FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨敗訴・損賠評決額予想上回る理由?

米国連邦陪審がハワイ公演霧散と関連して雨とJYPに対してハワイ連邦地方裁判所で19日(現地時間)おりた評決結果と関連,賠償金規模と敗訴原因に対する気がかりなことが大きくなっている。
20日米国法曹界によれば訴状と陪審員らの評決文を詳しく検討しなければならないが結論から話せば全体評決金額808万6千ドル(韓貨112億7千万ウォン余り)は予想より多い金額ではない。
原告のクリックエンターテイメントは公演取り消しせいで約150万ドルなどの実際損害をこうむったと主張したが,当初訴訟で提起した4千万ドル損害賠償要求額には実際損害額の150万ドルの他に懲罰的賠償額とその他賠償額が含まれている可能性が大きい。
陪審員がおりた全体評決金額808万6千ドルの中で詐欺被害補償額100万ドルと契約違反賠償額228万6千ドルを合わせれば真の意味の損賠額は328万 6千ドルで原告が主張する実際損害額150万ドルの2倍程度の外に(?)ならない。
雨とJYPに対する懲罰的損害賠償額は480万ドルで実際損賠額328万6千ドルとほとんど似ているがこれは過去陪審員らが実際損賠額より途方もなく多い懲罰的損賠評決をおろしたことを防ぐために去る2003年米連邦大法院がおりた'懲罰的賠償額は実際損害額の9倍を越えなくなければならない'というキャンベル判決を反映している。
ピの敗訴理由に対しては雨とJYPの弁護士が被告側がクリックと直接契約関係がないと抗弁したが陪審員らは雨,JYPとクリックの間に間接的な契約関係があると判断したためだと分析される。
米国言論を通じて,去る2006年JYPがピのワールドツアー権をスタエムに1千万ドルに渡したし,スタエムはレボリューションに北米地域版権を250万ドルに売ったという事実が知られたし,昨年5月ハワイ地方裁判所はクリックがスタエムとレボリューションを相手に出した損害賠償請求訴訟裁判で"スタエムァレボリューションは213万6千700ドルを賠償しなさい"と原告一部勝訴判決したためだ。
合わせて今回の裁判でハワイ現地住民たちが陪審員であったし,ハワイ現地会社クリックが原告であり,ハワイ ヒョンジ弁護士が原告側弁護士だったとの点も他の領域人の雨とYPが陪審員裁判で勝訴するのが難しい要因であったという分析も出てきている。
今回の陪審員評決を連邦判事がそのまま認めて,宣告する場合原告側は賠償額を受け取るためにアメリカ国内で雨が稼ぐ収益と雨,JYPの米国現地財産を差し押さえることができる権限を持つようになる。
しかし連邦判事が最終宣告で陪審員の評決を翻意する可能性もなくはないという分析が出てきている。
昨年BBK事件キム・ギョンジュン氏のロサンゼルス連邦裁判所裁判のように陪審員らの評決が不合理だと判事が判断する場合損害賠償金額が減る可能性もある。
昨年5月連邦判事は原告に663億2千680万ウォンを賠償しろとの陪審員の2月評決は証拠不充分だから無効というキム氏側の主張を受け入れて,陪審員評決を翻意して金氏側の手をあげてくれたことがある。

