プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍人ピ,KCM朴ヒョシンととった近況写真電撃公開

v
軍服務中の韓流スターピ(チョン・ジフン)が朴ヒョシンKCMなど同僚らと共に取った写真を公開する。
現在雨は演技者キム・ジフン,歌手朴ヒョシン,KCM,米にがいということは,コメディアン二陣号とともに国防広報支援隊員で軍服務中で去る21日ベトナム,ハノイで開かれた'2012大韓民国-ベトナム友情コンサート'に出演して,素敵な公演を広げた。
この日公演は大韓民国とベトナムの修交20周年を記念するために開かれたことで雨は共に理由のない国防広報支援隊員らとねばっこい戦友愛を見せながら,共に友情写真を撮った。
雨は昨年10月入隊して,国防広報支援隊員で服務中で去る26日ソウル,龍山(ヨンサン)戦争記念館の前広場で開かれた'2012ソウル平和音楽会'夜ソ進行された'2012ソウル平和音楽会'に参加して,熱情的な舞台を広げることもした。
ピの軍生活が公開されるTV組では'演芸in TV'は30日午後9時50分に放送される。

スポンサーサイト
[SSフォト]雨 "さびないダンスの実力"

x
天安艦襲撃2周年記念と核安全保障サミットの開幕を記念した2012ソウル平和音楽会"が
26日、龍山(ヨンサン)戦争記念館で開かれた中で歌手ピが素敵なダンスを踊っている。/イヒョギュン記者
v

v

天安艦襲撃2周年記念と核安全保障サミットの開幕を記念した2012ソウル平和音楽会"が26日、ソウル龍山(ヨンサン)戦争記念館で開かれた中で歌手雨が熱唱している。雨、パク·ヒョシン、KCM、イン·スニがなどトップ歌手が出演した今回の音楽会は、チャリティー公演の形で進行され、2年前の事件を国民皆が振り返り、忘れないという誓いの時に用意された。

一方、去る2011年10月入隊した雨は5師団新兵教育大調教に配置されたが、最近は国防広報支援団に所属部隊が変更された

広報兵ピ,ベトナムでパパラッチ餌?"朴ヒョシンは何かつかんでこそ~"

k
広報兵ピの人気がベトナムを強打した。
演芸兵士で活動中である雨は去る去る17日ベトナム政府の招請を受けて,ホーチミン空港に派手に入城した。
同じ国防広報院所属の朴ヒョシン米にがいということはユ・スンチャン,キム・ジフン等も共に現地を訪問したが,最も大きい関心の大賞は断然ワールドスター空いた。
この日現場には数十人余りのパパラッチが待機して,ピの一挙手一投足をカメラに入れた。
また現場にあったファンたちは"チョン・ジフン!
"を熱唱して,ピを感動させた。
以後17日空港入国場面から車両移動の姿などが各種ベトナム報道機関の主要ニュースで扱われたし19日と21日開かれる韓-ベトナム修交20周年コンサートに対しても関心が熱い状況だ。
雨は国防部とベトナム政府が用意した今回のコンサートで司会を担当したし,二度公演も広げる予定だ。
国防部関係者は"チョン・テヒョン国防教育政策観を団長で交響楽対60人,陸軍伝統楽隊17人,広報支援対7人など総92人で構成された公演団が19日と21日ベトナム政府と軍関係者,海外同胞などを対象に二度公演する。
ピをはじめとして,朴ヒョシン上等兵など軍服務中の韓流スターらがK-POPを熱唱するなど合同舞台をお目見えするだろう"と明らかにした。
ピのファンたちは彼のベトナム入国の便りとパパラッチ写真を見て"軍隊でも国威宣揚する素敵なピ"として応援を送った。
もちろん本意と違って雨と一緒にいる写真がつけられた朴ヒョシン,ミスラジンが台頭(?)屈辱にあって"残念だ"という反応もあった。
またピを見て歓呼したり嗚咽するベトナム ペンドゥの姿に"韓流がすごいことはすごいな"とする反応が多かった。
一方雨は19日ベトナム アミ シアターに続き21日ハノイ オペラハウス公演を終えた後,帰国する予定だ。

