プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたが雨に対して分からなかった事実 The Rainmaker

読んだ本の中で最も印象深い一節で“小さい成就に浮き立ってよそ見をする人に成功は甘い味だけ見せたまま離れます”を挙げた雨はアカデミー授賞式のレッド カーペットを踏む夢を見る。
‘幼い時期’に対する記憶全部を‘お母さんが亡くなったこと’で置き換えながら。
それでこの‘レーンメーカー’はスーパーヒオロラギボダン傷でいっぱいであるアンチ ヒーローのように見える。
雨に会ったその日には何週ぶりに初めて雨が降った。
2007年12月号コスモ一番表紙をとってほとんど2年半ぶりだ。
すでにそうなったか?その時LAで撮影したのではないか。
数日前ことのようだがすでに時間がそのように流れたよ。
ハハ。
今回コスモ一番表紙リストに雨を上げた時,異議を提起する人がなかった。
エイ,何か。
嘘のほか。
ハハ。
それではそうしたとしよう。
ハハ。
何のためだと考えるか?これは私が理由を説明すれば縮むことになる。
それでは私は?私が内口でどうだった点ためにコスモ一番表紙モデルに選ばれたこと同じだというのは縮まないで?ハハ。
そうだな,引き続き成長していきつつあるためではないか?2007年コスモ一番表紙を撮影した時より現在もう少し成長したのでその多くの俳優とアーティスト中の日選択したものと考える。
片方ではこういう機会を通じて,数値的に計れない私の成長の大きさを認められること同じでうれしい。
ハハ。
事実<忍者アサシン>当時雨に会うために途方もなく努力していた。
もちろんスケジュール上の問題で失敗に終わっていましたが。
その時したかった質問が多かった。
気になるけど?その質問今してもかまわない。
何どうなのか.
ハハ。
今はちょっと流通期限が過ぎたことのようで。
ハハ。
<忍者アサシン>当時会ったハリウッド プレスらは何を一番心配しているか?主演俳優だが,韓国でだけにたくさん知られていなかったために時々とても初級段階の質問をする記者もいたこと同じだ。
韓国と大きく異ならなかったこと同じだ。
どうしてもアジア人が,それも中国人でもない韓国人が,ハリウッド映画の主演で映画を撮ったことに対する気がかりなことが最も大きかったこと同じだ。
韓国人がどのようにハリウッドにきて,主人公になることができたのか好奇心を持ったこと同じだ。
だからだろうか映画に対する質問が多かった。
ウォショスキ兄弟とどのように作業することになったのか,ジェームズ・メクのふりその監督との呼吸はどうだったのか,そんなことらであって。
ア,そして体脂肪率ゼロに近いボディーをどのように作ったのかは皆尋ねたよ。
韓国と違わないな。
思い出すあきれる質問はなかったし?あきれるほどおかしな質問はなかったこと同じだが…,ある記者が私の腹筋を触ってみたいといって慌てた思い出す。
ハハ。
その記者勇気あるよ。
ハハ。
私がもしハリウッド プレスだったら自己紹介のような初級質問をしたことだ。
“レーン?あなたが誰なのか紹介ちょっとお願いしてもかまわないでしょうか?私たちの雑誌の読者らの20代女性のためにアピールしてみて下さい”このように。
返事を望むか?ハハ。
多分このように答えなかったのだろうか?“私は韓国からきた歌手で俳優です。
私に対して気になるならば映画<忍者アサシン>を見て下さい”と。
ハハ。
韓国では<忍者アサシン>に対する酷評は殆どなかったこと同じだ。
残忍だ,あるいはプロットが貧弱で程度というか?それはピの演技や情熱に対する話は違ったから。
ハリウッドではどうだったか?アクションと娯楽的な部分にたくさん集中された映画だ見るとたくさん残忍で,ストーリーラインがちょっと緩い隈があった。
私やはりその部分に対して認識していたので封切る前まで事実憂慮する点があったし。
ところで実際にハリウッド記者らを直接会ってぶつかってみると思ったより反応が良くて驚いた。
出てきてインタビューしたことのすべての人々が映画とてもおもしろく見たと話してくれた。
そのままお世辞だったか?ハハ。
とにかく憂慮とは違い肯定的反応にとても気持ち良かったし,またとても有難かった思い出す。
好評や酷評,そのようなレビューに敏感な方なのか?ファンたちや大衆が私に対して送る指摘と評価はわざわざ探してみるほうだ。
悪リプライ同じ悪い話に‘全く’傷つかないといえば嘘であること同じだ。
もちろん傷を受ける瞬間もあるだろう。
ところでそのような評価らさえも私には成長の基礎になる助言だと考える。
不足した点を悟る瞬間であるから。
不足した部分が見えるのに努力をせざるをえないってことだね。
時々殺気が感じられる恐ろしい悪リプライもあるのに,そうしたことを見ればむしろ誤記(負けん気)ができたりもするの。
ハハ。
だが根拠なしで悪意的に苦言はそのまま笑い流すが何.
