FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
歌手ピ,エムネット チャート ミュージックビデオ1位

歌手'雨'がエムネット チャート オンライン ダウンロードおよびミュージックビデオ分野で1等を占めた。
10月第3週ミュージックポータル エムネット チャートによればワンダーガールズの'ノーボディー(Nobody)'は連続4週目1位,東方神技'注文'が2位,に続き5集'ラブ ストーリー'でカムバックした雨が3位,エピックハイ'1分1秒' 6位,MC The Max!'涙は知らず' 9位など男歌手らの活躍が目立った。
反面しばらくチャート1~3位を一人占めした女性グループ プラウナイドゥゴルス,See Yaは各々4,8位に留まった。
雨の'ラブ ストーリー'は先週より7段階上がりながら,全体順位3位に上がったし,東方神技'注文(ミロティク)'は先週と同一に全体2位にワンダーガールズをぴたっと追いかけている

-naver-

スポンサーサイト



雨の'マジックスティック'は何を比喩したか?放送審議関心集中

扇情性論議にまきこまれた雨の5集アルバム タイトル曲'レイニズム(RAINISM)'歌詞を置いてMBC審議室が事実上'再審'をすることに決めた。
MBC審議室はこの曲を通過させたが,一歩遅れて大部分の人々がこの曲の扇情性に同意するや放送に適合したかを正規会議でまた議論してみるという立場だ。
発端は'レイニズム'の歌詞が男女の性行為を描写するという主張だった。
雨が直接作詞,作曲をしたこの曲で問題になった部分は'震える君のからだ中に回っている私のマジックスティック(MAGIC STICK).
これ以上越えられない限界を感じたボディーシェーク(BODY SHAKE).
I MAKE IT RAINIZM THE RAINIZM私のからだを感じてしまった。
I'M GONNA BE CRAZY NOW YES CRAZY NOW感じて,私のすべてのものを'という部分だ。
この歌詞で'マジック スティック'は男の性器を象徴しながら,'ボディーシェーク'は性行為を象徴するということが一部ネチズンの意見だ。
この歌詞を置いてSBSはすでに通過した歌詞をまた審議しないという立場であり,MBCは再議論を計画している。
KBSはカシムィでこの曲を通過させたが来る23日ある正規会議で本格的な審議をする。
しかしこの'レイニズム'の放送不可に対しては論議が荒い。
事実上レイニズムの歌詞に性行為を'比喩'という部分はあるが,'直接的に表現'という部分はないためだ。
この'比喩'というものも結局は一人一人の判断に任せることであり,解釈する次第だから放送不可判定の名分は微小だと言える。
MBCは当初この歌詞に問題がないと判断したが,審議室の決定に対してさらに多い人が反発するならば再考をすることがより一層望ましいという極めて基本的だった点ために再議論をすると見られる。
審議室関係者やはり"'マジックスティック'が事前的な意味で男性の性器を現わさないけれど隠喩的,比喩的表現になることができる。
しかし比喩的表現まで制限するならば表現の自由を防ぐのではないのか"と話して,すでに通過した歌詞が再審議で放送不可判定を受ける可能性に対しては多少懐疑的な立場を見せた。
KBS審議やはりカシムィを通過したので前例に照らしてみる時,本心のまた通過する可能性が大きい。
最近放送不可判定を受けた事例ではヒパプテュオYMGA(マスター右,DM)のアルバムに収録されたYGファミリーヒップホップ団体曲'ワッ(What)'と前進の新曲'愛するというその話'がある。
'ワッ(What)'とはG-ドラゴン,マスター右,フェリーの一部歌詞内容に'Fuck','Bitch'など悪口が入っていて,審議通過をできなかったし,'愛するというその話'はエリックがピチョリン一部門の'火シッ(Bull Shit)'という単語が問題になった。
二つの事例皆'卑俗的だとか,扇情的だとか,間接広告をする内容があってはいけない'という規定を破ったと見られる。
しかし二曲には程度の高低を離れて,規定を破った直接的な'用語'がある。
これとは違って'レイニズム'には隠喩的表現だけがあるだけこれを明確に破った直接的な単語がない。
'レイニズム'と共にまな板の上に上がった東方神技の新曲'ミロティク(MIROTIC)'が審議を通過したことまた似た脈絡だ。
一例で松費の新曲'二つないでトゥイッ(Do it Do it)'の歌詞には'全身がびりびり,とか唇が私の息遣いまでみな盗み出す。
今夜二つないでトゥイッ,とか手助けが私の胸までみな持っていく'等の歌詞がある。
この歌詞は誰が見ても身体的な接触などを描写しているけれど堂々と放送3社を通じて電波に乗っている。
このような点でこれから再議論を前にしてMBC審議室と正式審議を予定しているKBS審議室は雨の'マジック スティック'を置いて苦心を繰り返すものと見られる。

-daum-

雨"扇情性?むしろ節制の美学"

ピの5集タイトル曲'レイニズム'が性行為を赤裸々に表現したという批判がふくらんだ中で雨側がこれに対する立場を明らかにした。
雨側は扇情性とは距離が遠いとし,二種類根拠を提示した。
雨側は先に歌詞中問題になった部分の'震えるあなたからだの中を回っている私のmagic stick/これ以上越えられない限界を感じたbody shake/ make it rainism the rainism私のからだを感じてしまった'に対して"意図的に性的な方向へ推し進めるならばそのように聞こえることもできるが,この歌詞は踊りとパフォーマンスに関する歌詞だ"と一蹴した。
'マジック スティック'は杖踊りを念頭に置いたポイント歌詞や,'シェーク'や'からだを感じる'という表現もまた踊りの感じを生かすためのものという主張だ。
'レイニズム'自体が雨によって派生する衣装,ヘアー,パフォーマンス,ミュージックビデオなどに対する総体的な表現なのにまさか性をピの象徴的なことで選んだかというのが雨側の主張だ。
雨側が扇情性と距離が遠いと主張する2番目根拠はパフォーマンスに対する部分だ。
セクシーな感じを露骨に表現するよりは今回の踊りはむしろツエを利用してシックでジェントル一面を浮上させたとのこと。
実際に雨は最近インタビューで"既に内パフォーマンスが露出によるセクシーさでもパワフルな面を浮上させたとすれば,今回は節制美を追求した"として"隠されたセクシーさを表わすのに注力した"と明らかにしたことがある。
"惜しみながらこくのあるように見せようかやめようかと思うパフォーマンスでしょう。
節制の美学を引き出すために研究もよくしました。"
ピの主張のとおり節制された動作と線らで新しく創造したパフォーマンスであるだけに赤裸々な感じや扇情性とは距離が遠いと見ることができる。
一方雨側は放送会社で'レイニズム'再審議に突入したという便りに"情けない。
もう少し調べてみる"と残念な心境を明らかにした。

-naver-

[インタビュー]二十七-雨(no cut)

