FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨,"私は揺れない"…ハワイ再審申請着手

米国公演を取り消して,訴訟にまきこまれた歌手ピが相次いだ悪材料の中でも堂々とした自身の立場を明らかにした。
雨と彼の前所属会社JYPエンターテイメントは去る2007年米国,ハワイ公演を取り消して,現地プロモーターから訴訟にあったし,米国,ハワイ,ホノルル連邦陪審は公演を取り消した損害賠償で808万 6000ドル(韓貨112億ウォン)を支払えと評決したことがある。
だが最近敗訴による周囲の憂慮の中にもかかわらず,雨は毅然とした態度を維持している。
雨は"私は今回の訴訟結果に全く動揺しないでいる"として"1審よりさらに明確な法的真実が2審で区分されるだろう。
真実は必ず明らかになるだろう"と声を高めている。
現在の色々な広告モデルで活動している雨としては今回の訴訟が悪材料として作用することができる。
だがこれに対しても雨は"出てきて関連した広告,衣類,およびその他事業件に対して全く問題なしに進行中であり,現在再契約あるいは新規広告モデル提案も絶えることなく続く状態"としながら,自身の位置づけを再確認させている。
雨はハワイ裁判所に再審申請を準備中であり,再審が受け入れられなければ控訴する計画だ。
先立って進行された陪審員評決が米国現地と違った国内企画会社の構造に対して理解できないこともある一般人で構成されたこととは違って2審はカリフォルニアの上級裁判所で開かれながら,3人の判事が判決を下すことになる。
クリックエンターテイメントは雨に対して詐欺疑惑でソウル中央地検に告訴したが,去年雨に対する告訴は却下されたことがあるので勝訴の可能性はより一層力を加えている。
だから雨所属会社側は真実が明らかになる可能性が充分なことと見通しており,雨もまた勝訴の意志を確かにしている状態だ。
雨は今回の判決結果を認められない程,法的対応を準備していくものの今後活動も本来日程のとおりつまずくことなく進行する予定だ。
一方,雨は31日もう一度の訴訟にまきこまれた。
演芸企画会社ウェルメイドゥスタエム(以下'スタエム')は去る27日ソウル中央地方法院に雨とピの前所属会社のJYPエンターテイメント(以下'JYP')側を相手に45億 7140万ウォン規模の損害賠償請求訴訟を提起した。
スタエムは総35回に該当する雨のワールドツアーを独占契約を締結して4回にかけて,100億ウォンを支給したが,彼の米国公演ミョンに入る'レイニ'(Rainy)等の表現がすでに登録された現地歌手の商標と一致して,公演が不可能だったのにかかわらず,当時雨と所属会社JYPがこれを事前に告知しなかったから支障が生じて損して,発生したと主張している。
これにJYP側は"公演当時を見守った人々は(ウェルメイドゥスタエムが責任当事者という事実を)皆分かるだろう"とくやしい心境を吐露しながらも"訴状を調べた後立場を明らかにする"として言葉を慎んだ。
一方,ピのファンたちも雨を救命するために積極的に進んでいる。
ピの公式ファンクラブ雲側は'雨に舞台はファンたちとの約束です(We believe in RAIN!
)'という文句とともに全世界色々国にワールドワイド新聞広告を進行,雨を支援する計画だ。
-マイディリー-

スポンサーサイト



歌手ピ-人間チョン・ジフン,彼のあらゆること!

['ワールドスター'ピのあらゆること単独公開] 3.
ピの音楽が気になる!
雨が家で公開する演奏実力はどうだろうか?
'ワールド スター'ピの日常を入れた単独で入手して,3回にかけて,公開する。
スポーツ演芸専門日刊紙スポーツ韓国がタブロイドで判型を変化しながらお目見えする'エクスクルーシブ(Exclusive)'面を通じて,放送で見られなかった雨の隠された香りと魅力が何か探ってみる。
この写真らは雨の長い間の友で先輩の歌手兼写真作家ペク・ソンヒョン(ベッカ)が撮影した。
この写真らには舞台とスクリーンで見られなかった雨の新しい姿が含んでいる。

