FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨公演異常な進行であらわれた三つ教訓


6月30日雨義LA公演取り消しは慢性的な韓国エンターテイメント業界の病弊を曝け出した。
これからこういうとんでもない国際的な恥をかかないようにするなら韓国のエンターテイメント業界は次の三つを神経を使わなければならない。
最初に,すべてのことは専門家に任せなければならない。
ハリウッド スタイン ジャスティン・ティンバーレイクや'ノーダウト'の九円ステファニー・ラッパーエミネム・リンキンパクの韓国人メンバージョセフ漢方医場合歌手分野と映画分野のマネージメント社を別に置いている。
すなわち,映画分野を担当するマネジャーと歌手,レコード部門を取りまとめるマネジャーが分離して,各自専門分野の知識と経験を総動員して,アーティストのキャリアを見てあげているのだ。
これに反し韓国はある企画社であるアーティストの俳優・歌手・CFモデル分野を皆管理しているから専門性が欠如している。
今回ピのワールドツアーを主管したスタエムプランニングの場合俳優チャン・ドンゴンとヒョン・ビンなどの所属会社スタエムの子会社でピの前所属会社のJYPエンターテイメントに比べて,大型コンサートに対する専門知識や経験がそんなに多くない会社だ。
そのために米国現地公演プロモーターに下請けを与えたことでそれで公演1時間30分前に取り消しという元に戻せない結果を産んだ。
もちろん現地公演会社に下請けを与えることはできるがその場合その会社が正しく公演準備をしているのか全般的な過程を点検,管理,監督する義務があるのにこの点で粗雑にしたのだ。
万一スタエムツクが公演に対する専門的な知識を持ってあらゆる分野に徹底した対応をしたならばこういう結果を持ってこなかっただろう。
米国業者とはいくら言語疎通に問題があるとしても韓国の大型演芸企画会社ならば責任あって過去に多い公演を払ってみた経験がある米国業者に公演プロモーションを任せて管理監督を徹底的にするべきするのではないかという気がする。
最後に雨はこれからハリウッド進出を通じて,俳優としてのキャリアも積み上げるはずなのにハリウッドでピを引き受けて,管理するほどの信じるほどのマネジャーやエージェントのような専門家に任せることがピやピの将来所属会社のために重要だと助言したい。
ローマに行けばローマ法に従えとの話のようにカナダ公演会場で突出舞台にならないという事実を専門家の助言を入って,あらかじめ点検して現地状況に合うように公演を合わせなければならなかった。
またLAでは公演会場がステイプルスセントで決定されたのが何月前なのにかかわらず,現地専門家の助言を聞いて,現地安全法に合わない韓国の電気装置の代わりに他の装置を使わなければならなかったのに,それは必ず使わざるを得ないと公演何時間を控えて我を張るのは非専門家的な形態だ。
ある特定公演形式が成功的だとしてその形式を実行することもできない公演会場をあらかじめ点検してみることもせず公演を押し切ろうとするのは安全不感症であり,旧時代的な足相異と言う外は見られない。
二番目,会社の株価上昇や収益よりアーティストのキャリアに対してさらに気を遣わなければならない。
今回の公演取り消しは韓国の多いエンターテイメント会社らが迂回上場を通じて,株式市場に上場されている現実をそのまま反映した事態と見られる。
アーティストのキャリア管理や成功的な公演を正しく行うという考えよりは言論プレーを通じて,会社の株価を上げて,短期間の間収益をおさめたりアーティストの名声を利用して,お金だけ儲けようと十分な準備過程なしに無理にことを推進するとこのような結果をかもすことができる。
ピを1年だけさらに英語を習うようにした後に米国進出をしたら良かったことだとピの全(前)所属会社代表のパク・チニョン氏も自認していないのではないか。
全てのものはアーティストの将来に重点を置いてビジネスを運営しなければならないのに株価動向に神経をさらに使うのは正しくなされたアーティストのマネジャーやする道理でないと考える。
ハリウッドのマネジメント会社やエージェンシーらはそのためにほとんど100%上場されなかった個人所有会社らだ。
もちろん必要な時はウォールストリートの投資を受けるが韓国のように迂回上場を通じて,ペーパーマネーらだけいっぱい所有しながら,株価動向に一喜一憂することは殆どない。
ハリウッドの大型エージェンシー代表らは上場会社になれば株主らの顔色を見なければならないから所属アーティストらのキャリアを正しく管理できないとし,韓国演芸企画会社らはなぜ上場会社で維持するのかいぶかしがる。
アーティストらも誰が自身のキャリア管理に役に立つのかを深刻にと考えた後,所属会社をテカヤハンダ.
これもまた専門家に任せるべきで血縁や人脈に縛られて判断すれば共に共倒れになることになる。
三つ目,公演取り消し後謝罪や事後対策用意においてもう少し成熟して足早い態度を見せるべきだ。
ジャスティン・ティンバーレイクのような場合最近アイルランド公演で舞台装置などの技術的な理由で予定された公演を取り消して物議をかもすところだったがファンたちに誠意ある姿勢で事態を収拾しました。
ティンバーレイクは取り消しになった最初公演チケット購入者ら一部に2番目公演の特別席に座ることができる機会を提供したのだ。
反面ピのアメリカ ツアーの場合,スタエム,クリック エンターテイメント,V2Bなど関連者らがお互いを非難して訴訟を提起して公演取り消しに対する責任を回避するなど恥ずかしい姿を見せながら,本来最も大きい被害者のファンたちにはアーティストが直接立ち上がって謝罪をしなければならないプロフェッショナルできない行動を見せた。
韓流を全世界に伝播するという韓国のエントテオンモントゥ業界がグローバル化するためには専門的な広報会社や広報専門家を雇用して,積極的な広報戦を広げなければならない。
今回の事態のようにお互いに後ろ指を差すので(に)忙しくて,アーティストの潜在的なファンたちも包容できないならば韓流を過去の香港映画界のように漂流することになるためだ。
これらすべてのもののどれがアーティストの将来のために最も重要なのかを考えれば自然に解決されることと考えられる。
はおうとキム・ヘウォン弁護士はエンターテイメント法専門家でカリフォルニア州弁護士で仕事をしている。
米国スーパーボール英雄ハインス ワードの一番の韓国訪問を主管したし,ハリウッドの韓国系俳優ウィル ユン,リ・文プルロドゥグッ・諸人海苔・アレックサンドラの韓国担当マネジャーで仕事をした。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/1279-6bdfa63d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)