FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨側弁護士"米活動放棄理由のない" 世間憂慮一蹴?①

"米国活動,あきらめる理由ない。"
歌手ピがハワイ裁判により'危機に直面した' '大変なことになった'等の評価でもう一度心痛をしている。
一部では国内財産まで仮差押さえされると声を高める状態.
しかし確認結果このような憂慮は相当部分誇張されたのだ。
雨側はこの裁判がピの米国活動に制約を持ってきたり,所属会社チェイテュンエンターテイメントに直接的な金銭的打撃をこうむらせはしないという立場.
チェイテュンエンターテイメントを担当している朴ジョンウク弁護士は25日アジア経済新聞との電話インタビューで今回のハワイ裁判敗因を分析して,今後の課題を明らかにした。
またこのような事態がチェイテュンエンターテイメントやピの米国活動に危機を持ってくるという世間の推測は誇張されたものと強調した。
雨を囲んだ憂慮と気がかりなことを整理してこれに対する朴弁護士の詳細な答弁を受けて,整理した。
ハワイ陪審,なぜクリック方を持ったか
朴弁護士をはじめとして,雨側はハワイ陪審がなぜ雨に巨額の賠償評決をおろしたのか具体的に分かれずにいる。
朴弁護士の説明によれば米国陪審員は評決を出す時,その理由に対して明らかにする事もでき,明らかにできないこともある。
今回の裁判の陪審員は評決内容だけ知らせただけ,なぜこのような決定を下したのか明示しなかった。
それで雨側は今回の裁判の敗因を推測で知らなければならない状態だ。
朴弁護士が分析した敗因は陪審員が次のような判断を下したためというもの。
▲とにかく利益を得た者が損をした者に賠償する▲スタエムとレボリューションがピのエージェントに過ぎない。
代理人の責任は歌手の責任だということだ。
特に2番目論理は国内事情をよく分からないところで起因したことで正す必要がある。
朴弁護士は"米国は歌手が主催と,歌手がマネジメント,エージェントを雇用する構造だ。
だが我が国は所属会社中に歌手がいる。
それで歌手は(公演取り消しなどの懸案に)意志決定権が少ない。
雨はスタエムが主催した舞台に立つ歌手だっただけというピの話を,米国人らが正しく理解できないようだ"と説明した。
これは国内芸能界が分析した訴訟敗因とも一脈相通じる。
公演関係者たちは"所属会社の下に歌手がいる構造を米国で理解することは大変だろう"と口をそろえた。
異議提議,どのようになされるか
一番良いシナリオは判事を説得させるのに成功するのだ。
雨に残った機会は二回程度あるとみることができる。
今回の陪審評決と関連して,裁判所に異議申し出をすることが残ったし,その後判事の判決にも従わない場合控訴をすることもできる(評決-異議申し出-控訴-大法院).
控訴でも紙面大法院に行く方法もある。
ただし大法院まで行くことはやさしくないために今回の異議申し出で韓国公演システムを十分に認知させるという目標だ。
朴弁護士は"国内構造を理解させるのが不十分だったと見る。
今回は徹底して補充して,判事の理解を助ける"と明らかにした。
このような異議提議および控訴が継続される以上クリックエンターテイメントがピの財産を仮差押さえすることは難しい。
特に国内財産の場合国内地方法院の承認が必要だが,地方裁判所がこれを認める可能性は少ない。
今回の賠償金の相当部分を占める懲罰的賠償金を国内では認めないのみならず,まだ米国で裁判結果が'ひっくり返る'可能性もあるためだ。
チェイテュンエンターテイメント,打撃受けるか
証券街で今回の便りに関心を持つ理由はピの所属会社のチェイテュンエンターテイメントのためだ。
一部ではチェイテュンエンターテイメントが今回の裁判で大きく打撃を受けるという予測も出している。
結果的に見ようとするなら半分は合って,半分は間違いだ。
チェイテュンエンターテイメントの看板スターが雨ではあるが,厳密に,言ってみれば今回の訴訟とは関係がないためだ。
雨がワールドツアーを開催した2007年当時ピの所属会社はJYPエンターテイメントであった。
今回の裁判結果も雨の'個人的'起こったことだけチェイテュンエンターテイメントが金銭的な賠償をする必要はない。
朴弁護士は"雨がチェイテュンエンターテイメントの主要株主で,経営に影響力を及ぼしているのは事実"としながら"しかし今回の訴訟によりチェイテュンエンターテイメントの財務構造に直接的に影響を及ぼすことにはならない。
株式下落による被害はあるが,CFなどピの演芸活動と関連した部分に制限ができたのではないからチェイテュンエンターテイメントの危機まで拡大するのは無理がある"と話した。
ピの米国進出,このまま挫折するか
結論から言ってみれば'違います'だ。
雨が一生夢見てきた米国進出を訴訟のためにあきらめはしないというのが共通した展望.
もし異議申し出,控訴皆失敗するとしても雨が賠償しなければならない金額は総60億ウォンほどだ。
60億ウォンが非常に大きいお金ではあるが,今後米国活動をあきらめる程ではないということだ。
朴弁護士は"雨と所属会社が判断する問題だが,ピの演芸活動に制限ができはしないようだ。
米国活動も同じだ。
'忍者アサシン'広報を含んで,すべての活動が正常に進行される。
賠償金額与えるのが恐ろしくて,米国活動をあきらめはしなくないか"と反問した。

-アジア経済新聞-
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/2422-c6bc3363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)