FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
タイ教科書Kポップ スターが受付

x
"タイの中·高校音楽の教科書は、Kポップスターが提出した。" 韓流熱風が、タイを強打し、タイの教科書に韓国Kポップスターたちが相次いで登場している。特に、韓国の歌手たちは他のどの外国の歌手よりも多くの分量を占めており、教科書のあちこちで紹介されていると伝えられた。29日、韓胎教類センター(KTCC)によると、タイの教科書には、シエンブルーをはじめ、雨、ビッグバン、スーパージュニアなど、様々なKポップ歌手らが紹介されている。








タイの高2の音楽の教科書に掲載されたレーン(チョン·ジフン)は、 "社会的に影響を与えるアーティスト"として紹介されています。

まず、中学校2年生の教科書には、人気グループ2PMのタイ人メンバーのニックンが "韓国アーティスト"と説明されている。特にニックンは "音楽産業の紹介"というジャンルでは、タイの歌手ピ(BIE)と一緒に歌手という職業を持った一職業の例として紹介されています。シエンブルーの場合、高校3年生の教科書のほか、中2の教科書で、カリフォルニア州出身の世界的な5人組バンドマルーン5と一緒に紹介されています。高2の音楽の教科書には、タイのロックバンドボディスラムと一緒に韓国のレーン(チョン·ジフン)が '社会的に影響を与えるアーティスト "として紹介されています。他にもビッグバンは中2の教科書に、アジアの看板アーティストで、スーパージュニアは高校3年生の音楽の教科書で最も有名なコンサートで、タイに影響を与えた歌手に載っている。




タイの高校3年生の音楽の教科書に掲載されたシエンブルー

レーン、ニクン、ビッグバン、スーパージュニアはタイで早目に人気の頂点に立ったKポップスターたちでシエンブルーは、今年2月にバンコクで大規模なコンサートを開いて新しいKポップスターに浮び上がった。特にタイの音楽とミュージシャンの紹介を除くして、韓国の歌手たちが他のどの外国の歌手よりも多くの分量を占めている状況である。これに対し、KTCCイユヒョン代表は"韓国歌手たちが、タイの青少年たちの教科書に登場するのは気持ちも良く、意味のあることに違いない"とし"各国の教科書では、将来の棟梁を育てる重要な機能を担っているため、韓国の大衆芸術や情報が外国の教科書に肯定的に掲載されたということは意味が大きい"と説明した。彼はまた、 "テグクネKポップ韓流が普及している人気だけでなく、青少年の教育と情緒にも奥深い影響を与える段階に進化して行っている様子"と" Kポップ韓流が、タイで"良い音"を聞きながら長く維持することができる方法も現実的に研究されなければならない"と付け加えた。

スポンサーサイト



ピ,借家人と建物訴訟控訴審も'勝訴'

歌手ピ(30・実名チョン・ジフン)が借家人との建物名も訴訟2審でも勝訴した。
ソウル高等法院民事11部(部長判事キム・ヨンサン)は31日雨が自身の建物に入居したデザイナー朴某氏を相手に出した建物名も訴訟控訴審で"被告の控訴を皆棄却して1審判決を維持する"と判決した。
先立って1審で裁判所は"借家人は保証金1億ウォンで控除(共済)したあげくお金を支給されることと同時に建物を譲渡しなさい"として原稿(原告)一部勝訴判決を下した。
これに被告人朴氏は判決に従わなくて控訴したことがある。
また裁判所は"一部漏水が発生してお手洗い汚物が逆流したことだけで建物の使用目的を達成できない程度と見る証拠がない"として賃貸料支払いと退去を拒否しながら提起した朴氏側の反訴も棄却した。
裁判所によれば朴氏は去る2009年8月雨が所有したソウル,清潭(チョンダム)洞建物に2011年3月まで保証金1億ウォンに貸し家400万ウォンと付加価値税月40万ウォンを支給することにする契約を結んだ。
朴氏は二ヶ月の後,こちらにギャラリーを運営し始めたが2009年12月から8月まで月40万ウォンの付加価値税を支給しなかったし,2010年9月からは貸し家も出さなかった。
裁判所は"契約は朴氏が3ヶ月以上賃貸料支給延滞することですでに適法に解約,終了した"として"また総合してみれば朴氏は芸術品戦時(展示)を目的に建物を使うことと明示しなかったし,終了以後現在までも本来自身の目的によりこの建物を使っているので原稿(原告)に押された借賃を支給する義務がある"と判断した。
雨は去る1月自身のソウル,清潭(チョンダム)洞建物に入居した朴氏を相手に"契約が満了したが留守にしないでいる"として名刀訴訟を提起したが,朴氏は"建物壁面に水が漏れて,2億ウォンに達する被害をこうむるなど賃貸人の義務を果たさなかった"としてマッソソンを提起した。