FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
地方自治体-広報大使‘光と影’

‘ワールドスター’雨(実名チョン・ジフン)のまた他の名前は‘ソウル市グローバル広報大使’だ。
去る1月ドキュメンタリーチャンネルの‘ディスカバリー’でソウル広報を始めたチョン氏は先月からCNNに紹介される1分ソウル広報動画にも出演して,ソウル知らせることに先に立っている。
全世界を回りながら,進行する自身の‘ワールドツアー’コンサート場にもソウル市広報ブースを設置,現地ファンたちにソウル市のロゴが彫られた記念品とパンフレットを直接分ける。
海外言論とのインタビューには“私が最も愛するソウルを必ず一度訪問してくれ。”という話を漏らさない。
ソウル市も雨の‘ソウル広報’にうなずく返事をした。
去る7月英国サッカープレミアリーグ マンチェスターユナイテッド選手団の訪韓当時メニュ選手たちとのミニサッカー競技の‘ドリームマッチ’にチョン氏を招請した。
世界的選手たちとサッカー競技をしたチョン氏は競技が終わった後,自身が作った衣類ブランドの‘シクストゥパイブ’をプレゼントした。
140余ヶ国7500万人に達する全世界メニュファンたちの前で自身の名前と衣類ブランドをお金一銭入れないで知らせた。
このように広報大使をうまく活用すれば地方自治体と広報大使皆に利益になって‘妹も妹婿も可愛い’関係になることができる。
団体長と写真一度撮ることが全部の国内大部分地方自治体の広報方式もまた養子に行って‘共生’できる方向に変えなければならないという声が高い。
●シン・ヒョンウォン・パク・ウォンスン ラムサルチョンフェソ貢献
ソウル市と歌手ピは地方自治体と広報大使間代表的協業成功事例に選ばれる。
ソウル市は去る6月歌手ピにグローバル広報大使‘1号’という栄誉を付与したし,歌手ピも今年だけ430億ウォンを越えるソウル市広報効果を創り出した。
ユンヨンだけソウル市マーケティング担当官は“本来チョン氏の広報大使委嘱期間を1年ほどと考えたが,チョン氏の広報効果が期待以上に大きくて,本人だけ望むならば期間に制限を置かない考え”と話した。
ピの所属会社のチェイテュネントテインモントゥ測度“ソウル市がグローバル広報大使という名前に似合うように意味のある役割を付与して,チョン氏もこれを非常に自慢する。”と説明した。
●消耗品取り扱い使い捨て広報大使大半
昨年10月慶南(キョンナム),昌原(チャンウォン)で開かれたラムサルチョンフェエソも二つの広報大使の隠れた献身が大会成功に大きい力を加えた。
‘犬便虫’歌手シン・ヒョンウォンとパク・ウォンスン希望製作所常任理事は2年超えて広報大使を引き受けてラムサル広報コンサートと広報映像物などに出演しながら,我が国最初の‘環境オリンピック’を成功裏に行うのに積極的にでた。
慶南道(キョンナムド)関係者は“普段環境問題に関心が多かったシン氏と朴理事が自発的にラムサル総会と慶南道(キョンナムド)広報に立ち向かって,大会成功に大きい寄与をした。”として有り難く思った。
●地方自治体‘写真取り用’方式抜け出してこそ
だがこのような地方自治体の広報大使運営成功事例は‘日照りに豆出るように’珍しいのが現実だ。
大部分地方自治体は広報大使を言論露出のため‘消耗品’で認識して見たら,有名人と地方自治体皆の顔を赤らめる場合が茶飯事だ。
実際去る5月にはいくつかの地方自治体が逆徒(重量挙げ)選手バラ欄の同意もなしで広報大使に任命してチャン氏が“運動にだけ専念することができるようにしてくれ。”として泣いて訴えて恥さらしをすることもした。
スヨン選手朴テファンやはりアテネ世界選手権大会一ヶ月余前までも色々な地方自治体広報大使委嘱式に呼ばれていったことがわかって,最近朴氏の不振に地方自治体らが原因を提供したのではないかという非難を受けている。
国内ある大型演芸マネジメント会社は“広報大使をお願いする地方自治体がかえって芸能人に‘私たちの地方自治体をどんな方法で広報するのか知らせてくれ。’として‘居直り'方法要求をする時も多くて当惑する。”と吐露した。
PR専門家の朴ヨンマン マーケティング広報研究所長は“選挙を意識した‘写真取り’イベントが全部の地方自治体らの広報大使運営方式を全面改編,オンライン活動を基盤で地方自治体と広報大使が着実に‘イシューメーキング’をしていくことができるシステムに転換する必要がある。”と指摘した。
-ソウル新聞-
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/2695-9463fa4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)