FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
[Why]雨,7年持続したCF突然下車した理由は?

株式市場'モクトゥィ'疑惑引き続き衣類業者関連訴訟も進行中SKテレコム広告延長しなくて
歌手ピ(チョン・ジフン)が2004年から7年の間連続して登場したSKテレコムの各種広告で8月4日を基点(起点)に消えた。
会社は7月26日各代理店に送った公示を通じて'チョン・ジフンのモデル契約が8月3日終わったので現在活用しているイメージ写真はまさに離して今後も使わないでくれ'と伝えた。
また'いったいモデルが必要ならばチャン・ドンゴン・シン・ミナのイメージを使ってくれ'と付け加えた。
会社側は"いろいろ理由があってやめることになった"と話した。
ある代理店店主は"最近雨が物議に度々上がるという点も考慮になったと理解している"と話した。
自身が最大株主であったチェイテュネントテインモントゥの持分を全量売却して,小額株主らの反発をかい始めた雨に後日の暴風が吹いている。
CJグループも'ピの一日24時間'をテーマでCFを作るために広告会社らの提案書を受けて中断した。
CJ関係者は"推進した理由は外食・エンターテイメント事業をするグループのイメージとピのイメージがよく合うという調査結果が出てきたため"であり"中断理由は入隊有無が決定されなかったため"と説明した。
しかし広告業界関係者は"いわゆる'モクトゥィ'疑惑が解消されてこそ広告モデルで使えるというのが定説"と話した。
雨が27%の株式を持っている衣類会社チェイテュンクリエイティブを囲んだ問題らもまた明るみにでている。

雨は最近‘モクトゥィ’論議で物議に上がった。
ほぼ同じ時期にSKテレコム広告契約も延びなかった。
去る4月この会社の株式14%を持っている大株主A氏は雨とピのお父さんチョン・キチュン氏,チェイテュンクリエイティブの経営陣など7人を詐欺・横領・背任などの疑惑で告訴して,ソウル中央地検調査部で捜査中だ。
A氏は"服を納品したのに代金を受けることもできなかったし,会社のお金がチェイテュンケムプ同じ個人会社に抜け出た会計資料がある"と主張している。
A氏が確保した会計資料によればチョン・キチュン氏と雨が大株主であるチェイテュンケムプはチェイテュンクリエイティブロブト雨が使う車両賃貸料,車両修理費,会議室使用料,駐車費などを受け取ったということだ。
A氏は"チェイテュンケムプとチェイテュンクリエイティブが皆雨が大株主なのに,雨と,雨お父さんの個人会社のキャンプが色々な株主があるクリエーティブから金を受け取って,行くことは不法だと見る"と話した。
衣類業界ではまた最近チェイテュンクリエイティブと取り引きした一部会社を対象に税務当局が調査をしたといううわさが広がった。
チェイテュンクリエイティブは去る6月末頃ブランドの'6to5'をカバン業者のMCMに渡したと知らされた。
A氏は"衣類在庫,雨とチェイテュンクリエイティブが結んでいた広告出演契約などを売ったと理解している"と話した。
新世界・ロッテデパートに入店していた6to5売り場は消えたし,MCMはこの衣類らを取得した後,60~70%安く売っている。
インターネットではティーシャツ一枚に5000ウォン.
いわゆる'バーゲン処理'だ。
今年4月発売されたアルバム'Back to the Basic'のジャケットも一歩遅れた話題になっている。
アルバム ジャケットに'VIP THANKS TO'という題名でCJ李ミギョン副会長,CJイ・ジェヒョン会長,ロッテショッピング シン・ヨンジャ社長,MCMキム・ソンジュ代表など財閥オーナーらに感謝するという表現をしたためだ。
雨は現在海外でKBSのドラマ'逃亡者'を撮影中で,各種疑惑に対する意見を聞くためにチェイテュン関係者たちに連絡を取ったが答弁を聞けなかった。

スポンサーサイト



'チュノ' SDA韓流特別賞3冠王,'逃亡者'期待感高めて

KBSドラマ‘チュノ’(クァク・ジョンファン演出,チョン・ソンイル脚本)が‘ソウルドラマオウォーズ2010’(SDA 2010)で韓流部門特別賞3冠王の栄誉に授かった。
20日午前11時ソウル,光化門(クァンファムン)プレスセンターで開かれた記者懇談会で来月開かれる本心に名前を上げる候補作が発表された。
今年新設された'韓流部門特別賞'対象には'チュノ′が選ばれたし主演男優賞は'チュノ'で優れた演技をお目見えしたチャンヒョクと'アイリス'のイビョンホンが共同で名前を上げた。
クァク・ジョンファン監督やはり韓流部門演出上主人公を占めて'チュノ'は3冠王と同時に本心で作品賞もにらむことができるようになった。
今年の初め放映された‘チュノ’は朝鮮時代逃げた奴婢を追う奴婢猟師の話を扱ったドラマで既存史劇と差別化された映像と視線で史劇界にセンセーションを呼び起こしたことがある。
'チュノ'の今回の3冠王でクァク・ジョンファン監督とチョン・ソンイル作家コンビがまた意気投合して,製作中のドラマ'逃亡者'も熱い関心を受けている。
現在ドラマ‘逃亡者’チームとマカオに滞留中であるクァク・ジョンファン監督は俳優とスタッフの祝い洗礼を受けながら,より一層意気投合して,撮影中だ。
雨(チョン・ジフン),イ・ナヨンがテレビ劇場カムバック作で選択した'逃亡者'はアジア全域を回りながら,緊迫感あふれる追撃戦を撮影中だ。
これら他にもイ・ジョンジン,ユン・ジンソ,ダニエル・ヘニー,ユン・ソナ,ソン・ドンイル,コン・ヒョンジン,チョ・ヒボンなどわれこそはと思う国内派俳優らと竹中ナオト,上原タカコ,弔詩号,証紙委など海外派俳優らが皆このある作品のためにかたまった。
すでに韓流の王と認められた'チュノ'に続き迫力感あふれる追撃戦と硬いストーリーでもう一度ドラマ新しい新紀元を起こす'逃亡者'は来る9月末'製パン王キム卓球'後続作で放映される。