-ロサンゼルス=聯合ニュース-

スポンサーサイト



雨訴えられる…チャン・ドンゴンはおまけ?米LA公演取り消し損害賠償名簿に上がって

トップスターチャン・ドンゴンもピの米国公演取り消し訴訟に共に訴えられるなった事実が一歩遅れて知られた。
ピの米国LA公演取り消しに対して現地プロモーターが雨とパク・チニョンそしてこれらの所属会社などを相手に損害賠償請求訴訟を提起した中でチャン・ドンゴンも訴えられる者名簿に名前が上がっていること。
最近雨が今回の訴訟と関連して,米国,ハワイ連邦裁判所に出頭しながら,この名簿が書かれた書類が現地言論に公開されて,19日該当動画とキャプチャー写真などがインターネットを通じて,早く流布した。
これによれば17日(現地時間)雨がハワイ連邦裁判所心理に出席する過程で現地プロモーター関係者が訴訟関連書類を伝達しようとした。
だが雨がこれを受けりを断る過程で書類が底に落ちたし現地言論取材陣がこれを撮影したのに,この時チャン・ドンゴンの名前もこのような報道を通じて発見された。
現地プロモーターは2007年6月30日に予定された雨のLA公演が取り消しになるやこれに対する損害賠償請求訴訟を提起したことがある。
当時チャン・ドンゴンの所属会社であったスタエムエンターテイメントは公演主管社で今回の訴訟にかかわった。
だがチャン・ドンゴンはスタエムエンターテイメントの代表的な俳優だっただけ,ピの米国公演と何の直接的関連がないという点で奇想天外な被害を受けるのにならないかとの憂慮が提起されている。
チャン・ドンゴンは現在スタエムエンターテイメントを離れて,新しいマネージメント社と契約を結んで活動中だ。
これに対してスポーツ東亜の取材を通じて,初めてこの事実を知ることになったチャン・ドンゴン側は“とてもあきれてあきれるだけだ”としながら“ピの米国公演とどんな関連もないのになぜ訴訟対象にならなければならないのか分からない”と立場を明らかにした。
引き続き“プロモーター側の錯覚や誤解があり得て,訴訟過程などを綿密に調べなければならないようだ。
悪意の措置ならば,対応策を模索するほかはなくないか”と話した。

-スポーツ東亜-

ミッシェル,リ,雨'タイム100人'候補に

(ソウル=聯合ニュース)米国,ワシントンD.C.

公教育に対する大々的な改革で注目をあびている韓国系ミッシェル,リ教育委員長,人気歌手ピ,在米同胞2才コンピュータ工学者ジェフある(Jeff Han)が米時事週刊誌タイムが実施する'世界で最も影響力ある100人'オンライン投票候補に上がった。
タイムは毎年世界で最も影響力ある100人を選定,発表しており20日現在今年影響力ある100人を選ぶためのオンライン投票を進行している。
特に雨は2006年'タイム100'に選ばれたし,2007年と2008年には100人に選ばれなかったがオンライン投票では各々1,2位を占めたことがある。
現在米国の示唆風刺コメディアン スチーブン コルボトゥ,政治風刺コメディープログラムの'デイリーショー'の進行者ジョン・スチュワート,共和党大統領選候補に出たローン ポール下院議員,ボラック小浜米大統領,夫人ミッシェル小浜,投資の鬼才ウォーレン ポピッなどが先頭圏を走っている。
今年1月旅客機不時着事故の時冷静な対応で乗客らの命を救った'ハドソン講義奇跡'の英雄ふるい付くだろうシュルレンボゴ3才操縦士,日本任天堂ゲーム開発者宮本宮本茂なども上位圏に上がった。
ヒラリー・クリントン米国務長官,ラム イマニュアル ホワイトハウス秘書室長,ティモス カイトゥノ米財務長官など米政府人々とウラジミール・プーチン ロシア大統領,胡錦涛中国国家主席,ゴードン ブラウン英国総理など外国指導者らも候補に含まれた。
この他にベン ポネンキ米連邦準備制度理事会議長と'ドクタードゥーム(Dr.Doom)'で呼ばれるヌリにルビーとかニューヨーク大教授,昨年ノーベル経済学賞受賞者のポール株その遠い,プリトゥニ スピオス,ジョージ・クルーニー,ケイト・ウィンスレット,アンゼリナ・ゾーリ,ブラッド・ピット,オフラ・ウィンフリー,米国の水泳英雄マイケル ペルプス,タイガー・ウッズ,ラファエル ナダルなどスポーツ スターらも候補名簿に名前を上げた。

米連邦陪審,歌手ピに800万ドル賠償評決

歌手ピが米国公演企画会社に100億ウォンを越える損害賠償を尋ねなければならない境遇に置かれた。

聯合ニュースは20日米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審が19日(現地時間)歌手ピに2007年6月ハワイ公演霧散と関連して,800万ドル(約112億)が越える規模の損害賠償を評決したと報道した。

ハワイにある雨の公演企画会社のクリックエンターテイメントは雨と前所属会社JYPエンターテイメントを相手に公演版権料50万ドルと公演舞台費用約100万ドルなどの損害を負わせたとし,民事訴訟を提起して,裁判が進行していた。

連邦陪審は公演企画会社の実質的損失が228万 6000ドルに達すると見て詐欺に対する賠償金で100万ドルを,雨とマネージメント社に対する懲罰的損害賠償金で各々240万ドルを認めた。

