プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタエム"雨-JYP告訴,ハワイ裁判とは無関係"

ワールドツアー霧散関連雨-JYPエンターテイメントを告訴したwell madeスタエム側が"今回の告訴は最近あったハワイ陪審評決とは関係がない"と線を引いた。
2007ピのワールドツアー'レインス カミング'一部霧散と関連して雨とピの前所属社JYPエンターテイメントに45億ウォン相当の損害賠償請求訴訟を提起したスタエム側は31日アジア経済新聞との通話で"去る2年間ワールドツアーを再開しようと努力してきた。
しかし雨側がこれに応じなくて当時契約金を回してくれと訴訟をしたことだけ"と説明した。
スタエムのある関係者は"2007年契約された総35回公演中に16回が失敗に終わったにもかかわらず雨は公演に対する意志がなかったことから分かる。
残った公演をさらに満たそうと持続的に意見を出したが雨側で応じなかった"と明らかにした。
今回の訴訟に対して雨とJYPエンターテイメントは"最近ハワイ陪審評決など雨が不利な位置に立つとこれを悪意的に利用した訴訟"としながら声を高めた状態.
これに対してこの関係者は"なぜ今になって訴訟をするのかという視線に対しては追加公演に対してずっと交渉中であったのについに成し遂げなかった。
またスタエム内部的に経営権が変わって時間がかかったりもしたと説明する"と明らかにした。
雨はその間残った分量のワールドツアーに応じないのは2007年6月末で公式的なワールドツアー期間が終わったためであると推測される。
スタエム-雨-JYPエンターテイメントが作成した別途合意書によればワールドツアーは2007年6月末まで総35回公演を消化する。
雨立場ではこの期間が終わったのにむしろ大邱(テグ),中国など2回公演を消化してくれるなど誠意あるようにワールドツアーに応じたがスタエム立場では35回を皆満たすことを願ったのだ。
スタエムのこの関係者は"初めから6月末中に日程を終わらせることができないのは米国でレーン商標権紛争がさく烈したし,中国で公演許可をしなかったためだ。
これは雨側が責任を負わなければならない"と話した。
一方今回の訴訟に対してJYPエンターテイメントは"ワールドツアー米国公演霧散の時記者会見を通じて'すべてのことが私たちの誤りです'として涙流したことがスタエム違ったか。
ところで今になってどのように私たちに責任を転嫁できるか。
私たちが不利な立場に立つとこれを悪意的に利用するスタエムの形態にあまりにも腹が立つ"としながら"法的に強力に対応する"と31日明らかにした。
また米国商標権問題に対して"私たちが米国に問い合わせしたことは'レーン'という名前を独占的に使えるかということだ。
答弁は先行獲得者がすでにあるということだけだった。
その時私たちはすでにラスベガスなど米国公演をしていた。
米国で公演をできないつもりだということをどのように予想したか"と反問した。
雨側は現在内部会議を通じて,公式立場を整理中だ。
31日ソウル中央地法によれば去る2006年雨などと公演権独占契約を結んだスタエムは最近雨とJYPエンターテイメントを相手に45億7000余万ウォン台損害賠償請求訴訟を提起した。
スタエムは2006~2007年に海外で開かれる雨公演に対する独占契約を締結して全4回にかけて,雨出演料と権利金など100億ウォンをJYP側に支給した。

-アジア経済新聞-

スポンサーサイト
雨-JYP,また45億損害賠償訴えられる…責任攻防加熱

歌手ピと前所属社JYPエンターテイメントがワールドツアー関連して,国内でも損害賠償請求訴訟にあった。

2007年当時ピのワールドツアーの主管社であったスタエム側は最近雨が降ってJYPを相手に45億7000万ウォン規模の損害賠償請求訴訟を提起した。 これは最近米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審で雨が降ってJYPなどが総808万6,000ドル(約112億ウォン)の損害賠償を評決を決定にともなう動きと解説される。

今回のスタエムの損害賠償訴訟は雨が降ってJYPエンターテイメントが米国・中国などで総35回ほど公演を開催することにしたが19回しか公演が開かれなかったし,残り16回公演は失敗に終わったことに従ったのだ。

このような所属に接した雨が降ってJYP側は当惑するという立場だ。 知られた通りハワイ評決の被告は雨,ピの前所属社JYP,米国公演主観(主管)社レボリューションエンターテイメントそして今回訴訟を提起したスタエムまで該当するためだ。 米国裁判所の判決にともなう責任者中一つのスタエムが他の被告,雨にすべての責任を問うているある状況. 特にスタエム側は雨が降ってJYPエンターテイメント側が米国で'レーン'(RAIN)という名前で公演できないことを知っていることにもかかわらず,これを知らせないで契約を締結したと主張している。

これに対し雨所属会社チェイテュンエンターテイメント側は"国内法により判決が下されるだろう"として"今回の訴訟は納得するのが容易でない"と言葉を慎んだ。

-毎日経済スタートゥデイ-

スタエム,雨-JYPに45億ウォン規模損害賠償請求訴訟

歌手ピと前所属社JYPエンターテイメントが2007ワールドツアーを主管した国内公演企画会社ウェルメイドゥスタエム(以下スタエム)から45億7000万ウォン規模の損害賠償請求訴訟に包まれた。
最近ハワイ公演取り消しと関連して,陪審評決を不利に受けたところにより国内公演企画会社も動きを見せたと分析される。
31日ソウル中央地法によれば去る2006年雨などと公演権独占契約を結んだスタエムは最近雨とJYPエンターテイメントを相手に45億7000余万ウォン台損害賠償請求訴訟を提起した。
雨とJYPエンターテイメントは契約書を通じて,米国・中国などで全35回ほど公演を開催するように約束したが19回しか公演が開かれなかったし,残り16回公演は失敗に終わったことにともなう損害賠償請求訴訟だ。
スタエムは訴状で"JYPエンターテイメントは私たちと契約を結ぶ前雨公演に対する商標権登録申請を米国特許庁に出したが,公演名に入る'Rain'という表現が米国現地に登録された'RANYコーポレーション'商標と似ていて,拒絶された。
これのために相当数現地公演が不可能なこともあるとのことを分かりながらも,これを契約過程で言及しなかった"と主張した。
スタエムは2006~2007年に海外で開かれるチョン氏公演に対する独占契約を締結して全4回にかけて,チョン氏出演料と権利金など100億ウォンをJYP側に支給した。

-アジア経済新聞-

プランドゥショップネイチャーリパブリック ベールを取る

来月3日明洞(ミョンドン)1号店オープン...モデルは韓流スター'雨'
最近国内化粧品流通街を熱い雰囲気にした新規プランドゥショップ'ネイチャーリパブリック'がいよいよベールを脱いだ。
当初'ナチュラル リパブリック'で知られた<本紙インターネット版3月3日付'大型プレンドゥショプ新規スタート説輪郭'我慢して>がプレンドゥショプの公式名称は'ネイチャーリパブリック(Nature Republic)'で商品および役員陣など組織構成とモデル選定などを終えて来月初め1号売り場をお目見えする。
ネイチャーリパブリックは16日三成洞(サムソンドン)パークハイアット ホテルで専門言論記者懇談会を持って企業背景と事業戦略,ブランド紹介などを進行した。
世間の関心を集めたネイチャーリパブリックの経営者はザ フェース ショップ海外事業本部長,(株)韓国飲み物(南洋17次製造会社)代表を歴任した李キュミン代表理事と明らかになったし,営業総括本部長には朴ピョンスン常務<写真>,マーケティング部門にイ・ジャンウ常務,ソン・ビョンウク営業理事などが役員陣で構成されて,組織首脳部がザ フェース ショップの草創期メンバーだと確認された。
だがネイチャーリパブリック側はザ フェース ショップの創立主のチョン・ウノ会長と自社が関係がないと明らかにして流通街のチョン会長介入説は根拠がないデマと強調した。
またネイチャーリパブリックはモデルで歌手兼タレント・映画俳優で人気を得ている雨(実名チョン・ジフン)と契約を締結したと明らかにした。
会社側は“すでにレッドオーシャンに変わった内需市場を越えて,国際舞台に進出するためにグローバル モデルで適合した雨を指名した”とモデル選定の背景を説明して4月には売り場POPおよび画報広告,5月頃には放送広告を進行する予定だと説明した。
来る4月3日オープンする予定のネイチャーリパブリック1号店は国内最大の中心商圏の明洞(ミョンドン)に地上2階形態でお目見えしながら,この売り場は断層面積だけ200平方メートル(約60坪),1~2階を加えれば400平方メートル(約120坪)に達して,化粧品ロードショップではめったに見ない規模を持っていて関心を集めている。
ネイチャーリパブリックの朴ピョンスン常務は“プランドゥショップ競争が加熱しながら,加盟店経営者と消費者を共に満足させる企業本来の初心が薄くなっているようだ。
リパブリックは高品質製品を合理的価格に供給して,消費者を満足させて加盟店経営者に最大の収益を提供する経営原則に社運をかけるだろう”と明らかにした。
合わせて“ルイビトンの靴をABCマートで販売する初心に帰ってプランドゥショップの新しい歴史を書く”と強調するそれに沿えば今年上半期内に加盟店100ヶ所をすでに予定していながら,年内300ヶ売り場を開く計画だ。
一方ネイチャーリパブリックの商品構成は自然主義コンセプトと天然成分を接続して作った800ヶ余りの品目で高級素材のクレンジング ライン,年齢帯別基礎ケアと男性・ボディー・ヘアー・ベビー製品など総合ポートフォリオをそろえており皮膚タイプ・機能別機能性化粧品も用意された。
VMD部門においてはプランドゥショップの典型的演出から抜け出して,節制されながらも果敢な演出を試みたし,自然の感じをすべての製品勇気に適用することによって差別化を試みたという

