FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨ショーケース後期 1 - 主競技場の音を取る



メルリサ  2006-10-18


悲歌カムバックした. 10月 13日蚕室主競技場で彼は新しいアルバム及びワールドツアーのショーケースを持った. 雨のこの日ショーケースは多方面に大きい意味を持つ. なかでも一つを話して見よう. すぐ音響だ. チァムシル主競技場の音響! 蚕室主競技場の音響が解決されれば我が国で商業的公演のマキシマム数値が変わる.

4万-7万が入って来ることができる蚕室主競技場を '大衆音楽公演場'で活用することができるのかオブウかによって我が国の大衆音楽の規模が変わる. それは夢の大きさに対する問題でもある. 日本ミュージシャンたちがドムトオをスター性の頂点で夢見るように我が国のミュージシャンたちも蚕室主競技場の有料公演を本格的に夢見られるのだ. しかし多い大型歌手たちが出演する連合公演でも, 大きい企業で受ける公演でも, 歌手たちの公演でも今まで主競技場音響は常に '不合格'だった. 私たちが聞いたところではそうだった. 特に大衆音楽歌手が舞台を持つ時には余地もなくそうだった. まず音が常に鳴らす. エコーのように聞こえそうだ. また遠くではよく聞こえない. 大まかに団結して, まじて, 破れてジングジング音さえ聞こえれば終りだ. 歌手が歌うということは分かるが鑑賞することはできない. 前で聞けば聞こえるが 3階ではよく聞こえない. チァムシル主競技場で公演をすると言えば, 経験のある人々は身をウムツリョッダ. せいぜいのところ難しく尋ねた公演場で人々間に轢かれながら崩し潰すは轟音の中にモルトングモルトング座っていている途中花火見物ばかりして来る場合が少なくないだからだ.

このようなインフラの問題は歌手たちの足首を取った. 最近我が国の歌手たちの技倆は前にも後にもない位に成長した. 素敵な公演を持つ準備は '歌手たちの技倆'面においてはもうなっている. '良い公演'を願う予備消費者たちも多い. ところで皆の足首を取っていることは 'インフラ'だった. 舞台はしまりがなかったし音響はこれらの音を客席に伝達出来なかった. 公演文化の発展と成長で '音響'は核心的な要素だ. '音'だけ私のそばで呼んでくれるように感じることができたらそれ一つだけで公演値半分はすることだ. 特に音響は原則的には前の席後席差なしに聴衆たちにすべて等しく近付くことができる要素だ. 異意品質を守り出すことは, 厳密に言わばすべての公演主催側の義務事項だ. ところでとても当たり前のこの事実が我が国ではあまりよく看過されて来た.

'蚕室主競技場分かるんじゃないか. 音響が台無しであること'という言葉を聞いて見たことがないか. われらは既視感がするようにたくさん入った. ファンの間でも. 歌手たちの間でも. 私たちもこの話をした. これはほとんど固まった定説だから, 公演音響が悪かったと言って歌手や主催側が敢えて悪口を聞かない. 誰もムォラしない. 蟹に '音響'に最大限気を使うからといって, 我が国の人々がそれをいくら認めるかも不透明な事だ. そうなのに '最高の音響を作って見る'と心を食べて誰か実践したら本当に拍手してくれる事だ.

だから私たち, 雨に借しまず拍手してくれよう!

心を食べてくれて, そして実践してくれてありがとう. この問題に大変未練がましがった私たちは感慨がすべて限りない地境だった. 初めには無大尉公演をまともに見ることもできないほどだった. 公演手始めとともに零れ落ち出るきれいで豊かで鮮かなサウンドの香煙に衝撃を受けてこれを吟味するために精神がなかった. 私たちは比較的先方にあったが 3階スタンドまでも音はすぐれた品質で伝達したと言う. この日サウンドは甚だしくは体操競技場で開かれた一番音質良い公演を - もっと上回る気持ちだった. 私が今まで聞いた国内歌手たちのすべての室内外公演の中で最上級に近い音質だった.

この日の音響を引き受けた人はソウル音響の崔箕善理事. 我が国の公演音響の第一人者だ. 関心ある方々は分かるが誰よりサウンドに大きい関心を持ったソテジの公演を 'テジBOYS'時代からずっと引き受けて来たし, 現世鉄道この人ではなければ公演の中すると言ったという国内音響係のマイスターだ. 崔箕善理事と短く電話インタビューした. チァムシル主競技場で立派に音を具現し出した背景を質問した.

"服もデザインしなければならないし, 工産品たちもデ−ザインヘヤハヌンゴッのように '音'もデザインしなければならないはずです. 蚕室主競技場で一番重要なことは各地点の音たちをどんなふうにデザインして配置しようかと言う問題ですよ. 場所が大きいからそのまま考えだけではだめで経験が多くなければなりません. 私は幸いにも主競技場で何回して見たし, またオペラ子供らしくてカルメン公演もして見たから経験があって助けになりました."

"たとえば 3階のような場合には音がたくさん鳴らします. 雨のマイクから 3階客席までの距離が 140 あるいは 180mになるから. 先方スピーカー音が遅く到逹します. それでディレーシステムだと言って音がちょっと引き延びになるシステムを設置してエコー現象が生じないようにしました. 残り香が人々が座っている方で出ないようにスピーカーたちの位地図全部調整して, またそんな技術が可能な志向性スピーカーたちを使ったんです. こんな技術がこの前にも使われなかったのではないが, いくら緻密にさせるのかはちょっと違ったんです."

このようにして蚕室主競技場の音響をつかみ出すのが果して他の歌手たちの公演では不可能な事だろう?

" 音響が良いこういうコンサートと音響の良くないコンサートは生きる入って行く金額に大きい違いはないです. 装備に入って行く金額のためもわずかです. 3日位の時間さえ与えられればシステムも設置することができるんです. ただ, 認識の問題ですよ. そんな意志を持ったら充分にやりこなすことができます. 今度は雨側で '最高の音響'を作ると要求しますね. 投資もたくさんしたし時間もたくさん与えました. あらかじめリハーサルをしなければならないと一週間大観をしたんですよ. それでうちの設置も一週間の間しました. 普通 1~2日を与える他の公演よりはとても豊かだったんです."

蚕室主競技場で開かれた国内大衆音楽歌手の公演で, 今度よりより良い音響のコンサートもあっただろうか. 真実くららよ分かりたかった.

"多分今度雨ショーケースが国内大衆音楽歌手公演では一番良かったはずです."

本当に良かった. 言葉は易しいが実行はしにくい水の出入り口を開いてくれた雨おかげさまでもう蚕室主競技場でめったに捜しにくかった 'ハイクオリティー音響の大衆音楽コンサート' 一度これからもっと期待して見よう. この前にはドエルカマルカ半信半疑だったがもうなるということを分かったから言葉だ. こんな事は無条件真似らなければならないのだ.[ピパニアダッコム piffania.com]
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/193-874aa131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)