カン・ミョンソク:‘膝ぶすっと導師’撮影したでしょう?
チョン・ジフン:はい。
カン・ミョンソク:どうだったんですか?
チョン・ジフン:決定打をたくさん飛ばしてくれたんですよ^^
カン・ミョンソク:どんな決定打を?^^
チョン・ジフン:今までファンたちが気になったものなど..
恋愛社や,陣営が兄との音楽作業をし終えて,一人立ちのようなこと。
そしてこれから米国進出に対してどう思ってどんな方向へ行くのか...
,事実今このように話すが,話をとても荒々しくしたんですよ^^
カン・ミョンソク:カムバックと共にとても多い娯楽プログラムに出演するのに,2年ぶりに出演してみるからどうですか?
チョン・ジフン:二つのプログラム程度をしたのに...
プログラムが変わったのはなくて,私がプログラムに出演する姿勢が変わったことのようです。
もう少し余裕ができたということ?米国で戦闘行うように仕事をして故郷に戻った感じなので気楽だったんですよ。
カン・ミョンソク:芸能番組に出演するという話が出ながら“今は気楽な姿を見せる”という式の記事らが出て行ったのに,事実4集の時も出てくるプログラムはみな出てきたのではないですか?
チョン・ジフン:そうですね。
すべてしましたね。
すべてしたのに...
今回もどうである方々は“なぜ芸能を出て行くのか”としましたよ。
いや,私はしたものをするのになぜそうするようです。
カン・ミョンソク:それだけジフン氏に対する考えが変わったためでないですか?人々がジフン氏を‘ワールドスター’という単語と考えるから,あの人は芸能番組と似合わないという考えることのようです。
チョン・ジフン:ところで私はそうしたのはないということのようです。
皆みなある席に上がることになれば必ず砂をハンウン大きさ握りしめてこれを置かないとするように神秘主義を維持しようとしたりもするでしょう。
だがそれで初心をなくします。
私は初めに芸能でとてもうまくいって,私に初心ならば芸能番組をするのもあります。
2年ぶりに戻ったから皆さんと対話をしたいです。
カン・ミョンソク:ジフン氏もとてもトークが上手な人であったのに,4集前後で広報自体が‘ワールドスター’に合わされながら,実際の姿と距離感ができたようです。
チョン・ジフン:そのとおりですよ。
私にとても遠く見えるという言葉をいわれる方々が多かったんですよ。
君はとても遠く見えて,とても海外だけで活動すること同じで。
なぜ度々遠く感じられるから...
事実私はとても活動をよくしたと考えたのに,見る方々はそうではなかったようです。
カン・ミョンソク:それはやはりジフン氏が去る2年の間ハリウッド活動に注力したためだと思いますが。
パク・チニョン氏が前にジフン氏に対して“何でも徹底的に準備して,勝率を高める程高めてこそ挑戦するスタイル”といいました。
ところでハリウッド進出は本当にあっという間に決定されました。
なぜそのような判断をしたことでしょう?
チョン・ジフン:そのまま..
米国でうまくいくこと同じでした^^ 3年前に二種類別れ目がありました。
米国に行くか,アジア市場で活動しながら,お金を掻き集めるか。
率直にその時アジア市場ですばらしい提案もあって,悩みをよくしました。
ところでその瞬間に今お金が重要なのでなく私の未来が重要だという気がしました。
アジアで提案受けたことは後にもいくらでもしたが,ハリウッドは今私が豊かでない,二十七才のジフンが豊かでない再び行けないこと同じでした。
そしてその時ウォショスキ監督がシナリオを送ってきたといって。
<マトリックス>監督が?当然関心が活気でしょう。
ところで私をオーディションを見ろということです。
オーディションを見ろと?私が気に入ってするのでなく?それでしないといいましたよ。
事実ハリウッド俳優らもみなオーディションを見るのに,私はそれを分からなかったことでしょう。
そうして家に横になっているので,何か気にかかります。
後悔すること同じだから。
それで行って,こうやってひとまずチケット切って映像とって送って,15時間飛行機乗って3時間オーディション見てまた飛行機15時間乗って,まさに飛行機乗ってツアー出て行ったことでしょう。
カン・ミョンソク:オーディションはどのように進行されたんですか?
チョン・ジフン:カメラが二当てています。
フィルム カメラなのに,私の顔表情を見ることと私の手まね足ことを見ること。
ところでその時は私が英語を一言もできない時でした。
今でも習っている過程だが,その時は要人だけするほどでした。
ところで挨拶をしてから私が必ずしなければならないこと同じであることです。
それでならない英語でずっとそうしたことです。
“I can do it,trust me.
please”こうしながら^^本当にあえなく^^ところでむしろそれが可愛く見えたことのようです。
そしてそこに大きい壁に主人公名前が大きくあって,はしごのように配役によりますます下へ降りてくる人物構図があります。
その下に太祖という名のあって,そこにコリアン,チャイニーズ,ジャパニーズと記されていましたよ。
私でなく候補らが数人いたことです。
かなり見たかったのに,見ないでくれとしましたよ。
俳優らのプライバシーのために.
それで見なかったんですよ。
切られるかと思って^^;
カン・ミョンソク:そのようにハリウッドに進出して,ジフン氏はちょっとおかしな人取り扱いを受けたことのようです^^ でナオミ ヘリスが“このように熱心に仕事をする人は初めて見たし,絶対に不平を言わない”と話しましたが。
チョン・ジフン:精神おかしな子.
なぜあの子は休む時,休まないで?なぜあの子はコムプルレインがなくて?ところでそれを好みます。
私が米国へ行った時,本当に苦しかったのは,何一つさせれば2~3日,いや2~3週かかります。
ところで私たちは韓国でマネジャー兄にこれ必ず今日まで作って下さいすれば作るでしょう。
カン・ミョンソク:今マネジャー表情が良くないですが^^
チョン・ジフン:だが作らなければならないですね。
ハハ。
今回のミュージックビデオも結局ならないのをなるようにしました。
ならないというのを今日まで必ずして下さい。
マスターを選んで下さい。
こうしたのに,結局なりましたよ。
ジンヨン兄に習ったノウハウもそれです。
ならなければ良くしなさい。
それではなります。
カン・ミョンソク:必ずそこまでしなければならない必要があるんですか?米国はむしろ適当に余裕を持つのがさらに高い生産性を持ってくると考える所なのに。
チョン・ジフン:そこは戦場ですからね.
みな笑っていてもその下では激しい競争が繰り広げられます。
私のように韓国から渡ってきた東洋人ならばさらにそうします。
私が<スピードレーサー>を本来とる時,私の配役は今よりさらに狡猾でした。
比重も小さかったんですって。
エクションシニナレーシング場面も殆どなかったです。
それが変わることになった理由があります。
<スピードレーサー>をとる時,ブルースクリーンの前でレーサースーツを着て車に入れば体感温度が40度を越えます。
その状態で30分だけ車に乗れば腰が切れることのようです。
それで他の俳優らは撮影して休みます。
ところで私は大丈夫だと,ロール取り替えてまさにまた行こうといいました。
それだけ撮影時間が短縮されるからスタッフらは好みます。
私家で病んで横になったが^^;それと共に撮影会場でうわさが立ったことです。
あの子は文句を言わないと,すごいと。
ところでちょうどウォショスキ兄弟が<忍者アサシン>を製作するのに,その映画では主人公が肉体的な能力を最大限引き上げなければなりません。
からだを酷使させなければならなくて。
そういうのを受け入れることができる人が主演ができました。
それで私を主演にキャスティングさせましたよ。
そうしてからウォショスキ兄弟も自分たちが次に製作する映画主人公なのに狡猾な姿だけ見せることができないでしょう。
それでキャラクターが変わったことでしょう。
カン・ミョンソク:ラリー途中少しの間車を止めた間に広がるエクションシンでジフン氏の比重が高かったんですよ。
チョン・ジフン:はい。
アクションをするのに私は本来アクションが好きだから,どうしても他の俳優らと違うように易しくしましたよ。