歌手ピ、ベトナム訪問、海外の文化外交活動広げる

最近芸能兵士に合流した歌手ピが海外の文化外交活動に乗り出す。

ピは来る17日から23日まで韓国、ベトナム国交樹立20周年を記念して設けられた公演でヒット曲を多数歌って両国の友情を図る。

非以外にも、芸能兵士として活動しているパク·ヒョシンが公演に参加する。国軍交響楽団が主に参加する今回の行事で歌手たちの公演だけでなく、陸軍の伝統バンドのモドゥムブク、サムルノリにもつながる。

今回の公演は、ベトナム政府の公式招待で行われ、国軍交響楽団が外国政府からの招待を受けて海外で公演するのは創立10年ぶりに初めてある事だ。

国軍交響楽団は来る19日亜美シアター、21日、ハノイのオペラハウスで、ベトナム政府、軍関係者、海外同胞、地元住民を対象に公演する。

国軍交響楽団は訪問期間中に弦楽アンサンブルとグクアクデ、広報支援隊員などの小規模な団を構成し、ベトナム軍芸術音楽大学、韓国文化院、韓国人学校なども訪問して公演する計画だ。

軍関係者は "一、ベトナムの友好増進に寄与する一方、ベトナム僑民たちの祖国への誇りと愛国心を鼓吹する契機になるだろう"と期待感を表わした。

一方、国軍交響楽団は、これまで40余回の演奏会を開催し、昨年アメリカで巡回公演を行うなど、活発に活動している。


軍服務中の歌手ピ・朴ヒョシン,ベトナムでK-POP '熱唱'


国軍交響楽団,韓-ベトナム苦労20周年記念演奏会
【ソウル=ニューシス】オ・ジョンテク記者=国防広報支援のとおり現役服務中である歌手ピと朴ヒョシンなど韓流スターらがベトナム現地でK-POP公演を広げる。
国防部は国軍交響楽団が韓-ベトナム修交20周年をむかえて,来る17日から23日までベトナム政府招請で現地で記念演奏会を持つと15日明らかにした。
国防部チョン・テヒョン国防教育政策観を団長で交響楽対60人,陸軍伝統楽隊17人,広報支援対7人など総92人で構成された公演団は19日と21日ベトナム政府と軍関係者,海外同胞などを対象に二度公演する。
今回の公演では最近広報支援対に抜擢された歌手ピ(一等兵チョン・ジフン)をはじめとして,朴ヒョシン上等兵など軍服務中の韓流スターらがK-POPを熱唱するなど合同舞台をお目見えする。
国軍交響楽団は水準高い正統ラブストーリー演奏とともに陸軍伝統楽隊の併せ北とサムルノリなど多様な見どころも見せる。
また国軍交響楽団は訪問期間中弦楽アンサンブルと国楽対,広報支援隊員などで小規模公演団を構成して,ベトナム軍芸術音楽大学,韓国文化院および韓国人学校などを訪問,訪ねて行く演奏会もする。
今回の演奏会は韓-ベトナム修交20周年をむかえて,ベトナム政府の公式招請で成り立った。
国軍交響楽団が外国政府の招請を受けて海外演奏に出るのは2010年創立以後初めてだ。
国防部関係者は"今回の国軍交響楽団招請演奏は韓-ベトナムの友好増進に寄与する一方ベトナム現地海外同胞らの祖国に対する自負心と愛国心を鼓吹する契機になると期待される"と話した。
国軍交響楽団は国内唯一の国軍オーケストラとして2010年創立以後40回余り演奏会を開催した。
昨年には米国巡回演奏会を通じて,6・25参戦に対する謝意を表するなど韓米同盟強化に寄与した。

