FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
年齢別ナイスバディ スター'韓国代表vs米国代表'


'露出'の季節で'ナイスバディ'の季節が戻った。
肌の露出量が多いだけもう少し素敵な体つきを見せようと思う人々の欲求が最高潮に達している。
世人らの関心対象者芸能人らの場合'ナイスバディ'があたかも義務で責任で見なされるほどだ。
これは国内はもちろんで国外も同じで,老若男女を問わない。
国内と海外,特に羨望の対象(大賞)であるハリウッド スターらがナイスバディ対決を広げるならばどうだろうか。
年齢帯別に最も似た同じ年頃の韓国と米国のモムチャンスタドゥルを取り出そう。
◆ 20代
イ・ヒョリ(79年生まれ) vsジェシカ・アルバ(81年生まれ)
イ・ヒョリは韓国を代表する'セクシーアイコン'だ。
167cm48kgにダンスで鍛練された弾力ある体つきは赤銅色皮膚と似合って幻想的だ。
腹筋の立派なことはかなりの男たちを凌駕するほどだ。
アルバは話(言葉)が必要ない世界的な'セクシースター'だ。
最近英国の男性雑誌FHMで選定した世界で最もセクシーな女スターに選ばれることもした。
メキシコ界お父さんとフランス・デンマーク界お母さんの間で生まれたアルバは異色な美しさの所有者という(のは)評価を受けている。
ピ(82年生まれ) vsジャスティン・ティンバーレイク(81年生まれ)
彼の胸周り106cm.
明るい笑いとは違って強烈なダンスと徹底した体つき管理で作られた結晶体だ。
適切な露出ファッションと似合って,ファンたちにたまにお目見えする上体筋肉はファンたちを熱狂のルツボに追い詰める。
ジャスティン・ティンバーレイクはウィンドサーフィンとスノーボード狂でよく知られている。
二つのスポーツ皆からだの均衡感覚が必須条件だ。
全身筋肉に緊張が入るのは当然の事.
室内ヘルス場で作られた筋肉質のナイスバディとはまた他の雰囲気を漂う理由だ。
◆ 30代
キム・ヘス(70年生まれ) vsナオミ・キャンベル(70年生まれ)
キム・ヘスを付いて回る代表的な修飾語'グラマースター'.
東洋よりは西洋の美的基準に符合する体つきの所有者だ。
30代後半の年齢とは似合わない(?)セクシーな衣装コンセプトは彼をより一層浮上させる。
ここにパムプパタルのイメージは体つきで漂う雰囲気とはまた他のセクシー美をプレゼントする。
モデル年齢37才は'おばあさん'に属する。
だがナオミ・キャンベルの歳月を無視する体つきは健在だ。
175cmの大きい身長に完ぺきに近い上下体調和は相変らず彼の名前の前に'最高'という(のは)修飾語をつくようにする。
これを証明するようにケムベルは最近ベールと共に数字上で最も理想的な体つきの所有者に選ばれた。
クォン・サンウ(76年生まれ) vsクリスチャン ベール(74年生まれ)
183cm70kgのバランスが取れたからだに水泳とヘルス,ボクシングなどで整った(鍛えられた)体つきは多くの女性らの心をときめくようにすること充分だ。
各種CFと映画であらわれた彼の体つきはどんなカメオより見る人々の目を引いた。
クリスチャン ベールは最近英国日刊インディペンデント インターネット版が数字上で体つきを判断した時,最も理想的な体つきの所有者に選ばれた。
映画バットマン ピギンスでは体つきラインが如実にあらわれる負担になる衣装を完ぺきに消化しながら,ファンたちの賛辞を受けた。
◆ 40代
ファン・シネ(63年生まれ) vsデミ・ムーア(62年生まれ)
はやり言葉で"利己的だ。"ファン・シネの体つきを見ていようとするなら一番最初に思い付く考えだ。
四十の年齢を遥かに越えたのに美しさはそのままだ。
むしろ体つき管理は若い時期を凌駕するという評価も出てくる。
今年初めあるアンケート調査では'歳月が流れても相変わらず美貌と魅力を発散するミッシー女優' 1位に選ばれた。
デミ・ムーアの場合自然でない人工の力を借りて,若さを維持している。
15才年下夫アッシュねじった大きくて打ってきて生きる何は電信(前身)改造という話を聞くほどからだに大工事をした。
ソンジュルム手術,お尻リフティング,膝手術などをしたということはよく知られた事実だ。
ナイスバディだが,真の意味のナイスバディではない彼女だ。
チェ・ミンス(62年生まれ) vsブラッド・ピット(63年生まれ)
きつすぎる革ズボンとジャケット.
ここにモットゥロジン バイク.
男たちならば一回ぐらい夢見てみるロマンだ。
チェ・ミンスのトレードマークでもある。
最近記者会見席にもイの姿そのまま現れたチェ・ミンスにファンたちはいつもそのようにしてきたように'タフガイ'という(のは)修飾語を付ける。
今は思わず降りてくる時もなったがブラッド・ピットは相変らず世界で最もセクシーな男中1人に通じる。
ぜい肉なしに適当な筋肉の体つきはこういう彼の名声に正確に一役を買う。
こういう彼に映画'トロイ'は確実なナイスバディで再誕生する契機になった。
神が下したセクシーさに体つきまでより増したフィートだ。
◆ 50代
アン・ソンギ(52年生まれ) vsアーノルド スワルチュジェネゴ(47年生まれ)
シルミドで見せてくれた彼の筋肉は観客らの感嘆の声を上げること不足がなかった。
'お隣りおじさん'のような安らかさとは違って隠されていた丈夫な体つきはあさって六十を眺める年齢だと考えられない。
これに対してアン・ソンギは"元気でこそ延期(煙,演技)もすることができる"として熱心に自身を低くする。
1970-1975年までミスターオリンピア1位を占めた。
筋肉に関する限り付いてくる自家なかった。
映画デビュー作の題名が'ニューヨークのヘラクルレス'という点もアイロニーだが新鮮ではない。
2003年から米国,カリフォルニア州支社を歴任しながら,演芸活動を中断しているけれどたまにTVを通して見せる彼のからだは相変らず強固だ。
◆ 60代
李サンヨン(44年生まれ) vsシルベスター・スタローン(46年生まれ)
李サンヨンは小学校6学年の時から運動を始めた。
高等学校1学年の時ミスターコリア,忠南(チュンナム)に選抜されながら,本格的な筋肉の世界に陥ったし高3時は全国大会で人気賞を受賞することもした。
1973年TVにデビューした彼はこの頃の'ナイスバディ'と同じ意味の'ポパイ'という(のは)ニックネームを得ながら,人気を謳歌した。
この頃もエンジェルスノー2時間ずつ運動をするという彼のからだは開く20代モムチャンスタ劣らない。
シルベスター・スタローンが17年ぶりに'ロッキー'という(のは)名前に戻った。
今年彼の年齢61才.
過去'まばゆいばかりに'光った筋肉質の体つきを期待するには歳月の重さがとても重く見えた。
だがこういう予想は気持ち良くはずれた。
相変らず彼はロッキーでありランボーであった。
時代別にナイスバディの顔は違うが共通点は明らかにある。
'徹底した自己管理'と'プロ精神'だ。
見せるためのパフォーマンス効果でない自身との戦いで誘惑に屈しないで勝ち抜いたのが'ナイスバディ'の光栄に戻るのだ。
単に'いがみ合って','ムチムチ'の体つきだけを見るのでなくその裏面に隠れている汗と努力を見る必要がある。

-naver-
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/1161-c893ef46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)