-beautynury.com-

関連写真
1

2

3

4

5

w

-비갤펌 -


[単独]寝室香りまで…雨,皆脱いだ


['ワールドスター'ピのあらゆること単独公開] 2.
ピの休息が気になる
ウェブサーフィン・散歩・洗濯・料理・・・この男余裕があふれるよ
'ピの寝室ではどんな香りが?'
1
たった今彼がそばで目を開いた。
甘い言語で朝挨拶をするようだ。
舞台の上でたっぷりある汗を流した歌手ピの姿はファンたちの目になじむ。
こんがらかったヘアースタイル,なでつけなかった表情の'人間チョン・ジフン'は全く懇意に近づく。
彼の日常を入れた写真がスポーツ韓国読者に初めて公開された。
雨の'10年親交'の歌手兼写真作家ペク・ソンヒョン(ベッカ)のカメラに含まれた姿だ。
ベッドで,浴室で,台所で会った彼の風変わりな魅力は新鮮な衝撃を与えるのに充分だ。
遠くから眺める'ワールドスター雨'がでない,まさにそばにある'人間チョン・ジフン'に会う時だ。

日常の中雨は午後をどのように送るだろうか?
'ワールド スター'ピの日常を入れた単独で入手して,3回にかけて公開される。
スポーツ演芸専門日刊紙スポーツ韓国がタブロイドで判型を変化しながらお目見えする'エクスクルーシブ(Exclusive)'面を通じて,放送で見られなかった非義隠された香りと魅力が何か探ってみる。
この写真らは雨の長い間の友で先輩の歌手兼写真作家ペク・ソンヒョン(ベッカ)が撮影した。
昨年海外販売用DVDを撮影する当時とったこと。
ペク・ソンヒョンが未公開カットを中心に国内では初めて公開される雨の写真をスポーツ韓国読者らのためにさっさと出した。
彼は最近世の中の誤解と憶測のために力に負えない時間を送っている雨が微笑と余裕を忘れないことを望む心にこの写真らを公開した。
この写真らには舞台とスクリーンで見られなかった雨の新しい姿が含んでいる。
通常のフォトグラファーの前で表わさなかった自然であどけない表情とポーズがいっぱいだ。
'10年知己'ペク・ソンヒョンの前だと可能だった姿だ。

#1ノートブックは私の友人
2
その男の午後は余裕があふれる。
彼が日差しがあふれる窓(ウィンドウ)を後にしてノートブックでウェブサーフィンを楽しむ。
重々しく目深にかけた角のメガネのためであろうか。
彼を舞台上から見ることができなかった真剣さを加える。

#2出たアナログが良くて
3
雨はアナログ感性が好きだ。
コンピュータ キーボードに習熟しなくて,ファンたちが‘イーグル打法’代わりにタイプ練習をしろと忠告をするほどだ。
そのためか彼は手に触るようになるファンレターが伝える紙感触が好きだ。

#3愛犬と運動兼散歩
4
運動を兼ねた散歩に乗り出した彼の表情が茶目っ気いっぱいだ。
彼とは違い関心がない犬公の表情が笑いをかもし出す。

#4洗濯干してみようか
5
広い庭に洗濯物をほし始めた雨.
おりしも照りつける午後の日差しに彼の微笑みがより一層光る。

#5明るい私の姿を
6
彼にも‘セルカ本能’というものがある。
カメラ モデルをするほど写真を取るのが好きな彼がシャッターを押しながら明るい微笑を浮かべるとみられる。

#6直接買い物をすると幸福が'いっぱい'
買い物をしに出た雨.
紙封筒あるいっぱい幸福を入れてくるように表情が明るい。

#7エプロンして"私は料理人'
7

知人らに時々料理手並みを誇るほど台所と親しい彼がエプロンをした。
上手な刃物の使い方に彼の顔に映った幸福感もより一層大きくなるとみられる。

#8読書の喜びが最高
久しぶりに本を持って庭に出た雨.
考えに浸った彼の姿が新しい。
8

9

-朝鮮日報-


11月25日…風雨固め打ちする‘忍者アサシン’米封切りである確定


韓国・ヨーロッパなどもほぼ同じ時期に…プレミア ツアー予定
‘冬雨’
雨の初めてのハリウッド主演作‘忍者アサシン’の開封日が決まった。
米国演芸週刊誌バラエティーは最近号で‘忍者アサシン’が11月25日米国で封切ると報道した。
米国映画専門データベースIMDBも開封日を11月25日で記載した。
まだ韓国開封日とヨーロッパ等の開封日はまだ発表されなかったけれど,米国とほぼ同じ時期に開封されると発表された。
これで雨は降る冬映画俳優で米国市場にもう一度挑戦に出ることになる。
‘忍者アサシン’は去る年末から米国の有力媒体から期待作に選ばれてきた。
一般観客にも何回も試写会をたどりながら良い反応を得て,米国ボックスオフィス上位圏進入に対する期待も高い。
また英国日刊紙‘さらにタイムズ’インターネット版‘タイムズ オンライン’から‘2009期待される大作映画トップ50’ 41位に上がったし,米国の映画ウェブマガジン フィルムスクールリジェクトでも‘2009年最も期待される映画25編’に上がった。
合わせて米国,サンフランシスコ地域日刊紙このその面白味君の‘2009年最も期待される映画10編便’に選ばれた。
最近米国映画サイト‘コライダー’は今月の初め試写会直後“雨は‘スピードレーサー’で助演をしたことに比べて,今回の映画で俳優として途方もない発展をした”と評したし,映画に対して“大衆がうれしがるほどの映画であることが明らかだ。
CGを補強した‘キルビル’とも同じだ”とした。
雨は去年‘スピードレーサー’に助演で出演して,ハリウッド デビュー式を行ったが,今回の映画が初めての主演作なのでこれからハリウッド俳優にどれくらい成長していけるか計ることができる作品になる展望だ。
雨は封切り時期に合わせて,大々的なプレミア ツアーを行う予定だ。
一方‘忍者アサシン’は米国映画等級審査を管掌する米国映画協会から流血が散り乱れた場面と程度高い暴力場面でR等級を受けた。
R等級は満17才未満は両親や保護者が伴ってこそ見られる映画に下される等級だ。

-スポーツ東亜-

10年知己'私を打った'ベッカが話す人間チョン・ジフン

1

尊敬する!
君の努力,情熱,夢
ピの寝室にはどんな香りがはらんでいるだろうか?
'ワールド スター'ピの日常を入れた単独で入手して,3回にかけて,公開する。
スポーツ演芸専門日刊紙スポーツ韓国がタブロイドで判型を変化しながらお目見えする'エクスクルーシブ(Exclusive)'面を通じて,放送で見られなかった雨の隠された香りと魅力が何か探ってみる。
2

この写真らは雨の長い間の友で先輩の歌手兼写真作家ペク・ソンヒョン(ベッカ)が撮影した。
昨年海外販売用DVDを撮影する当時とったこと。
ペク・ソンヒョンが未公開カットを中心に国内では初めて公開される雨の写真をスポーツ韓国読者らのためにさっさと出した。
彼は最近世の中の誤解と憶測のために力に負えない時間を送っている雨が微笑と余裕を忘れないことを望む心にこの写真らを公開した。
この写真らには舞台とスクリーンで見られなかった雨の新しい姿が含んでいる。
通常のフォトグラファーの前で表わさなかった自然であどけない表情とポーズがいっぱいだ。

'10年知己'ペク・ソンヒョンの前だと可能だった姿だ。
'素敵な奴' '尊敬するほどの男'.
歌手兼写真作家ペク・ソンヒョン雨に対する評価を惜しまなかった。
ペク・ソンヒョン10年近く雨を見守った。
彼は計画なしに漢江(ハンガン)のほとりで雨と散歩をすれば未来に対する夢を話した。
映画<忍者アサシン>撮影のために殺人的な献立調節をした雨とともに離れた日本旅行で'怨念解消'するように暴食(?)した。
歌手兼俳優雨でない'人間'チョン・ジフンの容貌を調べることができるペク・ソンヒョンの評を聞いてみた。

1

#1身分変化
それにともなう性格やマインドが変わる人々.
はなはだしくは周囲の人々まで変えてしまう人々.
9年前大きい身長にあどけない姿で踊りを習うとして現れた少年一つ.
2

ついに彼がベッドでからだを起こした。
さっと見える彼の上半身は舞台の上でカリスマあふれたそれとはまた違う思いだ。
広い彼の胸が一層安らかで安楽に見える。

その縁が10年も行くだろうとその時は知らなかった。
そしてその少年が大韓民国最高になる方法もその時は知らなかった。
10年という時間.
一緒に住む時は敵のように感じる時もあったが
‘男は髭そりする時短くて深い考えにぬれる’としたのか。
髭そり泡を塗った彼の姿がわざと真剣に見える。
3

私は自分の意向で彼はそのまま互いに泣いて笑って共に過ごしながら
少数の私の大切な人の中1人になっている今は'雨'になってしまった。
弟だが,時には兄のように時には友人のように。
そのようにそばで変わりない人になってくれて有難いだけだ。
4
上であげたヘアースタイルが風変わりだ。
一つの手には湯飲み茶碗を一つの手には新聞を入っている姿が映画の中一場面のようだ。
彼はバナナを口で噛んで滑稽な表情を作り出すこともした。

互いに依存できる強固なファミリーシップでの未来がさらに期待される。
素敵な奴チョン・ジフン.