広報支援隊転入てきた、歌手ピと出会う。 付き合い

記事投稿者は"国防広報院ブログ"付き合い""ぜひ!明示してください。

忠誠! 国防部勤務支援団広報支援隊一等兵チョン?ジフンです。

Q. 広報支援隊転入した後、5日程度が経った。 現在の状況は?

A. 転入前に、5分割の助手として服務した。
二ライダーまで教育を受け て勤務支援団広報支援隊転入したが、
国軍将兵の方々に何か大きな力に なってくれるだろうと考えにたくさんときめいています。

Q. 野戦部隊で一等兵に進級した、特級戦士に選抜され、進級早くしたと 聞いたが?

A. 軍隊は男なら誰も来なければならない義務である。 私も適応が早かっ た。
様々な訓練を最善を尽くしても受けた。 そして特級戦士になった理 由は、他ではなく、休暇がかかっていた。 ^ ^
私だけでなく、すべての兵 士たちが同様だったようである。 本当にこれを悪魚熱心にした。
元の持 久走をよくできないのに、ちょっと大げさな言葉で、
ほぼすべての臓器 を出して走ったことだけは本当に苦労して走って特級戦士になった。
幸 いなことに射撃はどのくらいの才能があるようだったよ。 射撃のスコア もよく受けて(20発中19発)特級戦士になった価値があった。

Q. 誰もが入隊し、訓練所で初夜の考えをするという。 本人はどんな思い をしたか?

A.様々な数多くの思いが交差した。 今一般人ではなく、
軍人の身分とし て軍服務期間の間、徹底的に国のために忠誠をするべきだと考えをたく さんした。
だから、適応するのに大きな支障はなかった。

Q. 訓練所で一番記憶に残 る訓練があったら?

A. すべての訓練がすべての記憶に残 る。
それでも、いくつかの話をして みれば、同期との粘着性がある愛情と友情、戦友愛を知ることができた 行軍である。
1シンギョデ、2シンギョデ合わせた100km強行軍をした が、大変な時助け合う協調性を学んだ。
除隊後にも良い思い出になるよ うだ。

Q. 広報支援隊転入前には、5師団新兵教育大助教で服務した。 助教はどのように選抜され、助教をしながら感じたことがあった ら?

A. 助教はサポートも可能で、面接を見て、可能な人を招集するこ とだ。
助教で服務して多く感じたのは、最初は人を教えるもの で、 "どのようにみると若干スィプゲトダ。"という考えもした が、
他の職種も大変だが、調教も大変な職務であると確信してい る。
助教をするには、訓練兵たちを教えるための知識の、教範を 習得しなければならない。
このような部分のために助手として転 入され、2 3ヶ月程度は助手の研究講義という制度があります。
研究講義を通過しなければなら助教記章を受けることができ、記 章を受けて、引き続き研究をしてまた勉強をしなければならな い。
他の人より1時間、2時間遅く寝て、他の人より1時間早く起 きなければなり、
訓練兵たちに模範を必要があるため、実際いろ いろと難しい点も多かった。

Q. 入隊前、入隊した後、本人は何が違っていた?

A.愛国心がたくさんできた。
国を守ることが一方では義務という 考え方より、自発的に愛国心を持たなければならないという気が したし、生きがいのある仕事だという気がした。
すばらしい仕事 をしているという考えに胸がいっぱいだ。

Q. 広報支援隊員として特別に引き受けたい国軍放送番組があった ら?

A. 入隊前、社会の中で芸能人という職業を持ちながら、演技と歌 で多く偏っていたが、
軍服務をして国軍放送ラジオプログラムを 引き受けてラジオの進行を見ることも良い経験になるようだ。
広報支援隊員として一定の多く忙しいが、国軍放送ラジオプログラ ムを進行してみたい。

Q. インタビューを終えて..

A. 今後国防部グンブジウォンダン広報支援隊員として多くの方々 の兵士がどのように服務して、
どのように生きがいのあるのかを たくさん広報し、皆さんに力になることが の一等兵チョン?ジフンになるようにします。

ありがとうござい ます。 これまでの広報支援隊一等兵チョン?ジフンでした。 忠誠!

