FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
[2008大衆文化インムルロン②]鄭智薫論-"誰と代替されたくない"

歌手ピ(実名チョン・ジフン)は睡眠を寝ないことで有名だ。
寝ることがない彼が残した名言中にはこういう話がある。
"寝れば夢を見ることができるが寝なければ夢をかなえることができる”
実際夜の睡眠がないという彼は今年ワールドスターとしての面目だけでなく確実な居間スターとしての姿を見せたという点で拍手受けるに値する。
今年の一年国内で活動したスター中雨ぐらい短い期間の間多様な分野で自身の力量を見せたスターもない。
彼はこの前時事ジャーナルで実施した‘韓国の未来誰が導くのか’という調査で影響力1位の芸能人に選ばれるなど最高の一年を送った。
パク・チニョンという垣根から抜け出して確実な一人立ちで青は藍より出でて藍より青しの標本になることもした。
去る10月5集‘レイニズム’で各種チャート1位を席巻したし,各種娯楽番組に出演しては視聴率産婆の役割も正確にやり遂げた。
今の自身を誰とも代えたくないと自信があるように話すワールドスター雨.
彼は今日もまた他の目標に向かって休むことなしに努力して走って行く。
◇チョン・ジフン論Ⅰ.
Trust me
歌手ピが成功のために最もよくした話は何だろうか。
多様な話らがあるだろうが‘(Trust me)'という単語でないかと思う。
彼は今の成功のために自身を信じてくれと人々に話した。
歌手になるためにパク・チニョンに会った時も,ドラマに始めて着手を踏み出した時,イ・ギョンヒ作家にもそうしたし最近ではハリウッド進出のためにウォショスキ兄弟に会った時も'一回だけ信じてくれ'と話した。
彼のこういう風は人々の心を動かしたし今の雨があるようにした原動力になった。
実際イ・ギョンヒ作家は“雨は初めて会った人々もそのまま一回ぐらい信じてみるようにさせるほど意志が伺える青年だった”としながら“その程度情熱ならばだまされても良いと考えることになった”としてピの魅力を高く評価した。
◇チョン・ジフン論Ⅱ.
I Can Do It
雨が持つ真の魅力は自身を信じてくれという口先ばかりであるのではない。
'(I Can Do It)'という話と共にそれを成し遂げるために絶え間ない努力をする。
事実雨は限界点がないスターだ。
周囲の憂慮をこれ見よがしに克服やり遂げる。
彼がドラマをする時,多い人々は半信半疑であた。
果たして彼が演技を上手に出来るかという考えのためだった。
同じ年頃のアイドル スターらのようにおのずと疲れたり'演技力不足‘これという言論の集中砲火を受けて,座礁されるという認識が支配的だった。
だが彼は夜に鼻血を注ぎながら演技をしたし演技できない歌手という話が深く入り込むようにさせた。
ハリウッド進出も同じだ。
筆者は海外言論で彼が'スピードレーサー'でハリウッドに進出するといった時信じなかった。
海外言論が中国新聞のためもあったがその間数多くのスターらがハリウッド進出を叫んだが実際成し遂げたことがなかったためだ。
国内でうまく行く俳優らも大変なハリウッド進出をどのようにアイドル歌手が成し遂げることができるだろうかという考えた。
だが彼はやり遂げた。
それも誇らしく。
珍しいが彼は士気や魔術でない実力と努力で今の席を作り出したし今後も作っていくものと見られる。
◇チョン・ジフン論Ⅲ.
