FC2ブログ
プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
[今年を輝かせたスター]雨"来年には3拍子で攻略する"

2009年は雨(実名チョン・ジフン)が世界的な俳優に成長する跳躍の踏み台を本格的に用意した一年であった。
世界的な監督ウォショスキ兄弟と米国の有名映画会社ワーナーブラザーズのジョエル シルバーが製作会社で出たアクション ブロックバスター'忍者アサシン'で'レイニジム'時代のための始動をかけた。
この作品は米国現地封切り初めての週ボックスオフィス6位第2週8位を記録,映画の質も興行作水準に近接したという評価を受けている。
アジア市場で耐えたピの真価がハリウッド進出に力づけられて,第2の跳躍に向かった力強い足取りを踏み出している。
雨ぐらい瞬間の選択が一生を左右するという話を痛感した人があるだろうか。
憂慮と期待の中に2度もハリウッド映画に挑戦した雨は主演作‘忍者アサシン’を興行隊列にのせながら,今年韓国の最高のスターに浮び上がった。
今年の最後を2週余残した17日午後ワールドスター雨は記者と対話をしながら,今年の足跡を探ってみた。
Q.久しぶりに韓国に入ってくると気持ちはどうなのか.
"故国に戻って安らかでうれしいです。
来年活動準備もして,多数事業ミーティングも通いながら忙しく過ごしています。"
Q.いくら'アジアの星'雨でも海外はつまらない相手ではなかっただろう。
それだけたくさん孤独だったはずなのに。
"舞台委の私の姿が懐かしかったし,ファンたちが懐かしかったです。
アジア ファンたちは諸アンバンでしょう。
他の見方をすれば私が何をしても楽観的に私を受け入れているのに,海外のような場合は明確に限界を感じるほかはありませんね。
東洋人の皮膚の色一つのためでも配役の限界を感じることになって。
例えば私が'西部の男'をできないように。
今は少しずつ私を認められ始めながら安らかになったが,最初に始める時は人々の'あの子はなんだ'という(のは)式の反応らで困難もたくさん体験したことのようです。"
Q.まだ多い人々は雨がハリウッドに進出することになった背景を置いて心配している。
"ひとまず5年前に米国市場に進出すると決心した時。
事実私でもどのようにこういう計画を持ってこういうビジョンでどんな結果を持ってこなければならないのかという悩みをよくしました。
事実前歌手活動を通じて演技に接近をしたが..
本当に習うという職業をあまりにもしたかったんですよ。
その渦中に'サイボーグだが,大丈夫'という映画でベルリン映画祭のレッドカーペットを踏む機会がありました。
当時この映画を見たワーナーブラザーズという配給会社で連絡がきたし,スピードレーサーという映画で役割を(私に)与えたいがオーディションを見ればどうかという提案をされましたよ。
すでに数多くの東洋人らがオーディションを見た状態であり,私は一歩遅れてオーディションを通じて機会をつかむことになったことでしょう。"
Q.その'機会'ということに対して多い悩みそうなんだけど。
"最も韓国的なものが世界的なことというものでない。
韓国的なものと世界的なことが融合になるならば私の位置づけを確かにできるだろうという考えました。
もちろんソースは私だったが,そのソースをよく作って,料理をする人が必要でした。
ところでそれがハリウッドにある一番大きい配給会社とウォショスキ兄弟という監督そしてその周辺にあったハリウッド俳優らでした。
'スピードレーサー'の配役自体が酒造年給に該当する配役であったのに,それも事実私には非常に感謝した配役繋いだし,その過程で欲ができましたよ。
ここでもう少し上手にすれば後ほどもう一度の機会がこないむくという考えでがんばりました。"
Q.機会をつかんだんですか。
"'スピードレーサー'時は他の人々はおおまかに行うのも前相当にがんばりました。
なにをかいわんや。
ウォショスキ監督が私に一人の提案をされましたよ。
それが'忍者アサシン'でした。
他の見方をすれば今回の'機会'は本当に難しい道ができるという気がしましたよ。