それで私ははやく終わらせて,監督がとても好みましたよ^^
カン・ミョンソク:ところで<忍者アサシン>のためにジフン氏がする運動を見るから,その運動方式が単に筋肉を育てるのでなく身体能力の極限を引き上げる運動だったんですよ。
チョン・ジフン:はい。
私がそれ終わって異種格闘技をすればどうかという考えまでしてみました。
ハハ。
運動自体が筋肉運動だけするのでなく筋力運動までさせたからです。
カン・ミョンソク:なぜそのようにからだを極限に追い詰めたことでしょう?
チョン・ジフン:本当にしなければなりませんから。
ハリウッドでそれを要求しました。
それでこそ主演俳優に必要な能力をそろえることになるから。
ハリウッドは本当にきついところです。
そこで見れば運動する時,ゴム版を敷いておくでしょう。
それを敷いておいたのが,そこに吐けば磨きやすくてソです。
そこに吐いて磨いて。
そのようにしても運動引き続き望むからだ作ろうとするんです。
あのたくさん吐きました。
^^
カン・ミョンソク:落ち着いてきついということですね。
チョン・ジフン:そのとおりですよ。
ハリウッドは俳優らに支援できるのをみな支援してくださいよ。
俳優が最善の調子を維持することができるようにトレーラを支給して,最高級セダンを支給します。
最高の献立を組んで,最高のトレーナーを付けて。
代わりにそこで自分たちの要求を最大限抜き取るんです。
カン・ミョンソク:英語で演技をすることはどうでしたか?
チョン・ジフン:おもしろかったです。
すれば良いふるまうようだったし,勉強すれば良いふるまうようだったんですよ。
<忍者アサシン>とる時苦労しました。
どうしてもさらに多様な表情を見せなければならなくて,感情表現をしなければならないから。
大使も何そんなに難しい発音が多いのか,キラーと設定されて見るから特殊用語らが多くて^^;私の感じ上上手できたことのようです。
カン・ミョンソク:ところで<スピードレーサー>でジフン氏のキャラクターはとても定形化されたキャラクターだったのではないですか。
どんな演技力ということを見せることができるキャラクターではなかったのに,そのような配役を延期(演技)することはどうでしたか?
チョン・ジフン:それでウォショスキがどうせキャラクターが演技力を見せる配役ではないから気楽にして,そして強いキャラクターでなければならないという言葉をいいました。
それで当然ディレクターの要求に従いましたよ。
私がサブの役割だったから中心を捉えることでもなかったし。
それで<スピードレーサー>が興行をしたとすれば2編は私達で太祖とスピード(エミロシュィ)とツー塔へ行くものよそのような冗談も言ったのに,もうそれは不可能なようで^^私には良い思い出です。
カン・ミョンソク:映画後半部にエミール ホシュィがグランプリに出て行けないようにしたのに,結局出て行くことになるから微笑を浮かべる場面がありましたよ。
その場面は記憶に残ります。
その表情があってこそエピローグでスピードのために法廷証言をする太祖のキャラクターが生きると考えましたよ。
チョン・ジフン:そのとおりですよ。
それを念頭に置いてとった場面でした。
そこでとてもほほえましくもなく,それでも苦々しくもないそのような曖昧な表情を浮かべようと努力したのに,それが一族を守るためにスピードと対立しながらも,スピードに好感を感じるキャラクターを説明することができると考えました。
カン・ミョンソク:ところで惜しくはありませんか?ハリウッドでは競争が強かったり,引き受けることができる配役がまだ限定されているでしょう。
チョン・ジフン:そのとおりですよ。
ハリウッドで多様な面を見せられないから演技者として苦しいこともあるという考えになります。
<サンドゥ学校へ行こう>私<草ハウス>では多様な私の姿を見せることができるでしょう。
ところで米国では言語問題もあって,映画の中で私のキャラクターが皆重いから人々が適応をできなくなることのようです。
特に<忍者アサシン>のキャラクターは本当に重いです。
私がこの頃大変でもすべての娯楽プログラムにみな出演するのは,どうせ<忍者アサシン>が封切ればその中の私は皆さんにとても距離が遠い姿で感じられることという気がしてであったりもします。
ひとまずキャラクターが適応にならないから。
そしてその映画が封切れば私の映画に対する好評でも酷評でもあらゆる反応があふれることで,私はそれをみな甘く受け入れるんです。
そしてそれを土台にまた挑戦をします。
そのような時間がくる前に私を今まで眺めてくれた人々にさらに近付きたい心があります。
カン・ミョンソク:その点で<サイボーグだが,大丈夫>に対する意味が格別なことのようです。
その作品を最後にジフン氏はハリウッドに挑戦し始めたし,ジフン氏がそんなに安らかな演技を見せた作品はまだまた会えなかったのではないですか。
チョン・ジフン:<サイボーグだが,大丈夫>は私に最も難しい配役でした。
私が精神病がないから,精神病を持った人の愛を理解できなかったことです。
それで監督様指示を分からないし,ずっと私が悩んでいなければなりませんでした。
私がこの状況でなぜ歯磨きをしなければならず,ここで私がなぜ頭をより合わさなければならなくて,私がなぜ笑って怒らなければならないのか....
それが多重人格という説明は聞いたのに,彼らの愛が何かという悩まなければならなかったんですよ。
それであるシーンあるシーン悩めばするほど一巡というキャラクターを悟り始めましたよ。
とる過程は大変だったが私が本当に純粋に延期(煙,演技)というものに最高に没入できた作品だったことのようです。
それでまたすればさらに上手に出来そうだという物足りなさも残って。
私が最後の場面では本当に裸体で映画を撮るほどでしたから。
その時私が服をみな脱ぐというのはマネジメントという部分を考えれば有り得ないことでした。
もちろん重要な部分は分けたし^^;イム・スジョン氏女の方であるから対訳(帯域,代役,大役)を使われたりしたが,私はその場面を撮りながら,これが本当に愛だなという考えがさっと入ってそのようにするべきだとの気がしましたよ。
二人傘を差して,日が昇る時まで待って虹が浮かび上がるのを待って服を脱ぐ姿.
そしてエクストリーム プルシャッ.
その場面の感じということが本当に良かったです。
それでやはり朴監督様だとそうしたし^^;もし<サイボーグだが,大丈夫2>をとるといえば全(前)その時もまたしてみたいです。
カン・ミョンソク:<サイボーグだが,大丈夫>のようにジフン氏の国内活動はもう少し自由になったといえますか?ハリウッドで極度に競争する代わりに韓国ではもう少ししたいことをすることもできること同じなのですが。
チョン・ジフン:事実今でもドラマを選んでみているのに,本当に私多様な姿を見せてあげたいです。
私のカムバックショーでも素晴らしいということ,余有があること,笑わせたこと,悲しいこと全部見えてくれようとしました。
そして私が老いる前に踊り映画を一度とりたいです。
アジアの踊りはこういうものだというかける見せてあげたい踊り映画を撮りたいという考えもあります。
事実この頃あの草木が水分を吸い上げましたよ。
ハハ。
15年目踊ってみるからいよいよ踊りが何か少し知ります。
前は力がちょうど入ってしかめっ面をして,ジャンプとそうしたのに今はそれを調節することができるようになったから。
それで本当に興行性でなく,短編(断片)映画でもとって,踊りに関する映画を一度とりたいです。
カン・ミョンソク:韓国市場に対する姿勢がもう少し豊かになったこと同じですね。
切迫するように成功しなければならないがなくもう少し自身を(確かめる)固めるための準備とか,韓国に戻ったこと自体を楽しむようです。
チョン・ジフン:そのとおりですよ。
もう少し余裕があって,もう少し祭りのようだという気がします。
楽しみましょう。
このように。
カン・ミョンソク:そのような態度がジフン氏の舞台にも影響を及ぼしはしないですか?今回ショーケースを見ながら,最も眼に触れたのは踊りに余白と曲線が目立ったということです。
踊りその自らの完成度も完成度だが,それ以上で余裕で踊りで余裕で多様な姿を延期(演技)するという感じがしましたが。