雨 - キム·ジェウク、国防広報支援隊員転入... "慰問列車"に乗る

s

<写真=国防広報院ブログ "付き合い">

歌手ピ(実名チョン·ジフン)と俳優キム·ジェウクが、国防広報支援隊員に転入した。12日、国防広報院ブログ"付き合い"にはチョン·ジフンとキム·ジェウクが、国防広報院の広報支援隊員転入届の写真が公開された。写真の中の二人も一層男らしくなった姿で大韓民国を守る兵士のヌムルムハミョンソド威風堂々な姿をそのまま表わした。チョン·ジフンとキム·ジェウクは、広報支援隊選抜の発表に基づいて、先月書類の受付に続き、面接や実技テストなど厳格で公正な選考を経て最終選抜されたと伝えられた。チョン·ジフンは、昨年10月の試合議政府306補充隊に入所、陸軍5師団新兵教育隊に配置されて5週間の軍事訓練を終えた後、調教要員として服務中の広報支援隊員に見つめて選抜された。キム·ジェウクは、5分割工兵隊隊での野戦工兵として服務中の広報支援隊員に選抜された。チョン·ジフンとキム·ジェウクは、国防部勤務支援団広報支援隊所属部隊を変更して、国防広報支援隊員として国軍放送TVや国軍放送ラジオの各番組、慰問公演をする"慰問列車"公演などに参加して国軍将兵らの士気高揚と国防広報のために本格的な活動を繰り広げる。

ピ,来週初め漣川(ヨンチョン)でソウルで!職務変更-国防部行

歌手兼演技者雨(30・実名チョン・ジフン)街13日現服務地の京畿道(キョンギド),漣川郡(ヨンチョングン)5師団新兵教育大で新しい服務地のソウル,龍山(ヨンサン)国防部にくる。
雨はこの日5師団新兵教育大助教で国防部勤務支援団広報支援隊員で職務が変更される。
ある演芸関係者は8日enewsに“雨が13日頃国防部で来ることと理解する”として“雨がすべき仕事などに対して議論が進行されると知っている”と伝えた。
去る10月入隊した雨は入隊当時一般兵士で軍服務を希望して,5師団で新兵教育大助教で服務した。
だが雨は先月17日本人の意志により国防広報院広報支援隊員募集公告に志願書を提出したし,同じ月23日面接を経て,広報支援隊員に抜擢された。
ピとともにタレント キム・ジェウク,イム・ジュファン,ヒップホップ グループ オントチョブルのスルリピも職務が変更される。
現在広報支援対にはイ・ドンゴン,イワン,キム・ジフン,ユコン,エピックハイの米にがいということは,朴ヒョシン,ユ・スンチャンなどが服務中だ。

