FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
ピを頼むから引き降ろすな!


“それにもかかわらず,私たちはピを引き降ろしてはいけません!

アメリカ地域公演異常な進行で苦難に会っている歌手ピに対して歌謡界の有名製作者がインタビューを自ら要望した。
“彼が崩れれば第2,第3の雨が出てくるのが難しくなる”というこの製作者の声には切迫することがいっぱいだった。
ペイビボクスリブが所属したDRミュージック ユンなどリョン代表は去る2004年ピの中国プロモーションを初めて責任を負う縁で2006年まで中国およびタイ海外公演を進行した経験がある。
現在としてはピ,ワールドツアーの公演版権社のスタエムと関係がない第三者だ。
だが韓国歌手を育てる製作者として解きほぐす意見は貴塀をほど内容が相当した。
ユン代表は大衆がよく分からないエピソードをまず紹介した。
“私がこの話せば本当に驚くでしょう。
雨がどんな友へなのか話して差し上げましょうか。
韓流スターらを本当に多く連れていってみたのに'どこショッピングするところにマッサージ上手にするのにないのか'と尋ねるこれらが大部分です。
歌手ピという友へはですね,こういうものにただ1分も割愛しない友へです。
24時間中ずっと公演だけ思い出させます。
一度はホテル部屋に上がったところその遅れた見解にバックダンサーらと共に自分の部屋で練習をしていたのです。
どれくらい感銘を受けたのか分からないです。
また他の海外公演ではですね,リハーサルを控えて朝9時にホテルから出発するといったところすべての準備をつくして出てきて一人で8時30分ぐらいに空っぽである車の中に一人で待っていたのです。
誰より第一で上手く行く歌手ピがですね。”
ユン代表は去る2004年13月ペイビボクスとピのジョイント公演の時の事例も付け加えた。
“その公演は詐欺(士気)をむかえた球軟餌でしたよ。
現地企画会社が突然消えたせいでギャランティーも航空料も受けられない後れを取ったが雨は無条件書庫立ってしましたよ。
お金は重要でないとし,私たちをむしろ説得しましたよ。
今回公演が取り消しになったLAでもどれくらい泣いてまた泣いたかも推し量れてあまりあります。”
ユン代表は今回の異常な進行に対して最も大きい損害をこうむった側は公演企画会社も,スタエムも彼の全(前)所属会社でもなくて,まさに歌手ピ,観客,そして韓流と指摘した。
“国内にはもうレコード市場が徹底的に崩壊になって,ピのような大型スターが当分は出てくることができなくて,そしてアジア各国は韓流に対する反発でこれに敵対するスターを探して韓国歌手らに規制をするなど一言で二重苦に苦しめられる時期です。
このためにより一層歌手ピは韓国の前製作者の希望で,韓国前歌手の夢になります。
そしてまさに彼がまさに韓流でもあってよ。
そのような雨がこの頃どれくらい苦しがってインニャはね。”
ユン代表はアメリカ公演の異常な進行に対してピの誤りはないと断定した。
彼は“舞台に上がってできた問題は歌手の誤りかもしれないが上がるまでの問題は皆周辺の人々が徹底できなくて起きた誤り”と話した。
“もちろん大きいお金を持ったスタエムがなかったとすればピのワールドツアーのような大きい公演が企画されることができなかったところでしょう。
スタエムもこのような点でとても高く評価されなければなりません。
現地企画会社とのコミュニケーションで問題が起きることもできます。
我が国で開催される大きい公演もどれくらいお話が多かったんですか。
我が国の人々さえもコミュニケーションが良くならなくてそうするのに海外はさぞやしますか。
ただし今回の公演の被害とその責任を違うところで探すのでなくむしろ成熟する機会にしなければならないということだけは明らかな事実でしょう。”
ユン代表は皆初心に帰ったら良いと提案した。
非義純粋な熱情を輝かせようと思うならば皆初めて帰るべきです。
雨が持ったその心,それ自体だけを海外の人々に知らせるのにさらに多い努力と時間を傾けたら良いです。
そして過度な商業性は自制しなければなりません。
彼の成功で得をしようとした方らも彼の純粋性を知らせるのに先にたくさん努力したらいいですね。
それでより大きい得が戻ることが自明です。”
ユン代表はこれと共に大韓航空がピの支援を止めたことに対しても残念さに耐えなかった。
彼は“政府,そして文化観光部よりすごい仕事をしたし私企業中最も韓流に輝かしい功労(空路)をたてたところがまさに大韓航空”としながら“航空料が負担になる時,歌手らと韓流スターらは大韓航空の強固な後援を通じて世界へはばたけたしこれはとてもお金で推し量れないすごい価値で韓国を輝かせてくれた。
機会になるならば大韓航空もまたピを助けることを切実に望む”と付け加えた。
ユン代表はピを見るために公演会場に追い詰められた中国人4万人の叫び声がまだ耳元で担ぐこと回ったといった。
“私やはり感激に溢れて,涙を流したようです。
これがまさにピの力です。
そして私たちの文化の力ですね。
ワールドツアーで世界各国で何と25万人の観客らを集めたとのことですね。
睡眠もまだ寝られなくて孤軍奮闘した非義などをもう私たちがなだめてくれなければならない時期です。
言論も,ファンたちも,公演企画会社も損害を問い詰めるのでなく純粋な気持ちで帰って,また伸びていくように暖かく励ますべきことです。
それでこそ他の歌手らもそれほど伸びていくことができることで,彼がホムナナゲ(ふく)磨いた長さ(道が)より一層価値を発揮するつもりですから。
雨はお金も何も何も必要ない友へです。
私たちの温みだけあるという彼は明らかににょっきり立ち上がる友へです。
そして必ずそうしなければなりません。”

-naver-
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/1295-05b4511d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)