ピの英語セリフに対するレビューも多かっただろう。
そうだ。
初めて米国に進出した時,私の英語発音に対する話が多かった。
それで英語をさらにがんばることになったこと同じだ。
ハハ。
<忍者アサシン>が終わってはどのように過ごしたか?<忍者アサシン>封切り前まではとても忙しかった。
封切り以後にもインタビューとか何ほとんど映画と関連したことが多かったし。
またその渦中にコンサート ツアーもしながらファンたちと会う時間をたくさん作ろうと努力したこと同じだ。
演技に欲を出さないでミュージシャンとしての道に精進したとすればどうだっただろうか考えてみたことはないか?もしかしたら今よりさらにはやい時間に,さらに有名なハリウッドのパフォーマンス ミュージシャンになっていなかったのだろうか?いや。
そのような考え自体をしてみなかった。
なぜなら私は演技するのがとても良いから。
今後も演技と歌手活動皆併行したい。
もちろん時間上でどちらか一方が先にになることはできるが,私の活動範囲や私の愛情程度にどれが先にであるかに対して優先順位を置きたくない。
現在では演技者としてハリウッドに進出したことに満足する。
<忍者アサシン>初めての示唆があった時,タイトルロールに‘RAIN’との単語が浮かび上がる時,どんな気持ちだったか?その時の感激に対して描写することができるか?映画を初めて見たのはワーナーブラザーズ スタジオで私のために特別に用意してやった映画館であった。
周辺に皆米国人映画関係者たちだった。
私の知人何人もその場に参加したし。
火が消えて映画が始まった。
大型スクリーンに英語で‘RAIN’ときちんと打ち込まれた英語アルファベットが浮び上がった。
安らかな気持ちで示唆をしなければならないと決心したがその瞬間には思わず両手に力がぎゅっと入ったよ。
その瞬間の感情が何であったかは正確に描写することは難しい。
感動なのか,幸福なのか,ときめきなのか。
もしかしたらその全てのものである事もあるし。
歌手デビューして,舞台に初めて立った時の感じと比較しようとするなら?音,それやはり具体的に比較することはできない。
ただし歌手として舞台に初めて立った時は観客らとリアルタイムで向き合う瞬間だから反応をさらに直接的に感じることイソッタルカ?試写会が結果に対して見守る過程ならば舞台は進行形という差異点,その程度であるようだ。
それであえて心理的状態を表現しようとするならスクリーンの中の私を見守ることがもう少し平穏だったこと同じだ。
どうしても
数えきれない程多い反復過程を通じて,モニターしながら作り出した結果を見るのが現在進行形で観客に会うことよりはもう少し余裕があるだろう。
しかし瞬間的な私の心臓拍動数は分からないことは分からないが似ていたことだ。
最大値に引き上げた状態でなんだがね。
ハハ。
してみたいドリーム ロールがあるか?ウン。
<スカーペース>でアルファ分櫓歌演技したカリスマあふれるキャラクターのようなこと。
とてもすばらしいのではないか?機会になるならば必ずしてみたいキャラクターだ。
ファンたちが雨を‘ピヌニム’と呼んだよ。
分かったか?ピヌニム?本当にそのように呼ぶか?分からなかったの?ハハ。
何の神様のような表現を合成したことなのか?ハハ。
合う。
絶対権力の所有者だったんだろう,ファンたちに雨は.
何もう神と同級になるのか?エイ,そのままいたずらにそのように呼んでくれられるのだろう。
そのように極尊称と呼ばれるかもしれなかった。
私の前でそのように呼んだ方に会ったことがないから。
皆私の前では‘ジフン’あるいは‘ジフン兄さん’そのように呼んだら。
でなければ何‘雨’,‘レーン’このように呼んで。
ピヌニムは私が完ぺきな存在にタガガソラギボダはそのままファンたちの間の隠語のような表現でないかと思って。
面白味みなして,自身が支持する芸能人を高めて呼ぶことだね。
いったいファンたちにどんなサービスをするのでそのような絶対存在になったことなのか?まさか“別に会えば歌を歌ってくれますね”という甘いコメントを伝えるのではないのか?なぜ<強心臓>でユイにしたようになんだがね。
<強心臓>でユイに理想という告白まで受けたではないか。
6才でも幼い,その上今最もホット乞食アイドルに告白される気持ちはどうだったか?ハハ。
とても良いことで何.
誰かに憧憬の対象になるというのはいつも幸せで胸震えることであるようだ。
とても感謝したことであって。
特に後輩歌手らが日好むという話を聞けばとても力になる。
後輩歌手らにさらに模範的な先倍加されるためにさらにがんばるべきだとの考えになって。
ある瞬間かけるグループ大勢になりながら,音楽市場が完全にアイドル化されている。
ますます年齢が入ってみるならば人気の停滞に対する疑いを持つ瞬間もあること同じだ。
そうだな,今のところは感じていられない。
ちょっと珍しいのが以前には私より年齢が少しある方々が私をたくさん好んで下さったのにある瞬間その地図が変わった。
5集<レイニジム>で活動する当時のファン分布図が逆転した感じというか?5集活動しながら,むしろ10代ファンがさらに多くできた。
何私はひたすら感謝するだけだろう。
ファン層がさらに広くなったということではないのか!
ハハ。
エムブルレクの‘お父さん’発言も話題になっていた。
事実そのエピソード聞いて私さえもぎこちなくて,手足トェゲル モードだったんだよ。
雨がお父さんだなんて!
事実その話聞いて‘かっと’しなかったよ!
ハハ。
ところでぎこちないことは当然ぎこちないだろう。
私が何のお父さんとしての資格があると。
そのまま兄であって。
ことでは私のミュージシャンの才能を最大限引き上げて導いていこうと努力するプロデューサーで,日常ではそのまま気楽な兄であって何.
source*COSMOPOLITAN
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3071-06eda696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。