FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨,"ベッカは必ず克服するだろう"快癒祈る

ワールドスター雨が日本で同僚ベッカの回復を祈るメッセージを伝えた。
ベッカは去る22日ソウル 江南(カンナム)のある総合病院で8時間にかけた腫よう除去手術を受けた。
雨は最近日本,大阪開かれたエンコルツアー中OBS京仁(キョンイン)TV '独特の演芸ニュース’(演出ユン・ギョンチョル)と単独インタビューを持って“手術の便りをまだ聞くことができなかったが精神力が強い友人とよく勝ち取るだろうと信じる”として“今は彼の回復を祈りながら見守ることが最も良い方法”と明らかにした。
8時間にかけた手術に対して雨は“実際知られたように憂慮するほどの状態は違ったと理解している”として“多い人々が彼の健康を祈るだけ健康を回復して舞台に立てば良い”と伝えた。
ワールドスター雨とベッカは15才の時から会って踊った竹馬の友で大変な時ごとに互いに力になってくれた懇意な友人間で知られている。
特に雨は彼の闘病報せに接した後,格別の関心を現わしたし言論に公開的に快癒を望むメッセージを伝えることもした。
特にピの日本ファンたちはベッカの全快を祈りながらながらUCCを製作して,話題になることもした。
二人の姿を編集・製作したこの動画は主要ポータル サイト掲示板に上がってきて,一日の間数千件の照会数を記録するなど大いなる関心を受けた。
一方ピの日本入国場面からインタビューそして彼の公演実況は26,27日両日間OBS京仁(キョンイン)TV '独特の演芸ニュース`で放送される。

スポンサーサイト



雨,大阪アンコール公演盛況裡に終えて

歌手ピ(実名チョン・ジフン)が去る1月23日日本,大阪で進行された‘レジェンド オブ レイニジム(Legend of Rainism)’のアンコール公演を盛況裡に終えた。
23日午後6時大阪組ホールで繰り広げられた今回‘レジェンド オブ レイニジム(Legend of Rainism)’のアンコール公演は去る2009年8月29,30日両日間アジア ツアーの火ぶたを切った日本,東京での公演以後日本ファンたちのアンコール公演に対する強烈な熱望でなされたのだ。
去る2005年ピの最初ツアーであった‘レイニー・デー(Rainy Day)’時雨に会った大阪市民らは5年が過ぎた2010年現在さらにアップグレードされた非義パフォーマンスを熱情的に楽しんだ。
公演会場をいっぱい満たした8,000人の観客らは東京の時と同じようにオープニングの時からフィナーレまで席に座らないで雨を応援したし,これにうなずく返事をするように雨はアンコール公演の時舞台から降りて,観客らの間を横切りながら感謝の気持ちを表現した。
特に,公演会場側は去る東京,埼玉スーパーアリーナでの公演の時10人余りのファンたちが失神したのを教訓にして,公演会場の外にアンビュランスを追加的に待機,公演会場の熱気を反映した。
今回の大阪公演ではエムブラックがオープニング公演をお目見えして,去る2009年12月6日東京で開かれた雨のファンミーティングで初めて初お目見えしたのに続き日本でもう一度その可能性を認められた。
特に,今回の公演にはエムブラックの日本進出と関連して多大な関心を見せている世界的なレコード会社の重役らが参加してエムブラックの成功の可能性を打診したと知らされた。
‘レジェンド オブ レイニジム(Legend of Rainism)’の大阪アンコール公演は24日に一度さらに進行されながら,雨は30日に台湾公演を終えた後帰国する

雨,ワールドツアー航空機新たに話題…'忍者アサシン'興行成功
2


歌手兼俳優雨(実名チョン・ジフン)の全身の姿が彫られた航空機写真がオンラインに公開されながら,新たにネチズンらの間に話題になっている。
しかし現在'ピの専用機'で知られた該当写真は去る2007年ワールドツアー当時大韓航空側がピのワールドツアーと自社広報のために約5ヶ月間運航した広報用航空機だ。
写真の中航空機には雨が翼をつけたイラストレーションがレッピンされていながら,その前で雨は乗務員らとポーズを取ることもした。
これは当時雨が中国と香港などを訪問した時,現地言論に特筆大書されることもした。
実際雨はワールドツアーの時他にもハリウッド映画の初めての主演作'忍者アサシン'の撮影機間の間チャーター機を提供された。
去年MBC '膝ぶすっと導師'に出演した雨は"米国ハリウッドで最上の待遇を受けている"と伝えながら"自身の誠実さを認めたウォショスキ監督が撮影中ゆっくり休むことができる専用トレーラと移動用チャーター機まで提供した"と明らかにしたことがある。
しかしこれは俳優に最上の待遇を提供,最高のコンディションで最上の演技を見せてくれというハリウッド製作システムではよく見られる事例だ。
ただし,韓流スターとして世界舞台で自身の商品価値と存在を認められた雨なのでその感慨が格別だっただけだ。
特に雨は映画'忍者アサシン'が今年の初め損益分岐点を越えながら,世界的なスターとしての可能性を認められている。
おかげで雨が今後ハリウッド作品に再びキャスティングされる確率も高まっている。
すなわち,このように常勝疾走している雨に対するファンたちの関心とうらやましさ,期待感が'専用機'に対する関心で燃え移ったもよう。
雨の'忍者アサシン'は国内で130万観客を集めるのに終わりながら,大当たりを記録できなかったが米国と北米地域166ヶ館で開館,現在製作費4000万ドルを跳び越える収益を記録中だ。
カナダ,英国,ドイツ,イタリアなどまだ集計が終わらなかった20余ヶ国の売上額がより増せば黒字が確実視される。
一方23,24日両日間日本,大阪で'レジェンド オブ レイニジム'アンコール公演中である雨はすでにハリウッド優秀の製作会社からラブコールを受けたと知らされた。
これと関連して,雨側関係者は"まだ具体的に決定された懸案がなくて明らかにすることができる段階ではない"として"すべての可能性を開いておいて次期作を検討中"と伝えた。