通常のフォトグラファーの前で表わさなかった自然であどけない表情とポーズがいっぱいだ。
'10年知己'ペク・ソンヒョンの前だと可能だった姿だ。
#連載を終えながら… 'ベッカ'が話す歌手ピ・人間チョン・ジフン
正確に1年前ジフンに作業依頼が入ってきた。
撮影は日本で出版されるジフンの日常的な姿を現わしたDVD作業だった。
朝6時から撮影を始めた。
到着した時,温度は零下8度であった。
出版時期が6月だった。
私たちは最大限初夏の感じを考えなければならなかった。
内心心配をしながら,撮影に入ったが被写体は'雨'チョン・ジフンだった。
私は心配しなかった。
その程度の問題は心配する必要がないことだった。
なにをかいわんや薄いシャツに裸足で屋根の上に上がって,撮影をしながらも彼は全く寒がらなかった。
そのように彼は決心をすれば言い訳や理由を探さない。
そのような時間に努力をして実行に移す。
そのような姿は昨年6月にも確認した。
当時ジフンはドイツで<忍者アサシン>撮影を終えてファンミーティングのために日本にきた。
おりしもそちらで出張中だった私と会った。
ジフンの顔は半分だった。
ものすごい訓練のためだった。

脂肪が殆どない筋肉でぎゅっと満たされた彼のからだを見ながら,彼がどれくらいきつい心と多い努力をしたのか察することができた。
わずか何ヶ月ぶりにジフンのからだはとうていただ期間に成し遂げられたとは信じることができないように変わっていた。
最近彼が良くない状況にあるということを報道を通じて知ることになった。
彼が力に負えない時間を体験しているようだ。
応援もして怒りをしたりもする。
ただ常に明るい表情で努力の外に分からないジフンが舞台上のパフォーマンスにだけ集中できればという惜しい気がする。
私はジフンの暖かくて明るい微笑が好きだ。
彼がいつもそうしたように試練を踏んでまた明るい微笑で私のカメラ レンズ前に立ってくれることを願う。

1

音楽は私のあらゆること
#1舞台で派手なパフォーマンスを見せたおかげなのか雨が鍵盤の前に座っている姿は風変わりな姿だ。
音率を吟味しながら,落ち着いて鍵盤を押す彼の演奏が耳元に聞こえるようだ。

2

甘美な音楽にぬれて
#2あふれる日差しがいっぱいである窓(ウィンドウ)に寄り添って,彼が音楽を聞く。
奥ゆかしく考えにぬれる彼の表情を見た時甘美なバラード音楽であるはず。
ファンならば映画の中主人公のような彼と並んで座って,共に音楽を聞きたい衝動に捕われる。

3

#3彼は音楽をヘッドホンで静かに鑑賞する。
大衆の関心を暮らすトップスターだが一人だけの余裕を感じたいからではでないか。
この日も彼は静かに音楽を吟味しながら,考えに浸った。
宿舎で服を着替えた彼のからだを見る彼の上体に向かって,カメラ シャッターを押した。

4

また他の日常の中の断面
#4彼は時間がある時ごとにその他を練習する。
舞台で経た息を追い立てて休みながら踊る時とはまた他の彼の日常の中断面だ。

5

いつもこのように余裕があることもあるならば
#5彼がせっかくの余裕を感じるために屋根の上でその他をはね始めた。
'いつもこのようにしているかと余裕があることもあるならば'とする彼の心が写真の外に伝えられる。

d


-朝鮮日報-


'雨ワールドツアー'スタエム"ハワイ評決,連絡受けたことない"

