FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
忍者アサシン

'忍者アサシン'ジェームズ メクテイグ監督,ピのスターらしいカリスマ絶賛
今年11月,韓国のポップス他家ニンジャムルの主流文化復帰に挑戦する。

過去ハリウッドで忍者はただいたずらだとか-忍者亀,Chris Farley(忍者コメディー映画で有名な俳優),郊外青少年(忍者)熱狂ファンらを考えてみなさい-またはマニア ジャンル物素材に過ぎなかった。 しかし最近何年間忍者は2005年'バットマン ピギンス'や今夏'G.I.組'のような映画に登場しながら,主流文化に徐々に流入し始めた。 '忍者アサシン'を通じて,ジェームズ メクテイグ監督はこの隠密な曲芸戦士らに対する映画ファンらの考えを完全に変えておこうとする。 だけでなく彼は米国で比較的あまり知られなかった出演陣を連れてこの目標に挑戦している。
だがメクテイグはジャンル物を映画化する十分な才能をそろえた人物だ。 彼は'マトリックス' 3部作の中心人物であり'プイ フォー切ったが(受ける)乗って'を演出した監督でもある。 そして彼の主演俳優はアジア最高のポップスターだ。 あなたが空けとの名前を聞いてみたことがないならば,すなわち知ることになるだろう,とメクテイグ監督がMTVニュースとのインタビューで話した。
メクテイグは"雨は運動神経がとても優れる"とした。 "そしてすばらしい人物だ。 彼と少しだけ一緒にいてみれば彼がどれくらい誠実な人なのか,またスターとしてのカリスマがどれくらいすごいのか知ることが出来る。 彼が(アジアで)そのように人気があった理由もそのためだ。"
メクテイグはまた雨が非常に才能ある人だと話した。 "['マトリックス'時]多い俳優らを(武術)訓練させてみたのに,雨は踊りの実力も優れて私が見たその誰より熱心に訓練に臨んだ。 そして武術シークエンスをとてもよく消化した。 2~3回だけ見せればほとんど完ぺきにまねるほどであった。 見ることだけでも驚くべきだった。"
この韓国歌手は撮影終了後MTVニュースとのインタビューで"色々な武術の技術らを習った"と明らかにした。 "6ヶ月間絶えず毎日訓練した。 マインド コントロール,そして鳥のささみと野菜で食事メニューも調節した。 死ぬものと思った。 再び運動しないことだ!"
さあ,もう世界的な有名スターと熱狂ファンを率いた監督をそろえた。 B級映画のどん底で高貴な忍者を取り出してこようとするならその他にまた何が必要だろうか? メクテイグ監督は硬い助演陣を構成したし,ハリウッド規模の製作費を確保したし,シナリオがアクションぐらいキャラクターを強調するようにした。
話は雨が演技する主人公雷蔵を中心に展開する。 彼は幼い年齢に路上で拾ってきた子供で,(当然にも)実力がとても優れた忍者暗殺者で育てられる。 成人になった雷蔵は自身を殺人機械で育てた者らを裏切ることになって,この暗殺集団をなくすのを人生(暮らし)の目標にする。 当然相手方忍者らは彼の行動をありがたくなく受け入れて,結局ヨーロッパを横切る大激闘が広がる。
メクテイグは"忍者映画の本質をのがしてはいけない"と説明した。 "だが平凡な忍者映画それ以上を(抜き取る)奪おうとするなら,ちょっとしたストーリーがなければならない。 それでも肝に銘じることは,でも忍者映画という点だ。"
11月25日封切る'忍者アサシン'はキャラクター中心のストーリーだけでなく,あらゆる破格的な武器ら(コム,表彰,'クサリガマ'と呼ばれる鎖-刀武器)と熱い激闘シークエンスら(パクル,カンフー,剣術などの要素が含まれた)をプレゼントするだろう。 換言すれば誰でも楽しむことができる総合ギフトセットだ。
メクテイグは"私にあって,この映画はアニメーション,ゲーム,ヌワル映画を混合したこと"と話した。

source*
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/2651-52c92afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)