成功したいのか。
ロールモデルを作れ
雨が主人公を引き受けた映画‘スピードレーサー’を見た人らが絶賛を惜しまなかった一つは何だろうか。
他でもない非義英語実力だった。
外国にいつも研修一度行ってこなかった非義英語発音は現地人らも全く似合うほど良かった。
どれ程ならば海外派出身歌手ブライアンが絶賛を惜しまなかったのだろうか。
ピの英語実力は卓越した英語先生や海外研修の産物でない。
もちろん英語先生もいたが彼の英語実力向上に大きい助けはできなかったという伝言だ。
ピの英語実力は徹底した独学の産物だ。
秘訣は他でもないまねること。
彼は自身が似ようと思うアルパチノナブラッド・ピットの演技を絶えず見ながら,発音と口の形そして行動をまねたという。
これは歌手が歌や振りつけを習う時,絶えず繰り返して,自身のからだがこれを記憶するようにさせるのと同じ論理だ。
雨はこのような過程を通じて,英語を練磨した。
演技も同じだ。
ピの演技は同じ年頃のアイドルとは一次元違う。
彼は自分の演技ロール モデルでソン・カンホと崔ミンシクそしてハン・ソッキュを定めた。
そうした後,これらの演技を暇ができる時ごとに見たんだ。
するとある日彼らの演技を土台に自身の枠組みが構成されたという。
今でも雨は崔ミンシク,ソン・カンホ,ハン・ソッキュの演技を再現させれば誰より上手に再現やり遂げたりする。
▲雨
◇チョン・ジフン論Ⅳ.
お金より大切なのは義理
雨をよく知っている人らは彼が義理の男という。
ある者は歌手パク・チニョンと決別したのを置いて雨が義理がないとさげすむけれどもパク・チニョンからの独立は事実義理でない契約関係終了にともなう単純な結果だっただけだ。
雨が'義理の男'声を聞くのは自身が損をすることを分かりながらも,たびたび他人のために自身を犠牲にする姿を見せるためだ。
歌手ピ程度の人気ならば自身の実利だけを取りまとめても十分に人気を維持することができる。
率直に相当数の国内芸能人らが過去自身の人気の基盤になった人々を無視しながらも良い暮らしをする点だけ見てもそうだ。
だが雨は違う。
自身が誰かに少しでも世話になったとすれば何倍で返してこそ気がすむ。
彼が前マネジャーチョ・トンウォン氏とチェイテュンエンターテイメントを整えたことだけ見てもそうだ。
雨はパク・チニョンとの決別の時多様な提案を受けた。
数百億ウォンを大金を手に握ることもできたし途方もない付加価値を享受することもできた。
だが彼はすっからかんに近いチョ・トンウォン氏と手を握った。
自身と無名時代同苦同楽したし彼がマネジャー時期見せた誠実さを高く生きたのだ。
これだけではない。
彼は今の自身をあるようにしたイ・ギョンヒ作家,パク・チャンウク監督などの作品はいつでもする用意を持っている。
雨のこういう姿は信頼を尊重する彼の思考から出発する。
彼はひとまず信頼すれば裏切られることを分かりながらも,徹底して信じる。
そのような彼の姿を見守った人々は簡単に彼を裏切らないで,彼の成功のためまた一度の基礎になろうと自ら要望する。
◇チョン・ジフン論Ⅴ.
初心を失うのをやめよう
雨はこの頃もまあまあでは食べ物を残らない。
幼かった時,とても飢えてみたので食べる大切さを誰よりよく知っているためだ。
成功したスターらが自身の過去を失うこととは多い差を見せる姿だ。
初心を失わない姿は彼が新しいことを始める時光を放つ。
雨はハリウッド進出を準備しながらも,すべての経済的な支援を切った。
儲けておいたお金もあって周囲の助けを受ければ気楽に生きたが窮乏するように生きながら毒気を育てた。
そのような姿が周囲の人々の好感を買ったし今の雨があるようにした。
ピの初心を失わない姿は国内歌謡界でも同じだ。
雨はすべての公演をライブで消化して,新人の姿で各種娯楽番組を縫いながら,自身の存在感をより一層大きく知らせていっている./OBSギョンインTV'ユンディレクターのさらにインタビュー' '朱チョルホァン,キム・ミファの文化戦争'プロデューサー(sanha@obs.co.kr)

-naver-
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/2258-6c4ec13c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)