FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
THE BETTER MAN

4
1アルプスの絶景を見下ろしながら,休息中のチョン・ジフンはブルートンのグレン チェック シャツでナチュラルなスタイルを完成した。
シャツとデニム パンツは皆シクストゥパイブ.
仁川(インチョン)空港を出発して,フランクフルト,ジュネーブ国際空港を経由してローカル バスで3時間.
皆合わせ20時間の旅行日程終わりに至った‘アルプス ピュジェ パルランドゥリ’はたやすくいった旅行地ではなかったが,込み合うバカンス紙と次元が違った魅力を持った小都市であった。
ヨーロッパ中産層の引退した夫婦らが余裕を持ちながら,生きるここは童話の中‘ハイディ’が縫った超自然がまさに目の前に繰り広げられて,むしろ実感できる韓国服装の風景画を連想させた。
雪に覆われたアルプス山脈が屏風のように描かれたリゾートの後広場と映画<サウンド オブ ミュージック>で子供たちが走りまわった野花いっぱいである草原,フランス画家スェラの<クランジャトゥ島の日曜日午後>を似たミント色湖畔風景はこちらまで来る長い旅行日程の疲労を飛ばしてもらうに充分だった。
都市の疲れた感性を浄化させるのに十分なこのヒーリング スペースで撮影チームより一日遅く到着したチョン・ジフンと会った。
ウォショスキ兄弟の新作<忍者オセシン>の撮影を終わらせてプロデューサー,ファッションデザイナーで角頂点をとっていた彼との旅行はこのように始まった。
だが少しの間でも人生(暮らし)のテンションを下ろすのを期待した人々の風と違い,風景を楽しむものの緩い人生(暮らし)のテンションは許諾紙しなかったチョン・ジフンはどんなスタッフより早くロビーに登場して,一日日課を始めていた。
s
2アルプスの余裕がある午後に似合う幸せな本読み.
シャツとアーガイル チェック パターンのピケ シャツ,プルオーバーニット,デニム パンツは皆シクストゥパイブ.
3自然な粋が感じられるベーシックあるホワイト ティーシャツとフードが走った安らかなジャンパー,ブラック パンツは皆シクストゥパイブ.
アルプスを向き合った所感は。
巨大な感じ,山脈らをずっと見回すと絵のようだ。
ひと回り見回すと村があまりにもきれいで息をしがいがあるというか。
ぴったり映画のようだという表現が似合う所なのに,私がここにあってもかまわないがという気がしたりもする。
こういう自然に旅行をきたのは初めてだと……
時差適応が難しいことではないのか。
あまりにも海外出張が多いと見るとからだが自然にその場所の時間を受け入れる。
私にはそんなに難しくないが時にはとても疲れる時もある。
今回の旅行では唯一早く眠りから覚めた。
そうするときはロビーに出てきてウェブ サーフィンもしてインターネットに電話もしながら時間を送った。
なぜ,ダイヤルを回すアナログ電話機の受話器思い出すのではないか。
それと同じもようをしたUSB電話機を常に携帯して通う。
<忍者アサシン>を終わらせて休むのに少しは慣れていないのではないか。
8ヶ月の撮影期間の間鶏肉と野菜でだけ生きたので撮影が終わった後には食べたい食べ物を探して通うのにむしろ忙しかった。
そうした後にはマネジメントに所属している新人トレーニングとデザイナーで参加した‘6 to 5’のファッションショー準備で考える余裕もなかったし。
これという対外的な活動をしなかっただけ余裕を楽しむ時間はそんなに多くなかったようだ。
デビュー以前から食べるのに恨みが極に達した話は度重なるようだ。
食べ物ということが何 十年の間食べてきたクセがあって,ある瞬間に食の好みを変えようとすればとても難しいようだ。
まして8ヶ月間鶏肉と野菜だけで延命しなければならなかったのでどれくらいお腹がすいたか。
海外に出てくるときは気楽な人々とおいしい食べ物ら探して通う面白味で生きたのにそうはなれなかったから。
事実以前には食べること自体に満足したのに<サイボーグだが,大丈夫>をとった当時パク・チャンウク監督様と同じように味ツアーをしばしば通った以後からは美食家のように海外でも味探険に出るのを楽しむ。
ところで今回の旅行はちょっと変だ。
すでに韓食が懐かしくなるのはなぜであろうか。
ずっとバナナだけ食べていると猿になった気がしたりもする。
少しの間でも隙間ができる時は主に何をするか。
他の人々のように音楽を聞いたり映画を楽しんでみるほうだ。
音楽聞く好みがちょっと変わって,クラシックやジャズもしばしば聞く。
安らかに休みたい時や過度なストレスを解消するのに役に立つから。
以前にはカメラを集める趣味もあったのに一敵で撮影をよくすることになりながら,この贅沢な趣味に興味を失った。
専門家ではない以上そのように良いカメラを持っている必要がないという考えになって。
どうしても一番幸せな時間ならば親しい人々と無駄口をたたく時ということができるだろう。
d
4アルプスの日差しを全身で感じるところであるチョン・ジフンはビンテージ感じのプリント ティーシャツと革バイ大きくて,ジャケットは皆シクストゥパイブ.