率直に話して,当時二種類別れ目でした。
冷静に話そうとするならアジア長でもう少し活動して金を儲けるか,でなければしばらくたたんで本格的に世界市場に飛び込むか決断が必要だった時期でしょう。
結局前海外市場を選択したし,本当に大変にトレーニングを受けながら,英語もより一層熱心に勉強することになりました。
それでも'忍者アサシン'という映画が今はうまくいきながら,ハリウッドは私にさらに多い機会を与えようとします。
現在も次期作でハリウッド作踊りを検討中にあります。
初めには大変難しかったが,それでも新しい市場を切り開いていくということがおもしろいようです。"
Q.どんな魅力なのか?ハリウッド製作者らの心をとらえたのだろうか。
"闘志と情熱だったようです。
簡単にあきらめないこと。
'スピードレーサー'のような場合は大部分特殊マシンを乗ってとることでした,ところで機械中にある時の皮膚体感温度がほとんど40~45度四でした。
大部分の演技者らは普通ワンシーンはとったらまさに出てきてまた休んで撮影しましたよ,ところで私は最初からノンストップでとろうとしながら,監督の心をとても気楽にして上げました。
とても熱くて空間が狭くて,一般の人々は30分も座っていられないのを前歯をくいしばって約五時間を座っていたことのようです。
'忍者アサシン'のような場合はハリウッド習えと言うなら普通スタントマンらを使います。
ところで私は私が直接するといいながら,スタントマンらの過程をそのまま消化したし,それによって多い信頼を得たことのようです。"
Q.'忍者アサシン'の成功をそれとなく期待しそうなんだけど。
"(ハハハ)もちろんこれでしょう。
本当に苦労苦労しながらとりましたよ。
封切り前製作スタッフの間では多分今回の映画は興行よりは'アート映画'がよいはずであるという意見が支配的でした。
初めての週ボックスオフィス10位圏内にだけ聞いても本当に上手だったことだと判断しましたよ。
なぜならばこの映画は19金映画でありとても残忍でした。
そしてあまりにも'ニューマン' 'オルドゥドク'等大作らが共に上映されたし。
特に封切り初日の'テンスギビンデイ(秋収感謝節)'のような場合は幼い友人らがママ手捕まえて映画見る日だから配給会社でも期待をすることオプト状況でした。
それにもかかわらず封切った初めての週には封切り作ら家運なった1位に上がると製作使用側でたくさん驚かれましたよ。
すでに製作費は皆回収になったし,DVD版権などだけでもこれから収益がたくさん出ることと予想されましたよ。
他の見方をすればアート映画,ジャンル映画になる作品が米国で興行をしたという点に非常に満たされました。
事実韓国でも大きい期待はしませんでした,なぜならば以前に韓国で封切った残忍だった映画‘キルビル’の場合1編は約35万人,2編は40万人皆合わせ約70万人のマイアツンを形成したので。
私どももそれだけの成績を予想したのに。
幸い多くの方らが観覧して下さって,本当に感謝するだけです。"
Q.'忍者アサシン'が上映された後,人々に最も多く入った称賛があるならば。
"率直に'すごい'という話を最も多く入ったことのようです。
'オイあのように行って,あのようにやり遂げて来たなあ'という言葉もよくして下さって。
家族らや知人らは'チャランスロプタラ'と話して下さいます。
私をよくご存知ない方々も‘素晴らしい。
はなはだしくはからだチョッタラ’は話もされましたよ(笑い)。"
Q.天国のお母様も誇らしげにされるようだ。
"本当に。
事実前お母さんのために仕事をするのです。
その間の過程ら中でどうである時はおぞましいまでとして時々は私がこのように生きなければならないが考えもよくするのに,とにかくそのようです。
私はまだ若いんだけど。
私が大変だとこの機会らを飛ばしてしまえば他の士林がこの機会を受けた時はとても惜しいようだし。
私が本当に腹がいっぱいであることではないかという反省もして。
それで終えようという考えを持ったし。
そしてお母様のためでも...
