FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
雨"悪意的報道-憶測に強硬対応するはず" 5種類疑惑解明

トップスター雨が一部悪意の言論を通じて,連日報道されている雨と所属会社に対するとんでもない憶測に対して強硬対応すると明らかにした。
ピの所属会社側は27日午前公式資料を配布して,最近ハワイ判決件に対する悪意的報道に対して解明した。
また承服できない裁判結果に控訴を準備中であり"悪意の記事らで所属芸能人はもちろんで,所属会社と株主らが致命的な損害をこうむっている"として"株価下落の主要因は法的根拠ないとんでもない記事による影響のためであり,低級な表現で悪意の報道をする一部非常識な媒体に対しは強力に懲らしめる方針"と明らかにした。
以下報道資料専門
韓国では訴訟却下,ハワイでは有罪?
去る2007年ワールドツアー公演取り消しと関連ハワイ現地プロモーターであったクリックエンターテイメント側が当時公演主催および主管社,雨と当時所属会社を相手に国内およびハワイ現地に訴訟を提起した。
原告のクリックエンターテイメントは被告に対して"公演する意志がないことにもかかわらず,共謀して,故意に公演を取り消して,契約金を詐取した"と主張した。
これに対して大韓民国,ソウル中央地検は捜査を通じて,舞台装置の安全問題が公演取り消しの主要原因であることを認めたし,特に雨に対しては詐欺罪成立に対する判断自体を不必要に思って,"却下(*告訴のお守り法を理由で捜査対象から除外すること)することがが相当すること"という表現で2007年10月,捜査を終結したことがある。
だがハワイ連邦陪審員は被告に対して契約違反に対する賠償金と詐欺行為に対する被害額および処罰的損害賠償金など808万 6千ドルを評決した。
契約違反に対しては先に,原告と被告間に契約関係が成立していなければならないかを確かめてみるべきで,詐欺行為に対しては金銭取り引きがあったかを確認することが評決の1次的手続きになることにも雨を含んだ訴えられる当事者らは訴訟で敗訴した。
弁護団側は今回の結果原因で民事訴訟であったという点,一般人で構成された陪審評決であったという点,陪審員が米国現地と違った国内企画会社の構造を理解していないという点などを挙げている。
ものすごい(?)評決額雨一人耐えられなければならないのか
今回のハワイ陪審評決以後,言論は先を争って,808万 6千ドルに該当する評決額を雨が一人で耐えられなければならないように報道したが事実はそうではない。
被告は公演主催社であったスタエム,アメリカ地域公演主管社であったレボリューションエンターテイメント,そして雨とピの当時所属会社であったJYPエンターテイメントで,1審の総評決額中で雨が責任を負わなければならない金額は約375万ドル程度だ。
二重に240万ドルに該当する'懲罰的損害賠償'は韓国法に適用されないので責任を問いにくいということが法曹界の伝言だ。
また雨が控訴に必要な供託金を用意しにくいという一部言論の憶測とは違って,供託金は控訴期間の間一定金額を裁判所に保証金の形態で預けておくことで,弁護団を通じて,保険形態で用意される供託金額は控訴するのに全く負担にならない。
チェイテュンが評決額行くことか?財務構造が劣悪だと?
一部非常識な言論は今回の訴訟に対する責任をピの所属会社のチェイテュネントテインモントゥが抱え込まなければと虚偽報道した。
だがピの現在所属会社のチェイテュネントテインモントゥはワールドツアーはもちろん,今回の訴訟と何の関連がなくて,訴訟当事者でもないということが所属会社の伝言だ。
チェイテュネントテインモントゥの株式担当者は"2009年3月現在チェイテュンの財務構造は絶対劣悪でなくて,深刻な資本蚕食を体験する理由もまた全くない。
最近相次いだ所属歌手の広告契約など販売系薬果チェイテュネントで100%投資して,設立した子会社チェイテュンクリエイティブの売り上げも相当する"と一角で主張するチェイテュンの財務構造が劣悪だということに反論した。
引き続き"セイテクを取得して,旧事業の分割売却および事業部構造調整を通じて,会社を正常軌道にのせてエンター事業の部分を利益が発生する構造に転換して,財務構造がたくさん改善された状態"と付け加えた。
裁判は事実上終わったし,控訴は難しい?
