FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
[李儁] ‘火だるまアクションシーン’本当にぞっとしましたよ

涼しい目つきと素早い唇船まで雨と本当に似た。
<忍者アサシン>で彼の配役が雨が演技した雷蔵の青少年期であったからもしかしたらとても当然の事実だ。
李儁はデビュー作で突然ハリウッドに入城した運良い映画俳優で人気の下に活動中であるアイドルグループ‘エムブラック’のメンバーだ。
もちろん,彼とピの縁はそこで終わりでない。
分かるほどの人は皆知るだろうが,エムブラックの製作者はまさに雨.
“所属会社の息があっただろうという推測に気に障ってはいないか”という質問にも苦しいそぶりなしに中深い返事を出す。
“そうだけれど…所属会社おかげでジフンが兄コンサートを見に行ったことと。
そこでキャスティング ディレクターに会ったことと。
仕方ないと考えます。
淡々とするように受け入れるつもりですよ。”
“本来俳優が夢”です,演技に対する渇望が格別だった李儁は<忍者アサシン>オーディションを控えて“一日に睡眠を3時間しか寝ない”を程度で英語勉強にまい進した。
ベルリン現地オーディションで“させることもないところはやジャンプ”等中学校の時から習った舞踊実力をお目見えするかと思えば,合格通知を待ちながら,毎晩関係者に電話をかけることもした。
“私が監督ならば私を選ばなかったことのようです。
(笑い)それだけ信じて下さってとても感謝しました。”万全の準備の末初めて場面を撮った後,ジェームズ・メクのふりその監督に“スーパークッ(祭祀)”という称賛を聞きながら,出演分量も増えたが,そのように自分のものに作った‘火だるまアクションシーン’はそれこそ悪夢同じだった。
“リハーサル時は火がなかったんですよ。
想像もできませんでした!
実際に撮影入るから消防署員らが来られましたよ…看護師,医師みな待機して。”
シンジョンプルルが完全に良くならなくて度々せきをした李儁がインタビューを終えてポーズを取った。
“足首までケガして,踊りも正しく踊れない”という話を払いのけるようににやっと微笑を浮かべる瞬間,彼に向かって悲鳴をあげる少女ファンたちの心に共感するほかはなかった。
それとなく好感型のこのいたずららしい青年が早く健康を回復するのを。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/2961-2b8e84da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)