#2日本旅行
本当に久しぶりの余裕を感じて戻った日本.
5

ついに彼がベッドでからだを起こした。
さっと見える彼の上半身は舞台の上でカリスマあふれたそれとはまた違う思いだ。
広い彼の胸が一層安らかで安楽に見える。
私たちは毎日毎日一日10万カロリーずつ食物を摂取したし気持ち良い天気ととても良い人々とかなりちょっとした時間を送って戻った。
しかし今は皆また熱心に仕事をするために本来の席に帰る。

#3尊敬という単語
食べるのをそのように好みながらも,どれくらい毒気を抱いて好むのと塀を作って熱中をするのか
7
透明な朝日差しが彼の顔に落ちた。
不平を言うような表情で去る熟睡を惜しんだその。
あたかも“五分だけさらに”と叫ぶような茶目っ気いっぱいである微笑でカメラ レンズを凝視した。
すべてのことらをこれでなければ死ぬという式でするのか。
君は尊敬という単語が合うという考えを一日にも何度もするようにするのか。
怠惰さと距離が遠い君は自分の味方を尊重して用意する'共に'という単語と'のように'という単語を'最後まで共に行こう'という話をどれくらいするのか。
そういう話に弟だが,常に力になって私をもう一度考えるようにする。
尊敬する。
君の努力意志態度情熱純粋夢心らを。

-韓国日報-

雨ファンクラブ,'雨支持'全世界新聞広告推進

歌手ピ(実名チョン・ジフン)がハワイ公演取り消しでJYPエンターテイメントとともに800万ドル(韓貨112億ウォン)を賠償する境遇に置かれた中で雨ファンたちがワールドワイド広告で雨を支持するという意思を明らかにした。
27日雨公式ファンクラブ雲側は公式ホームページの公示事項を通じて"雨を支持するワールドワイド広告を企画した"として"ファンたちが意見を出した広告を進行するようにする"と明らかにした。
雲側は"雨を支持する姿を各国の新聞広告を通し見せてくれること"としながら"現在状況に合わせて,来る4月3日掲載しようとする"と説明した。
引き続き雲側は"雲のワールドワイドを見せるために全世界的に進行すること"としながら"のような内容,同じ文句の広告を同じ日に同時に掲載しようとする"と付け加えた。
公示事項によれば雲側は雨の大きい写真一枚とひじ負傷にもかかわらず,舞台に上がった小さい写真を添付,'雨に舞台はファンたちとの約束です。
We believe in RAIN!
'という文句を共に広告を出す予定だ。
これらは海外サポーターズを通じて,韓国だけでなく香港,台湾,ハワイで広告内は方案を摸索中だ。
ファンたちの募金を通じて進行されるこの広告企画件は国内では募金額により地下鉄無償提供紙と日刊紙広告にも進行される予定だ。
一方雨側は米国裁判所の賠償評決に対して納得できないとし,再審議を準備中だ。
彼らは再審議が受け入れられない場合控訴するという計画だ。

-マネートゥデイ-

雨"悪意的報道-憶測に強硬対応するはず" 5種類疑惑解明

トップスター雨が一部悪意の言論を通じて,連日報道されている雨と所属会社に対するとんでもない憶測に対して強硬対応すると明らかにした。
ピの所属会社側は27日午前公式資料を配布して,最近ハワイ判決件に対する悪意的報道に対して解明した。
また承服できない裁判結果に控訴を準備中であり"悪意の記事らで所属芸能人はもちろんで,所属会社と株主らが致命的な損害をこうむっている"として"株価下落の主要因は法的根拠ないとんでもない記事による影響のためであり,低級な表現で悪意の報道をする一部非常識な媒体に対しは強力に懲らしめる方針"と明らかにした。
以下報道資料専門
韓国では訴訟却下,ハワイでは有罪?
去る2007年ワールドツアー公演取り消しと関連ハワイ現地プロモーターであったクリックエンターテイメント側が当時公演主催および主管社,雨と当時所属会社を相手に国内およびハワイ現地に訴訟を提起した。
原告のクリックエンターテイメントは被告に対して"公演する意志がないことにもかかわらず,共謀して,故意に公演を取り消して,契約金を詐取した"と主張した。
これに対して大韓民国,ソウル中央地検は捜査を通じて,舞台装置の安全問題が公演取り消しの主要原因であることを認めたし,特に雨に対しては詐欺罪成立に対する判断自体を不必要に思って,"却下(*告訴のお守り法を理由で捜査対象から除外すること)することがが相当すること"という表現で2007年10月,捜査を終結したことがある。
だがハワイ連邦陪審員は被告に対して契約違反に対する賠償金と詐欺行為に対する被害額および処罰的損害賠償金など808万 6千ドルを評決した。
契約違反に対しては先に,原告と被告間に契約関係が成立していなければならないかを確かめてみるべきで,詐欺行為に対しては金銭取り引きがあったかを確認することが評決の1次的手続きになることにも雨を含んだ訴えられる当事者らは訴訟で敗訴した。
弁護団側は今回の結果原因で民事訴訟であったという点,一般人で構成された陪審評決であったという点,陪審員が米国現地と違った国内企画会社の構造を理解していないという点などを挙げている。
ものすごい(?)評決額雨一人耐えられなければならないのか
今回のハワイ陪審評決以後,言論は先を争って,808万 6千ドルに該当する評決額を雨が一人で耐えられなければならないように報道したが事実はそうではない。
被告は公演主催社であったスタエム,アメリカ地域公演主管社であったレボリューションエンターテイメント,そして雨とピの当時所属会社であったJYPエンターテイメントで,1審の総評決額中で雨が責任を負わなければならない金額は約375万ドル程度だ。
二重に240万ドルに該当する'懲罰的損害賠償'は韓国法に適用されないので責任を問いにくいということが法曹界の伝言だ。
また雨が控訴に必要な供託金を用意しにくいという一部言論の憶測とは違って,供託金は控訴期間の間一定金額を裁判所に保証金の形態で預けておくことで,弁護団を通じて,保険形態で用意される供託金額は控訴するのに全く負担にならない。
チェイテュンが評決額行くことか?財務構造が劣悪だと?
一部非常識な言論は今回の訴訟に対する責任をピの所属会社のチェイテュネントテインモントゥが抱え込まなければと虚偽報道した。
だがピの現在所属会社のチェイテュネントテインモントゥはワールドツアーはもちろん,今回の訴訟と何の関連がなくて,訴訟当事者でもないということが所属会社の伝言だ。
チェイテュネントテインモントゥの株式担当者は"2009年3月現在チェイテュンの財務構造は絶対劣悪でなくて,深刻な資本蚕食を体験する理由もまた全くない。
最近相次いだ所属歌手の広告契約など販売系薬果チェイテュネントで100%投資して,設立した子会社チェイテュンクリエイティブの売り上げも相当する"と一角で主張するチェイテュンの財務構造が劣悪だということに反論した。
引き続き"セイテクを取得して,旧事業の分割売却および事業部構造調整を通じて,会社を正常軌道にのせてエンター事業の部分を利益が発生する構造に転換して,財務構造がたくさん改善された状態"と付け加えた。
裁判は事実上終わったし,控訴は難しい?
雨所属会社は現在1審判決に対して異議申し出(Motion)を準備中であり,これに伴い再審(New Trial)を進行したり,判事が評決をひっくり返すことができる結果を得ることができる。
これは十分に可能なことで,事例を探すにもそんなに難しくない。
再審が受け入れられないとしても2審,すなわち控訴(Appeal)を提起すれば良い。
控訴はうなずけない判決結果に対する不服手続きとして法律が保障する基本的な権限であるから,控訴の可能性がないという一部媒体の報道はとんでもない主張だけのことだ。
2審はカリフォルニアの上級裁判所で進行されることで,一般人で構成された陪審員評決でない,3人の判事が法の公正な定規で審判することになる。
これに伴い雨所属会社側は真実が明らかになる可能性が充分なことと見通している。
雨は墜落するのか?
現在クリックエンターテイメント イ・スンス代表は悪意的意図を持って一部媒体に接近して,ピの国内財産に対して仮差押さえ申請をすると脅した。
だが結論から言ってみれば,これは現実の可能性が殆どない。
ピの国内財産を奪うというイ・スンス代表の野心に充ちた抱負は,再審-控訴-大法院の判決手続きによって,全て勝訴した場合大韓民国裁判所に‘チェ・ムブ存在訴訟’を提起して,この訴訟から通過して,財産仮差押さえの資格を得てこそなされる可能性が発現する。
だが,国内判決を通じて,すでに雨が訴訟自体に却下されたことがあるので,国内判決をひっくり返さない限りピの国内財産を差し押さえるのは不可能だ。
連日報道される悪意的記事にもかかわらず,4年連続ブランド パワー1位に光る雨の威力は簡単に消えていく兆しを見せていない。
雨所属会社は"ピの結果とは別個に予定されたスケジュールを無理なしで進行していくこと"としながら今後計画を明らかにした。
所属会社広告チームは"訴訟結果が発表された以後にも広告モデル提案が絶えることなく続きながら,これにともなうスケジュールも続いている。
広告界はむしろハリウッド主演作'忍者アサシン'封切りなど相次いだ雨の海外スケジュールでモデルの再契約および新規契約に対する期待値がいつの時より高い実情"としながら,業界の雰囲気を伝えた。
引き続き,雨がデザイナーとモデルで参加するファッション&デザイン専門企業チェイテュンクレイティブやはり"粘り強い売り上げと絶えない売り場オープン提案で,業界での位置づけをがっちり固めていく中"と明らかにしながら,"国内を越えて,海外市場まで売り場オープン計画を持っていながら,バリではテディベア ミュージアムなど新規フュージョン売り場オープンを企画中"と前年成長の勢いが乗っていることを知らせた。
相次いだ悪意的報道,これ以上こらえないこと
雨所属会社側は現在承服できない判決結果に対して再審を準備中だ。
再審が受け入れられない場合控訴することであり,これは約2年ほどの期間がかかると予想される。
またこれとは別途に,法的な根拠なしで乱舞している憶測に対しては強力な報復で寝かすという立場を強固にしている。
雨所属会社法務チームは"悪意の記事らで所属芸能人はもちろんで,所属会社と株主らが致命的な損害をこうむっている"と伝えながら"株価下落の主要因は法的根拠ないとんでもない記事による影響のためであり,低級な表現で悪意の報道をする一部非常識な媒体に対しは強力に懲らしめる方針"と明らかにした。
所属会社側は雨は'真実に対して堂々としていて堂々とすること'を再度明らかにしながら,訴訟結果にしばられないで今後も最善を尽くす姿で'無限の挑戦と情熱を止めないこと'と伝えた。

-조이뉴스24-

リーダーらが選んだエンターテイメント パワースター,ナンバーワンは‘Rain’