演芸兵も‘国防広報’むけと言うならむかなければならないのか

b

俳優イ・ジュンギ(右側二番目)氏が国防部広報支援対所属兵士だった2010年8月,6・25韓国動乱(朝鮮戦争)60周年記念創作ミュージカル<生命の航海>に出演して,演技をしている。
李氏は当初中国共産軍と対立する役を任せる拒否したが,国家の命令の前で願わない演技をしなければならなかった。
俳優チュ・ジフン(一番左側)もこのミュージカルに参加した。
ニューシス
[土曜版]ニュース分析なぜ?
イ・ジュンギ,政治的色ミュージカル‘強要された自発’で出演
役割・任務範囲どこまであるのか…歌手ピも抽出説
映画<王の男>で有名な俳優イ・ジュンギ(30)氏が先月15日全域した。
冬将軍が勢いを振るった鋭い天気にも数百人の国内外女性ファンらが前日夜からソウル,三角地(サムガクチ)国防部庁舎の前で老練で,彼の帰還を喜んだ。
テレビ芸能プログラムらも彼の全域を大きく扱った。
このように民間の目に彼の全域は‘ピクスタの復帰’であった。
それなら,軍の見解で見た時は?率直に損失の意味が大きい。
今まで彼の人気とイメージを軍広報によく活用してきたためだ。
ところで芸能人の社会的人気を軍が広報に借用するのをどのように見なければならないのか?こういう質問を周辺何人かの人に投げてみた。
‘当然だ’と‘問題がある’という正反対意見がきっ抗した。
演芸兵士も‘むけと言うならむかなければならない’軍人ということが電子の主張ならば,創作の領域まで強要するのは問題だというのが後者の考えであろう。
皆さんはどちら側に気持ちが傾くか?他の方式で尋ねようとするなら,演芸兵士の役割や任務がどこまであるのか?ささいな質問であるようだが,これは兵役義務を履行中の軍人に国家が要求できるのがどこまでかは質問でもある。
軍人の人権,個人と国家の関係,国家が侵害できない良心の範囲などと関連するということだ。
イ・ジュンギ氏事例を通じて,この問題を一度考えてみよう。
イ・ジュンギ ファンクラブでは反対署名運動
2010年5月軍に入隊した李氏は21ヶ月の間国防広報院所属演芸兵士で勤めた。
公式所属は国防部勤務支援団広報支援対.
国防部領内内務班で近隣国防広報院で出退勤しながら,兵役義務を履行した。
彼が引き受けたことは言葉どおり‘国防広報’業務.
軍関連各種放送および行事出演,ポスター撮影などだった。
ところで彼が入隊直後6・25韓国動乱(朝鮮戦争)60周年を記念して,創作ミュージカル<生命の航海>に主演で参加しながら論議がおき始めた。
李氏の作品参加方針発表の後,ファンクラブで反対署名運動を展開したのだ。
本人と所属会社が出演を固辞したのに国防部が強制的に出演させようとするという主張だった。
海外ファンたちを相手にも署名運動が広がった。
上海エキスポ広報大使で韓流スターとして中国ファンたちを考えるべきなのに中国共産軍と対立する役を担ったという点とミュージカル出演経験がないのに50日に過ぎない練習期間はとても短いという点などが具体的な反対理由で提示された。
韓米同盟・南北対決強調した
軍製作ミュージカル‘生命の航海’
出演拒否して受け入れたイ・ジュンギ
“創作活動強要は権力乱用”
軍が主管して,製作した<生命の航海>は1950年中国共産軍の包囲網を突き抜けて脱出した米海兵隊の長津湖(チャンジンホ)戦闘と興南(フンナム)撤収をモチーフで作られた。
数多くの避難民を乗せた米国の貨物船メロディスビクトリー号が興南(フンナム)埠頭を出発して,巨済島(コジェド)に到着するまで2泊3日が背景だ。
武器の代わりに避難民を選択した米軍船長の人類愛的なサランが強調される。
韓-米同盟を強調しながら,自然に対北朝鮮対決を照明する,現政権の基調と色々な面で合致する作品だった。
イ・ジュンギ氏はこの作品で北朝鮮にある家族らを連れて脱出に成功する主人公‘年川’役を担った。
事実ミュージカル<生命の航海>主演は李氏持分(役割)ではなかった。
2010年1月軍当局が警察庁警察広報団と空軍軍楽隊で兵役義務を履行中のチョ・スンウ・チョ・インソン氏キャスティングを推進しており,当事者らがこれを固辞しているという報道がスポーツ新聞に載ってくることもした。
結局当然な代案を探せずにいたのに,李氏が入隊しながら,問題が解けたもようだった。
当時論議の核心は出演決定が自発的になされたという点だった。
その年7月1日李氏所属会社はファンクラブ ヌリ家に次のような文を載せた。
“イ・ジュンギ氏が7月1日ミュージカル出演準備のために陸軍本部で派遣されることを最終通報を受けました。
(中略)私どもはミュージカル出演反対のために目前まで最善を尽くしたし最後の決定時まで引き続き私どもの立場を伝達したのです。
だが軍人という身分と軍隊の特殊性上どんな結果がなされるかは予想できない状況であることを申し上げます。
(中略)国防部広報支援対に自大配置受ける前から出演要請は絶えず続いてきたし,自大配置受けた直後には直ちにミュージカル出演に対する命令が下ったことがあります。”
当初からイ・ジュンギ氏キャスティングが計画されていたし,現在出演拒否意向を明らかにしているけれど力不足という(のは)話であった。
五日の後の7月6日所属会社はまた再び文を載せた。
“イ・ジュンギ氏はもちろん私どもは引き続きミュージカル出演に対する反対意見を強力に表明してきたことがあります。
しかし国防部ではミュージカル出演に対するイ・ジュンギ氏の任務を絶えず通知してきたしイ・ジュンギ氏の現身分上やむをえず7月1日ミュージカル準備のために陸軍本部で派遣されるほかはありませんでした。