チョン・ジフン:本来私が最善を尽くして,ア,あの努力して,はれてしまうんですこのような形だったじゃない^^それで今回は余裕を見せてあげたかったです。
ゆっくり追い込みながら,一度にさっとつかんでおくという感じ?歌歌詞も悪い男に関することじゃないの。
悪い男が女を誘惑するようにゆっくり追い込んで一度にさっとひきつける感じのようなこと。
そういうのを見せてあげたかったです。
カン・ミョンソク:確かに以前のジフン氏踊りはパワフルで,直線(直選)で,カタルシスのために息が切れるように走って行くという感じがありました。
ところで今回は同船においてとても大きいことも,小さくもない範囲の中で精製された動くことを見せること同じでした。
そして曲線の柔軟さがとても多かったんですって。
チョン・ジフン:その振付け人...
事実は,手をのびて,最初からのびない動作があるでしょう。
おっしゃったのがその中間をのびるという話じゃないの。
ところでその中味付けをするのが本当に大変です。
力を集中してのびれば良くてのびなければ良いのに中間は本当に表現するのが難しいです。
振りつけ中にそよそよとするのがあって,突然殴るような動作があって,中間からドラムが出てくる時は死んだよ!
こうしながら,さっと出て行って,また休んで。
こういう呼吸を一つで連結しながら,起承転結を引っ張っていくのが本当に大変でした。
カン・ミョンソク:‘Only you'が特に印象的でした。
歌が出てくる前まで独舞を踊るのに,そこで今ジフン氏が踊ることができるのを全部見えてくれるという感じがしました。
ところでそれが昔のようにパワフルにカンカン打つのでなく一つに繋がれること同じだったんですよ。
チョン・ジフン:‘Only you'での独舞は私が音楽を聞きながら,自由に,そよそよとしながら作り出した振りつけです。
それでとても楽しく作り出しました。
その振りつけを見れば私がしかめて笑って表情が変わります。
それだけ余有があるようにしたことです。
誰が私にそうしましたよ。
カムバックショー終わってオイ気ちょっと思わずふいて,君一人ですべて行おうとそうじゃないの。
ハハ。
ところで私は舞台にだけ書面誰か入ってくることのようです。
舞台が始まれば私も気づかない内に誰が入ってきて,気を吹きだすようです。
それでさらにあふれる時もあるんです。
ところで私の考えにはそれでも今回はそういうのをもう少し自ら調節することができるようになったことのようです。
カン・ミョンソク:踊るためにまたからだを変えたことでしょう?ショーケースで見るから<忍者アサシン>をとる時とは筋肉がまた変わったんですよ。
軟らかさを強調した今回の振りつけとも関係があるんですか?
チョン・ジフン:踊ろうとするならからだにある程度脂肪質がなければならないでしょう。
ボディービルダーらは筋肉を作ればからだに力を集中しながら通うことになります。
私も映画を作る時はそのような状態で過ごしたのに,踊ろうとするとからだが動かれないということです。
それで肉を増やして,筋肉量を減らすつもりだ。
それで献立をまた調節をしましたよ。
夕方にできるならたくさん食べて,昼間には筋肉運動でなく有酸素運動をしたし。
それで今体で作りました。
そして今回の振りつけの中心は以前までの雨が降って,差別性になる振りつけと歌だったんですよ。
それで考えました。
どのようにしてこそ差別性を持つことができるだろうか。
それで舞台上のパフォーマンスが,昔には露出が多かったり表わすパフォーマンスが多くて,パワフルだったとすれば今回は節制の美学を追求しました。
最大限節制して,起承転結を演出する振りつけを見せようとしましたよ。
そうするならば軟らかくなければならなくて,からだもそこに正しく書かなければならないということと。
カン・ミョンソク:だがジフン氏が話す軟らかさでも余裕は他の人らに懇意に近寄るためのものという考えは聞きません。
‘Rainism'を聞きながら,特にそのような気がしました。
曲にどんなフックがあるということも難しくて,言葉どおりパフォーマンスのために作られた曲でしょう。
そのような曲が大衆に受け入れられることは容易ではないことのようです。
ところで反対に(で)人々は雨漏りして,アルバムを出すといえば明確に“お前がどれくらい上手にさみたいなようにしよう”という式で見るし。
他の見方をすれば以前よりさらに強く自身の勝負の賭けに出たという気がするんですが。
チョン・ジフン:率直に話せば‘Rainism'は付いて歌えない曲です。
だが私は今回やさしい歌より私のスタイルが何かと試みました。
’Rainism'に私が参加した理由が,誰も私にぴったり合うタイトル曲を使えなかったんですよ。
持ってくれば他の人曲のようで,この頃流行する曲らで。
すばらしいけれど私に合わない履き物のようだったんですよ。
それで直接してみたことです。
例えば私がタイトル曲を出したのにパフォーマンスを減らし歌がよく入ってくる曲を出すのも笑わせるでしょう?それでひとまず私が考える雨らしいの姿,雨が何か考えましたよ。
それで’Rainism'という題名を付けたことです。
レイニジムはそうしたことです。
多くの方らが見て人々がウワー,舞台だけは雨が最高だね。
ああしたのがパフォーマンスだね。
そのような反応を引き出したいということでしょう。
そして‘Love story'は簡単に聞くことができる歌で接近したし。
ビジュアルとリスニングを最初から分けてしまったことでしょう。
カン・ミョンソク:なぜか今回のアルバムでヒットよりは空けとの人がどんな人なのか見せたかったこと違うかという気がします。
例えば‘You'のような曲は過去ならば’I do'のようにボーカルをすっきりと選んだはずなのに,今回はとても濃く力を入れました。
必ず今私がこれくらい踊って呼ぶことができるとのことを見せる感じでした。
チョン・ジフン:そんなこともなくはなくなっています。
ボーカル トレーニングをずっと受けながら作っておいたのがあるから,そういうのを聞かせたい考えもありましたよ。
ボーカル トレーナーと振付け人も変えながら,さらにパワフルに,そしてさらに節制することができるようにそんなことらを習ったからです。
そして,このアルバムは私が今私の心のままにできるいくらにもならない機会でした。
本来私は韓国で再来年にでもアルバムを出すことになることができました。
その間は米国進出で私が得たものなどを一つずつ見せる時間繋いだんですって。
それで2010年ほどにでも居間にきて,お母さんに成績表見せるようにアルバムを出すことができることと考えたのに,本来今年封切ることにした映画が来年3月や10月で延ばされたことです。
そうしてみるから来年初め頃に米国で出さなければならなかった英語アルバムも延ばされたことでしょう。
もし3月に映画封切って,広報しようといえばその間に英語アルバムをさっとさっと作ることができることでもないから。
今私は率直に米国音楽産業でトップクラス中に入るのが難しいです。
それでそれを克服するためには米国で今一番上手く行くアーティストとともにデュエット曲もして,プロデューサーと事を成さなければならないというんです。
彼らの背中を乗って行くかだが,どうしようがそれが成功できる戦略ですね。
その過程をみな経ようとするなら多い時間がかかるからそれもならなくて。
突然時間が空いたことです。
そうするからにと考えたことでしょう。
私が1年の間準備した曲らがあると,アルバムを持ち出そう。
私がプロデュースして,作詞作曲に参加して,頭からつま先まで私がコンセプトを捉えてみよう。
私にはそのような意味を持ったアルバムです。
他の見方をすれば私の本物1集でもします。
カン・ミョンソク:だがそうするうちに大衆がジフン氏に特別反応を見せなければ腹が立たないでしょうか?^^パク・チニョン氏はとのインタビューで雨は大衆的にヒットした音源がないといった話もしたのに。
パク・チニョン氏と別れて‘Rainism'がうまくできなければ人々がそれ見ろする事もでき,それでちょっと腹が立つこともできるでしょう。
チョン・ジフン:陣営が兄がした言葉は多分わい曲されたものと考えます。
陣営が兄が作曲したのに自分が作曲した曲を自分がさげすみますか?そして今回のアルバムは私が何をすることができるのか試験してみるというのがさらに重要だったアルバムであるからそのような視線は大丈夫です。