大韓民国を動かすエンターテイメント業界パワースターは果たして誰であろうか?エンターテイメント界スターと影響力あるリーダーなど64人が業界パワースターを直接投票で選んだ。
リーダーらが選んだ1位はワールドスター雨(チョン・ジフン).
キムヨンナはスポーツとエンターテイメント界部門で並んで頂上圏に上がって目を引いた。
エンターテイメント パワーエリートらが選んだ業界最高のパワースターは雨(チョン・ジフン)であった。
60人余りのパワーエリートらを対象にしたISのアンケート調査で雨は総点88点で総合部門で堂々と1位に上がった。
総合部門はパワーエリートらをして分野を分けないで最も影響力があると考えるスターを選んでくれと言った順位だ。
雨は過半に達する26人から支持を得た。
選定理由は多様だった。
その中でもワールドスターとして,また演技と歌を行き来するマルチ エンターテイナーとして能力を認められた。
雨はタイムズ紙が選定した世界で最も影響力ある100人に選ばれたことがありながら,以後ハリウッド ブロックバスターの'スピードレーサー'に出演して,全世界的な注目をあびた。
近い将来ハリウッド次期作の'忍者アサシン'でもう一度の話題を予告している。
2位は'フィギュア妖精'キムヨンナが占めた。
総点72点.
エンターテイメント関係者たちがスポーツ スタイン彼を芸能界パワースターだと目星をつけたのが意外であった。
恐らくCFモデルとして活躍した点が引き立って見えたと見られる。
3位は並んで60点を得たペ・ヨンジュンとチャン・ドンゴンがランクされた。
二つとも代表的な韓流スターで,自他共認のハンサムスターだ。
ペ・ヨンジュンは今年の下半期韓国の伝統文化を紹介する女行書を出版する予定で,チャン・ドンゴンはハリウッド進出作'ロンドゥリ ウォリオ'で観客と会う予定だ。
5位は総点55点で芸能番組の最高進行者ユ・ジェソクが上がった。
いつもライバルで議論されるカン・ホドンは21点で11位であった。
6~9位までは'ベートーベン ウイルス'の'カンマに'キム・ミョンミン(22点)を抜いて,歌手らの舞台であった。
ビッグバン(6位・48点)パク・チニョン(7位・32点)ワンダー少女(8位・29点)東方神起(9位・22点)等この頃最高の歌謡スターらが網羅された。
'永遠の兄さん'趙容弼と忠武路(チュンムロ)代表走者康祐碩監督は21点で共同11位を占めた。
演技派習えと言うなら抜けられないソン・カンホ(19点)は14位,'国民俳優'アン・ソンギ(15点)は17位にその後に続いた。
大部分男スターらが順位権を満たした中で歌手イ・ヒョリ(15位・17点)とボア(16位・16点),演技者キム・テヒ(20位・12点)の順位権進入が眼に触れた。
グループ少女時代を作ったイ・スマン(19位・14点) SMエンターテイメント代表と'マリンボーイ'朴テファン(17位・15点)も20人中に聞いた。
▲エンターテイメント パワースター20
1位雨88点
2位金ヨンナ72点
3位ペ・ヨンジュン60点
3位チャン・ドンゴン60点
5位ユ・ジェソク55点
6位ビッグバン48点
7位パク・チニョン32点
8位ワンダーガールズ29点
9位東方神技22点
9位キム・ミョンミン22点
11位カン・ホドン21点
11位趙容弼21点
11位康祐碩21点
14位ソン・カンホ19点
15位イ・ヒョリ17点
16位ボア16点
17位アン・ソンギ15点
17位朴テファン15点
19位イ・スマン14点
20位キム・テヒ12点

-JES-

雨側弁護士"米活動放棄理由のない" 世間憂慮一蹴?①

"米国活動,あきらめる理由ない。"
歌手ピがハワイ裁判により'危機に直面した' '大変なことになった'等の評価でもう一度心痛をしている。
一部では国内財産まで仮差押さえされると声を高める状態.
しかし確認結果このような憂慮は相当部分誇張されたのだ。
雨側はこの裁判がピの米国活動に制約を持ってきたり,所属会社チェイテュンエンターテイメントに直接的な金銭的打撃をこうむらせはしないという立場.
チェイテュンエンターテイメントを担当している朴ジョンウク弁護士は25日アジア経済新聞との電話インタビューで今回のハワイ裁判敗因を分析して,今後の課題を明らかにした。
またこのような事態がチェイテュンエンターテイメントやピの米国活動に危機を持ってくるという世間の推測は誇張されたものと強調した。
雨を囲んだ憂慮と気がかりなことを整理してこれに対する朴弁護士の詳細な答弁を受けて,整理した。
ハワイ陪審,なぜクリック方を持ったか
朴弁護士をはじめとして,雨側はハワイ陪審がなぜ雨に巨額の賠償評決をおろしたのか具体的に分かれずにいる。
朴弁護士の説明によれば米国陪審員は評決を出す時,その理由に対して明らかにする事もでき,明らかにできないこともある。
今回の裁判の陪審員は評決内容だけ知らせただけ,なぜこのような決定を下したのか明示しなかった。
それで雨側は今回の裁判の敗因を推測で知らなければならない状態だ。
朴弁護士が分析した敗因は陪審員が次のような判断を下したためというもの。
▲とにかく利益を得た者が損をした者に賠償する▲スタエムとレボリューションがピのエージェントに過ぎない。
代理人の責任は歌手の責任だということだ。
特に2番目論理は国内事情をよく分からないところで起因したことで正す必要がある。
朴弁護士は"米国は歌手が主催と,歌手がマネジメント,エージェントを雇用する構造だ。
だが我が国は所属会社中に歌手がいる。
それで歌手は(公演取り消しなどの懸案に)意志決定権が少ない。
雨はスタエムが主催した舞台に立つ歌手だっただけというピの話を,米国人らが正しく理解できないようだ"と説明した。
これは国内芸能界が分析した訴訟敗因とも一脈相通じる。
公演関係者たちは"所属会社の下に歌手がいる構造を米国で理解することは大変だろう"と口をそろえた。
異議提議,どのようになされるか
一番良いシナリオは判事を説得させるのに成功するのだ。
雨に残った機会は二回程度あるとみることができる。
今回の陪審評決と関連して,裁判所に異議申し出をすることが残ったし,その後判事の判決にも従わない場合控訴をすることもできる(評決-異議申し出-控訴-大法院).
控訴でも紙面大法院に行く方法もある。
ただし大法院まで行くことはやさしくないために今回の異議申し出で韓国公演システムを十分に認知させるという目標だ。
朴弁護士は"国内構造を理解させるのが不十分だったと見る。
今回は徹底して補充して,判事の理解を助ける"と明らかにした。
このような異議提議および控訴が継続される以上クリックエンターテイメントがピの財産を仮差押さえすることは難しい。
特に国内財産の場合国内地方法院の承認が必要だが,地方裁判所がこれを認める可能性は少ない。
今回の賠償金の相当部分を占める懲罰的賠償金を国内では認めないのみならず,まだ米国で裁判結果が'ひっくり返る'可能性もあるためだ。
チェイテュンエンターテイメント,打撃受けるか
証券街で今回の便りに関心を持つ理由はピの所属会社のチェイテュンエンターテイメントのためだ。
一部ではチェイテュンエンターテイメントが今回の裁判で大きく打撃を受けるという予測も出している。
結果的に見ようとするなら半分は合って,半分は間違いだ。
チェイテュンエンターテイメントの看板スターが雨ではあるが,厳密に,言ってみれば今回の訴訟とは関係がないためだ。
雨がワールドツアーを開催した2007年当時ピの所属会社はJYPエンターテイメントであった。
今回の裁判結果も雨の'個人的'起こったことだけチェイテュンエンターテイメントが金銭的な賠償をする必要はない。
朴弁護士は"雨がチェイテュンエンターテイメントの主要株主で,経営に影響力を及ぼしているのは事実"としながら"しかし今回の訴訟によりチェイテュンエンターテイメントの財務構造に直接的に影響を及ぼすことにはならない。
株式下落による被害はあるが,CFなどピの演芸活動と関連した部分に制限ができたのではないからチェイテュンエンターテイメントの危機まで拡大するのは無理がある"と話した。
ピの米国進出,このまま挫折するか
結論から言ってみれば'違います'だ。
雨が一生夢見てきた米国進出を訴訟のためにあきらめはしないというのが共通した展望.
もし異議申し出,控訴皆失敗するとしても雨が賠償しなければならない金額は総60億ウォンほどだ。
60億ウォンが非常に大きいお金ではあるが,今後米国活動をあきらめる程ではないということだ。
朴弁護士は"雨と所属会社が判断する問題だが,ピの演芸活動に制限ができはしないようだ。
米国活動も同じだ。
'忍者アサシン'広報を含んで,すべての活動が正常に進行される。
賠償金額与えるのが恐ろしくて,米国活動をあきらめはしなくないか"と反問した。