雨所属会社は現在1審判決に対して異議申し出(Motion)を準備中であり,これに伴い再審(New Trial)を進行したり,判事が評決をひっくり返すことができる結果を得ることができる。
これは十分に可能なことで,事例を探すにもそんなに難しくない。
再審が受け入れられないとしても2審,すなわち控訴(Appeal)を提起すれば良い。
控訴はうなずけない判決結果に対する不服手続きとして法律が保障する基本的な権限であるから,控訴の可能性がないという一部媒体の報道はとんでもない主張だけのことだ。
2審はカリフォルニアの上級裁判所で進行されることで,一般人で構成された陪審員評決でない,3人の判事が法の公正な定規で審判することになる。
これに伴い雨所属会社側は真実が明らかになる可能性が充分なことと見通している。
雨は墜落するのか?
現在クリックエンターテイメント イ・スンス代表は悪意的意図を持って一部媒体に接近して,ピの国内財産に対して仮差押さえ申請をすると脅した。
だが結論から言ってみれば,これは現実の可能性が殆どない。
ピの国内財産を奪うというイ・スンス代表の野心に充ちた抱負は,再審-控訴-大法院の判決手続きによって,全て勝訴した場合大韓民国裁判所に‘チェ・ムブ存在訴訟’を提起して,この訴訟から通過して,財産仮差押さえの資格を得てこそなされる可能性が発現する。
だが,国内判決を通じて,すでに雨が訴訟自体に却下されたことがあるので,国内判決をひっくり返さない限りピの国内財産を差し押さえるのは不可能だ。
連日報道される悪意的記事にもかかわらず,4年連続ブランド パワー1位に光る雨の威力は簡単に消えていく兆しを見せていない。
雨所属会社は"ピの結果とは別個に予定されたスケジュールを無理なしで進行していくこと"としながら今後計画を明らかにした。
所属会社広告チームは"訴訟結果が発表された以後にも広告モデル提案が絶えることなく続きながら,これにともなうスケジュールも続いている。
広告界はむしろハリウッド主演作'忍者アサシン'封切りなど相次いだ雨の海外スケジュールでモデルの再契約および新規契約に対する期待値がいつの時より高い実情"としながら,業界の雰囲気を伝えた。
引き続き,雨がデザイナーとモデルで参加するファッション&デザイン専門企業チェイテュンクレイティブやはり"粘り強い売り上げと絶えない売り場オープン提案で,業界での位置づけをがっちり固めていく中"と明らかにしながら,"国内を越えて,海外市場まで売り場オープン計画を持っていながら,バリではテディベア ミュージアムなど新規フュージョン売り場オープンを企画中"と前年成長の勢いが乗っていることを知らせた。
相次いだ悪意的報道,これ以上こらえないこと
雨所属会社側は現在承服できない判決結果に対して再審を準備中だ。
再審が受け入れられない場合控訴することであり,これは約2年ほどの期間がかかると予想される。
またこれとは別途に,法的な根拠なしで乱舞している憶測に対しては強力な報復で寝かすという立場を強固にしている。
雨所属会社法務チームは"悪意の記事らで所属芸能人はもちろんで,所属会社と株主らが致命的な損害をこうむっている"と伝えながら"株価下落の主要因は法的根拠ないとんでもない記事による影響のためであり,低級な表現で悪意の報道をする一部非常識な媒体に対しは強力に懲らしめる方針"と明らかにした。
所属会社側は雨は'真実に対して堂々としていて堂々とすること'を再度明らかにしながら,訴訟結果にしばられないで今後も最善を尽くす姿で'無限の挑戦と情熱を止めないこと'と伝えた。

-조이뉴스24-
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/2424-42730326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)