FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
[一問一答③]雨"持分売却非難に睡眠成し遂げれないで..機会違って"


-マカオ現地インタビュー-"入隊問題,私を信じて心配しなかったら"
[マネートゥデイ スターニュース マカオ=キム・ドンハ,キム・コンウ記者]
<②便に続き>
-チェイテュンクリエイティブの設立と失敗は'モクトゥィ'論議をより一層深化させた。
クリエティブも雨が設立して,運営した会社で知られているけれど。
▲クリエーティブはエンターテイメント業と事業的なもののシナジー効果を出してみようという次元で設立した会社だ。
チョ・トンウォン チェイテュネント代表がアイディアを出したし私も実質的な投資(9億5000万ウォン)をした。
当時一緒にした投資家がモデル料20億ウォンがとても瓜限お金ではないかといったが私が無料で仕事をすることになればチェイテュネントも被害をこうむることになることではないのか(*ヂェイテュネントはクリエーティブに15億ウォンを投資して今は売却した).
クリエーティブ持分はそのまま持っている。
モデルで最善を尽くして仕事をしたが結果的には個人的な苦痛が大きかった。
-チェイテュンケムプというマネジメント会社を設立,チェイテュネントロブト用役(サービス)契約を結んでマネジメントを代行している。
この部分も論議を加重させた。
▲チェイテュンキャンプはマネジメントを委託したところで会社構造を効率的にするために設立した。
私は持分は全くなくて,プロデューサーとして参加した。
出てきて長い間共に日韓同僚らが核心メンバーで仕事をして私もプロデュースしながら,エムブラックと同じ幼い友人らを育ててみたいという気持ちで始めた。
-低速電気車業者の{CT&T}持分を一部取得して広報大使を引き受けながらチェイテュンがCT&Tの迂回上場対象企業になる可能性で株価が急上昇したりもしたのに。
▲CT&Tの広報大使はチェイテュネント事業部の要請によってなされた。
株式一部は広告費代りに受けたのだ。
気が向いてはいないが会社に役に立つからといって参加した。
-入隊をすることになれば会社は直ちに主な売り上げがなくなって,継続企業として不確実性が大きくなって,上場維持も危険なことという憂慮も出てくる。
▲本当に経営に参加しなかったために論理的に詳しくは分からない。
だが(上場廃止されたり)そのような可能性はないことと分かる。
軍隊問題を確信する訳には行かないが私を信じて心配しなかったら良いだろう。
-株主らにしたい話があるならば
▲最大株主が持分を売却したという非難に夜の睡眠を寝られないほど苦痛だった。
最善を尽くしたがこういう状況に置かれたこと自体があまりにも大変だ。
意図しないように間違えるが法的枠の中でなされたことは自信を持つことができる。
片方では私も株主らや皆が投資家なのに,でも身内の争いという気がする。
私はこれから見せることがさらに多い。
信じて見守れば'そうだったね'という考えをするようになることだ。
まだ専属契約期間が1年2ヶ月残った。
機会をくれと言いたい。

スポンサーサイト



[一問一答②]雨"収益配分,5対5に下げて"


-マカオ現地単独インタビュー- "赤字構造、私も理解できなくて...黒字出すこと"...黒字出すこと"
[マネートゥデイ スターニュース マカオ=キム・ドンハ,キム・コンウ記者]
s

↑歌手ピがマカオ現地でドラマ'逃亡者'をとった途中休息を取っている。
<①便に続き>
-当時公示を見れば保有目的が'経営権行事'とされている。
▲'経営権'の意味は市場で解釈することとは差があるようだ。
私がどんな作品をしたいという程度意見は明らかにすることができるのではないか。
その他には絶対的に経営に参加したことがない。
そのような公示があったとのことも今回初めて分かった。
経営権参加というものは中心から抜け出した指摘であるようだ。
私は私の仕事でだけ経営に参加した。
-さらに多い金額を提示した所もあったとすればなぜチェイテュネントを選んだか。
結局はコスダック上場企業を通じて利益を得ようとする考えのためではなかったか。
▲数百億ウォンの契約金を提示した所もあったが良い人々と共に話ができるのが重要だった。
気楽に演芸にだけ従事できることと考えたし,それは今でも進行形だ。
365日間熱心に仕事をして7:3の割合で会社に利益を与えようとした。
だがどのようにしても誤解だけ積もるのが大変だった。
-問題は{チェイテュネント}が,いつも赤字だったということだ。
売上額より売り上げ原価が多くて,活動をよくすればするほど赤字幅が大きくなったのに
▲なぜ売り上げ原価がさらに多いかは私も理解できない。
米国に初めて進出した時,一部屋で過ごした。
一部では米国滞留費用を所属会社で全部負担したことでないかというが大部分製作会社や投資社で使ったし,私たちはほとんど金を使うことがなかった。
使ったお金があまりないのに,赤字が出る部分は私も理解できない。
売り上げ原価構造に対しては率直によく分からない。
明快な返事を差し上げるのが難しいようだ。
-チェイテュン(前セイテク)持分引受当時有償増資納入と持分買入に入った47億ウォンは本人お金だったか。
納入直後契約金150億ウォンを受けたので結局はお金がかからないのではないのか。
▲その間私が稼いだ金で投資した。
私が契約金を受けて出したという話もするが,専属契約は上場後でなされた(*有償増資は2007年9月,専属契約は10月になされた).
堂々と私が仕事をして儲けておいたお金だった。
-チェイテュネントは売り上げ処が最大株主の雨1人だけだった。
雨に巨額を与えて会社が赤字にさまようと株価下落は火を見るように明らかでなかったのか
▲むしろ経営陣らになぜ他の事業に投資しないのかと尋ねた。
いつか良い事業ができれば投資することだと答えたよ。
衣類事業をするといった時もあまりにもうれしかった。
私にだけ依存する事業構造が負担になった。
-雨を信じてチェイテュネントに投資して損失を見た人らが多い。
小額株主らの立場で悩んでいる内容があるのか。
▲チェイテュンと収益配分構造を7:3から5対5に変更する契約を締結した。
今回の分岐(分期)から黒字転換が可能なことという。
5対5契約は新人水準の専属契約だ。