-アジア経済新聞-

法曹界が見た雨ハワイ裁判'難しいが可能性なくはない'②

雨とJYPエンターテイメントの異議申し出および控訴がどれくらい実効を納めるのかに対して国内法曹界も関心を持って見守っている。
先例もないばかりかトップスターがからまった米国の裁判という点で深刻な問題になるほかはない状況.
意見は入り乱れていた。
法曹界関係者A氏は"米国の連邦陪審判決はひっくり返る可能性が少ない。
陪審員選定過程に問題があったり,陪審員に事件を説明する過程で技術的な問題が発見されるべきなのにこのような可能性は少ないと見なければならない"と話した。
しかしこれは一般的な話だ。
雨側が明らかにした通り陪審員が国内公演システムが間違って理解,これに伴い評決をおろしたという事実を成功的に判事にアピールすれば可能性がなくはない。
雨側朴ジョンウク弁護士は"米国は歌手がマネジメント,エージェントをコントロールするが,韓国は歌手が所属会社,主管社意見に従う構造だ。
陪審員がこれを理解できなくて,エージェントの責任を歌手の責任と解釈したようだ"と明らかにした。
すでに落ち込む必要はないという意見もあった。
米国人弁護士B氏は"どんなケースでも(決定を受け入れないと)アピールすることができる。
裁判所に金を出さなければならなくて,弁護士費用もかかるから負担はなるだろうが誰でももう一度アピールする機会がある。
以後判決は誰も予想できないことではないか"と話した。
ただし控訴後にも結果が良くないならば状況が難しくなる可能性がある。
彼は"その時は大法院に行かなければならない。
しかし大法院は忙しいはずで,すべてのケースを受け入れはしない。
それでも判決に承服できないならば控訴することが合う"と伝えた。
一方雨とYPエンターテイメントは国内財産も仮差押さえされるのか憂慮を買っている。
しかし国内財産の場合別途の法的手続きが必要なので直ちになされることはできないと法曹界は意見を共にした。
A氏は"米国で損害賠償判決が下されたとしても国内財産を仮差押さえするためには国内裁判所に別途申請をしなければならない"としながら"国内法相(仮差押さえが)符合するのか検討した後に仮差押さえが進行される。
直ちに建物所有権などを占めることはできない"と説明した。
引き続き"クリックエンターテイメントが裁判所にこのような手続きを踏んでいないことに分かる。
少し時間がかかるだろう"と見通した。
また他の法曹界関係者C氏も意見を共にした。
彼は"結果的に仮差押さえが不可能なのではない。
ただしクリックエンターテイメント側が地方裁判所に判決執行申請をして,裁判所がこの申請の適法性を認めなければならない"と説明した。
雨とJYPエンターテイメントは異議申し出するという方針だ。
ピの所属会社のチェイテュンエンターテイメントのチョ・トンウォン代表は"評決内容を認められない。
法的に対応する"と明らかにした。
JYPエンターテイメントのジョンウク代表も"当然勝つことができたので控訴などの対処方案を考えてみることもなかった。
雨側と議論して,法的手続きを検討するだろう"と話した。
一方クリックエンターテイメント側は雨とJYP所有の米国内財産と不動産を含んで,雨が昨年買いとった100億ウォン台清潭洞(チョンダムドン)建物も仮差押さえすると明らかにしたと知らされた。
米国,ホノルル連邦陪審は去る19日(現地時間) 2007年ワールドツアーハワイ公演取り消し事態の責任を問うて,歌手ピと当時所属会社JYPエンターテイメントに対して総800万余ドルの損害賠償を現地企画会社クリックエンターテイメントに支給しろと評決した。
損害賠償金228万ドル,詐欺に対する賠償金100万ドル,懲罰的賠償金480万ドルだ。

-アジア経済新聞-

雨,27日米ハワイ裁判所に再審議要請‘控訴時供託金排除’

雨側が27日頃米国,ハワイ裁判所に再審の要請をする予定だ。
米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は19日(以下現地時間)費と公演エージェントに2007年6月ハワイ公演霧散と関連,800万ドル(韓貨約110億ウォン)が越える規模の損害賠償を評決した。
連邦陪審は処罰的損害賠償金480万ドル(雨とJYPエンターテイメント各240万ドル),追加詐欺被害関連100万ドル,契約違反関連228万6000ドルを出せと評決した。
これに対して雨側は"受け入れない"という立場を表明してきた。
だが米国法賞控訴時の時により巨額の供託金が必要だという点が雨側の困難に陥った。
だが米国,ハワイ裁判所は最近雨が控訴をする場合特別な供託金が必要でないという意見を伝えたしこれに伴い雨側の動きは以前に比べはるかに軽くなった。
雨は控訴以前に先に再審の要請を入れる計画だ。
再審の要請は裁判が不公正だと判断される場合進行することができるし裁判後10日以内に要請しなければならない。
雨所属会社チェイテュネントテインモントゥチョ・トンウォン代表は25日ニュースエンと電話通話で"先に再審の要請をする計画だ。
25日頃進行すること"としながら"再審の要請が受け入れられない場合その時控訴を進行するだろう"と明らかにした。
引き続き"評決は下されたし雨と所属会社はこれに伴い法的に対応していくだろう"と話した。
チョ代表はまた"あたかも800万ドル全体を雨が返さなければならないように膨らませて知られて残念なだけだ"として"雨のくやしさを確かに明らかにしていくだろう"と付け加えた。

-newsen-

雨,25日'米タイム100'オンライン投票2位..一段階↑

最近米国での数十 億ウォン台損害賠償評決を受けた雨が米時事週刊誌タイムが選定する'世界で最も影響力ある100人'オンライン投票で2位を走っている。
雨は25日午前10時現在オンライン投票を進行中の'世界で最も影響力ある100人'中200人余りのそうそうたる競争者らを抜いて2位を走っている。
現在1位はウェブサイト'4chan'の設立者'moot'であり,雨に続き米国政治家ローン ポール(Ron Paul)が3位にランクされた。
この他に候補にはボラック小浜,米国大統領,オフラ・ウィンフリー,ジョン・スチュワート,アンゼリナ・ゾーリ,スチーブン コルボトゥ,ジョージ・クルーニー,トム・ハンクス,タイガー・ウッズなどが含まれた。
雨は最近米国公演取り消しでふくらんだ悪材料の中でも'世界で最も影響力ある100人'候補に上がって相変らず世界的スターであることを強固にした。
特に去る20日3位に続きまた一段階上昇しながら健在さを誇示した。
一方雨側は今回の評決に対して承服できないとし,控訴など法的対応をするという立場だ。

-マネートゥデイ スターニュース-

ハワイ裁判所"雨,供託金なしに30日内控訴可能"


ハワイ公演取り消し関連損害賠償訴訟で敗訴した雨(実名チョン・ジフン)が幸い巨額の供託金(bond)なしに控訴ができるようになった。
ピの裁判を駐在したハワイ連邦裁判所職員のウォレン中村氏は去る24日(現地時間)聯合ニュースとの電話インタビューで今回の裁判に敗訴した被告らは供託金必要なしに450ドルの控訴受付費を含んで必要なその他費用を出して判決以後30日内に控訴すれば良いと明らかにした。
米連邦控訴手続き法によれば民事事件で控訴する場合に裁判所が控訴者に必ず供託金を要求しはしない。
また中村氏は去る19日開かれた裁判で陪審員評決以後判事が評決を翻意しないでその内容そのまま判決を下したと付け加えた。
評決翻意判決というのは陪審員らの評決があまりにも不合理で,正常で合理的な人ならば当然彼と反対になる結論を下したことだと判事が判断する場合,判事が自ら陪審員評決を無視して直接事実認定をしてそれに立っておりる判決だ。
ピの裁判判決は去る19日に下されたので来る4月18日までハワイ連邦裁判所を管掌する第9巡回連邦抗訴法院に控訴を接収させなければならない。
第9巡回連邦抗訴法院はカリフォルニア州,サンフランシスコにある。
ハワイで発生した連邦裁判の控訴は主にサンフランシスコで主管するから控訴裁判もサンフランシスコで開かれる可能性が高い。
-로스앤젤레스-

[雨訴訟の誤解と真実④]'44億賠償評決'雨,米裁判所に再審の要請

ハワイ公演霧散と関連,米国裁判所から800万ドルを越える巨額の損害賠償評決を受けた歌手ピとJYPエンターテイメント(以下JYP)側が控訴を控えて現地裁判所に正式再審議を要請する。
ピの所属会社のチェイテュンエンターテイメントは24日"去る19日(現地時間)あった米国連邦陪審の評決に応じなくて,再審議を請求する方針だ"として"現在再審の手続きを弁護士と議論中で数日内関連書類を管轄裁判所に提出することになるだろう"と明らかにした。
再審の要請は陪審員の評決があって再審の理由を確認した日から10日以内に提起するようになっている。
評決結果が去る19日出てきたし22日評決文が発送,雨側は現地時間で来月2日まで現地裁判所に異議を提起しなければならない。
雨とJYP側は米国連邦陪審の評決を通報を受けた去る19日"予想できない結果なので当惑する"として以後控訴など法的手続きに突入するという意を確実にしたことがある。
今回の再審の狭い雨側で取れる法的手続きの中で控訴以前段階で雨側は再審の段階で判事に陪審員団評決の不当性を積極的に表明する予定だと知らされた。
雨側は陪審員の評決に対する判事の最終検討過程を意味する再審医家いた後にも満足するほどの結果を得ることのできない場合,今後本格的な控訴作業に突入するという意向を明らかにした。
米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は去る19日'ワールドツアー'当時ピのハワイ公演が失敗に終わったのと関連雨が降ってJYP,スタエム,レボリューションに契約違反関連228万600ドルと詐欺被害関連100万ドルを支払えと評決することと同時に雨とJYP側に各々240万ドルの懲罰的損害賠償金を追加で評決して,話題になった。

-イーデイリーSPN-

[雨訴訟の誤解と真実③]雨,国内線'無嫌疑'vs海外では'疑惑認定',なぜ?

歌手ピがハワイ裁判で数十億ウォン台の損害賠償評決を受けたのと関連不明瞭徴候がおきている。
雨は去る2007年10月,国内で同じ理由で刑事訴えられるなった当時無嫌疑判決を受けたことがあるためだ。
国内で無嫌疑判決を受けた懸案が米国法廷では陪審員団によって,疑惑が認められた。
その背景を置いて心配している人々が少なくない。
法務法人斗牛のチェ・ジョンファン弁護士はこれと関連して"当時国内ソ・ソンウン刑事裁判であったしハワイで最近あった裁判は民事訴訟で懸案が違う"ということを理由に上げた。
ワールドツアー当時ハワイ公演取り消し件は契約事項不履行に該当することはできても刑事上詐欺罪で処罰するほどの犯罪行為では見られないということだ。
だがハワイ訴訟は民事件で結果が違うこともある。
雨を告訴したクリック エンターテイメント(以下クリック)は雨をはじめ,当時所属会社であったJYPエンターテイメント(以下JYP),公演主管社のスタエム,現地公演を担当したレボリューション エンターテイメントなどが公演契約を不当に破棄したとし,損害を賠償しろと米国裁判所にこれらを相手に民事訴訟を提起したしハワイ連邦陪審はこれを認めた。
この過程で米国には特異に懲罰的損害賠償(punitive damages)制度があって,賠償額が大きくなることになったこと。
去る19日(現地時間)米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は'ワールドツアー'当時ピのハワイ公演が失敗に終わったのと関連雨とJYP,スタエム,レボリューションに契約違反関連228万600ドルと詐欺被害関連100万ドルを支払えと評決することと同時に雨とJYP側には各々240万ドルの懲罰的損害賠償金を追加で評決した。
懲罰的損害賠償金は主に英米法系で被害者の損して,加害者の無分別で故意的な行為に起因する場合賦課されることで社会啓蒙的側面で一般損害賠償金の他に裁判所が追加で付加する賠償金を意味する。
すなわち,連邦陪審は雨が降ってJYPがハワイ公演霧散に故意性があったと判断したのだ。
米国,ハワイ法廷で雨は"私は契約が取り消しになったのか分からなかった"と証言をしたと知らされた。
だが米国陪審員団は雨のこのような証言が事実と違うと判断,故意的損害賠償の責任があることで評決した。
これと関連ピのヒョン所属会社のチェイテュンエンターテイメントは裁判当時通訳上に問題があったことで把握している。
ワールドツアー主管社のスタエムと所属会社側が相談下に舞台装置などが公演をできない状況であることを把握して取り消しをしたことはできるだろうが公演取り消しが最終決定されるまで雨はそのような事実を分からなかったと証言したのが'契約取り消し事実を分からなかった'とだけ伝えられたとのこと。
雨側は今回の評決に対して"予想できない結果なので当惑する"ながらも"米国での裁判は言語問題をはじめとして,色々な面で私たちの側に不利な点が多かった。
一回試行錯誤を体験したしまだ裁判所の再審議過程も残っただけ控訴までもう少し落ち着いて対応していくだろう"と明らかにした。