雨は法廷で該当公演がなぜ取り消しになったのか知らなくて,いつかハワイに戻って公演したいという意向を明らかにしたと知らされた。

この企画会社はすでに公演版権を持っている二つの会社を相手にしたクォルソクパンギョルで勝訴したことがある。 雨と,ピの前所属会社は'レインス カミング ワールド ツアー'の版権を1000万ドルにスタエメントテインモントゥに売ったし,翌年スタエムは225万ドルを受けて北米版権をレボリューションに渡した。

クリックエンターテイメントは訴訟で二つの会社から各々200万ドルの損害賠償判決を受けたが二つの会社がこれ以上存在しなくて事実上損害賠償金を受けるのは不可能なものと見られる。

一方ホノルル アロハ スタジアムで2007年6月15日開く予定だったピのコンサートはわずか数日前に取り消しになった。

-アジア経済-

'800万ドル賠償評決'雨側"また法的措置踏む"


歌手ピ(実名チョン・ジフン)がハワイ公演取り消しでJYPエンターテイメントとともに800万ドル(韓貨112億)を賠償する境遇に置かれた中で彼の所属会社が法的対応に臨むという強硬立場を明らかにした。
米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は19日(現地時間)雨と彼の以前エージェント社のJYPエンターテイメントに2007年6月ハワイ公演霧散と関連,800万ドルの損害賠償を評決した。
このような便りを伝え聞いた雨の所属会社チェイテュンエンターテイメント チョ・トンウォン代表は20日スターニュースと電話通話を持って"今回の結果を認められない。
法的な措置をまた踏む"と明らかにした。
もちろん突然このような便りを伝え聞いたせいで雨側と前所属会社のJYPエンターテイメント間に特別な意見交換はまだなかったことから確認された。
雨側は今回の法廷攻防で雨に被害が及ばないように最善の努力をつくすという方針だ。
一方米国,ハワイ現地法人のクリックエンターテイメントは去る2007年6月ハワイ地方法院に雨が降って,前所属会社のJYPエンターテイメントなどを相手に4000万ドルの損害賠償請求訴訟を提起した。
当時クリックエンターテイメント側はその年6月15日ハワイで開く予定だったピの現地コンサートに対する製作興行権を買い入れたが,雨側が一方的に該当公演を取り消したとし,損害賠償請求訴訟を起こした。
クリックエンターテイメント代表は最近法廷に出席,"ピの公演取り消しで150万ドルの金銭的損害はもちろん評判面でも莫大な被害を受けた"と明らかにした。
だがこれと関連して,雨側関係者たちは該当公演を押し切りたかったが当時現地舞台設備などが不如意で,公演を行えない状況だったと主張している。

-naver-

雨・JYP "予想できない評決当惑する"


版権購入社に800万ドル賠償評決

イ・ウンジョン記者=雨(実名チョン・ジフン・27)と前所属会社のJYPエンターテイメントはハワイ公演霧散と関連して,800万ドルを越える規模の損害賠償評決が(落ちる)下されよう"予想できない結果なので当惑する"という反応を見せている。
米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は19日(現地時間)費とエージェント社のJYPなどに2007年6月ハワイ公演霧散と関連して,公演版権購入社のクリックエンターテイメントに800万ドル(韓貨111億5千万ウォン余り)が越える規模の損害賠償を評決した。
これに対してピの所属会社のチェイテュネントテインモントゥのチョ・トンウォン代表は"評決がこのようにはやく出るとは思わなかった"として"全く予想できない結果なので弁護団と以後法的な対応方法を議論しなければならないようだ"と話した。
JYPジョンウク代表やはり"当然勝訴することと判断してあきれる"として"現地裁判所に出席した私たちの側関係者たちが評決が出るのに何日かかると予想して現在飛行機に乗って戻っている。
控訴有無など法的対応手続きを議論してみるだろう"と明らかにした。

-yonhapnews.co.kr-

'公演霧散訴えられる'雨,112億賠償評決

歌手ピ(27,実名チョン・ジフン)が米国,ハワイ公演霧散関連法廷攻防で敗訴,100億ウォンを越える損害賠償をしなければならない境遇に置かれた。
20日AP通信など外信によれば米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は19日(現地時間)雨とピの前所属会社JYPエンターテイメント(以下JYP)に去る2007年6月ハワイ公演霧散と関連して,800万ドル(韓貨約112億ウォン)規模の損害賠償を判決した。

