プロフィール

sachi39

Author:sachi39
韓国人アーティストRainに惚れまくってます

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

Rain×3 別館
韓国人アーティストRainが大好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨“何でも勝ち抜くことができる強い男になって行く感じ”

“(とりやすくするなら)立ちましょうか?”雨がフォトタイムを持ちながら,写真記者らに投げた一言は彼が大衆に対する態度を見せる。
雨は文字そのまま‘忙しいからだ’と韓国で見るのは難しいが,韓国の大衆前に立つ時ごとに自身ができるものなどをみな吐き出す。
去る5日汝矣島(ヨイド)KTビルディングで新しいアルバム< Back to the basic >の発表を控えて行った記者会見でも雨は記者らの質問を一つずつ書き取りながら几帳面で詳しく答弁をしたし,ファンたちには2月余りの時間最大限区別しなくて活動することを約束した。
次は雨が降って,取材陣が持った一問一答だ。
“韓国ファンたちを最もよく取りまとめるのが私の任務”
Q.ダンスの代わりにバラードを初めてのシングルで発表したし,以前と違うように中性的なイメージを見せた。
こういう試みをした理由は。
雨:もうデビュー8年目なのに確実な変化を見せてあげたかった。
‘お前を捕まえる歌’は‘Rainism’を発表する時作っておいた歌だったが,この歌を通じて,装いを抜いて淡泊に行きたかった。
正統バラードを呼びながら,パフォーマンスを追求したい。
そして二番目シングルではダンス曲‘Hip song’を見せるつもりだ。
中性的なイメージを見せたことに対しては画期的な試みになることができそうだった。
プルリンブルリンハン音楽とはとうてい似合わないチョッキと革ズボン,帽子,最後に眉毛を通じて,人々に刺激を与えたかった。
それからミュージックビデオで1次戦をして,その次には舞台でのパフォーマンスで新しいものを見せてあげたい。
聞く耳と見る目が皆満足する舞台を見せてあげたい。
Q.アルバム タイトルが< Back to the basic >だ。
特別な理由があるか。
雨:本来今年の年末にアルバムを出す計画だった。
その時韓国と米国,アジアとヨーロッパまで同時多発的に活動するアルバムを出すべきだったのに,準備したドラマと映画が2月押された。
ところですでに曲と振りつけ構成をみな終えた状態と初心に帰って,装いをみな抜いて淡泊な音楽を聞かせたかった。
そしてあえてなぜ韓国活動をするのかと尋ねるのに今は全世界の中心がアジアと,アジアの中心が韓国だと考える。
韓国ファンたちを最もよく取りまとめるのが任務企画して。
Q.米国レコード発表計画はどうなるのか。
雨:ひとまず言いたいことは私が米国で俳優としてとてもうまく解決しているということだ。
(笑い)アジアでドラマで話題を集めてその後に歌手に出てきながら人気を得られたのに,米国でも意図しはしなかったが似た過程を踏むようだ。
俳優でうまく解決していて,‘Rain’という名前で日先に知らせた後に私が米国人らにアクション習えとのステレオ タイプから抜け出した時ぐらいアルバムを出すのが最も成功率が高いようだ。
ひとまず今年は映画を撮るつもりだ。
映画俳優で席を占めればレコードも自然に解けることができるようだ。
Q.ハリウッドで<忍者オセシン>をとってプロモーションをした経験が本人にどんな影響を及ぼしたか。
雨:誰の話のように世の中は広くてすべき仕事は多いことを感じるようにした。
アジア市場はドラマ<草ハウス>のためにほとんどみな私の顔を分かって気楽だったが,米国やヨーロッパはむしろ<忍者オセシン>を通じて,私の名前を知らせる状況だった。
その作品でアクション俳優で知られることができたりもしたし,CFもとることができた。
8ヶ月の間疲れさしたが得たのが本当に多かった。
とても幸せだったプロモーションだった。
Q.ドラマ出演記事が出た。
出演計画はどのように捕えられたか。
雨:ドラマは今話中であることがある。
私が待ちこがれて待ちこがれた,したいドラマなのにまだ確実なのが出てきはしなくて,色々な議論をしている。
9月,10月程度なら初登場することができるようだ。
“‘お前を捕まえる歌’は私の経験談”
Q.今回の活動期間の間ほぼ同じ時期に復帰したり競争しなければならない歌手らが多い。
雨:今何を得ようと出てくる年次ではないようだ。
楽しもうと出てくることだ。
次元が違ったことを見せるのが重要だ。
より大きい市場に出て行くための前哨戦でもあり。
先週に事前録画で舞台に上がったのに1人も分からなかったよ。
(笑い)イ・ヒョリ氏が復帰するのに,知っている方が出てくるから退屈でなくておもしろいようだ。
Q.アイドルが大勢である状況が負担にならないか。
雨:事実私は歌謡界の腰であるようだ。
慰労はジニョン兄(パク・チニョン),ヒョンソクが兄(ヤン・ヒョンソク)同じである方々があって,下では他の色々な後輩らがいるのに各自市場が違うと考える。
私が遠く見て勝負しなければならない所は中国とアジア全体,米国市場だ。
そしてこの頃アイドルはあまりにも実力が優れたが,彼らが活動することができるように全世界に少しでもドアをあけるのが私の任務であるようだ。
より一層手本になるべくがんばって,のように楽しみたい。
Q.アルバムを発売する時点で社会的に多いことがあった。