-イーデイリーSPN-

[雨訴訟の誤解と真実②]'雨,あき缶ける?'...実際損賠額,大きくないもよう

歌手ピが最近ハワイ裁判で数十億ウォン台損害賠償評決を受けたのと関連ファンたちの憂慮が深くなっている。
ワールドツアー関連責任がある4ヶ所の賠償総額が何と808万6000ドル(約112億ウォン)で高額なのに加え陪審員団の評決を裁判所が受け入れる場合財産上打撃が避けられないことと観測されているためだ。
米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は去る19日(現地時間)ワールドツアー当時ハワイ公演が不当に取り消しになったとし,クリックが提起した損害賠償請求訴訟に対して雨と当時企画会社であったJYPエンターテイメント(以下JYP),公演主管社のスタエム,レボリューションに契約違反関連228万600ドルと詐欺被害関連100万ドルを支払いなさい評決することと同時に雨が降ってJYP側には各々240万ドルの懲罰的損害賠償金(punitive damages)を追加で評決した。
総808万6000ドルの中で雨が支払わなければならない損賠総額は322万150ドル(約44億ウォン).
この中懲罰的損害賠償金が3分の2以上を占めている点が異例的だ。
一部では今回の評決で雨が最悪の危機状況をむかえるという観測を出すこともした。
ピの所属会社チェイテュネントテインモントゥの財務状態が良くない状況で雨が果たして耐えられるのが難しい巨額を正しく補償できようかと思う疑惑からだ。
このような憂慮は23日ハワイ公演霧散と関連雨などを告訴したクリックエンターテイメントが雨とJYP所有財産と不動産などに各々差し押さえ措置を取ると出ながら,より一層増幅されている状態だ。
クリックは雨が昨年買いとったと知らされた清潭洞(チョンダムドン)所在,市価100億ウォン相当の建物も仮差押さえすると明らかにした。
だが雨が今回の米国内判決で耐えられなければならない実際損賠規模は世間に知られたことぐらい大きくない展望だ。
法曹界関係者たちは"今回のハワイ連邦陪審の決定は評決に過ぎなくてまだ控訴までは判事の再審議過程が残っただけ結果を速断することは早い"として"陪審員団の評決に対して被告訴人側で再審議を要請して,判事がこれを検討する過程には結果はいくらでも変わることができる"と見解を明らかにした。
法務法人斗牛のチェ・ジョンファン弁護士は"もちろん再審議を経たにもかかわらず最終判決が評決と似ているように出てくる可能性はある"として"だがそうだといっても巷間に知られたようにピの損賠額がそんなに大きくはないだろう"と見通した。
崔弁護士はこのような主張の根拠中一つで米国内懲罰的損害賠償規定に対する国内法の解釈を聞いた。
懲罰的損害賠償金は主に英米法系で被害者の損して,加害者の無分別で故意的な行為に起因する場合賦課されることで社会啓蒙的側面で一般損害賠償金の他に裁判所が追加で付加する賠償金を意味する。
だが韓国裁判所はこの懲罰的損害賠償制度自体を認めていないと法曹界関係者たちは話す。
米国裁判所で損賠判決を受けたといっても米国内差し押さえ財産がない場合,韓国で強制執行をするべきなのにこの場合韓国裁判所の別途承認手続きが必ず必要だということ。
もちろん韓国裁判所の承認,不承認,一部承認有無により結果は大きく分かれることができる。
だが最悪の場合,米国内判決を韓国裁判所で大部分承認するといっても懲罰的損害賠償金は国内実定法上支払いの義務がないという判例もあるだけ気を遣わなくても良いというのが法曹界関係者たちの大半の意見だ。
ただ,米国に財産がある場合や米国内活動を通じて稼ぐ収益があるならば事情は違う。
米国裁判所で現地財産を差し押さえることができる権限を持つためだ。
この過程で米国現地に不動産など財産がない雨とは違い法人を設立したJYPは打撃が避けられないと展望されている。
米国内会社をはじめ,アパートなど不動産を大いに保有していると分かったためだ。
JYPはまた2009年を米国進出の元年と定めて米国市場オールインを宣言した状態だ。
ワンダーガールズをはじめ,多数の歌手を米国現地にロンチングしてお目見えする予定だったJYPとしては今回の評決結果がより一層刺々しくならざるをえない。
雨もまたハリウッド初めての主演映画'忍者アサシン'の出演料を昨年末から分割して受けていて,もし控訴でも結果が変わらないならばこの部分は仮差押さえなど被害を甘受しなければならないこともある。
ピの所属会社のチェイテュンエンターテイメントは今回の評決でピの財政状態が危険になったという一部の主張と関連"あたかも今回の評決の賠償総額の808万6000ドルを皆雨が支払うことになったと理解しているのにこれは雨が芸能人だから体験する被害で事実と違う"として"まだ控訴までは最終判決が残っただけ心配するには早いと見る。
落ち着いて対応していくから見守ってくれ"と明らかにした。

-イーデイリーSPN-

[雨訴訟の誤解と真実①]'控訴不可' '仮差押さえ'・・・危機説,実状は?

歌手ピが数十億ウォン台損害賠償評決を受けたのと関連うわさ(後日談)が多い。
ピの清潭洞(チョンダムドン)建物が仮差押さえ危機に処した,控訴が難しくてなどの話がそれだ。
米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は去る19日(現地時間),雨と当時ピの所属会社であったJYPエンターテイメント,公演主管社のスタエムとレボリューションにワールドツアー当時ハワイ公演が失敗に終わったのと関連総808万6000ドル(韓貨約113億)を損害賠償するべきだと評決した。
百億ウォン台損害賠償は一般人らが考えるのに衝撃的な金額だ。
ここに雨側を告訴したクリックエンターテイメント(以下クリック)が去る23日各報道機関で報道資料を送って"米国,ハワイ連邦裁判所で今回の雨側の控訴を受け入れるさっと率はただ1%であり,控訴審で結果がひっくり返る確率もまた0.9%だ"という主張をしながら,憂慮を育てた。
クリックは当時文で"もしハワイ連邦裁判所で控訴を受け入れるといっても被告側は連邦裁判所で発行する1050万ドル(約150億ウォン)相当の供託金を出さなければならない"として"もし控訴で敗訴する場合その金は原告,すなわちクリックの所有となる"との主張もした。
だが雨側はこれに対して一言であきれるという反応を見せた。
担当弁護士をはじめいろいろな所に法律自問を求めた結果,控訴以前陪審員の評決に対する判事の検討を要求する再審の手続きがまだ残ったし控訴時必要な供託金もクリック側の主張と違い損賠評決額を越えられないという答を聞いたとのこと。
所属会社チェイテュネントテインモントゥ(以下チェイテュン)は"ピの米国内控訴過程はクリック側の主張のように難しくなくて,結果もまた十分に変わることができる"として"クリック側が提起した控訴金額もとてもたくさん膨らんだ"と主張した。
チェイテュンは"米国裁判所は裁判所が定めた一定比率の金額を供託金で受けると知っている。
クリック側の主張のとおりならば,全体評決損賠額の1.3倍に該当するお金を供託金でだすと控訴が可能になるのにこれは常識的に考えても話にならない声だ"と付け加えた。
ピの米国訴訟と関連疑問は控訴進行有無だけでない。
ピの清潭洞(チョンダムドン)所在100億ウォン台建物に対する仮差押さえ有無も関心の対象になっている。
クリック側は報道資料を発送しながら雨とJYPの米国内財産と不動産なども差し押さえる計画であることを明らかにした。
"特にピの清潭洞(チョンダムドン)所在100億ウォン台建物を仮差押さえする"と言及して,話題を集めた。
それなら果たして米国内判決で歌手ピが国内財産まで差し押さえ当てられる可能性はどれくらいなるだろうか。
結果から言ってみれば雨所有国内財産も'仮差押さえ'は可能だ。
だがこれが実際'差し押さえ'など裁判所の強制執行まで続く可能性は希薄なことに観測されている。
仮差押さえは金銭または金銭で換算できる請求権をそのまま置けば将来強制執行が不可能になったり困ることになる場合に備えて,一般担保になる債務者の財産を差し押さえて,現象を保存する手続きを称するのにこれは登録税をはじめ,供託金だけ歩けば支給命令確定前であっても申請が可能だ。
だがピの清潭洞(チョンダムドン)ビルディングは市価100億相当にこの建物を仮差押さえするには少なくない金額の供託金が必要だと知らされた。
また国内法はまだ懲罰的損害賠償を認めないでいる。
懲罰的損害賠償額を除けば雨個人に評決された損賠額は11億ウォン程度に過ぎない。
最終判決が下されるといっても米国内雨が所有した財産がない以上,国内で直ちに競売など差し押さえ措置を取ることもできない。
米国での判決を国内で執行しようとするなら我が国裁判所の別途承認がなければならないためだ。
クリック側が難しく仮差押さえに裁判を継続するにしても雨からから大きい金額を受け取ることは難しいものと見られる。