お母さんがとても苦痛の中で亡くなったのに,私が今体験している苦痛は苦痛でもないはずであると反芻作用したことのようです。"
Q.韓国に入ってきて,お母様に挨拶は差し上げたのか。
"この前韓国に入ってきて,今でも一日も休む間ない窮屈な日程のためにまだ訪ねられなかったです。
休日を通じて墓地を行ってくる計画です。"
Q.次のスタッフは?
"今は私をちょっと愛したいです。
何の意味なのかすれば。
'より良い品質のために' 'より良いアルバムとより良い作品のために' 'さらに良い演技のために'今は私に少し休むタイミングを与えたいです。
そして来年には話されているハリウッドいくつかの作品があるのに,主演と助演に関係なしで本当にそのキャラクターが完ぺきならば挑戦をしてみたいです。
映画三作品の中で現在調整中にあります。
3年間我が国ファンたちをはじめとしてアシアペンに粗雑にしたことのようです。
それで彼らのためにドラマも一方計画中です。
そして現在ワールド ワイド アルバムも準備しています。
恐らく来年には3ヶのプロジェクトでファンたちと会いそうです。"
Q.来年にお目見えするパフォーマンスが期待される。
"事実私の踊りは今はそこでみなそこであることのようです。
今は演出力が引き立って見えるパフォーマンスをお目見えしたいです。
それで現在熱心に準備中です。
良い姿見せて差し上げることができることのようです(笑い)。"
Q.'私を通じて,一つの文化が派生したら良いだろう'というジフン氏の話が浮び上がる。
その風をどの程度成し遂げていると考えるのか。
"冷静に申し上げるならばある程度は成し遂げたし,まだ多い部分不足したようです。
笑い話だが,全世界の人が私を皆知るその日まで挑戦してみたいです。
事実米国やどこ道端だとらえて尋ねても‘ジャッキ蹴った’は皆知るでしょう。
事実今回の‘忍者アサシン’を撮影しながら‘レーン’という名前をどのように作ったか。
そしてどこの国の人かという質問を必ず受けることになりましたよ。
そのような過程で感じたことは‘派生をさせたい。
韓国を知らせたい’ということ繋ぎました。
韓国を代表できる前世界的人のスターが今は韓国でも出てくる時と考えます。
前今それのために努力をすることで,あのだけではなくても韓国を代表する世界的なスーパースターが誕生するということはとても重要だと考えます。"
Q.今年の一年を振り返ってみながら,反省する部分があったとすれば,そして来年には必ずしてみたいことがあるならば?
"一年の最後を終えながら感じた点は‘あ、人生はマラソンだな’ということでした。
今年のはじめには良くないこともあったが,話には本当に良いこともあったし。
そのような過程で人生というのは本当にマラソンということ悟りました。
上がる時があれば降りてくる時もあって,またおりて行くこともできれば,上がることもあるということ。
そんなこともちょっとたくさん感じたし,まだ私を応援する人々がたくさんいるということ,それも感じることになったし。
来年一年は本当に多い仕事ができる一年がよいと思います。
今年の一年は映画しかなかったが,来年には映画ドラマそしてアルバムでファンたちを訪ねて行く計画です。
今年は5年の間海外に進出しながら,最も大きい成果を取った太陽がでないか気がします。
その間言葉だけであったハリウッド進出が実際私の作品を通じてお目見えすることになったし。
その可能性を見たので来年にはより一層素晴らしい一年にならないかという考えています。
来る24日と25日には海外で公演をするのに,その時ちょっと休もうとしたのに,また日程ができておいてどうなるかも知れません,私の人生は本当に走らなければならない'人生'のようです(笑い)。"
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/2978-a939471d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)