連邦陪審はこの日ピの公演取り消しに対する賠償規模などに対して二日間心理を経た後,雨とJYPがハワイでの公演契約を破ったことで判断した。
損害賠償額中500万ドルは懲罰的賠償金で策定された。
公演企画会社のクリックエンターテイメントは去る2007年6月ワールドツアーの一つで推進されたピの米国,ハワイ公演が霧散責任を理由で雨とJYP,公演主管社のスタエムを相手に4000万ドル(約550億ウォン)相当の損害賠償請求訴訟を提起した。
雨はこれに去る16日ハワイ,ホノルルの連邦裁判所に証人身分で裁判に出席したことがある。
雨はこの日“私の役割は舞台の上で公演をするのだ”として“その他のことはマネジメント チームが管理する。
公演をしたかったがマネジメント チームでアルロアスタジアム安全問題で公演が取り消しになったと聞いた”と述べたが結局敗訴してしまった。


米連邦陪審,雨などに800万ドル賠償評決

米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は19日韓国の有名歌手の雨(実名チョン・ジフン・27)とピのエージェント社に2007年6月ハワイ公演霧散と関連,800万ドルを越える規模の損害賠償を評決した。
連邦陪審は雨とエージェント側がハワイでの公演契約を破ったと明らかにしたし,損害賠償額の中で500万ドルほどを懲罰的賠償金で策定した。
連邦陪審は一日以上の議論を経て,このように評決した。
ハワイにある非義公演版権購入社のクリックエンターテイメントは雨マネジャーとが契約を履行しないで公演版権料50万ドルと公演舞台費用約100万ドルなどの損害を負わせたとし,民事訴訟を提起して,裁判が進行していた。

-ホノルルAP-

米連邦陪審,歌手ピに800万ドル賠償評決

歌手ピが米国公演企画会社に100億ウォンを越える損害賠償を尋ねなければならない境遇に置かれた。
聯合ニュースは20日米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審が19日(現地時間)歌手ピに2007年6月ハワイ公演霧散と関連して,800万ドル(約112億)が越える規模の損害賠償を評決したと報道した。
ハワイにある雨の公演版権を購入したクリックエンターテイメントは雨が降って,前所属会社JYPエンターテイメントを相手に公演版権料50万ドルと公演舞台費用約100万ドルなどの損害を負わせたとし,民事訴訟を提起して,裁判が進行していた。
連邦陪審は公演企画会社の実質的損失が228万 6000ドルに達すると見て詐欺に対する賠償金で100万ドルを,雨とマネージメント社に対する懲罰的損害賠償金で各々240万ドルを認めた。
雨は法廷で該当公演がなぜ取り消しになったのか知らなくて,いつかハワイに戻って公演したいという意向を明らかにしたと知らされた。
この企画会社はすでに公演版権を持っている二つの会社を相手にしたクォルソクパンギョルで勝訴したことがある。
雨と,ピの前所属会社は'レインス カミング ワールド ツアー'の版権を1000万ドルにスタエムプランニングに売ったし,翌年スタエムは225万ドルを受けて北米版権をレボリューションに渡した。
クリックエンターテイメントは訴訟で二つの会社から各々200万ドルの損害賠償判決を受けたが二つの会社がこれ以上存在しなくて事実上損害賠償金を受けるのは不可能なものと見られる。
一方ホノルル アロハ スタジアムで2007年6月15日開く予定だったピのコンサートはわずか数日前に取り消しになった。

-アジア経済-

雨,ハワイ コンサート取り消しで800万ドル賠償命令

米国,ハワイ州,ホノルル連邦陪審は19日韓国ポップスター雨とマネジャーに2007年ホノルル公演取り消しに対する損害賠償で800万ドル以上を支払えと命令した。
連邦陪審はこの日雨と彼の所属会社がハワイ公演契約を破棄して,クリック エンターテイメントに対して詐欺行為を犯したと評決した。
陪審が支給を命令した賠償額の中でほとんど500万ドルは懲罰報償金だ。
この日陪審は雨と所属会社を相手に提起された民事訴訟に関し一日の間議論したあげくこのような評決をおろすことに決めた。
ホノルル アロハ スタジアムで開かれる非義コンサートは2007年6月15日開催されることわずか数日前に取り消しになった。
先立ってハワイ公演企画会社クリック エンターテイメントは雨とマネジャーが契約を履行しないでライセンスリョ50万ドルを詐取したことはもちろんコンサート舞台費用約100万ドルなどの損害を負わせたとし,損害賠償訴訟を提起した。

-ホノルルAP-