-イーデイリーSPN-

生きている'雨'と死んだ'チャン・ジャヨン'は似た

総体的演芸不正に犠牲になった俳優チャン・ジャヨンの死の上でもう'雨'までおりている。
花無十日紅(花無十日紅,10日の間赤い花はない)としたのか?実体もない'韓流'に狂奔してぜい弱な土台の上でおろかに積んであげた芸能産業が一度に崩れることだけ同じだ。
主流ではないが演芸'底'で仕事をするひとりとして,また大衆文化を教える先生の立場で,名前もなじみがうすかったある新人俳優の死とトップスター'雨'に近づいた涼しい危機がいったいどこから始まったことか考えてみざるをえない。
すでに二度にかけて,俳優チャン・ジャヨンの死が企画会社と新人俳優,そして製作主導者の間に存在している慢性的な問題から始まったことを話した。
また今回の雨の訴訟と2007年あった彼の米国ツアー公演やはりこのような演芸'底'の慢性的問題から始まったとのことが私の考えだ。
去る2007年,歌手'雨'は韓国だけでなくアジアの最も競争力があるコンテンツとしてそのように(疎遠になる)願った世界市場攻略に出た。
しかしアジア圏での成功的だった公演とは違ってラスベガス公演を除いた米国本土とハワイそしてカナダでは公演の膜も上げられないまま失敗してしまった。
歌手'雨'の世界市場攻略失敗,なぜ?
その時私は新聞と放送で"ピの失敗は公演産業の慢性的な弊害のためだ,歌手と彼の所属会社が公演を直接主管しないで公演の版権を代行社に販売して代行社はまたその公演を地域の公演企画会社に再販売しながら,公演に対する責任が混乱して公演の製作費は上昇するほかはなかった点が失敗の原因"と指摘したことがある。
当時製作会社のスタエムは記者会見を通じて"ピの公演は取り消しでなく延期になったこと"としながら"いくつかの問題だけ解決されればまた米国ツアーに出るだろう"と明らかにした。
しかし悲しいかなその話は守られなかった。
守られなかっただけに,弱り目にたたり目で去る19日ハワイ公演取り消しと関連して進行された訴訟では雨と彼の以前所属会社JYPエンターテイメントが敗訴した。
今回のことで雨はイメージに損傷を受けながら,回復しにくい傷を受けることになったし,そこに耐えられることさえ大変な訴訟費用と懲罰的賠償金を出すべきである境遇に置かれた。
裁判で雨は'公演契約そして取り消しと関連した内容は本人の責任でもなくて分からなかった'という趣旨の主張をしたと伝えられる。
裁判所はこれを受け入れなかったけれど私はその話が事実だと考える。
芸能人がマネジャーを雇用して,すべての契約の有無を決める米国の演芸システムとは違って我が国の演芸'底'は企画会社に芸能人が所属して企画会社の判断により全てのものが決定されるためだ。
もちろん我が国でもある程度スターの隊列に上ってお金ができれば芸能人が直接会社を整えて,自ら企画会社社長になる場合もあるが(実際悲悼2007年以後にそのように会社を整えたが),大部分の芸能人らは自らに対する投資費用負担と企画会社と製作会社が全てのものを決める演芸システムに接近しにくい理由(原因)で,企画会社に所属して,活動することが普遍的だ。
下請け→下請け→下請けにつながった雨公演版権

恐らく米国の裁判所はこの部分を絶対理解できなかっただろう。
いったい歌手が自身の公演に徹底して排除されて公演契約と取り消しに対して全く分からなかったという話を,どのように信じることができようか(もちろん,雨が公演に対して本当に何も知らない訳はない。
彼が話す'分からなかった'の意味は自身が公演の契約と取り消しにどんな権利も行使できなかったという意味であろう).
どうなろうと陪審員制度を採択する米国裁判所としては米国まできて,公演を企画したアジア最高の歌手'雨'がどのように自身のことで排除されることができたのか理解度納得も出来なかっただろう。
真実をだましているという考えまでもできただろう。
そしてそれが結局敗訴につながった重要な理由になったという予想はそんなに難しくない。
だが当時JYP所属だった'雨'が公演の契約と取り消しに権限がなかったという点は明らかな事実だ。
たとえ彼がアジア最高のスターだったが韓国での契約慣行上JYPが公演版権をスタエムに売ってスタエムがまたレボリューションに売ってレボリューションがまたクリックエンターテイメントに売る一切の過程には介入できなかっただろう。
それは徹底的に企画会社経営陣らの役割であるためだ。
あたかも故チャン・ジャヨンが自身の意志と関係なしでドラマでも映画でもあるいは接待席でも呼ばれていかなければならなかったことと違わない。
もちろんピの場合故チャン・ジャヨンとは比較できない確かに'浮かび上がった'スターだったが以前の契約に縛られていた状況で彼がすることができたことは恐らくなかっただろう。
企画会社が公演の完成度や俳優の未来を悩むのではなく,最小限の責任で最大限の利益だけを創り出そうとする時,俳優と歌手ができるのは何もない。
もちろん企画会社が自社のコンテンツで最大限の収益を出すということを止める根拠はない。
だがその最大限の収益のために歌手の公演を亡ぼして俳優を死ぬことで追い立てることまで分からないようにするならばそれは犯罪だ。
そのような点で雨とチャン・ジャヨンは明らかな被害者だ。
雨の公演進行した企画会社らの反省はなかった

下請けと再下請けの複雑な構造で企画された雨の公演やはり着実なマネジメントと演芸活動よりM&Aと迂回上場で金を儲けてみるという故チャン・ジャヨン死の背景と似ている。
すでに明らかになったが当時スタエムはピの公演版権をJYPから購入しながら,株価が上昇したしその利益はそっくりスタエムの持分になった。
その後スタエムは直ちに公演製作経験が浅いレボリューションに版権をまた売ったし,レボリューションはその版権をまた再びクリックエンターテイメントなどに販売した。
もちろんそのようにしても公演はうまくいくだろうという無知な確信があったが,別に見れば公演ぐらいは壊れてもお金は儲けることができるだろうと判断したかも知れない。
お金ならない芸能産業よりは芸能産業を口実でM&Aを成功させて金を儲けてみるという点でチャン・チャヨン事件と雨敗訴事件は大きく異ならない。
歌手ピが訴訟敗訴で途方もない心的,物的被害を受けるこの時点にJYPとスタエム,最初から消えてしまったレボリューション,そのどんな所でも責任を表明したり反省しないでいる。
そのような点で雨敗訴はチャン・ジャヨンの死に対して演芸'底'が見せた反応と似ている。
俳優と歌手の境遇に対して一抹の呵責も感じないでひたすら自社の責任がないという主張だけを繰り返す演芸企画会社らの態度は明らかに道徳的に問題がある。
イメージがまもなく生命のこれら芸能人らに,事件の真実有無と関係なしですでに彼らの名誉に深刻な被害をもたらせたという点を忘れてはいけない。
それが生きた者の名誉でも死亡者の名誉でも話だ。

-オーマイニュース-

雨所属会社“財産仮差押さえ?国内法上やさしくなることではない”

歌手ピ(実名チョン・ジフン)所属会社側が財産仮差押さえの便りに対して立場を表明した。
所属会社チェイテュンエンターテイメント関係者は24日ニュースエンと電話通話で"仮差押さえ進行は相手方状況であるだけ"としながら"国内法上仮差押さえを簡単にすることにはならない。
正確な手続きと解釈が必要だ"と明らかにした。
引き続き"正確な内容でない一方的主張が事実のように受け入れられて残念だ。
雨も非常に気に障っている"と話した。
雨の所属会社と前所属会社JYPエンターテイメントはハワイ公演取り消しと関連した訴訟でクリックエンターテイメントに敗訴,ハワイ,ホノルル連邦陪審から800万ドル(韓貨約110億ウォン)が越える損害賠償を評決受けた。
これにクリックエンターテイメントが雨所属会社財産に対する仮差押さえをするだろうという便りまで聞こえてきた。
これに対してチェイテュンエンターテイメント側は"現在控訴を準備中だ"と断固たる立場を表わした。
AP通信と聯合ニュースなどによれば米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は19日(以下現地時間)費と公演エージェントに2007年6月ハワイ公演霧散と関連,800万ドル(韓貨約110億ウォン)が越える規模の損害賠償を評決した。
連邦陪審は処罰的損害賠償金480万ドル(雨とJYPエンターテイメント各240万ドル),追加詐欺被害関連100万ドル,契約違反関連228万6000ドルを出せと評決した。
米国,ハワイ地方法院はピのハワイ公演を主管した現地法のクリックエンターテイメント(代表現世数)が雨とピの前所属会社JYPエンターテイメントを相手に出した4,000万ドル(韓貨約550億ウォン)の損害賠償訴訟陪審裁判を3月10日から1週間開いたし証人らの証言を聴取したことがある。
だが雨側は今回の訴訟と関連,"当時ハワイ公演は装備の荷重を考慮しなかった舞台骨組使用と米国レコード会社レーン コーポレーションが提起した'レーン(Rain)'名称使用禁止仮処分申請のために延期が避けられなかった"と立場を説明した。
雨はハワイ法廷で"私の役割は舞台で公演をすること"としながら"その他ものなどはマネジメントが管理する。
公演をしたかったがマネジメントからアルロアスタジアム安全問題で公演が取り消しになったと聞いた"と明らかにした。

-newsis-

雨側"150億代建物仮差押さえ国内法上不可能"

歌手ピ(チョン・ジフン)の所属会社チェイテュンエンターテイメントが最近ハワイ損賠評決と関連雨所有のソウル,清潭(チョンダム)洞建物仮差押さえ説に対して事実無根だと反論した。
最近米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審で‘ワールド ツアー’霧散と関連して雨とピの所属会社のJYPエンターテイメントは808万6,000ドル(約112億ウォン)の損害賠償を評決を受けた。
引き続き訴訟を提起したクリックエンターテイメント側はアメリカ国内雨とYP所有の財産と不動産などに対して差し押さえ手続きを踏む予定だと知らされた。
雨側は"一部媒体で報道された通り清潭洞(チョンダムドン)建物に対する差し押さえ要請は国内法上不可能だ"と反論しながら"JYPの場合アメリカ国内不動産および現地法人を相手に差し押さえ要請ができるかも知れないがピの場合アメリカ国内エージェンシーを通した収益金他には現在ピの国内動産および不動産に差し押さえ要請自体が現行国内法上不可能なこと"と説明した。
一方今回の評決に雨側は不服,控訴手続きを踏むという立場だ。
雨所属会社は"現在弁護団を通じて,法的手順過程を相談中だ"と明らかにした。
ピの前所属会社JYPやはり同じ立場だ。
雨は去る16日ハワイ,ホノルルの連邦裁判所に証人身分で裁判出席して"アルロアスタジアム安全問題で公演が取り消しになったと聞いた。
取り消しの理由に対して知らない"と証言したことがある。