[一問一答①]雨"当時には最大株主どのようにするかもしれなくて"

-マカオ現地単独インタビュー-
[マネートゥデイ スターニュース マカオ=キムドンハ〓ギムゴヌ記者]歌手ピ(実名チョン・ジフン)とマネートゥデイのインタビューは二度にかけてなされた。
初めてのインタビューは23日ドラマ‘逃亡者’撮影キャンプでピの宿舎のマカオ シティーオブ ドリームホテル ロビーで1時間の間進行された。
翌日の24日には雨が泊まっている8階宿舎で2時間超えて本格的なインタビューが実施された。
雨はこの席で自身が保有していた所属会社チェイテュネント株式売却を契機に増幅されてきた疑惑と論議に対して具体的に説明した。
今後の計画,その間の心境に対してもマネートゥデイ読者らに立場を明らかにした。
彼は"(歌手でない上場企業最大株主として)私の位置をよく分からなかった"として"多い誤解らがあったがこれを皆解きたい"として話を解いていった。
雨となされた一問一答を整理する。
↑歌手ピが24日マカオ宿舎でマネートゥデイとインタビューしている。[写真=キム・ドンハ記者]
s

-{チェイテュネント}株式罵倒で論議が触発されて50日が過ぎるように沈黙を守ったのに。
▲当時に私がこういう話をするならば人々が私を信じようとしなかったことだ。
1ヶ月以上時間が過ぎたので今は率直に話すことができると考える。
-いわゆる'モクトゥィ'論議に対してどう思うのか。
事件の開始は3年前チェイテュネントと専属契約をする時受けた契約金150億ウォンだ。
過度に多いという指摘がある。
▲150億ウォンという契約金は株主らが私に提示した金額だ。
私を商品で見よう。
当時ワールド ツアーをよく終わらせてハリウッド進出を控えていたので招聘提案が多かった。
国は商品がハリウッド進出に成功する場合付加価値が高まると見たようだ。
-ここに雇用費で毎年41億ウォンずつを受けて,結論的には会社の3年間の売上額より多いお金を持って行った。
▲専属契約により7:3で分けて,利益金を受けただけだ。
3年超えて休んだことなしで所属芸能人で最善を尽くした。
事業最初に始めれば1~2年の間準備過程を経てこそ黒字転換をするのではないか。
実際会社売り上げは新年30億で今90億程度に着実に増えた(*6月決算法人のチェイテュネントは2009年91億ウォンの売り上げを記録した).
今は結実を結ぶ時だ。
ハリウッドと次の作品を進行していてデュエット アルバムを製作するなど良い便りが多い。
契約金を受けて4年ぶりに合理的な売り上げが出てくる。
もう実を取るべきなのに株主らと経営陣間の'身内の争い'がさく烈した。
-チェイテュネントの持分を全部売却したのが投資家らの怒りをかう発端になった。
▲その間個人的な苦痛が激しかった。
衣類会社チェイテュンクリエイティブ(以下クリエーティブ)を設立した後,失敗の痛みを体験しながら,私が手をつけることが(他の人々に)どんな影響を及ぼすのか悟った。
芸能人をしながら事業をするのは大変だなという気がした。
芸能人だという点を悪用して,私を粗探しをしようとすることも体験した。
歌手,俳優で最善を見せるのが良いと考えた。
もう芸能人で生きたい。
株式価格が上がった時があった。
私も人であるから売らなければならないが苦しかった。
だが株価が低い時売ってこそ人々に信じることを見せることができることと考えた。
会社にもとても苦痛だから少しずつ整理すると話した。
こういう一連の状況らが誤解を呼び起こしたようだ。
-一般投資家でなく'最大株主'で会社の唯一の収益源なのに,会社の売上額より多い金を受け取った後,持分を全量売却したしないのか。
▲私が願って,最大株主になったのではない。
最大株主になる方法も分からなかった。
初めにチェイテュネントに投資する時から経営者でない投資家と考えた。
芸能人という職業はおわかりの通り浮沈が激しくていつどうなるかもしれない。
もちろん財テクもしたかった。
-最大株主の意味と責任を分からなかったというが多い投資家らはチェイテュネントをピの会社と考えた。
▲言論を通じて,最大株主になったことを分かったし,他の経営陣らが運営していたので最大株主影響力をどのように発揮しなければならないかも分からなかった。
最大株主として発言権を持ったことも,株主総会に参加したこともない。
私の投資は一般的な投資だったと見れば良い。
誤解の余地があったので持分売却も何段階にかけて整理をしたのだ。

