FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
写真作家ペク・ソンヒョン(ベッカ),スター写真展開催

'Studio by100'室長で歌手兼写真作家で活動しているペク・ソンヒョン(ベッカ)が大衆スター23人の顔らをカメラに入れて,来る11日公開する。
この前日常の中歌手ピの率直な姿を現わした画報を公開して,話題になった民玄銀今回は舞台とスクリーンでは見られなかったスターらの風変わりな顔らを'THE Faces'という主題の下大衆にお目見えする。
ユジン フィソン,ファンボ,ユンゴン,ソ・ユジン乳児人などデビュー10年を越えた歌手から今しがたデビューした子役俳優まで総23人の顔らを一ヶ所で鑑賞できる今回の写真展は5月初めオープンした'ボイドバイバックチォル'の清淡店オープンを記念する'ハローボイド'パーティーとともに来る11日ボイドバイバックチォルショップで進行される予定だ。
パク・チョルは芸能人専門スタイリングで定評になっている実力があるヘアーデザイナーでボイド オープンと共に今回の写真展を開催することになった。

-조이뉴스24-

スポンサーサイト



[インタビューon]新人AJ "常に最後だと考えて舞台に立つ""心の中で何か感じられる歌手になりたい"

n

新人ダンス歌手AJ (実名利器狂)が大衆に知られたことは彼の歌よりは'練習の虫'というタイトルでからだった。
靴底に穴が空いた運動靴写真がインターネットに飛び交いながら,そこまで練習をする新人歌手に対して人々は心配していたし探してみ始めた。
一方では新人歌手を広報するためという話をしたりもしたが,新人歌手の努力を広報するのは汗の代価を人々に知らせることなのでかえってAJにそれに似合う責任感を付与することが歌謡界の新しいスター誕生につながることができるという支持がさらに多かった。
"練習の虫?それは当然のこと"
AJは2005年高等学校1学年の時JYPエンターテイメント練習生に入った。
もちろん簡単に入れなかった。
放送で雨が'It's Raining'を呼ぶ姿を見てまねる時まではオーディションに合格して歌手生活をすることがやさしく見えた。
しかし結局3度の挑戦をした後に練習生に入ることができた。
またこのような過程でご両親ことが認められることやはり重要だった。
"16才の時練習生に入ったのに初めにはとても保守的でした。
幼かった時無難に友人らと過ごして運動好むそのような平凡な子供がある日JYPオーディションを見て合格したのでどれくらい驚かれました。
それでご両親には私が必ずしてみたいことであったし,3ヶ月ぶりしてみて出来なければ止めると申し上げましたよ。
これからしてみたいことに対して責任を負いますって。
すると3ヶ月ぶり死ねしてみて出来なければ勉強しろと許諾したでしょう。
(笑い)ところで努力したことに対する結果が良く出てきたようです。
パク・チニョン プロデューサー様もそうでご両親も認定したでしょう。
アルバム出てきてとてもお好きでした。
5年の間チェッパクィのように過ごしながら苦労した結果ですから"
事実練習生で準備しながらAJの立場では少しさびしい心もなくはなかった。
一緒に練習室で汗を流した練習生らが2AM,2PM,ワンダー少女で先に歌謡界にデビューしたためだ。
あせること心ができたりもしたし彼らに比べて押されるという気持ちまで聞いた。
しかし長い間の待つことはさらに豊富な準備ができる機会にした。
"皆デビューしてうまくいって私は漠然と練習生であったからそれのためにスランプも多かったんですよ。
私の目標は高いが私がそれを出来ませんから。
そうするからなのを見ながら,ストレスも受けて自ら切り下げることさえしましたよ。
チェタンにはがんばっているのになぜ一人で残っているかという考えましたよ。
ところで考えてみるとそのような時間らがとても惜しかったんですよ。
長時間準備したことは何であり,流したそういう機会が何か,私がまだ幼いがこういう考える時ではないと自らを促しましたよ。
それで私がまだ練習生で残っている理由は何か素敵な姿を大衆に一度に見せようとそんなことだと考えました。
そして舞台上の素敵な姿を,想像だけしたそのような姿を実体化しようと努力しましたよ"
そうしたら練習の虫に変わるのは当然のことだ。
もちろん練習生ら大部分がデビューをするために出血する練習をするが,AJはその中激しいほどという話を聞くほどであった。
皆が決まった練習をする時,AJは自身の気に入るのを探すためにさらに努力をした。
一日4時間程度だけ寝てからだを酷使させたのだ。
そのような心は所属会社を現プレーキューブエンターテイメントに移した後,デビュー舞台につながった。
"舞台に立つ時ごとに常にこれが私には最後の舞台と考えて上がります。
そのためかAJは何かまた変わったんだなという評価を舞台に上がる時ごとに聞くようです。
自ら課題を出して,その課題を解決していく過程を原動力とすることでしょう。
デビュー舞台ですか?デビュー舞台としては緊張をしなかったということ抜いてはまったく違いましたよ。
(笑い)その以後にはずっとモニターしながら,一日に一つずつ直してみようという考えています"
こういう欲はAJがグループでないソロに出てこれるようにした。
自ら気楽な考えれば淘汰されそうだというAJはソロで活動をすれば自身に対して詳細に実力を評価して点検することができると考える。
グループをすることになればメンバーらとかみ合わさって,何か違うように評価されることで,これはヨン湿生の時も"出たソロに出るだろう"というマインドを持つようにした。
たとえグループに出て行ってもその中で光る存在に残るためにはこのようなマインド コントロールは必須と感じた。
"雨は私の偶像,しかし私は私の道を行くこと"
AJを説明しながら取り除いたことができない対象が歌手ピ(実名チョン・ジフン)だ。
歌手の道を選択するようにさせた張本人でもあるが,以後にも多い助けを与えた。
JYP練習生時期にも多い関心を持ったが,プレーキューブに移して,デビューを準備する過程で'ダンシング シューズ'の序盤30秒ほどの振りつけを直接組んでくれた。
"練習生時期に私が常に終列車に乗って行く時まで練習したのに,当時アーティストらは日程を終わらせて遅く練習をしていると自然に先輩等を見ることになりましたよ。
雨先輩は常に遅くまで練習する私を関心があるように見たでしょう。
いつも忠告をして下さいましたし。
これは現在の所属会社に越えてきてもそうしました。
しかし多くの方らが私を見ながら,非先輩と似たというのに,私は私道を行きたいです"
こういうAJが今はピの後を追うためにデビューをしたのだ。
AJは自身が歌手になったとのことをファンレターを見ながら感じたという。
どちらか一つの男子学生が送ったファンレターに"後ほど私が大きければ第2のAJになるでしょう"という内容を見ながら,心がけが変わったのだ。
自身が雨を見て歌手を夢見たようにある瞬間自身を見て歌手を夢見る幼いファンたちが生じ始めたのだ。
自身が憧憬の対象になったと考えて,責任感ができ始めたし,放送に出てきて舞台に立つ自身がさらに格好良く見えなければならないという気がした。
そのような彼が捉えた今年の目標は'何か感じられる歌手'に残るのだ。
"多い先輩らが今年アルバムを出すのでその方ら間で私が大衆に忘れられないことがまず目標でしょう。
AJという歌手は何か他のパフォーマンスがあるという考えを与えながらです。
歌上手にして踊りもよく踊る歌手らは多いでしょう。
私を見れば心の中で何かが感じられるそのような歌手になったらいいですね。
成人と少年の奇妙などんな感じを同時に発散やり遂げる仮需要"

-世界ドットコム-