今回は私がこういう人ですと見せてあげたかったから。
そして全韓国市場だけ考えることはできないでしょう。
日本,中国,そしてユチューブで見る世界の人々も考えなければなりません。
それでひとまず彼らに雨がどんな人なのか見せることができるパフォーマンスを提示してくれるのが必要だと考えました。
この頃は歌だけ上手にして,踊りだけよく踊って,勝利できません。
両側の姿を一緒に持ってこそ勝利できるということでしょう。
本当にスーパーエンターテイナー,歌,踊り,演技,トーク,知識あらゆる事をみなそろえてこそ勝率がさらに多いです。
それで私がどのようにそれぞれの部分を極大化できるか考えたし,それでこういう選択をしました。
不足することもできると考えはします。
だが私はこれが今私が行かなければならない方向だと考えるから,今試みるんです。
今でなければ時間がないです。
カン・ミョンソク:そのような部分でジフン氏は余裕があるように楽しむ瞬間にも勝負師気質があらわれることのようです。
ショーケースでも観客らにトークをする時,彼らの気持ちを合わせるというよりは“私が本来こういう奴ですね?それといってあなた方が私を好きではないことのようです?”こういう感じだったんですよ。
本当にスーパーエンターテイナーというか,舞台でもそうで,トークでも私が一度トークといえば皆さんが反しなくては耐えられないだろう?こういう感じる。
チョン・ジフン:そのとおりですよ。
私は本当に後ほどmcもしたい程トークが好きです。
こうしたのです。
トークショーも自信があるならば出て行くのが良くて,自信ないならば出て行かないのが良いです。
自信ない仕事をする必要はないでしょう。
私はそれが重要だと考えます。
今は本当にスーパーエンターテイナーでなければ大変だということ。
カン・ミョンソク:そのためにトークさえも上手にする,自信があってしてみるから人々がむしろジフン氏を嫌いな場合もあるという考えは入らないんですか?
チョン・ジフン:ハハ。
こうすることもできます。
あの子はトークさえも何か競争するようにするよ,とても努力するよ。
ところで例えば秋なのに孤独でないですか?という質問がくればア,あの紹介ちょっとさせて下さい,孤独ですこのように積極的に出るのにそのような感じのためにオイ,あの子はあそこでも闘志を燃やす九やこういう感じを受けはしないだろうかと思う考えはします。
だがそれでもそのまま孤独でないかとする時孤独です一言言うのは私のスタイルではありませんね。
それがさらに飾り的なそこ.
カン・ミョンソク:それがジフン氏のアイデンティティでないかという気がします。
いつもジフン氏は何になろうが勝負をかける,最善を尽くしてぶつかるこのような形なのに,それがデビューの後でだけ問い詰めても6年間じゃないの。
息つまりはしませんか?
チョン・ジフン:すべての方らがそうします。
なぜそのようにネクタイをぎゅっと締めて買いますか?ところで私はそうでないですね?緩む時はたくさん緩みます。
ところで多い人々がとてもなので私がむしろ不幸になることです。
それでこういう考えもしました。
今はインタビューを夏至やめるつもりだ。
インタビューをするから私が不幸になることです。
インタビューをすれば皆世界進出するから気持ちはどうですか?そして今は気楽に生きる時もなりませんでしたか?このように尋ねます。
アあの気楽に生きているのに^^見るとこのようなのに(都心中心のテークアウト コーヒー店)も出てきて^^
カン・ミョンソク:ところで4時間だけ寝るでしょう^^
チョン・ジフン:そうです。
それはところで^^;私の20代を考えてみれば...
‘膝ぶすっと導師’で私の悩みが“第20代をよく送るのか悩みです”が悩みでした。
恋愛も正しくしてみたくて,路上でガールフレンド手もつかみたくて,友人らと酒飲んで戦いもしてみたくて。
以前に高等学校の時平凡にしたものなどをまたしたいです。
カン・ミョンソク:それでカムバック前にバック街種と弘大を通ったことですか?^^
チョン・ジフン:そうします。
あの者を緩んで遊びます。
遊ぶ時は。
カン・ミョンソク:ところでいつもそのような20代の素朴な夢をあきらめてずっと前進することになる原動力は何かですか?
チョン・ジフン:腹がへることが私を休まないようにしてくださいよ。
今回のアルバムの‘my way'の歌詞のように,私が高等学校時期に本当に飢えの中で生きながら誰も私に手を差し出さなかったが,ただひとりだけが手を差し出しました。
JYP,パク・チニョンという人.
それで歌を始めることになったし,また一人立ちをすることになったし。
カン・ミョンソク:その飢えということが物質的なことより本人に対する認定や愛のようです。
チョン・ジフン:はい。
名誉が重要です。
それが私に対する証明ですね。
カン・ミョンソク:だがその名誉のために走って行って見たら今は一人でそのあらゆる事を担うことになったのに,疲れありませんか?
チョン・ジフン:成し遂げなければならないですね。
事実負担もなります。
だがそれが本当に‘my way’であるが,成し遂げなければならないですね。
本当に首長になると兄に話して出てきたのに,そうしておいて,誰に寄り添うことならば兄と一緒にいなければならないですね。
自分自身を確認してみたかったです。
上手にすることができるだろうか?できないだろうか。
試行錯誤もあるだろう,失敗もあるだろう。
だが失敗があれば成功することもできることと,成功すれば失敗することもできることと。
誰でも成功をするのは違います。
だがぶつかってみるんです。
そして思ったより私が期待できる人々が多かったんですよ。
色々な人々が私をたくさん信じておすから。
カン・ミョンソク:直接プロデュースして会社経営をしながらどのように変ったことのようです?
チョン・ジフン:以前には視野を遮っておいて前だけ見て跳ねる馬みたいでしだ。
ところで今はその視野がひらいたことでしょう。
私がこれをしている時,全体的にはどうなるだろうか。
それで戦略的に眺める時もあります。
だが機械的に動くという話は違います。
そして私は経営を関与しません。
お金管理は本当に専門的に上手にする人に任せたし,私はクリエーティブにだけ集中します。
もちろん場合によりずっと違う姿を見せることはあります。
インタビューする時,延期(演技)する時,コンセプトによって動く時,真実にみなオープンする時。
計算的である時もあります。
だが人は誰でもそうではないでしょうか?
カン・ミョンソク:その部分の部分らをみな熱心に?^^
チョン・ジフン:そうです。
熱心に^^
カン・ミョンソク:ところでこれら全部現象と仕事を浮かび上がって抱いている二十七なのに,ジフン氏の二十七はどんな地点にあることのようです?明確に普通の二十七は想像できない道を行っているのに。
チョン・ジフン:底辺でやり直す私でしょう。
昔より豊かになっただけであって,また底辺であることのようです。
また行くんです。
取立てて言う言葉が必要ありますか?
カン・ミョンソク:また底辺なんですか?^^いつも底辺から始まることのようです。
チョン・ジフン:なので上がることのようです。
私の考えには峰が五晴れているので,およそ三ヶぐらい上がってきたことのようです。
いつも1年後,1年後を考えながら,今でも大丈夫だと考えればここまで上がってこれないことのようです。
はなはだしきは疲れて倒れた場合もあります。
それが私の人生です。
カン・ミョンソク:それでその五峰の後には何がありましょうか。
望む所に到着して,ジフン氏が四十を越えて,今のようなからだをこれ以上維持できない時。
その時は何をしたいですか?
チョン・ジフン:家庭をほしいです。
配偶者を探して,結婚をして安定した生活をしたいです。
そして私が少なく集めた..
いや,率直に少ない金ではない^^;その金で学校を作って...
私が幼い時期金がなくて,踊りを習えないで歌を歌いたかったのにできなかった子供たちのために支援することができる..
そしてその子供たちが大きくてうまくいけばその学校にまた奨学金を送ってきて。
うまくいくかは分からないだろうが,それが第40代以後のまた他の目標です。