[単独インタビュー]雨"私は経営者でない投資家"

s

"もう芸能人にだけ生きる…5:5収益配分,チェイテュン黒字出すこと"
[マネートゥデイ スターニュース マカオ=キム・ドンハ,キム・コンウ記者]
"私は経営者でなく自分自身に投資した投資家であった。
これからは芸能人にだけ生きたい"
所属会社株式‘モクトゥィ’論議に包まれた歌手ピ(実名チョン・ジフン)が話し始めた。
雨は去る23,24日両日間マカオ現地で3時間余りにかけて,マネートゥデイと単独インタビューを持って投資家らに利益を戻すために自身に対する収益配当を減らすと明らかにした。
歌手ピは去る2007年9月{チェイテュネント}テインモントゥ有償増資に参加した後,4年間150億ウォン規模の専属契約を結んだし,昨年10月には組合解散で最大株主にのぼった。
しかし投資2年9ヶ月ぶりの去る7月保有株式を全量罵倒しながら'モクトゥィ'論議にまきこまれた。
上場企業に対する投資は株主らの提案でなされたとし,最大株主になる意図もなかったと強調した。
雨は"先に人々が訪ねてきて,投資を提案したし,はるかに巨額の契約金を提示した所らも多かったが信じることができる人々と会社を作りたかった"として"私の会社に投資するという気持ちでその間稼いだ金を投資した"と話した。
モクトゥィ論議の核心中一つは雨が果たして会社経営に責任があるかの有無だ。
経営に参加した場合,会社が赤字なのに売上額より多い金額を契約金と雇用費で支給されたことに対する責任から自由なことないためだ。
実際去る24日チェイテュネント小額株主は歌手ピと所属会社代表チョ・トンウォン,金潤氏を背任罪など詐欺罪で釜山砂下地方警察庁に告訴した。
これらが株主をだまして会社の売上額より多い契約金150億ウォンと手数料などで総273億ウォン余りを雨に支給しながら,会社に莫大な損失を負わせたということだ。
雨はこれに対して"財務,事業など会社全体経営をしなかったし,することもできなかった"と強調した。
雨は150億ウォンの専属契約金も当時自身を迎え入れた主要投資家らが先に提案したことであり,実際に来年売り上げまで合わせれば合理的な収益を出すことができると明らかにした。
会社がずっと赤字が出たのに対しては自身も理解し難いと明らかにした。
自身にだけあらゆる事をかける1人企業という状況も負担になったとし,自身だけを利用しようとしていた人々に対しては願望も入ると話した。
彼は自身が実際経営をしたならば多分いろいろ事業をしながら,自身にだけ依存しはしなかったことだと話した。
彼は"芸能人だという点を悪用して,私を粗探しをしようとすることも体験したし,芸能人をしながら事業をするのは大変だということを悟った"として"結局歌手・俳優で最善を見せるのが良いと決心した"と話した。
雨は投資家と芸能人としての内的葛藤が特に激しかったと明らかにした。
浮沈が激しい芸能人として財テクに成功したい欲望はあったが,株式を売る時,負担は言葉で表現するのが難しいほど大きかったと話した。
彼は"3年の間誠実に仕事だけ熱心にしたが戻るのは非難と誤解であり,多くの訴訟に苦しめられるのに疲れた"として"演芸活動にだけ専念するために株式を安く売るほかはなかった”と吐露した。
一個人として株式を売ったのは堂々とするが自身を信じて投資した人々には残念に思う心も入ると話した。
しかしまだ1年2ヶ月という契約期間が残っているとし'機会を違って'と話した。
雨とチェイテュンエンターは会社の収益を高めるために雨と会社の売り上げ配分比率を既存の7対3で新人芸能人水準の5:5に変更したと明らかにした。
雨はこれを通じて,会社を黒字に戻るようにして自身を信じて投資した株主らに少しでも利益を与えたいと付け加えた。