年の姿を見せた"と話した。
雨は5集正規アルバムでカムバックしながらMBCと格別な縁を結んでいる。
去る10日< MBCスペシャル-雨が降る>行って放送されたのに続き17日には非カムバック特集ショー<私.ピ.踊り>の放送を控えている。
雨が出演した'膝ぶすっと導師'は早ければ来週放送される予定なので3週連続MBCを通じて,近況を伝えることになった。

-naver-

うれしい,ピ様来られた!

10-16
演芸記者になった事実が最も実感できる瞬間は何といっても普段TVやスクリーンにだけ会えたトップスターらを目の前で会う時です。
演芸記者も人であるから記者になる前理想だったスターがあり得て,実際取材過程でそのような私心(?)らが公正な取材の困難に陥る場合も数多いです。
別の見方をすればこういう過程らをよく勝ち抜くのも良い演芸記者になるところの一部かも分かりません。
収拾記者時期先輩をついて行って,初めて会った俳優がまさにキム・テヒでした。
あまりにも絶世の美人で知られていたこと故に近く立ってみるという事実だけでも感情主体がうまくできなかった記憶があります。
だが時間が過ぎながら,ますます平穏な気持ちでスターらを向き合うことができるようになりました。
今日の話はスポツカンを探したスターらをむかえるスポーツカーは編集局の千態万象に関するかけます。
相対的にスターらに鈍感な記者らではあるが,時によっては熱狂的な姿でスターを迎えたりもします。
その主人公中の1人がまさに今日の話の主人公の歌手兼俳優ピ(チョン・ジフン)です。
雨は最近発売された新しいアルバムに関するインタビューをするために最近スポツカンの編集局を探しました。
雨がスポツカンを探すという情報はインタビューを担当する歌謡担当先輩が言質をくれながら作られました。
足ない言葉が千里を行くと,その情報は一瞬のうちに多様なルートにあちこちに伝えられました。
雨が到着した午後1時半すでにスポツカンが位置した京郷新聞社7階廊下は彼を出迎え(?)しようとする人波でいっぱいでした。
その中には普段には顔をあうのが難しい他の層職員方々もありました。
すぐ雨がスポーツカーは編集局に入りました。
彼の後には職員らのがやがや言うことが続いたし,雨は編集局中に位置した会議室でインタビューを始めました。
すると編集局入口にはピの顔を見ようとする職員らの足取りが続きました。
はなはだしきは,彼と写真を撮るために編集局を勇敢に横切る女子社員らの顔も見られました。
雨が降った余波は多様な話題を作り出しました。
毎日午後2時会議室で開かれた部長団会議もピの登場で他の会議室に移して開かれることになりました。
会議室では雨が降って,ずっと写真を撮って,思い出に残そうとする人波でガヤガヤ騒ぎました。
スターらが頻繁に訪れる所ではあるが,それほど熱を帯びた雰囲気は初めてだったことと記憶します。
周辺の各種評判に先立ちこのように人々の心をドキドキするようにすることがトップスターの威力ではないのか実感した瞬間でした。
“エイ~嘘じゃないの?”といわれる方々がおられるかと思って,証拠写真をこっそり添付してみます。
雨の横に立った光栄の主人公はスポーツカーは編集局編集部の強力民記者です。
ピ様が来られて,編集局の雰囲気は精一杯高まりました。
これからさらに多いスターらがここを探したら良いです。

-naver-