5アルプスの山荘紙器同じ自然な姿のチョン・ジフンが(受ける)着たホワイト ピケシャツとブラウン革ブルー種,自然にウォシンドェン デニム パンツは皆シクストゥパイブ.
もうすぐ映画封切りだ。
去る撮影を思い出させてみようとするなら。
<スピードレーサー>撮影時は振動が強い小さい模型車の中で腰が切れそうな苦痛を耐えなければならない課題があった。
その時はやさしいといっても大丈夫だと答えた。
当時強烈な印象を残すことができたのでウォショスキ兄弟ともう一度作業する機会を持ったようだ。
<忍者アサシン>は撮影自らの困難よりはからだを作る当時の苦痛があまりにも大きかった。
おかげでそのダウムが容易になったりしたが。
アクション映画は初めてであったのに困難はなかったか。
演技をして見たらアクションをする楽しみ,それに沿う苦痛があるという事実を知ることになったよ。
おもしろいのはアクションをする時ハプを合わせるのがあたかも踊る時,振りつけをするのと似ているという点。
そんなに難しく感じられなかった理由でもある。
だが踊りと違いアクションはとても危険で,ある瞬間も油断できなかった。
<スピードレーサー>撮影の時のようにウォショスキ兄弟の配慮は相変わらずだったか。
それ以上だった。
初めには負担が少しあったのに皆安らかな雰囲気を作ったおかげで友人のような感じで作業できたようだ。
本格的にハリウッド映画に参加してみると彼らのシステムということがとても体系的ながらも機械的だったよ。
国内にもシステムだけよく取りそろうならばハリウッドを凌駕する映画を作ることができるという考えにもなったし。
g
6愛の歌のように甘い日差しの下平和な午後!
バックル ディテールでポイントを与えたバルキーあるニット カーディガンはシックス ツーファイブ.
7真の内耳処ガイに新たに出たチョン・ジフンの本当に姿.
ピケ シャツと分厚いアーガイル チェック ニット,デニム パンツは皆シクストゥパイブ.
ウォーカーブーツは30万ウォン台,レッドウイング.
9月封切りなのに今頃編集手本としそうなんだけど。
ウォショスキ兄弟とエージェント,そして私.
私達で持った最初の試写会,その日の感動はずっと忘れられないようだ。
がんばっただけ映画がよく出てきたようで胸が苦しくなったというだろうか。
事実映画撮影中に毎日毎日変わる私の姿に自らも驚いたのに,今回の映画はそのどの時よりうまくいけばという風が活気だよ。
この前米国で進行した示唆の反応にも良くて期待している。
この映画に出演する以前と以後の変わった点があるならば。
ひとまずハリウッドでとても多いラブコールを受けている。
どうしても映画関係者たちが私を可愛く見たようでほほえましい。
歌手と認められること以外俳優としてハリウッドに名前を知らせることで想像したことがあったか。
全く。
つらい撮影を終わらせたし,示唆をした今でも信じられない。
デビューの時内夢は音楽プログラムで1等することだけだった。
ところでますます目標が変わる。
以前にはミュージシャンとしての歩みに比重を置いたとすれば今は音楽と演技に対する欲が50対50だ。
<忍者アサシン>が重要な過渡期的役割をしたようだ。
努力一ぐらいの結果が明確にあることと信じる。
欲が多いほうなのか。
ピの歩みを見れば完ぺき主義者あるいはウォコホンニク同じイメージが浮び上がるけれど。
まだ若いから,さらに高いところに向かって足を伸ばさなければと考える。
他の人々が考えるのと別に私はまだ成功したと考えないから。
新しいものと深みあること,二つのうちどんなものもあきらめられない時期と言うか。
時に新しくて,時と深みある姿で状況によく適応しなければならない課題が残った。
m
8セクシーな体つきをそれとなく表わすシスル素材のネイビーニットとデニム パンツは皆シクストゥパイブ.
だが時に願わない方向で状況が流れたりもする。
この前あった訴訟のように。
恐らく。
いつもそのようにしてきたのに,どんなことがうまくいく前に必ず良くないことが起きる。
そして次の仕事がとてもうまくいくパターンが反復される。
すでに過ぎたことだが,そのことやはりより良いことがあるための元肥だと考える。
額焚くことしたと見るべきで……
時に平凡な日常を夢見たりもするか。
同じ年頃と違う生活を送ること,その時期にのがして行く平凡なことに対する物足りなさはある。
だが私が選択した長さとか与えられた人生に失望しはしないことにした。
おかげで最高のアーティストと平凡な男の間で葛藤したことはない。
幼かった時から夢見てきたことであるから。
もちろん結婚して子供を産んで幸せに暮らしたい日常的は夢はあるが。
またミュージシャンに戻らなければならない時期だ。
もちろん。
さらに新しくて深みあるRain’s Worldのために準備中なのに,まだ公開する時ではない。
歌手,演技者,プロデューサー,デザイナーで角頂点をとりながら準備する姿を見せるだけ。
ただし時間が過ぎるほど人間チョン・ジフンとしてもう少し安らかになったら良いという風はある。
時間が過ぎるとこのような風景と向き合うのがひたすら楽になる日も来るだろう。
-ELLE-

スポンサーサイト