FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
[ユンPDの演芸時代②]雨はなぜビルボードの代わりにハリウッドを選んだか

[イーデイリーSPNユン・ギョンチョル客員記者] 1970年代米国と英国社会の話題は断然ビートルズの米国市場進出だった。
英国でピキトゥハンビートルズは以後米国ビルボード市場に進出して'ブリティッシュ インベイジョン'(英国侵攻)という新造語を産みながら,世界を揺るがした。
以後全世界歌手らの夢はビルボードに通じた。
程度の差はあったが東洋系スターらも目標は違わなかった。
米国ポップ音楽を聞きながら,音楽活動をしてきた世代らだった理由にビルボード チャートに自身の名前を上げるのは一種の自身が成し遂げなければならない最大の目標であった。
日本で成功したウタダ・ひかるが米国市場に進出したのと国内で退屈せぬよう出てきたビルボード関連記事らが話題になったのもこういう理由からだ。
だが最近こういうトレンドが変わっている。
ビルボードを直接攻略するよりはハリウッド市場を通した迂回攻略で旋回している点がそうだ。
代表的な人物がまさにピ(チョン・ジフン)だ。
ピの米国進出は事実伝統的な米国攻略理論で見ればあきれることこの上ない。
歌手がハリウッドを通じて,米国市場に進出するということは基本的に話にならない戦略であるためだ。
これはあたかもバスケット選手が野球を通じて,米国市場に進出した後,バスケット選手で成功するという理論と同じだと見ることができる。
だが雨はじわじわそして緻密に自身の夢をかなえていきつつある。
雨が米国レコード市場の代わりにハリウッド進出に関心を持ったことは米国文化産業を正しく把握したためだ。
率直に米国のレコード市場で東洋系スターが活躍を広げるには限界がある。
音楽産業は優れたプロデューサーが自身の歌手らを発掘して,市場に出す形式でなされるのに'頭が大きくなってしまった'東洋系スターらを米国市場で育てるプロデューサーはそんなに多くないためだ。
消費階層を問い詰めても東洋系よりはラテン系やアフリカ系の比率が高いうえに言語に対する微妙な差も無視できない。
こういうすべての点を別に置いても国内スターらは事実上現地で粘り強いレコード活動をしなければならない状況を納得できない。
国内で頂上のスターらがなぜあえて米国市場に行って初めからまた苦労しなければならないか。
製作者らならば理解するかも知れないだろうが国内スターらは納得するのが難しい部分が率直に少なくない。
そのような点で雨が選択したハリウッドを通した米国攻略は色々な面で効用価値が高い。
ひとまず映画は多文化を受容できる大きい器だ。
多様な文化を溶かすことができる。
観客もまた音楽に比べて,文化に対する異質感をあまり感じないながら,より簡単にスターに近寄る。
音楽のプロデューサーに該当する監督やはり他の文化に融通性を発揮する。
特に雨が降って,懇意なウォショスキの場合グローバルなマインドを持っている。
俳優らの間のきずなを通じて,不足した点を埋めることができる点も強力な点だ。
音楽の場合徹底して一人で全てのものを成し遂げなければならないが映画は状況が違う。
自身が少し不足しても周囲で多い助けを受けることができる。
同時にグローバルなマーケティングがなされるからスターの地位を高めるのにあつらえ向きだ。
一年中なされるツアー中心のレコード広報と違う点も魅力であり,映画が興行をする場合OST等を通して,レコード活動を併行できる点も強力な点だ。
もちろん皆がこういう恩恵を享受することができるのではない。
演技と歌実力をそろえた空いたので可能だった。
また彼だけのグローバルなマインドも大きい役割をした

-naver-
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/1975-d9810328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)