-freechal.com-

雨|“そうだお前が最高食べろ”

カムバック ショーケース現場中継
“私ワールドがワールド!
”雨が観客らに向かって大声を張り上げる。
アフロかつらにジャージを着て。
そうだ。
これは冗談だ。
去る9日MBC日産製作センターで進行された雨のショーケース<私,雨,踊り>で雨は‘ワールドスター’というタイトルを冗談の種で作っていた。
それは去る数年の間‘ワールド’という二つの字を肩に担って重く動いた雨には見られない姿だった。
舞台と舞台の間には場内進行を引き受けた司会者がいたが,雨は実質的なショーのMCであった。
無愛想な顔で登場した‘Rainism’以後彼は話し始める瞬間から濃淡を吐き出し始めた。
ショーケース客席を一杯にした観客らに‘ぞんざいな言葉’でコメントを投げたし,“4時間寝た,4時間”としながら激しいことで有名な自身の普段生活をふざけて誇示することもした。
そうだ,彼は知っていた。
人々が自身をどのように眺めるのか。
そして彼はあたかも今や会話の門がひらいたようにその視線に対する自身の考えをそのまま表現した。
‘I'm coming’でサングラスの中で自身の姿を隠していたサイボーグのようだった男が今はトークまでがんばる。
飛んでいったアンコール舞台,編集を恨むこと外に
もちろん,ショーケースの核心がピのトークではなかった。
雨は熱心に話をしたりもしたが,それ以上で熱心に踊った。
‘私,雨,踊り’という題名はあたかも‘私’,‘雨’の‘踊り’という意のように感じられる程,雨は2年間にアップグレードされた自身のパフォーマンスを多彩に見せた。
過去の雨はすでに‘パフォーマンス マシン’だったが,彼はここに踊りの正確性とすっきりしていること,そして余裕まで加えた。
‘It's raining’の動きは過去よりより一層正確になったし,‘太陽を避ける方法’で踊りで‘演技’をする雨特有の振りつけ演出力はより一層良くなった。
もちろんパフォーマンスのハイライトは今回のアルバムのタイトル曲’Rainism‘と‘Only you’であった。
‘Rainism’でピの踊りはこれ以上世の中みな取って食べることのようにパワフルな姿を強調しなかった。
代わりに彼は動作と動作の間に適当な余裕を置いて,時には意図的に動作と動作の間の時間を置きながら,緊張と弛緩の流れを作り出した。
彼のファンたちが最も歓呼したことは派手な動作らでなく隠れるさっと選びながら,瞬間的に動作を止まる雨の姿だった。
そして‘Only you’の序盤にプレイキンとバレーのトンを同時に混ぜながら,言葉どおり‘独舞’を踊る雨の動きは“そうだお前が最高食べろ”といわなければならない部分だった。
ただし惜しい点があるならば‘Only you’のこの部分がTV放送では編集と共に飛んで行ったという点。
<私,雨,踊り>この雨とキム・ソンアの‘私の秘密の踊り先生’になりながら,ピの踊りが中心になった雨のショーケースは雨が,キム・ソンアの踊り学習が30分近く放送されたTVショーになった。
おかげで雨がアフロかつらを使って“こんにちは雨です!
”を叫びながら登場した‘Fresh woman’以後続いた彼のアンコールは皆切られた。
スーパーエンターテイナーの美徳
だがそれは何の関係ないことかも知れない。
雨はパフォーマンスが良い歌手でもあったが,それでもパフォーマンスだけある人ではなかったから。
雨が上手にしたのは踊りや歌や演技でなくいついつの時にしても人を楽しくすることだった。
ショーケースでサングラスをかけてパワフルな踊ろうが,その踊ってファンたちの鼻の先に立って冗談をやり取りしようが,でなければTVショーでキム・ソナとコミカルな状況を演出しようが,雨はいつもエンターテイナーであった。
彼はショーケースでも,TVショーでもそこで人々をどうしても楽しくさせるだけだった。
ショーケースでファンを最も楽しくした瞬間は雨が踊ったりトークをする時でなくより良い舞台のためにその舞台らを何度も繰り返して,録画が終わった後にもずっと残ってずっとアンコールを歌うその瞬間らだった。
雨が巨大な舞台でない狭い録画会場で,ファンたちの直ぐ前でさらに多く歌を歌って,さらに多く笑わせて,さらに多く彼らを楽しくしようと努力するということ。
ピのショーケースはまさにそれを宣言する舞台であった。