イ・ジュンギ氏は意見調整がなされなかった状態でミュージカル オーディションを見ることになったし,ミュージカル出演準備のために練習にまさに投入されたのです。
これは当然納得できない状況や軍隊の特殊性とイ・ジュンギ氏の軍人身分による避けられない決定であったのをもう一度申し上げます。”
ところでこの文後半部では,李氏がオーディションに投入された後,最終的には出演を受諾したことを明らかにする。
“50人余りの俳優(軍人)らが汗流しながら最善を尽くして,練習する姿を見ることになって”オッタミョ“現身分としての責任と義務を果たすことが正しい決定だと考え”するということだ。
総合してみれば‘強圧の後受け入れ’過程を踏んだもようだった。
行政病・小銃病とは性格他の政治的任務
これに対して国防部側(方)は何の問題がないという説明だ。
軍人身分ならば国家の命令に従うのが当然であるだけ,広報支援対所属兵士が軍広報と関連したミュージカルに出演するのが何が問題かということだ。
当時<生命の航海>プロデューサーであったイ・某中佐はイ・ジュンギ氏所属会社に手紙を送ったし所属会社はファンクラブ サイトにこの手紙を公開したのに,ここにこういう軍当局の態度はまさにあらわれる。
“一人一人の希望を皆考慮して,ことを推進すれば良いだろうが場合によっては本人の希望に合わないとしてもやむをえず任務を与えられる可能性があることを理解してあげて下さい。”
この懸案と関連して,金ミンソク国防部スポークスマンに意見を聞いた。
“入隊した兵士がどこでどんな仕事をするかは国が決めるのだ。
小銃兵が自分が引き受けたことが嫌いだと思いのままに行政兵になることができるか?”という質問が戻ってきた。
国防広報院関係者も“李氏が初めには苦しがったが後ほどには(参加することを)上手にしたといったよ”として“(演芸兵士)の役割というのは)安保と関連した内容であるだけに不合理に感じられることもできるが,軍にきた以上当然しなければならないことないだろうか”と話した。
来年米国主要都市巡回しながら
人気兵士また参加させるのに
‘広報支援隊員ピ’も出演?
だが一部ファンなどは“ミュージカル強制抽出は権力乱用”と主張する。
当時李氏のミュージカル出演過程をよく分かる限り関係者は“<生命の航海>製作チーム イ・某中佐はイ・ジュンギ氏が入隊する4~5ヶ月前一新聞インタビューでキャスティングと関連して‘軍人だとすべての命令に従わなければならないことではなくて,俳優と所属会社の立場を尊重する’と話した。
ところでイ・ジュンギ氏側(方)が参加拒否する意思を繰り返し明らかにしたのにオーディションに強制抽出して,何日の間ずっと置かなくて圧力を加えて申し訳ない心を持つようにした”と話す。
軍が言葉を変えたということだ。
行政病や小銃病業務は誰でも同意する兵役義務履行の一つだが,政治的な内容が入れられたミュージカル出演は彼と違わないのかという主張も出した。
国防部広報支援対で服務中の歌手ピ.
参考で,現在イ・ジュンギ氏側(方)はこの問題がふくらむのを願わなくなっている。
李氏所属会社関係者は“除隊をするというのに軍服務時期の話がイシュー化されるのを願わない”と話した。
この関係者は“現在本人は自身の意志で出演して,熱心に公演したし,良かったと考える”ながらも,出演を拒否してこれを翻意することになったのと関連しては“所属会社が変わって,よく分からない”と話した。
結局問題の焦点は演芸兵士の任務範囲をどこまでに見るかに集まる。
小銃数や行政病など一般的な業務を越えて,創作の領域に該当する演技と作品出演が兵役義務範囲に該当するかということだ。
法務法人ダイムのソン注目弁護士(前国防部人権と法務官)は“演芸兵士は国防広報や将兵士気高揚のため役割をするだけその任務をつくす責任がある”ながらも“だが軍が一方的なイデオロギーを広報したり特定の国を擁護するために演芸兵士を活用するのは本来趣旨から抜け出すことなので問題がある”と話した。
軍当局が立ち上がって基準を議論しよう
事実芸能人の社会的影響力がますます拡大しながら,芸能人出身軍人を軍広報に活用する程度と頻度は増える傾向だ。
国防部高位関係者が1~2年前演兵士を軍広報にもう少し積極的に活用しろとの指示を与えることもした。
だが演芸兵士の役割範囲に関する社会的合意や明確なガイドラインはない。
先立って言及したように,国家と軍に関する態度や哲学の差により正反対答が出てくるためだ。
国防部は今年の初め‘6・25韓国動乱(朝鮮戦争)60周年3年度事業’を発表したのに,ここには“<生命の航海>をより進取的で躍動的に補完”するという内容が含まれている。
“最近入隊した人気芸能人兵士たちを多数参加”させて“来年には米国主要都市巡演をすることで未来指向的な戦略同盟関係発展に寄与するようにする”ということだ。
これに対して軍内外ではまた他のピクスタインピ(実名チョン・ジフン)が次期主演でキャスティングされるつもりという話らが回ったのに,ちょうど5師団新兵教育大助教で仕事をした雨は最近広報支援のとおり所属が変わった。
予想通りキャスティングが推進されるならば,雨はこれを拒否するか,受け入れるだろうか?でなければイ・ジュンギ氏のように‘拒否の後受け入れ’を選ぶだろうか?また再び論議がおきる前に,軍当局が立ち上がって常識の線で共感できる演芸兵士活動範囲と基準に関する議論をしてみる必要があるんじゃないだろうか。