意気消沈されてはいないか。
雨:国家的にとても沈痛なことが広がって遺憾だ。
一日はやくすべての家族らが良い報せに接することができるように多くの方らが努力したらと思って,今は良い便りを望んで祈る心が最優先だと考える。
Q.活動期間はどれくらいなるか。
そして芸能番組に出演する計画はあるか。
雨:デビューした時から芸能番組で多い愛を受けた。
今回のアルバムも初心に帰ってがんばるという考えで出したことと見せることができるのは全部見えてくれるつもりだ。
芸能番組も皆さんが負担にならない限り多くの所に出演したい。
活動期間はドラマと映画撮影する前二ヶ月程度だ。
日本ツアーがあって,日本何都市を歩き回るべきなのに,5月初め程度まで行ったり来たりしながら,活動を併行できるようだ。
Q.去るアルバムには歌詞の扇情性が問題になって,タイトル曲が規制を受けた。
今回の曲の歌詞は大きい問題がないと思ったのに審議問題を念頭に置いたことなのか。
雨:‘Rainism’に扇情性がないと考えるがある方はあると考えることだ。
その時少し困りきったのが事実だが,それで今回のアルバムを優しく行くのは有り得ないことだ。
今回のアルバムは2年前に作っておいたことであり,多くの方らが愛する曲だと考える。
Q.‘お前を捕まえる歌’は歌詞のインスピレーションをどこで得たか。
雨:経験談だ。
歌詞を使いながら,なぜ愛するのか,なぜ愛にケガするのかに対して使った。
‘お前を捕まえる歌’は以前に古典映画をより男が女家の前でそわそわするのを見てもそうした経験があって,作曲と作詞をしてみた。
Q.‘お前を捕まえる歌’のミュージックビデオに出演したハン・イェスルと作業した気持ちはどうだったか。
雨:ハン・イェスル氏にとても感謝する。
突然に出演を要請したのに快く受け入れられた。
する間楽しく撮影したし,周囲の人々を気持ち良くする魅力があった方だ。
“何を得ようとするよりはファンたちに何か見せてあげたかった”
Q.去るアルバムから作曲とプロデューシングを直接している。
どんな点が変わったようか。
雨:私もできるんだなしたかった。
陣営が兄と一緒にいる時は陣営が兄が音楽を専門担当して,私は舞台演出とドラマと映画を選ぶ仕事を請けた。
ところで独立して出て,どんなスタイルを持って行かなければならないことに対してとても悩みがたくさんなった。
人々が願う舞台上の姿を満足させながら,新しい私を見せるのが大変だった。
それで出てきたのが‘Rainism’であったのに,その時悩みもよくして勉強もしながら私にこうした側の才能もあるとのことを発見した。
それだけ音楽もさらに多く聞くことになったし,どのようにすれば発展するのか悩む。
私がぶつかってケガして,傷つきながら,おとなになる感じだった。
Q.ケガしながら高まる感じといったのに,その傷中最も痛いことは何だったか。
雨:自分自身の(脆弱だ)弱気さだった。
芸能人をすればとても節制するべきことも多くて,隠すべきことも多い。
それをどのように勝ち抜いて克服するかが重要なのに,時々は大変で手を離してしまいたい時がある。
そして作曲やドラマを作る時も創作だが,舞台でどのように公演して服を着てどんな舞台を見せて,プロモーションする時,どのように話をするのかも一種の創作だと考えるのに,そんなことに対して苦痛なものなどもあった。
そうしてみるから毎朝自ら鏡を見るクセができた。
目を見ながら,一日に一回ずつすることができるという催眠をかける。
そのように私を勝ち抜きながら,一次元さらに発展できたようだ。
何でも勝ち抜くことができる強い男になって行く感じだ。
Q.本人がたてたチェイテュンエンターテイメントがとても大きくなった。
ファッション事業もして,エムブラック同じグループもある。
今までの成果と今後の計画に対して話してくれ。
雨:私は会社経営陣ではない。
会社の仕事はCEOがして,出た経営と関係がない。
私は芸能人で契約されている人であるだけで,レコード側にクレイティブ アーティストでだけ関与する。
それでエムブルレクをプロデュースしたりデザイナーで活動した。
これから色々な発展可能になることらを徐々に作り出す計画だ。
Q.‘VIP thanks to’にCJグループの李ミギョン副会長など財界人々がいる。
どんな縁なのか。
雨:家族のような方々だ。
生きていきながら,多いことらに対して助言して,私が揺れる時ごとに家族のように私を用意する方々だ。
大きいことが起こる時ごとに相談して,うれしいことがある時は共に喜ぶ方々だ。
Q.
ファンたちに一言言うならば。
雨:申し訳ないお言葉だが,もうファンたちは私とともに30代を渡すようだ。
私ももう残り少なかったし。
(笑い)それで親姉,実兄,実の弟(妹)のような感じが多く入る。
私が孤独なときは孤独だというティーも出すことができる家族のような感じだ。
今回戻ったのも最も大きい理由はファンたちのためだった。
何を得ようとするよりは今年が行く前にファンたちに何か見せてあげたかった。
今後も試行錯誤もあって失敗もあるし成功もあるだろうが,今スコアでは7:3で成功して失敗したようだ。
スコアをさらに良くする。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rain222.blog58.fc2.com/tb.php/3149-4b4967f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。