-magazinet.co.kr-

http://www.magazinet.co.kr/Articles/article_view.php?article_id=48963&page=1&mm=002001000

雨|“私に二十七は底辺でやり直す年齢”

:カムバックと共にまさに娯楽プログラムに出演した。
気持ちがどうなのか.
雨:プログラムが変わったのはなくて,私が出演する姿勢が変わるようだ。
米国で戦闘行うように仕事をして故郷に戻った感じだとそうなのか以前より気楽だった。
:あなたの娯楽プログラム出演に対して“気楽な姿を見せる”という式の記事が載っていった。
だが4集の時も娯楽プログラムはたくさん出演した。
雨:打たれる。
すべてしていた。
ところで今回も人々は“なぜ芸能を出て行くのか”としたよ。
:あなたがそれだけ遠ざかるからではでないか。
あなたに‘ワールドスター’という言葉がつきながら,あなたに対して距離感を感じるようだ。
雨:打たれる。
出てみて遠く見えるといったよ。
出た活動をよくするといったのに,見る方々はそうではなかったようだ。
“ハリウッド撮影会場で出た精神おかしな子”
:それはあなたが去る2年間ハリウッドにあってであったようだ。
パク・チニョンがあなたに対して“何でも徹底的に準備して挑戦するスタイル”といったのに,ハリウッド進出はとてもはやかった。
雨:そのままうまくいくこと同じだった。
(笑い)二種類別れ目があった。
米国に行くか,アジア市場でお金を掻き集めるか。
ところでその時お金より私の未来が重要だという気がした。
今行けなければ再び行けないこと同じだった。
その時ウォショスキ監督がシナリオを送ってきたというから当然関心ができたし。
その時ツアーをしてぴったり3日休み時間だけあって休むべきかオーディションを見るべきか葛藤をして後悔することのようで15時間の間飛行機乗ってオーディション見た。
:オーディションはどのように進行されたか。
雨:カメラが二代だ。
私の顔表情を見ることと動作を見ること。
ところでその時は私が簡単な要人だけするほど英語をできなかった。
ところで挨拶をしたら私が必ずしなければならないことのようでならない英語で“I can do it,trust me.
please”こうした。
事実あきれるだろう。
(笑い)ところでむしろそれが可愛くボーだったようだ。
そこにあるキャラクターを見るから私がする配役の下にコリアン,チャイニーズ,ジャパニーズと記されていた。
私のほか色々な候補がいたのだ。
見たかったのに,俳優らプライバシーのために見えないでくれとしたよ。
それで見なかった。
切られるかと思って。
(笑い)
:ハリウッドであなたはちょっとおかしな人ではないのか?(笑い) でナオミ ヘリスが“このように熱心に仕事をする人は初めて見た”としたのに。
雨:精神おかしな子.
なぜあの子は休む時,休まないで?なぜコムプルレインがなくて?ところでそれを好む。
米国では何一つさせれば2~3日にやっとかかるのに,韓国では一日中にすべてするのではないか。
:そのようにしなければならない必要があったか。
米国は適当に余裕を持つのを好むけれど。
雨:戦場だから。
私のように韓国から渡ってきた東洋人ならばさらにそうだ。
映画<スピードレーサー>で私の配役は今よりさらに狡猾だったし,比重も小さかった。
ところでそれが今のように変わった理由がある。
<スピードレーサー>をとる時,ブルースクリーンの前でレーサースーツを着て車に入れば体感温度が40度を越える。
その状態で30分だけ車に乗れば腰が切れること同じだ。
他の俳優らは撮影して休む。
ところで私は大丈夫だと,ロール取り替えてまさにまた行こうといった。
それだけ撮影時間が短縮されるからスタッフらは好む。
私は家で病んで横になったが。
(笑い)撮影会場でうわさが立った。
あの子は文句を言わないと,すごいと。
その時ちょうどウォショスキ兄弟が<忍者アサシン>を製作するのに,その映画は主人公がからだを酷使させながら,肉体的な能力を最大限引き上げなければならなかった。
それで日キャスティングした。
ウォショスキ兄弟立場でも自分たちが製作する映画主人公なのに狡猾な姿だけ見せることはできないから<スピードレーサー>キャラクターも変えた。
“<サイボーグだが,大丈夫2>をとるならば私はまたしたい”
:放送で見るから<忍者アサシン>のためにあなたがする運動はそのまま筋肉を育てるのでなく身体能力を最大限引き上げる運動だったよ。
雨:打たれる。
それ終わって異種格闘技をしてみようかと思う考えまでした。
(笑い)筋肉運動だけするのでなく筋力運動までさせたから。
:なぜからだを極限に追い詰めたか。
雨:ハリウッドでそれを要求した。
それでこそ映画が要求する演技ができるから。
ハリウッドは本当にきつい。
そこで運動する時,ゴム版を敷いておくのに,それがそこに吐けば磨きやすいからだ。
そこに吐いて磨いて。
そのようにしても運動引き続きからだ作ろうとすることだ。
:ところで<スピードレーサー>私<忍者アサシン>であなたが演技するキャラクターは定形化された部分が多い。
演技力を正しく見せることができるキャラクターではないが,そのような配役を演技することはどうなのか.
雨:それでウォショスキ兄弟が演技力を見せる配役ではないから気楽にして,そして強いキャラクターでなければならないという言葉をいった。
ハリウッドで多様な面を見せられないで苦しいこともあるという考えになる。
私が今回すべての娯楽プログラムにみな出演するのは,<忍者アサシン>が封切ればその中の私は人々にとても距離が遠く感じられることという気がしてであったりもする。
そして映画が封切れば対する好評でも酷評でもあらゆる反応があふれることで,私はそれを甘く受け入れることだ。
それを土台にまた挑戦をすることで。
その時間がくる前に私を眺めてくれた人々にさらに近付きたい。
:それであなたに映画<サイボーグだが,大丈夫>に対する意味が格別なこと同じだ。
その作品はあなたがハリウッドに行く前最後の作品だ。
雨:<サイボーグだが,大丈夫>は私に最も難しい映画であった。
私が精神病がないから,精神病を持った人の愛を理解できなかった。
それで一シーン一シーン悩めばするほど一巡というキャラクターを悟った。
とる過程は大変だったが本当に純粋に演技というものに最高に没入することができた。
私が最後の場面では本当に裸体で映画を撮るほどであったから。
その時私が服をみな脱ぐというのはマネジメントを考えれば有り得ないことだった。
もちろん重要な部分は分けたし,(笑い)イム・スジョンSee Ya女の方であるから代役を使ったりしたが,その場面を撮りながら,これが本当に愛だなという気がしてそんなにしなければならないと決心した。
二人傘を差して,日が昇る時まで待って虹が浮かび上がって服を脱ぐ姿.
そしてエクストリーム プルシャッ.
その場面の感じが本当に良かった。
もし<サイボーグだが,大丈夫2>をとるならば私はまたしてみたい。
“今は踊りが何か分かるようだ,踊り映画を作りたい”
:ハリウッドで激しい競争をする代わりに韓国ではそのようにあなたの選択の幅がさらに広くなっていないのではないか。
雨:そうだ。
ショーケースでも素晴らしいということ,余有があること,笑わせたこと,悲しいこと全部見えてくれようとしたりもしたし。
老いる前に踊り映画も一度とりたい。
事実この頃私草木が水分を吸い上げたよ。
(笑い) 15年目踊ってみるから踊りが何か少しは分かったよ。
興行性に関係なしで短編でも踊りに関する映画を一度とりたい。
もう少し余裕があった。
祭りのようだという考えになって。
楽しみましょう。
このように。
:そのような態度があなたの舞台にも影響を及ぼしたか。
ショーケースであなたの踊りは余白と曲線が目立った。
とても余裕で多様な姿を演技するようだった。
雨:本来私が最善を尽くして‘ア,あの努力して,はれてしまうでしょう’このような形だというのではない。
(笑い)それで今回は余裕を見せてあげたかった。
:以前のあなたがパワフルで,直線的で,カタルシスのために息が切れるように走って行く踊ったとすれば今回はとても大きいことも,小さくもない同船中で精製された動くことを見せた。
雨:手をのびて,のびない動作があるならば,その中間をのびるのが最も大変だ。
それを表現するのが非常に大変だった。
振りつけ中にそよそよとするのがあって,突然殴るような動作があって,中間からドラムが出てくる時は死んだよ!
こうしながら,さっと出て行って,また休んで。
こういう呼吸を一つで連結しながら,起承転結を引っ張っていくのが難しかった。
昔には露出が多かったり表わすパフォーマンスが多くて,パワフルだったとすれば今回は節制の米を追求した。
:あなたが話す軟らかさでも余裕は他の人に懇意に近寄ろうとする努力とは違うようだ。
‘Rainism’も曲自体では不親切だ。
耳に入ってくるフックがあることでもなくて,パフォーマンスのために作られた曲ではないのか。
雨:率直に話せば‘Rainism’は付いて歌えない曲だ。
だが私は今回内スタイルを探したかった。
例えば私のタイトル曲がパフォーマンスを減らし歌がよく入ってくる曲ならば,それも笑わせないだろうか?ひとまず私が考える雨らしいの姿を考えた。
レイニジムはそうしたことだ。
多くの方らが見て,人々が“ウワー,舞台だけは雨が最高だね”という反応を引き出したいこと。
そして‘Love story’は簡単に聞くことができる歌で接近して,ビジュアルとリスニングを最初から分けてしまった。
は他の見方をすれば私の本物1集だ”
:アルバムのヒットよりは空けとの人がどんな人なのか見せたかったことなのか。
雨:このアルバムは私が今思いのままにできるいくらにもならない機会だ。
本来今年封切ることにした映画が来年3月や10月で延ばされた。
それで来年初め頃に米国で出さなければならなかった英語アルバムも延ばされたし。
今私は率直に米国音楽産業でトップクラス中に入るのが難しい。
それを克服するためには米国で一番上手く行くアーティストとともにデュエット曲もして,プロデューサーと事を成さなければならない。
その過程をみな経ようとするなら多い時間がかかるから今英語アルバムを作ることもできない。
それで私が1年の間準備した曲らがあると,私がプロデュースしたアルバムを持ち出そうといったことだ。
私が頭からつま先まですべてしてみよう。
私にはそのような意味のアルバムだ。
他の見方をすれば私の本物1集だ。
:それでも大衆があなたに冷淡ならば腹が立たないだろうか。
(笑い)パク・チニョンは雨は大衆的にヒットした音源がないといった話もした。
雨:陣営が兄の話は多分わい曲されたものと考える。
陣営が兄が作曲したのに自分が作曲した曲をさげすむか。
そして今回のアルバムは私が何をすることができるのか試験するのがさらに重要だったからそのような視線は大丈夫だ。
そして私は韓国市場だけ考えられない。
日本,中国,そしてユチューブで見る世界の人々も考えなければならない。
それで彼らに雨がどんな人なのか見せることができるパフォーマンスを提示してくれるのが必要だと考えた。
この頃は歌,踊り,演技,トーク,知識あらゆる事をみなそろえたスーパーエンターテイナーになってこそ勝率がさらに多いから。
それで私がどのようにそれぞれの部分を極大化できるか考えて,こういう選択をした。
不足することもできると考える。
だが私はこれが私が行かなければならない方向だと考えるから,今試みることだ。
今でなければ時間がない。
:それであなたは余裕がある時も勝負師気質があらわれる。
ショーケースでも観客らにトークをする時“私がこうするのにも君たちが(ほれる)反しないで?”こういう感じだった。
(笑い)
雨:打たれる。
私は後ほどmcもしたい程トークも好む。
トークショーも自信があるならば出て行くのが良くて,自信ないならば出て行かないのが良い。
:何でも上手にしようとするほどあなたを嫌いなこともできるという考えは入らないか。
雨:ハハ。
そのようなこともある。
あの子はトークさえも何か競争するようにするよ,とても努力するよ。
ところで誰が“秋なのに孤独でないですか?”横尋ねた時,私は“あの紹介ちょっとさせて下さい,孤独です”こういうスタイルなのに“オイ,あの子はあそこでも闘志を燃やすよ”こういう話を聞くまいと“孤独です”一言言うことはできない。
それがさらに飾り的だ。
:そのように生きるのが息ぜわしいことはないか。
雨:すべての人々がそのようにする.
なぜそのようにネクタイをぎゅっと引き締めて生きるかと。
ところで私も緩む時はたくさん緩む。
それでインタビューをしてはならないという考えもした。
インタビューをすれば皆“世界進出するから気持ちはどうですか?”,“今は気楽に生きる時もなりませんでしたか?”このように尋ねるから。
私は気楽に生きているのに。
:ところで4時間だけ寝るか?(笑い)
雨:それはそうするんだって。
(笑い) ‘膝ぶすっと導師’で私の悩みが“第20代をよく送るのか悩みです”であった。
恋愛もしたくて,路上でガールフレンド手も捉えたくて。
“私には名誉が重要だ。
それが私に対する証明だ”
:それをみなあきらめてずっと前進する原動力は何か。
雨:腹がへる。
今回のアルバムの‘my way’の歌詞のように,高等学校時期に本当に飢えの中で生きながら誰も私に手を差し出さなかった。
JYP,パク・チニョンという人だけ手を差し出した。
それで歌を始めたし,また一人立ちをした。
:その飢えということは物質よりは本人に対する認定や愛のようだ。
雨:そうだ。
名誉が重要だ。
それが私に対する証明だ。
:今はその名誉のためにあらゆる事を一人で担わなければならない。
雨:成し遂げなくちゃ。
負担もなる。
だがそれが‘my way’であるが,成し遂げなくちゃ。
自分自身を確認してみたかった。
上手にすることができるだろうか?できないだろうか。
失敗もあるだろう。
だがぶつかってみることだ。
:そのあらゆる事を抱え込んでいるあなたの二十七はどんな年齢のようなのか。
雨:底辺でやり直す年齢.
昔より豊かになっただけであって,また底辺であるようだ。
また行くことだ。
取立てて言う言葉が必要あるか?
:また?いつも底辺から始まること同じだ。
雨:なので上がる。
峰が五晴れているので,およそ三ヶぐらい上がってくるようだ。
いつも1年後,1年後を考えながら,ここまできた。
ここまできたから大丈夫だと考えれば疲れて倒れたかも知れない。
それが私の人生だ。
:その五峰の後には何があるだろうか。
あなたが目標を成し遂げて,四十を越えて,スーパーエンターテイナーの肉体を維持できない時,その時は何をしたいか。
雨:家庭.
そして私が小さく集めた..
いや,率直に小さいお金ではない。
(笑い)その金で学校を作って,私の幼い時期のように金がなくて,踊りを習えないで歌を習えなかった子供たちのために支援したい。
うまくいくかは分からないだろうが,それが私の40代以後のまた他の目標だ。
-
雨|今雨が証明したいこと