-毎日経済スタートゥデイ -

歌手ピ100億台清潭洞(チョンダムドン)建物仮差押さえ

歌手ピ(チョン・ジフン)のことが分かったソウル,清潭(チョンダム)洞100億ウォン台建物が仮差押さえされる。
米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は2年前雨の‘ワールド ツアー’霧散と関連,19日雨が降って,当時ピの所属会社のJYPエンターテイメントに808万6000ドル(約112億ウォン)の損害賠償を評決した。
ここに弁護士費用100万ドル(約14億ウォン)を含めば賠償総額は900万ドル(約126億ウォン)に達する。
裁判直後,訴訟を提起したクリックエンターテイメントは差し押さえ手続きに入った。
この会社イ・スンス代表は“25~26日頃雨とJYP所有の米国内財産と不動産などを差し押さえるだろう”と23日明らかにした。
雨が米国進出のために昨年契約したエンターテイメント会社ウィリアム・モリス エージェンシーにも差し押さえが入る。
李代表は“ウィリアム・モリスの活動を通じて発生した収益金などすべての財産を差し押さえるだろう”と伝えた。
雨が昨年に買いとった清潭洞(チョンダムドン)ビルディングも差し押さえ対象だ。
この建物の相場は150億ウォン以上だ。
先月10日韓国信用情報はピのヒョン所属会社のチェイテュンエンターテイメントの信用等級を投機等級のCCCで分類した。
劣悪な財務構造,債務不履行の可能性などを理由で投資家らの注意を要求した。
一方,雨がとJYPは今回の裁判に弁護士5人を使った。
弁護士費用だけ5億ウォン以上を入れたと伝えられた。

-naver-

雨各国ファンたち,"私たちは雨を信じる"動画支持

歌手ピ(実名チョン・ジフン)がハワイ公演取り消しでJYPエンターテイメントとともに800万ドル(韓貨112億)を賠償する境遇に置かれた中で雨ファンたちが'上のビル・リーブ イン レーン(We believe in Rain)'という題名の動画イベントで雨を支持して出た.非公式ファンクラブ雲側は去る20日午後公示事項を通じて'ユチューブで上のビル・リーブ イン レーン映像見て下さい'という文を公開しながら,このような事実を知らせた。
雲側は"'上のビル・リーブ イン レーン'という題名で雨を信じて支持するという映像をユチューブに上げて,全人類らに雨に対する信じることを見せようと思うイベントに多いファンたちが参加している"として"国内だけでなくペルー,ドイツ,中国,ブラジルなど各国ファンたちが集まって,映像を引き上げてやっている"と明らかにした。
雲側は引き続き"のように参加したい方々は簡単にセルフカメラやピの写真に声だけでも録音して上げてくれ"として"映像がたくさん上がるほど雨に大きい力になることができるようだ"としてファンたちの参加を頼んだ。
一方今回の評決に対してピの所属会社チェイテュネントテインモントゥは認定できないとし,また法的措置を取るという立場を明らかにした。

- マネートゥデイ -

“私が詐欺師?”…雨が泣いた

予想できない判決に衝撃“くやしい”
5ヶ都市ツアー霧散で列訴訟危機
‘雨も涙を流した!

歌手兼俳優雨(実名チョン・ジフン)が四面楚歌に集まった。
米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審が去る2007年非義‘ワールド ツアー’霧散と関連して,最近雨とピの前所属会社のJYPエンターテイメント(以下JYP)に808万6000ドル(韓貨約112億ウォン)の損害賠償を判決したこと。
今回の判決金額の主要内容は懲罰的損害賠償480万ドル(雨・JYP各240万ドル),詐欺(士気)被害100万ドル(約13億9150万ウォン),そして契約違反が228万6000ドル(約31億8096万ウォン)だ。
全く予想できなかったこのような判決に接して雨は涙まで見えてしまった。
ピのある側近は“報せに接して雨に会ったのに雨が歯をくいしばっていて結局涙を見せた”としながら“今回の判決で突然に詐欺師になってしまった状況なので雨ははたくさんくやしがっている”と伝えた。
今回の判決で雨は米国内各都市別公演企画会社らから列訴訟にあう危機に処した。
当時米国5都市で広げるツアーが皆失敗に終わってしまったためだ。
しかも控訴を通じて,判決をひっくり返す確率がゼロに近いというのが現地法曹界の反応だ。
JYPやはり米国支社を設立して本格的な進出を準備していたこと故に今回の判決で大きい打撃を受けると予想される。
しかし雨に比較すればその被害が致命的であることはないということが歌謡界の分析だ。
ある歌謡関係者は“雨はスターコンテンツでJYPは会社だから今回の判決が長期的に誰により大きい被害になるのか火を見るより明らかだ”と話した。
だが雨としては悔しい側面がなくはない。
ピの米国ツアーを含んだアジア ツアーの版権はスタエムが持っていた。
ピの前所属社のJYPは当初スタエムと契約しながら,100億ウォンにすべての公演版権を渡して出演約束だけした。
ところでスタエムは米国ツアーと関連した公演版権をまた他の公演企画会社のレボリューションに売った。
レボリューションは米国内各都市別にまた他の公演企画会社らに版権を販売した。
スタエムが取り消した公演のためにこうむった被害を雨がそっくり支払わなければならないこと。
責任を負わなければならないスタエミナレボリューションは関係者たちが消えたり会社自体がなくなった。
今回の判決で雨はイメージ打撃だけでなく今後海外活動も中断される危機に処した。
とがっていた対応策も一度もない状況だ。
雨としては対応無策人だけのことだ。

-スポーツワールド -

雨,20日'米タイム100'オンライン投票で3位'疾走'

歌手ピ(実名チョン・ジフン)が米国,ハワイ公演取り消しでJYPエンターテイメントとともに800万ドル(韓貨112億)を賠償する境遇に置かれた中で同日米時事週刊誌タイムが選定する'世界で最も影響力ある100人'候補に上がって3位にランクされた。
雨は20日午後3時20分現在オンライン投票を進行中の'世界で最も影響力ある100人'中200人余りのそうそうたる競争者らを抜いて3位を走っている。
現在1位はウェブサイト'4chan'の設立者'moot',2位は米国アンカージョン・スチュワートがランクされている。
候補にはこの他にポラ小浜,米国大統領をはじめとする各国政治経済指導者が大挙含まれた。
放送演芸芸術界側(方)では韓国の雨をはじめとして,プリンス,後あきはフェニックス,スチーブン コルボトゥ,プリトゥニ スピオス,ミリー・サイラス,アンゼリナ・ゾーリ,アーノルド・シュワルツェネッガー,オフラ・ウィンフリー,ティーやペイ,リール ウェイン,ケイト・ウィンスレット,当てると示す,ヒュ ジャックマン,クリント・イーストウッド,パトリック スウェイジ,タイガー・ウッズ,ブラッド・ピット,言い聞かせて,フェリー,ジョージ・クルーニー,トム・ハンクス,ジェイ レノ,テーラースイフト,ケーン ウェストなどが含まれた。
特にこのような便りがより一層格別なのはまさにこの日雨側は米国,ハワイ公演取り消しと関連して途方もない金額の賠償額を評決受けたためだ。
米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は19日(現地時間)費と彼の以前エージェント社のJYPエンターテイメントに2007年6月ハワイ公演霧散と関連,800万ドルの損害賠償を評決した。
雨側関係者は"良くない便りが聞こえた中で'世界で最も影響力ある100人'候補に選ばれたことに対してとてもうれしくと考える"と話した。
一方今回のハワイ訴訟評決と関連雨所属会社チェイテュンエンターテイメント チョ・トンウォン代表は"今回の結果を認められない。
法的な措置をまた踏む"と明らかにした。

-머니투데이 스타뉴스-

清州(チョンジュ)店

d

c


晋州店

h

d

晋州(チンジュ)市
 晋州市はかつては慶尚南道の道庁があった中核都市。
 高霊伽耶(コヨンカヤ)の古都だった街でもあり、
 芸術・教育・文化が花開いた釜山からは市外バスで約2時間。
 街の中心を緩やかに蛇行する南江(ナムガン)が趣きある景観を作り出しています。


(釜山からのアクセス)

 <高速バス>
  釜山総合バスターミナル→晋州高速バスターミナル
    06:20~21:30で1日7回(40~50分間隔) /所要時間1時間50分

 <市外バス>
  東部市外バスターミナル→晋州市外バスターミナル
    06:00~20:40(30分間隔) /所要時間2時間
  西部市外バスターミナル→晋州市外バスターミナル
    05:40~21:30(10分間隔) /所要時間1時間20分
  
 <鉄道>
  釜山駅→晋州駅
    一日2回 /約3時間

全州店

w

c


大邱(テグ)東城路店
l

v

c

c

大邱駅からSIX TO FIVEまでは1.5kmくらいだと思います。
(ひと駅約1kmと考えたらいいらしいです)
東城路を通ればずっと繁華街が続くらしいのでそんなに遠く感じないと思います。最寄の中央路駅から大邱デパートまで200mで徒歩2分だそうです。

韓東城路*
大邱駅から中央交番まで続く東城路は大邱で最もにぎやかな通りで、大邱、東亜、ロッテデパートなどをはじめ、様々なブランドショップ、レストランなどが軒を並べる若者でにぎわうショッピング通りである。
先端トレンドを創り出す衣類ショップが立ち並ぶヤシ(キツネの方言)通りや校洞電子商店街通りなどが隣接している。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。