歌手ピの2007ワールドツアー'レインス カミング'を主管したスタエム(現在相互ウェルメイドゥスタエム,以下スタエム)が"ピのハワイ陪審評決課と関連して,私たちは連絡受けた事項がない。
公演版権を渡したレボリューション エンターテイメントとは連絡が取れない"と明らかにした。
責任所在が相変らず不明だ。
ハワイ陪審評決によればスタエムとレボリューションは各々28万5750ドル(韓貨約4億ウォン)を現地企画会社のクリックエンターテイメントに賠償しなければならない。
しかしスタエム側は"これと関連して,連絡受けたことがない"と明らかにしながら,距離をおいた。
スタエムのある関係者は最近アジア経済新聞との通話で"記事を通じて確認したりしたが,別にスタエムに損害賠償関連連絡が来たものはない"としながら"スタエムはクリックエンターテイメントと直接的な契約関係がない。
レボリューションに版権を売ったし,レボリューションがこれをクリックに販売したこと"と説明した。
しかしハワイ評決の主な対象だった雨とJYPエンターテイメントもクリックと直接的な契約関係がないのは同じだ。
これに対してスタエムの関係者は"その部分は詳しく分からない。
レボリューションとは連絡が取れなくなっている"と明らかにした。
スタエムが雨ワールドツアーと関連して口を開いたことは最近始めた雨-JYPに対するスタエムの損害賠償請求訴訟のため.
これはクリックが雨とJYPを標的とした状態で,主管社のスタエムが公式に出たことで今後クリックの対処が関心を集める展望だ。
スタエムはその間経営権などに変化がおきながら,言論との接触などに空白ができていた。
当時スタエムの子会社で公演主管社であったスタエムプランニングは現在なくなった状態だ。
スタエムは最近ウェルメイドゥスタエムで相互を変更した。
一方雨が降ってJYPは各々契約違反にともなう損害賠償額228万 6000ドル中37.5%である85万7250ドルと慰謝料50万ドル,懲罰的損害賠償額240万ドルを現地企画会社クリックに支給しろと評決受けた。
スタエムとレボリューションが各評決受けた28万余ドルは12.5%ずつ占める比率だ。
2006年スタエムはギャランティー100億ウォンをJYPに与えて雨を交渉したし,米国公演版権をレボリューションに渡した。
レボリューションはこれをまたクリックに売ったし,以後2007年ハワイ公演が失敗に終わるやクリックは雨とJYPなどに対して損害賠償請求訴訟を起こした。
スタエムはまた先月31日雨とJYPエンターテイメントを相手に45億7000余万ウォン台損害賠償請求訴訟を提起することもした。
r

雨が当初契約を結んだ総35回公演中19回だけ消化したので,残り16回分に該当するギャランティーを再び出さなければならないという立場だ。
しかし雨とスタエムが2007年6月末までワールドツアーを終わらせることで合意書を作成したし,色々な複合的な要因らによってワールドツアーに問題が生じたことで損害賠償の部分は簡単に決定を下しにくい懸案になった。
スタエム側は"裁判所の判断を待ってみなければならないだろう"と明らかにした。
-アジア経済新聞-

'ピビディ パビディ~' SKT広告変わるか

SKテレコムの'ピビディ パビディブ'広告に非常事態になった。
チョン・マヌォンSKテレコム社長が最近会議席上で現在TV放送中である広告を問題にしたためだ。
理由は子供たちいたずらのような言葉がサービスと何の関連があるのか分からないということ。
SKテレコムの移動通信サービスを知らせる'ピビディ パビディ富'広告は登場人物らが授賞式など多様な状況で童話<シンデレラ>に出てくる魔法注文をいう内容で,世の中の人々の希望がなされることを願うという念願を含んでいる。
会議参席者らは大きく慌てたという。
すでに放送を始めて2ヶ月が過ぎたし,広告文句を遠回しに言った冗談まで登場するほど市場反応があまりにも良かったためだ。
だが今年の初め就任して,通信業界の主要懸案らを取りまとめるのに我を忘れて二ヶ月を送った後,一歩遅れて広告を取りまとめたチョン社長の見解は違った。
いったいまねることも大変な程分からない言葉いくつかの節でどのように会社のブランドとサービスを知らせることができるかということだ。
市場と社長の衝突の間でSKテレコムは結局折衷案を選んだ。
4月から入る2段階'ピビディ パビディブ'広告は具体的なサービス内容を知らせる方に方向を定めたのだ。
市場の人気も無視できなくて社長の叱責も疎かにすることができないためだ。
SKテレコム関係者は"ピビディ パビディブ広告は年間シリーズで企画されたことなので簡単に変えるのが難しい"として"チョン社長が会社ブランドとサービス,広告の統一性問題を指摘しただけ,4月からこれを具体的に知らせる後続広告を送りだすだろう"と説明した。
-朝鮮日報-