“どこですか?OOOO??”ピのマネジャーと通話しながら,何度もインタビュー場所を確認した。
彼が話したところは保安装置になった彼の会社事務室でもなくて,身分を確認して入らなければならないクラブのルームでもなかった。
マネジャーの口から出たことはある通りにあるテークアウト カフェ ブランドの名前だった。
雨が?その雨が?何度(か)を確認したが返事は同じだった。
ひょっとしてテラスを全部空けてくれと言ったことなのか。
だがそのカフェは人でぎっしり埋まった。
売り場安堵,テラスも。
彼らの間で平然に,雨が座っている姿を見るのは非現実的な状況だった。
“ずっと事務室や練習室にだけあるから苦しいですので。
パッと開いて良いでしょう。”これは雨の‘大衆化作業’起こったのか。
人々が雨の‘スウプ~ハ’をまねる時,KBS <フルハウス>で彼の微笑みに陥っている時,雨は韓国人ら中に混ざっている人だった。
だがある瞬間から彼はタイムズ紙で,あるいは海外映像資料でさらにしばしば見ることができる存在になった。
TVトークショーの芸能人らは彼の名前を取り上げ論じる時ごとに歓呼を怒鳴ったし,ピの4集ショーケースは蚕室(チャムシル)主競技場で行われた。
彼に関する記事にはいつでも‘ワールド’という言葉が追いついた。
そして反対に‘バブル’という論議も続いた。
ワールド,ハリウッド,スーパースターという巨大な単語を担った彼の姿が負担になるという人々もできた。
今雨にはそのような重さを除去することからしなければならないかもしれない。
韓国で初めて自分の意向のままに何かをしてみる時間
舞台の上で雨は自意識があふれるという非難を受けるほど自身を表わす。
“そのまま,余裕あるように楽しみたいです。
ハリウッドでは戦争を起こすように仕事をするから,韓国では楽しく過ごしたいです。”だが単にイメージ変身というには,この頃ピの歩みは極端に見えたりもする。
雨はカムバック前懇意な芸能人歌謡とともに弘大を歩き回って写真がつけられたり,広報のためにすべての媒体をいちいち歩き回った。
娯楽プログラムもMBC <黄金漁場>の‘膝ぶすっと導師’に出演して,適当に人間的な姿を見せながら,良い声聞く代わりに適当な娯楽プログラムに皆出演することを決意した。
反対に舞台上の雨は相変らず強い。
‘It's raining’と‘I'm coming’を越えて,今回は最初から‘Rainism’だ。
舞台外側ではイメージ管理にならない程人々とぶつかって,舞台の上では自意識があふれるという非難を受けることもできる程自分自身を表わす。
“舞台では雨が最高ということを見せてあげたかったです。
それがレイニズムです。”
トークでも舞台でも最高になりたくて,あらゆる事を上手にする‘スーパーエンターテイナー’が自身の指向するところだと話すこの自身満々な男は単に大衆と親しくなろうとしない。
代わりに彼は今回も大衆と勝負をかける。
軽い側と重い側,懇意な側とカリスマを見せる側,何でも自信があると。
愚かな行動でもある。
だが雨はむしろ自身がそのようなことが出来るという事実自体が楽しいようだった。
普通の歌手らに正規アルバムは最も大きい勝負の賭けだ。
だが雨に‘英語アルバム’でない‘アジア バージョン アルバム’である を出して韓国で活動する何ヶ月は彼が“したいのを思いのままにやれるいくらにもならない時間”だ。
この活動を終わらせれば彼はまたハリウッドに帰って,ハリウッドの主演俳優,あるいは“トップクラスはなるのが容易でない”米国ポップ界で認められることができる歌手になるための戦争を始めなければならない。
今雨が証明したいこと
いつのまに雨は海外の授賞式やCNNインタビューにさらに似合うスターになってしまった。
国内活動がみたゲームのための準備段階であることもある人生.
今私たちが眺める雨は,私たちが知って,うわさを立てて,推測した雨ではないこともある。
考えてみれば,雨は決して憎らしいようにスマートだったり,適当に叫んで潜ることができる能手円熟した芸能人ではなかった。
彼はパク・チニョンのプロデューシングの下半分ぐらいは好んで,半分ぐらいは嫌いなこともできる‘悪い男’のコンセプトに合わせて,死ぬほど踊ったし,KBS <サンドゥ学校へ行こう>では子供の病院費を用意するためにあちこちで走って通って,愛のためにならば,死も不死できる男であった。
彼のからだと踊りはトレンディーだったが,彼が作品の中で見せる姿はこの頃見るのが難しい‘熱血男児’であった。
それはピの個人史でもあった。
1990年代に本当に何日も飢えながら暮らしてみた子供.
それから何年後タイムズ紙に名前が上がっては下りた青年.
彼は今はTVでも消えた‘成功時代’の主人公だった。
その姿が忘れられ始めたことは彼がこれ以上自身のからだを思いのままに掻き回すことができなかった時からだった。
彼の名前に‘ワールドスター’という修飾語がつき始める時,彼の動き一つ一つに所属会社の価値が変わる時。
雨が清楚なスーツを着てパーティーに参加する写真が増え始めたし,雨はKBS <想像プラス>よりCNN行って,さらに習熟しそうな名前がなった。
“韓国の舞台で立つ時間がとても良いです。
その時が一番気楽に休むことができる時間ですね”もしかしたら今雨が証明したいことは自身の人気でなく自身が誰なのか証明することかも知れない。
相変らず舞台に立てば狂ったように踊って,娯楽プログラムでは手段方法を仕分けしなくて人々を楽しくする芸能人.
誰でも分かるスターだが,そのためにカフェでインタビューする楽しみをあきらめないという自身満々なスター.
ハリウッド活動というメインイベントを控えて,雨はもう韓国で巨大なマネジメント システムの中の雨でない自分自身の姿をそのまま表わしたいことではないか。
彼が‘ワールドスター’なのか違ってからに対しては各自考えが違うだろうが,その単語に挑戦することができるという事実がむしろ彼に韓国で初めて自分の意向のままに何かをしてみる時間を与えた。
それが人々が願う雨の姿ではないこともある。
誰かは相変らず雨を嫌いなことで,‘Rainism’はすでに論議の対象になっている。
だが,ピの一言.
“私はこれが今私が行かなければならない方向だと考えるから,今試みるんです。
今でなければ時間がないです。”そうだ,走られるように青年.
二十七の時間はその誰もかえすことができないから。

-magazinet.co.kr-

Esquire2008.11

10-21

10-21

10-21

10-21

10-21

10-21

from Rain-America(source*benamoo)

雨'セックス歌詞'まないたの上に…扇情性論議


レイニズム置いて"とても派手でけばけばしい" vs "海外市場狙い"伯仲
歌手兼俳優ピの5集タイトル曲がエロチシズム論議に陥った。
雨の<レイニズム>歌詞が男女間愛の行為を描写するような内容が含まれていて衝撃を与えている。
最も論議になっている部分は'震える君のからだの中を回っている私のMAGIC STICK/これ以上移れない限界を感じたBODY SHAKE/ MAKE IT RANISM THE RANISM内からだを感じてしまった'という歌詞.
歌の序盤部'BAD BOY'という歌詞に続き後部分で登場するこのような歌詞に一歩遅れて関心を傾けたファンたちが驚きを表わしている。
ファンたちはこの部分が男女間愛と絶頂の瞬間を描写したようだという意見をひきつづき出している。
ピの歌を聞いたファンたち,特に女性関連サイトの利用者らが熱を帯びた意見を出している。
一部女性ファンたちは"海外を狙ったので可能な歌詞だ" "マジック スティックが何なのか。
彼のふところに抱かれたい"として歌歌詞の一つだけであると評価した。
反面また他のファンたちは"歌詞がとても派手でけばけばしい" "ファンたちが聞くに堪えない"として惜しんだ。
この歌詞は雨が直接作った。
ピの所属会社チェイテュンエンターテイメント側は"雨がこの歌詞を使う時,他の意を持って使ったのではない。
色眼鏡をかけて聞かないでくれ。
雨が初めて作詞作曲をしたタイトル曲であるだけに愛情を持って励ましてくれたら良いだろう"と注文した。
ピの所属会社側は雨が自分だけのスタイルを意味する'レイニズム'という表現と共に自信を現わすために作った歌詞が芸術性よりは商業的論議にまきこまれるか用心深い雰囲気だ。
実際に各放送会社審議でもこのような歌詞を問題にしないだけ一部ファンたちの行き過ぎた関心が憶測を呼び起こしたことではないかとの意見もある。
この歌詞は雨が普段持っているセクシーなイメージを極大化するための戦略で作られたと見られる。
雨が去る17日MBCカムバックショー<私,雨,踊り>を通じて<レイニズム>舞台の初めて初お目見えしながら,放送会社が行うプログラムごとに熱情的な舞台をお目見えしている。
雨がツエを持ってパフォーマンスをお目見えした後,10万枚の予約注文を受けながら,アルバムが飛ぶように売れている。
雨が2年ぶりに出した今回のアルバムは新しい所属会社を通じて,初めてお目見えすることで,雨が直接プロデュースして作詞作曲を引き受けた。
-cyworld com-