プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨,"最も大きい傷は自分自身の弱気さ"

雨(実名チョン・ジフン)がスペシャル アルバムに戻った。
7日スペシャル アルバム'バックツーザベーシック'を発表する雨は5日ソウル,汝矣島(ヨイド)のあるバイキングで懇談会を持って今回のアルバムに対する自信を表わした。
雨は"事実雨という名前で始めて,8年目を越えるようだ。
今回の曲をバラードで選択した理由は確実な変化がなければならないと考えたためだ。
大衆歌手は必ず変化を与えてこそ認められることができると考えた。
この曲はすでに'レイニズム'時作っておいた曲だ。
装いを抜いた淡泊な曲に出てきたかった。
正統バラードを呼びながら,パフォーマンスを見せるおいしいバラードを聞かせたかった"と話した。
今回のアルバムはタイトル曲'お前を捕まえる歌'から雨が直接作詞,作曲をするなどピの手助けがそのどの時より多く入ったアルバムだ。
これに対して雨は"どのようにすればさらに発展できるかを悩んだアルバムで私がたくさんケガしながら高まる感じを受けたアルバムだ。
傷を受けながら高まる感じを受けた"と説明した。
'傷を受けながら高まる感じを受けた'という表現を使ったことに対して雨は"最も大きい傷は自分自身の(脆弱だ)弱気さだ。
芸能人という職業を持ちながら,一生を生きていこうとするなら節制,隠さなければならないことが多いがそれをどのように勝ち抜いて自ら克服するかにより多いことが変わる。
ところでそれを克服することにあって私がたくさん揺れる時があった。
大変な時は皆手を離してしまいたいという感じも受けた"と話した。
引き続き"芸能人という職業に,創作の苦痛のためにストレスを受ける時がある。
芸能人はそのようだ。
曲を作ってすることから舞台でどのように公演をするのか,どのように服を着るのか,外国に出た時,韓国という国をどのように話すべきかも多い負担を感じる。
事実上背負うことがとても多かったので苦痛だったしあきらめたいと考える時も多かった"と明らかにした。
そのような雨は自らマインド コントロールを通じて勝ち抜いている。
雨は"その時ごとに私を捉えるものがある。
自ら鏡を見るクセができた。
一日に一回ずつ鏡を見ながら,目を見て催眠をかける。
私自身の(脆弱だ)弱気さを悟った時,それが最も大変でそれを勝ち抜くことによって一次元さらに発展できる私がなったようだ。
今は何でも勝ち取ることができる強い男がなっていく感じだ"とした。
雨は今回のアルバムを通じて,望む全てのものを充足させてくれると自信を見せた。
新しいアルバムは7日発売される。


雨“歌謡界の中私の位置は中枢神経界で腰”

ワールドスター雨(実名チョン・ジフン,RAIN)がアイドル中心の歌謡界に戻った所感を伝えた。

雨は4月5日午後ソウル,汝矣島(ヨイド)KTビルディング パイキンブペであったスペシャル アルバム発売公式記者会見で"私は歌謡界の中枢神経系で腰だ"と話した。
雨は"私の慰労はパク・チニョン,ヤン・ヒョンソク,シン・スンフン,キム・ゴンモなどがあって私の下ではアイドル グループの友人らがいる"として"市場が違うと考える"と打ち明けた。
雨は"私はアジア全体,米国市場などのために走らなければと考える"と伝えた。
引き続き雨は"アイドルの友人らも実力が本当に優れる"として"これらと共に楽しみたい。
アイドルの友人らがまた私の席に従ってこれるようにしたい"と付け加えた。
一方最初バラード タイトル曲'お前を捕まえる歌'をお目見えした雨は音源公開以後各種音源チャートをオルキラミョワールドスターのパワーを誇示している。


雨"1~3集踊り見ればままごと遊びのようだ"

歌手兼俳優雨が自身のレコード プロデューサーを繰り返しながら,たくさん成長したと打ち明けた。
雨は5日午後5時からソウル,汝矣島(ヨイド)KTビルディング20階パイキンブペでスペシャル レコード'百ツーさらにベーシック'発売記念記者懇談会を開いて取材陣と会った席でこのように明らかにした。
雨は"自らプロデューサーで参加しながら,音楽をたくさん聞くことになった"として"して見たら私もできると感じた"として自信を持った。
雨は"(朴)ジニョン兄といる時は兄が音楽を専門担当して私は舞台演出やドラマ,映画出演選択をよくして,呼吸がよく合った"として"独立した後には私のスタイルをどのように捕まえて行かなければならないだろうか悩みをよくした"と話した。
"'レイニジム'といいながら専門的な音楽知識はないが音楽作業する方々と集まって悩んだ結果'こういう才能もあるんだな,努力して育てなければならない'という考えた"という彼は"ぶつかってケガしながらできた傷がかたい肉になった感じ"としながら自ら感心した。
きらびやかなパフォーマンスで多い愛を受け入れた雨は"1~3集当時踊りを見ればままごと遊びのようだ"として"もう感じということを少し知ることになった"として今後の活動を期待させることもした。
この日雨は共にミュージックビデオを撮影したハン・イェスルに対する感謝の気持ちも忘れなかった。
彼は"突然出演要請をしたのにうれしく受け入れて感謝する"として"周囲の人を気持ち良くする魅力がある。
撮影中ずっと楽しかった"と伝えた。
その間の活動に対して"7は成功して3は失敗したようだ"と自評した雨は"これからより良いスコアのために努力する"と念を押した。
'バックツーザベーシック'は新しい姿を見せるために初心と同じ気持ちで今回のレコードに臨んだ雨の覚悟を現わした題名だ。
デビュー8周年を迎えて,その間惜しんできた曲らはもちろん舞台の上で強烈なパフォーマンスをお目見えするという覚悟だ。
タイトル曲'お前を捕まえる歌'は雨が直接作詞,作曲したバラード曲でミュージックビデオで俳優ハン・イェスルと切ない恋人演技で呼吸を合わせて,話題を集めたことがある。
'百ツーさらにベーシック'は来る7日オン・オフライン発売される。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3145-e133fe27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。