二等兵雨、一等兵階級章段の理由を知ってみると

国防広報支援隊員(芸能兵士)に選ばれた歌手ピ(実名チョン·ジフン·30)の階級を置いて、国防広報院の上級機関である国防部の説明が食い違っている。国防部は先月22日、チョン·ジフンの芸能兵士支援の事実が知られると"チョン二等兵に芸能兵士をサポートするように要請した事実はない"とし"国防広報院は芸能兵士欠員補充のために2月3日公開募集をしたし、チョン二等兵は2月17日、本人の意思に基づいて願書を提出した"と述べた。しかし、24日、国防広報院は、7人の志願者のうちチョン·ジフンなど4人を選抜した最終合格者名簿を使用して、 "一等兵チョン·ジフン5師団35連隊3大隊12中隊"と語った。ランクが入れ替わったのだ。この日、国防広報院が公開した写真にもチョン·ジフンが一等兵の階級章をつけていて疑問を増幅させた。これ陸軍側はブートキャンプで"特級戦士"に選ばれ、2ヶ月の早期進級しましたが29日、再び立場を変えて"確認プロセスに混乱があった"としながら"チョン二等兵の階級は、発表当時二等兵が合って、3月1日から一等兵に1ヶ月の早期進級している"と釈明した。

d
去る23日国防部国防広報院が演芸兵士面接当時撮影した写真でチョン・ジフンが胸に一等兵階級章を付けて敬礼をしている。
国防部は24日演芸兵士選抜結果を発表しながら,この写真を公開した。
写真=国防部提供

写真の中一等兵階級章に対して"助教は通常指揮官裁量で罹病の時一等兵階級を付けたりもする"と陸軍関係者は話した。
国防部と陸軍の説明を総合すれば助教で勤めるために去る15日教育を皆終えたチョン・ジフンが二日ぶりに心を変えて,演芸兵士に支援したわけだ。
一部では芸能人らが本人意志よりは軍広報にさらに活用されるという批判の声もある.軍のある関係者は"本人がいくら一般兵で勤めようとしても周辺でずっと演芸兵士を推薦すれば断るのも容易ではない"と話した。
チョン・ジフンは3月1日から国防部勤務支援団所属で部隊が変更されて,国軍放送TVとラジオなど各種プログラム製作と毎週部隊慰問公演をする'慰問列車'に参加する。
彼は入隊当時一般兵士で軍服務を希望したし,今月から京畿漣川(ヨンチョン)陸軍5師団新兵教育大で助教で服務する計画だった。

