FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨所属会社,日本ファン(対象チケット不法販売した旅行社告訴

ピの所属会社のチェイテュンエンターテイメントがピの人気を悪用した旅行社を相手に警察に捜査を依頼したと知らされた。
雨は23日午後京畿道(キョンギド)一山(イルサン)キンテックスでチェイテュンクリエイティブのブランド'シックス ツーファイブ(SIX TO FIVE)'ロンチンショ兼公演の'2009 S/Sロンチンショ&コンサート'を開いてデザイナー申告式を行った。
この日行事は比較的成功的だったが舞台裏手にはピの日本ファン150人余りが主催側に抗議する騒動が広がって苦々しさを抱かれた。
この日行事場所を探した日本観光客150人余りは入場券を求めることができなくてコンサートを見ることができなかった。
彼らはピのファッションコンサートを見るために国内ある旅行社が不法パッケージで企画,販売した旅行商品を日本現地で購入した雨のファンたちだった。
このツアープログラムは2泊3日コースだが,彼らは1人当り14万円という高い価格を支払って韓国にきた。
為替レートまで勘案すれば見当をつけても私たちのお金で約200万ウォンを越える高い価格帯のツアーだ。
しかしこの2泊3日の日程には雨のロンチンショ兼コンサート他にはどんなこと程度含まれていなかった。
ある日本ファンは"高い値段を与えてきたのにこのように遠くから雨を見て行って残念だ"として物足りなさを吐露したりもしたし,また他の日本ファンは"(ツアーには)食費も含まれなくてお腹がすく"で話すこともした。
主催側と全く事前協議なしで旅行パッケージ商品を販売した旅行社はこの日チェイテュン側とファンたちの抗議によって日本観光客らに全額返済することで状況は一段落した。

-naver-

スポンサーサイト



"雨コンサート観光なのに立場もできなくて?"涙

日本ファン チケットなくて,ついに入れないで…所属会社ツアー進行旅行社申告
スポーツ韓国ムン・ミヨン記者mymoon@sportshankookco.kr
韓国旅行社の商才で韓流スターらとファンたちが泣いている。
歌手ピの日本ファンたちが最近雨を見るために韓国を訪問して心の傷だけ負って日本に帰った。
ピの日本ファン150人余りは23日午後京畿道(キョンギド)高陽市(コヤンシ),一山(イルサン)キンテックスで開かれた雨の<シクストゥパイブ>(625)ファッションショー兼コンサート(以下ファッション コンサート)長を探した。
だが入場券を(求める)救うことができなくてコンサートを見ることができなかった。
日本ファン・ユ○,ユ○○氏(35)は"日本で2万円(約30万ウォン)を与えてテイトゥオ(一日観光)を予約した。
この旅行商品はピのファッション コンサートを観覧するのが目的だ。
実際に現場に来てみると私たち(日本ファンはチケットがなくて入ることができなかった"と涙を流した。
また他の日本ファン、○○○(52)は"この日だけを待った。
雨を前に置いて顔も見ることができないというのがとても空しい"と訴えた。
ピの所属会社チェイテュンエンターテイメントはこの日ツアーを進行したある旅行社関係者を現場で捉えて,警察に申告した。
京畿道(キョンギド)高陽市(コヤンシ)日産警察署対話地球対側関係者は"李氏が被害者らに適切な補償をしない場合告発措置された後法の審判を受けることになるだろう"と明らかにした。
チェイテュンエンターテイメント チョ・トンウォン代表は"今回の事件に雨,ファンたち皆大きい傷を負った。
ファンたちが韓国に対して悪い記憶を持って帰ることになるかと思って心配だ。
こういう弊害が続かなくすることために方法を模索するつもりだ"と話した。

