FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
南道ファン愛に雨が笑った

2

雨1泊2日ファンサイン会同行取材
'先着順サイン'説明に前日から集まって
海外ファンたち休暇内と長期間入国も
3

‘長い間の待つこと終わりに…’前日夜から待ったあるファンが雨にサインを受けている。
ファンたちの反応は涙声で話す号泣型,安否尋ねた質問兄,笑うばかりである微笑型など多様だった。
‘ワールドスター’雨が大邱(テグ),蔚山(ウルサン),木浦(モクポ)など全国3都市を回りながら,9,000人余りの雲ファンたちと一緒にした。
この中には日本,中国,台湾,シンガポールなどで駆せ参じた300人余りの海外ファンも含まれた。
雨がデザインに参加した衣類ブランド シクストゥパイブのファンサイン会に駆せ参じた人波で売り場近隣は行事開始3時間から麻痺した。
安全事故に備えて,都市ごとに100人余りの警察兵力が動員されて専門警護人材も席を守った。
ファンたちをぐっしょり濡らした雨の1泊2日外出をスポーツ韓国が単独で同行取材した。
‘ワールド スター’雨が南の島に熱く書かれた。
4

‘私がまさに1順位’12日1度番号票を握った主人公はある日本ファンだった。
彼は前日大邱(テグ)ファンサイン会が終わるやいなや木浦(モクポ)へ向かって,1度の栄誉を占めた。
彼は11日大邱(テグ)と蔚山(ウルサン)そして12日木浦(モクポ)を回りながら,自身が直接デザインに参加する衣類ブランド シクストゥパイブファンサイン会を開いた。
おりしも初夏を連想させるほど暖かい春日差しがピの地方外出を喜んだ。
雨が大邱(テグ)を探したことは2007年10月‘2011大邱(テグ)世界陸上選手権大会誘致記念コンサート’以後18ヶ月ぶりだ。
蔚山(ウルサン)と木浦(モクポ)はデビュー後初めて探した。
彼の顔を見ようとするファンたちで売り場一帯はサイン会開始半日前から麻痺した。
木浦(モクポ)の場合前日大邱(テグ)サイン会を終えて直ちに移動したファンたちで11日から大変な混雑になった。
“地方ファンたちに会えばなんだか暖かくて懐かしいです。
しばしばたずねなければならないですね”という彼の話のように熱かったピの1泊2日南の島外出を同行した。
#地方にもたびたび来なさい
5

‘握手でも一度だけ…’ファンたちが雨を待っている。
雲のようなファンたちが駆せ参じて,ファンサイン会が始まる3時間前から一帯が麻痺した。
ピのファンサイン会ツアー日程が公開されるや最も歓迎したことは地方ファンたちだった。
ファンサイン会一週間前から“本当に雨が降るか” “雨を見ようとするならどのようにしなければならないか”という気象庁(?)にきそうである問い合わせ電話が売り場ごとに激しかった。
実際に熱血ファンたちはサイン・握手皆先着順という主催側の説明にサイン会前日からジンを展開する姿だった。
蔚山(ウルサン)はあっという間に人波が駆せ参じて,安全事故が広がるところであるくらっとした瞬間もあった。
結局事故を憂慮して,デパート1階に位置した他の売り場皆がシャッターをおろす珍しい風景が演出された。
女性ファンたちが大部分だったが,世代は10代から50代までおしなべて分布した。
木浦(モクポ)で会ったおよそ30代女性ファン(パン)は“光陽(クァンヤン)で早朝から急いできた。
しばしばくれば良いだろうが顔を見たのでこれは苦労でもない”として幸せだといった。
ある関係者は“ファンサイン会が売り場の売り上げで直結しはしない。
雨がこういう機会をみなして,地方ファンたちにごあいさつしたくてファンサイン会日程で地方売り場比率を増やしている”と話した。
雨は“多くの方らが前日から待たれたという話を聞いて大いに心配した。
それでも天気が暖かくて,真の幸運だ。
地方にもしばしば降りてくる”と話した。
6

‘誠意もきちんと’ファンサイン会片隅でファンたちの誠意もきちんと積もっていった。
ファンたちはサインを受ける渦中に心を込めて準備した贈り物をさっさと出した。
#レーンツアー登場
雨が動くや海外ファンたちも大挙入国して,彼に従った。
1

ピの日程により100人余りの海外ファンたちが同線を一緒にした。
大部分日本から飛んできたファンたちだった。
彼ら(これら)は大邱(テグ)から蔚山(ウルサン)にそして済州(チェジュ)で共に動きは人がいるかと思えば大邱(テグ)で直ちに木浦(モクポ)に飛んできたこれらもいた。
木浦(モクポ)で1度番号票(表)を入っていた日本ファンは次のファンサイン会日程を再確認しながら“種ユー来た済州(チェジュ),アイルランド(See you on Jeju island)”として消えた。
雨について100人余りの海外ファンたちが群れをなして動いていた。
主催側は“地方ファンたちが首都圏ファンたちに比べて,相対的に雨を見る機会が少ないならば海外ファンたちは国内ファンたちに比べて,絶対的に見る機会がない。
ファンサイン会の便りが知られながら,休暇を出して長期間入国したファンたちもいるほどだ。
海外で注文量が立ち並んで,海外売り場オープンを急いでいる”と話した。
‘雨によって臨時休業?’ 11日蔚山(ウルサン)ファンサイン会は突然駆せ参じる人波で安全事故が憂慮されて,近隣商店が門を閉める騒動が広がった。
ファンたちに興奮を,雨に余裕を
■雨,せっかく'甘い休息'
今回の南の島外出は雨にせっかくの休息だった。
雨は今回の1泊2日外出で最近各種訴訟で力に負えない時間を少しの間だけでも忘れることができた。
またファンたちの応援を直接接しながら,力を回復した。
おりしも共に同行した知人らとの懐抱を解くことができる余裕はおまけだった。
雨は11日大邱(テグ)と蔚山(ウルサン)ファンサイン会を終えて最側近らと共に釜山(プサン)へ向かった。
<レイニズム>舞台を共に計画したダンサーとスタイリストそして会社関係者たちと海を眺めながら,酒杯をあたった。
12日にも木浦(モクポ)海辺でヘムルタンと煮物そしてタコを食べながら,せっかく余裕を取り戻した。
雨はファンサイン会日程を終えて"事務室と練習室を抜け出して,せっかく笑うことができた時間だった。
ファンたちの心配をよく分かる。
早期に円満に解決する"と話した。

-朝鮮日報-
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/2463-5300aef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)