"軍隊間'ピ'訓練兵にどのようにしたので…"

c

歌手ピ(実名チョン·ジフン)と一緒にいた訓練兵たちが知人に送った手紙がネットユーザーの間で話題だ。この手紙は、オンラインコミュニティ"鍵新兵教育大隊カフェ(以下鍵カフェ)"に掲載されています。訓練兵たちが自分の家族やガールフレンドに送った手紙には、雨と一緒にトレーニングをして感じた感想が率直に書かれている。まず、雨の訓練兵時代はどうだったかを推察される手紙が目立つ。"本当に不思議。優しくてかっこよくてドンネヒョンだからではワールドスターじゃない"、 "体を見ただけでフドルドルハゲ震えるほど素敵だったよ"、 "うわ、キクダ。モムジョトダこんな言葉しか聞こえない"など雨の優れた体格に感嘆する手紙の内容が多い。した訓練兵は"サンボルジョム制度と一週間に15点を満たせば通話3〜5分が可能ですがジフン兄さん(雨)一人 ​​で15点をやっと越える死んだ"と言いながら雨の模範的な態度を賞賛した。雨は訓練兵140人に2等の成績に特級戦士に選抜され、模範的な態度で訓練所トゥェソフ師団長表彰状"ジョンジュンサン"を受賞した。雨が新兵教育隊に自隊配置を受けて調教に勤めていた当時、訓練兵らが家族に送った手紙も目立つ。"特別なシンギョデ時代を過ごすようだ"、 "重大調教で芸能人雨のに一日中一緒にいた。話数ボンヘ表示もして2時間の間にはほとんどトークショーだった"、 "私の隣に横ジフン兄さんが眠ってい。今日の兄のように軍歌も呼んで中隊長がPXいただきお菓子パーティーもした"などと雨の充実した調教生活を訓練兵が肉筆で証明しています。芸能人と軍生活を一緒にするのが不思議な内容もあった。"歌手雨、三日に一度ずつ見てそうだ。軍生活する楽しさがここにも隠れていて"とか"最近時々雨見るのがささやかな幸せだ"という手紙文は、雨が除隊後、男性ファンまで吸収するという可能性を示している。一方、国防部の担当変更の提案に応じて、雨は去る23日から国防広報院演芸仮病で服務している。あるネチズンは、 "非調教100日天下"という記事で、 "雨が入隊前に一般兵をウォンヘトウミョ同期と前後であるともよく生活していた芸能兵でのボジクビョンギョンドェ調教としての姿をモトボゲなった"と残念がっした。雨が"誰もが同じように軍隊生活をする"は、公平性の一種の象徴だったことだ。

雨一ヶ月早く一等兵の階級章つけた "グィヨミ近況写真公開"

s
国防広報院所属芸能兵になったRain(本名チョン·ジフン)の近況写真が公開された。最近インターネットコミュニティサイトと消費地のツイッターに雨の軍生活の写真が掲載された。雨はシニアたちと可愛い表情に優しさの写真を撮ったりミョンフェオン知人たちと明るい姿でポーズを取っている。特に一等兵の階級章をつけたピの姿が目を引いた。10月入隊した兵士は、通常5ヶ月後の3月1日一等兵に進級するのが確かだが、新兵訓練所で特級戦士に選ばれ、1月早い2月1日一等兵階級をつけた。Rainは昨年の基礎訓練期間2分の間、腕立て72以上、腹筋82個以上、3km走る12分30秒以下で通過して特級戦士に選ばれた。








一方、Rainは昨年10月11日京幾議政府306補充隊に入所して陸軍5師団新兵教育隊で5週間、続いて第2新橋台で3週間ごとなど8週間の身柄訓練を終えて5師団新兵教育大后調教要員として服務てきた。しかし、その後、国防広報院は23日、歌手ピとイム·ジュファン、キム·ジェウクなどの広報支援の財源に最終選抜した。国防部の承認手続きを経て最終選抜された雨は3月に国防部勤務支援団に所属部隊を変更して、国防広報支援隊員として活動することになる。通常の広報支援隊所属芸能兵士たちは、国軍放送TVとラジオの様々なプログラムを続行するか、部隊を訪ねて行って公演をする"慰問列車"公演に参加する。最近除隊したイ·ジュンギ、アンディと除隊を控えたキム·ジソク、イ·ドンゴンの空席を辛い予定だ。雨の場合は、海外公演でも前面にナソルゴトに期待を集めている。国防広報院は、海外駐留部隊慰問など海外活動も計画中だ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。