-sports.hankooki.com-

ピの衝撃“無料入場券が30万ウォン暗票だなんて”純粋ファン悪用旅行パッケージに法的強硬対応方針

歌手ピが自身を悪用した一部旅行社の不法旅行パッケージに対して法的対応も辞さないという意向を明らかにした。
歌手ピ(実名チョン・ジフン)は自身から出てきたファッションブランド'シクストゥパイブ'(6to5)ランチングショーを旅行商品で販売したある旅行社に対して法的対応する立場を表わした。
雨所属会社チェイテュネントテインモントゥ関係者は25日ニュースエンと持った電話通話で"'シクストゥパイブ'ランチングショーを旅行商品で販売した旅行社に対して状況によって,法的措置もすることができる"として"状況によって,法的な措置も講じる計画だ。
純粋なファンを利用した行為に対して強硬に対処するだろう"と強調した。
雨は23日京畿道(キョンギド)高陽市(コヤンシ),一山(イルサン)キンテックスで自身がモデル兼デザイナーに出ている'シクストゥパイブ'ランチングショー舞台に上がって公演を広げたことがある。
この日公演会場には少なくない日本ファンたちが席をして目を引いた。
だがこれら大多数は旅行社が販売した旅行パッケージを利用して,公演会場を探すことになったと知らされながら論議がおきた。
この日ランチングショーは招請人々を中心に無料で進行された公演兼ファッションショーであった。
雨は"その間何度も無分別な旅行パッケージによる被害をこうむることもした"として"雨自身に対する被害も被害だが,遠くから雨を見るために訪ねてきた韓流ファンたちに申し訳ない時も多かった。
これからこういう事例が起きないように努力する"と明らかにした。
引き続き"ランチングショーが旅行パッケージで利用されるという事実を知ることができなかった"として"良い意味の行事が変質して残念なだけだ。
捜査結果を見て今後対応方案を模索するだろう"と伝えた。
また"現場で事実を知って旅行社関係者を捉えて,尋問をした"として"初めには話をしなくて警察を呼んだ。
状況を調べてみると入場料だけ2万円(韓貨約30万ウォン)程度の高価を受けたよ。
まずファンたちに謝罪とともに入場料全額と飛行機値段を返済してくれることに約束を受けた。
もし約束を守らないならば法的対応に入る計画だ"と話した。

-daum-

雨(チョン・ジフン),デザイナーでごあいさつします

8

k

o

9

kl

8
p

o
o

y
i
t

歌手ピ(Rain,実名チョン・ジフン)の所属会社チェイテュンエンターテイメント(代表チョ・トンウォン)の子会社のファッション&デザイン専門企業チェイテュンクリエイティブの衣類ブランド'シックス ツーファイブ'(SIX TO FIVE)ロンチンショが23日午後7時京畿道(キョンギド)高陽市(コヤンシ),一山西区(イルサンソグ)キンテックスで開かれる。
この日ランチングショーに先立ち午後5時'シックス ツーファイブ'(SIX TO FIVE)ランチング記者懇談会が開かれた。
この日新概念ファッションコンサートで呼ばれる'シックス ツーファイブ'のランチングショーでワールドスター雨はレッド(Red),ブルー(Blue),ホワイト(White),ブラック(Black)等4種類カラーのコンセプトに合う幻想的なファッションショーをお目見えすると同時に既存ピの公演を通じては聞いてみることができなかったリミックス バージョンの歌でミニ コンサートを広げながら'パフォーマンス皇帝'としての面目(容貌)を遺憾なく発揮する予定だ。

g

g

o

g

f

k

f

u

vg

c

u

s


金ジェドン,チョン・ウソン..'李炳憲,ピのソウル風景'カメオ出演

12-25

韓流スター李炳憲と雨を通じて,ソウルの文化とソウル市民の生活を見せる'ソウル特集'ドキュメンタリーに金ジェドン,チョン・ウソン,ソン・カンホがカメオで出演した。
22日ソウル市のある関係者は"雨がソウルで生活する姿を現わした場面で金ジェドンと共に漢南洞(ハンナムドン)に位置した屋台であれこれ話を交わす場面が含まれた"と明らかにした。
この関係者はソウルの人らに対する日常的なドキュメンタリーをとりながら,屋台で雨が懇意な金ジェドンと共に焼酎を飲む場面を入れることになったと撮影背景を説明した。
これと共に去る7月からドキュメンタリーの撮影が進行されたから7月11日に李炳憲が龍山(ヨンサン)CGVで映画'奴奴奴'のVIP試写会日程に参加しながら,一緒にソン・カンホとチョン・ウソンもカメオで登場することになった。
この関係者は"今回の放送は二つのスターを通じて,ソウルの生活を世界各地の人々に見せるドキュメンタリーで人物ドキュメンタリーとは差がある"と伝えた。
李炳憲と雨は今回のドキュメンタリーで各々'ロマンチックなソウル'と'熱情的なソウル'の姿をコンセプトで撮影に臨んだ。
李炳憲はロマンチック ガイという設定に似合うように江南(カンナム)のワイン バーでワインを飲んで,漢江(ハンガン)橋脚らおよび道路周辺夜景をフェラーリに走って某ボクシング印鑑(道場,塗装)でボクシング練習中の姿をとった。
雨は弘大の急報これらと時々刻々変わる清潭洞(チョンダムドン)と狎鴎亭(アプクジョン)などの地で撮影しながら,ソウルの変化の激しい躍動的な姿を表わした。
これと共に雨がお母さんの祭事をする場面も公開される。
雨は放送を通じて,練習生時期お母さんを病気で失ったと告白していた。
一方今回のドキュメンタリーは来年1月から世界的ドキュメンタリー専門チャンネルの'ディスカバリー'を通じて,世界に紹介される。
1月にはオーストラリア地域,2月には東南アジア,5月にはヨーロッパ地域で放映される。
去る7月'ディスカバリー'の製作スタッフが訪韓して,李炳憲と雨とともにドキュメンタリー撮影を始めたし11月中旬完了した。

-naver-